2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月の記事

2018/10/31

今月の1枚~10月編

10月が終わり今年も残すところあとふた月です。
すっかり気温も下がり一気に秋が深まった感じですが、これからの季節こそ空気が澄んできて写真撮影日和になってくることでしょう。
秋晴れに誘われて今週末も撮影遠征予定です。
さてその前に10月の1枚を振り返っておきましょう。


E257系特急あずさ@小淵沢~長坂1
E257系特急あずさ@小淵沢~長坂1 posted by (C)Tylor


E257系の特急あずさですね。今月頭のプチ撮影旅行の際に撮影したものです。
これ自体は何の変哲もないただの編成写真です。
そんな写真を選んだのは、いよいよ中央本線のE257系にも期限が迫ってきたという事で、残された時間で長きにわたって中央本線の顔として活躍してきたE257系の最後の奮闘を写真に残しておこうと思い始めて最初に撮ったのがこれだからです。


不思議なもので、無くなると知った時に初めて思い知る、当たり前だった光景の愛おしさ、大切さ、なんですよね。
あれだけバラエティに富んでいた中央本線の特急がE353系に統一されてしまったら、きっと物足りなさを感じちゃうと思います。
限りある時の中で、中央本線を走るE257系をなるべく記録していきたいと思いますよ。
色合いが華やかなので、どんなシーンにも馴染むと思うんですよね、この形式は。
だから東海道本線に移って海沿いを走る姿もきっといいんでしょうが、やっぱりこの形式は山が一番似合うはず。
紅葉と絡めた写真も是非撮っておきたいですね。

2018/10/30

スパートをかけるのが早すぎる

まだ1日あるけど、今月はよく働いた・・・。
毎日のように早番出勤して、残業。
その繰り返し。
人が足りてないのが最大の要因だが、私の能力が高いってのも問題だ。
できることが多すぎる分、いろんなことをやることになってしまう。
だから「けもなれ」のガッキーを見てると自身と重ね合わせて苦しくなってしまう(笑)。

でもまだ10月で繁忙期でもなんでもないのにこの有様なのだから、師走の本番になったらどうなってしまうのか考えただけで恐ろしい。
身体を壊しかねないよ、本当に。
スパートをかけるのが早すぎると、沈むのもまた早いのだから。
年は誤魔化せないしなぁ。

2018/10/29

日本で何がハロウィンだよ

ハロウィン?だかなんだか知らないけど、渋谷での暴動の映像はニュースやTwitterでの誰かのリツイートで見た。
なんなの、あのバカ騒ぎは?
とくに軽トラをひっくり返したやつ。
ここは日本だぞ。まるでどこかの発展途上国の暴徒じゃないか。
まさかこの国でそこまでの馬鹿が存在するとは・・・。
集団心理ってやつなのかね。
この馬鹿たちも、一人だったら絶対にしないだろう。
誰かが一人でこんなことやってるのを見たら、きっとキ〇ガイがいるって思うくらいだろう。
だけどこれが集団になっちゃうと平気で自分もそんなキ〇ガイになってしまう。
聞けば逮捕された者もいたとか。
実名報道されて末代までの恥として名前が残ればいいのに。
マスコミが実名報道しなくても今の怖い世の中なら、映像から個人情報を割り出されそうだけどね。
しかし毎年騒ぎが大きくなっている気がするのは気のせいだろうか。
そもそもなんで日本でハロウィンやっているのか、まずはそこからして理解できない。
クリスマスをやった何日か後に初詣しちゃうようなお国柄だけど、さすがにハロウィンは日本人には全くそぐわないと思うぞ。

2018/10/28

晴れる晴れないは運任せ

今朝の上りカシオペアは、Twitterに挙がっていた行こうと検討していた撮影地での写真が全て曇りカットばかりだったことで、自重したことが結果的に正解だったとわかりホッとした。
昨日のしな鉄の189系団臨に続いて、今日もVカットばかり見せられたら凹むからね(笑)。
まぁ、こればかりは本当に運だからさ。
今朝は曇りがちだったみたいだけど、そのあとは雲は消えて見事な秋晴れになっていたし。

