2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 身体もお財布もガタガタです | トップページ | 塗装変更前ラスト!? EF64-37登板ELレトロ碓氷撮影@板鼻 »

2018/09/08

たまに無性に一眼レフで撮りたくなる

キヤノンからついにフルサイズミラーレスカメラの「EOS R」の発表がありましたね。
いよいよニコンとともに、老舗2大巨頭がフルサイズミラーレス界に殴り込みですか。
現在この業界はソニーの独壇場。
技術もスペックも一歩も二歩も先を進んでいる。
それに対し、2大巨頭は一眼レフの分野では他の追随を許さないが、ミラーレスはまだ探り探りの段階のはず。
果たしてEOS Rがどれほどの性能を秘めているのか、α7シリーズに対抗できるのか、ちょっと楽しみですね。
独壇場よりも競い合ってこそ市場は活性化するし、技術の進歩も我先にと進んでいきそうだから。

だけど個人的にはキヤノンもニコンも一眼レフの分野で頑張り続けてもらいたいんだ。
確かにデジカメのシェアを見ても、昨今はミラーレスが優位な風潮は否めない。
一眼レフでは到底できないような高速連写や、ビデオモードの充実。
何より一式が軽くて小さいというのも大きな魅力。
軽さは正義みたいなところがあるからね。

私の現在のメイン機α99 IIは、一眼レフとミラーレスの間のような存在だけど、たまに無性に一眼レフで撮影したくなる。
だからいささか古くなってきた7D2も絶対に手放さないし、ソニーでいえばα900は防湿庫にいることが多いけど家宝だと思っている。
7D系は来年あたりⅢが出てきそうだけど、個人的には5DVの開発に大いに期待したいと思う。
たぶん次にカメラボディを買うとしたら5D5だと思っている。2年くらい先かな。
5D系は憧れの存在だし、タイミングの問題で今まで所有したことがなかったけど、5のⅤ・・・なんていかにもすごいのだしてきそうって勝手に期待しているのだ。

写真を撮っているって感覚はどんなにミラーレスが進歩したとしても、一眼レフにはかなわないと思っています。
だからキヤノンさんにはEOS Rもいいけど、キヤノンブランドの誇りも忘れてほしくないと思いますよ。

« 身体もお財布もガタガタです | トップページ | 塗装変更前ラスト!? EF64-37登板ELレトロ碓氷撮影@板鼻 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たまに無性に一眼レフで撮りたくなる:

« 身体もお財布もガタガタです | トップページ | 塗装変更前ラスト!? EF64-37登板ELレトロ碓氷撮影@板鼻 »