そんな秋晴れの日曜日。
私は身体を労わるために引きこもっていました。
この日は群馬県民の日だったので、信越線ではSL、DLで県民の日号が走っていたみたいだけどそれもスルー。
まぁ、これだけ晴れたら遠出しないと難しい光線でしか撮れないので面倒ってのもあったわけですが。
来週はずっと秋晴れが続く予報。
週末の連休は、今年の紅葉初撮影を目論んでいるので、どうかこのまま好天予報が変わらないことを願います。

2018/10/27

ネタもの撮影は年内終了?

あー、しな鉄を走った189系があさま幕出したのか・・・。
ネット上に流れてきたVカットの数々にぐうの音も出ませんわ
結局しな鉄を走っている期間一度も撮りに行けなかったな。
巡り合わせの問題で全然土曜日に休めなかったこともあるけど、まぁそのおかげで平日にカシオペアクルーズ紀行を撮りに行けたのだから仕方がない。休み申請する時にカシオペアの日を選んだことに悔いはないさ。


ところで今週のカシ撮影で年内はいわゆるネタもの撮影はおしまいかな?と思っている。
ハスキーや脚立が乱立するような現場にはたぶん出向かないであろう。
今年残りは作品性を重視してジックリ撮影に向き合いたいですね。
仕事が忙しいし、あんま休めそうもないのでそう数は多くないかもしれないけど、ここぞの時はぜひ晴れてくださいね・・・。
晴れと言えば、明日のカシの戻りは天候的には最高のものとなりそうだけど、疲れと資金面を考慮して泣く泣く自重します・・・。
数撮れてない80号機だし、できることなら出向きたいんだけど気持ちに身体がついていけないほど疲れ切ってしまいました
あー若さが欲しい。

2018/10/26

ムシ怖い

昨日の大沢での撮影時だと思うんだけど、何かの虫に喰われたらしく体のあちこちに湿疹が発生した。
たしかに小うるさい小虫がまとわりついてきていたけど、まさかあんなのが腫れるほど痒くなるレベルの毒虫だったとは。
今年の夏の北海道遠征時に同じように虫に刺されて腫れたことがあったんだけど、あの時はブヨだった。
それはもう酷い腫れようで、毒が回ったのか腕全体が痺れるように痛くなったほどだった。
今回はその時ほどではないけど、刺された個所数が非常に多くて、しかもそれが首回りや顔だったりするからむしろたちが悪い。
夏に買っておいた抗ヒスタミンのステロイド軟こうがまだ残っているのでそれで対処できるけど、ムシは嫌だね。
もう寒くなってきたし虫刺されの不安はなくなったと思い込んでいたので痛い目にあってしまったわい。

2018/10/25

東日本周遊カシオペア紀行撮影@石打~大沢

今日は8月以来となるカシオペア紀行の東日本周遊版が運行される日。
もちろん上越線回りなので、EF64とEF81の重連運転が実現し、平日とはいえ混雑が予想された。
それに備えて超早起きし、前乗りしていた越後湯沢のホテルから未明の街を先週ロケハンした撮影地に向けて出発した。
やってきたのは大沢駅付近にあるストレート区間。
抜きのいい直線と首カックンが魅力の場所だ。
6時前に到着してみると、置きゲバこそ1個あったけど、同業者は誰もおらず。
結局7時半くらいまで同業者は登場せず、やはりネタがあるとはいえそこは平日の出足でした。


その置きゲバをされていた方が、その場所からもう少し私が構えていた方に寄りたいとのことなので先着者絶対の習わしに従ってこちらが微調整。
すると、ロケハン時にも見つからなかった自分がこう撮りたいと思う構図が出来上がったじゃないですか。
その微調整がなかったら引っかかるものを感じながらの撮影になっていたと思うので僥倖でした。


E129系@石打~大沢
E129系@石打~大沢 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
上越線/石打-大沢


この撮影地の作例はいくつかネットに上がっているけど、個人的には首カックンの位置で切りたいと思っていました。
だけど平らな場所からではなかなかその感じが表現できず、微調整で窮屈な斜面沿いに三脚を置きなおしてみた形がこうなりました。
窮屈さを嫌って平らな場所から撮ろうとしたので真っ直ぐにしか構図が作れなかったわけですね。
先着者さんのおかげでこの理想の構図が作れたのだからわからないものです。


北越急行ほくほく線HK100形@石打~大沢
北越急行ほくほく線HK100形@石打~大沢 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
上越線/石打-大沢


構図が固まったのであとはひたすら練習あるのみです。
本数の少ない区間なので、ほくほく線の車両の存在はありがたい。
編成が短いだなんだ、贅沢は言ってられません。


そうこうしているうちにカシオペアがやってくる時間帯になりました。
いつの間にか同業者は増え、最終的に10人以上は集結していたのではないだろうか。
やはりこの業界、ネタの時は平日も糞もありません(笑)。


EF64-1051+EF81-80重連 東日本週遊カシオペア紀行@石打~大沢
EF64-1051+EF81-80重連 東日本週遊カシオペア紀行@石打~大沢 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
上越線/石打-大沢


朝から、ドン曇り→一時雨→バリ晴れと移行していた空模様。
晴れ過ぎると光線的にきつくなるけれど、そこは直前曇り男の私がいるわけで、しっかりと本番は程よく曇ってくれました(笑)。
撮りたい構図、程よい光線でしっかりとロクヨンとパーイチの重連カシオペアを撮ることができて満足です。
しかしいつ見ても堪らないなぁ、ロクヨンセン


東日本周遊カシオペア紀行


次位はEF81-80。
個人的にめぐり合わせの悪い釡なので、できることならこの後羽越線まで追っかけたいところだけど、明日はきつい仕事が待っていることを思えば無理はできません。
もっとも、大沢駅付近にいたのでは、車じゃなければ追っかけする術はないので元より予定通りなのだけど。


ただ、このまま帰っちゃうのも少しもったいないので、木曜日の恒例行事である四季島の上りを付近で撮ることにします。
新旧クルーズトレインを同日に捕獲する、そんな〆もいいだろう。
やってきたのは岩原の大カーブ。
カシオペアの撮影者と思しき人々がまだ数名残っていたけど、空いていたスペースから撮影。


TRAIN SUITE 四季島@岩原スキー場前~越後中里
TRAIN SUITE 四季島@岩原スキー場前~越後中里 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
上越線/岩原スキー場前-越後中里


ギラギラの光線、されとて順光でもない、という事でシャンパンゴールドをマシマシにする調整をして撮りました。
線路わきのススキがボーボーでスッキリとは撮れないけれど、まぁ季節感ってことで。
最近四季島の撮影を好んでしている私だけど、ロクヨンカシオペアを見ちゃった後だと物足りなさを覚えずにはいられません(苦笑)。


カシオペア紀行は今回の周遊が終わるとE26系が全検入りするとかで、おそらくこれで年内最後の運行となるのでしょう。
でも、今年から周遊型というパターンが増えたので、来年以降もまた必ずこうした機会があると思われます。
その時を楽しみに待とう。
一度俯瞰撮影もしてみたいな、なんて考えながら帰路へと着きました。

2018/10/24

温泉を直してくれた!

明日のカシオペアを上越線内で撮るべく、前回に続いて越後湯沢に前泊するため仕事終わりに出かけました。
前回と同じホテルに泊まることにしたんだけど、先週そのホテルから電話がかかってきて、温泉大浴場が調子が悪くてお湯が引けないという大変残念なお知らせを受けていたので、仕事終わりで疲れた体を癒せないのは辛いなと思っていたけれど、フロントの人曰く今日直ったとのことでホッとしました。
もしかして私が今日の宿泊をキャンセルしなかったので頑張って直してくれたのかな?
私以外に宿泊者はいなかったみたいだし・・・。
おかげで気持ちのいいお湯でじっくり体を温めて解すことができました。
仕事がととても辛いので、温泉のありがたみが身に沁みます。
本当に直してくれていてありがとうと言いたいです!
さぁ、これで活力が戻ったし、明日は早起きしていっちょ撮影頑張るで~!

2018/10/23

給料は増えても体力は減る

月曜、そして火曜と、とんでもない量の仕事量をこなし、クタクタになって帰宅。
ブログを書く気力もわきません。
唯一の救いは、給料明細が想定よりも少し多かったことくらいでしょうか。
先月は残業時間が増えだしていた頃だからなぁ。
しかし、実入りが多くなれば肉体的負担が増すことは今の状態が証明しているね・・・。
また温泉にリフレッシュに行かないと。

2018/10/22

奮闘続くN102編成にお休みを

毎日残業で、すっかりDJ買い忘れるくらいには疲れております・・・。
で、そんなダイヤ情報や、JR各社から発表された冬の臨時列車を見て、少し寂しいラインナップだなと思ってしまうのです。
やっぱり189系の豊田車3編成が引退してしまったのは大きいなぁと。
孤軍奮闘中の最後の1編成であるN102だけど、ここのところの稼働率の高さには燃え尽きる前のろうそくが連想されて嫌な感じだったので、冬の臨時列車で設定が皆無でも仕方がないと思ってしまうのである。
そうでなくても平日はほぼ毎日おはようライナーで走っているわけだからね。
正直、あずさやかいじで見てみたい思いも強いけど、できるだけ寿命を伸ばしてほしい。
まぁXデーは来年のどこかであることはほぼ間違いないと思うけれど・・・。
今シーズンのプロ野球で、新井さんとできるだけ長く、だの、高橋監督とできるだけ長く・・・ってワードが流行っていたけど、私的にはN102編成とできるだけ長く・・・って思いなのである。


回9446M 189系N102編成送り込み@初狩S字
回9446M 189系N102編成送り込み@初狩S字 posted by (C)Tylor

2018/10/21

予報が変わった!

当初雨マークがついていた来週の木曜日だが、今日確認したら曇り時々晴れに変わっていた。
やっぱり週間予報なんてものはアテにならないし、むしろ最初は悪い予報から始まってくれた方がいいな。
これが逆パターンだったら一気に興ざめだけど、これで希望が湧いた。
撮影予定のカシオペア紀行はE26系のOM入場前最後の運行になるだろうし、ロクヨンとパーイチの重連で走る上越線だし、光線はともかく雨だけは嫌だったのでこれで迷うことなく先日ロケハンした晴れた場合の撮影ポイントへ向かおうと思います。
もうさすがにここから悪くは変わらないだろうしね(苦笑)。
そうでなくては絶好の秋晴れだった今日1日引きこもって体力回復に専念し、来週日曜日の天皇賞を回避してまで木曜日の撮影に賭ける意味がなくなってしまうってものだから。


EF64-1051+EF81-95重連 ゆったり東日本週遊カシオペア紀行@越後湯沢~石打
EF64-1051+EF81-95重連 ゆったり東日本週遊カシオペア紀行@越後湯沢~石打 posted by (C)Tylor
2018年8月30日撮影

2018/10/20

勇気ある回避

友人から来週の天皇賞に行くか否かについて連絡があった。
じっくりと検討したが、回避させてもらうことにした。
というのも、来週は木曜日にカシオペアの撮影があり、再来週は福島方面へ紅葉の撮影に行くプランがある。
その間に位置する天皇賞へ出かけてしまうと、スケジュール的にキツキツになってしまい、体力的にも財力的にも負担がでかいと判断した。
ここは勇気ある回避だ。
友人とはゴールデンウィーク以来あってなく疎遠気味になってしまっているが、11月末のジャパンCは連続参戦記録もかかっているので絶対行くし、そこで旧交を温めればいいかな。
しかしだんだん優先順位が変わっていってますね。
以前は競馬のGIレースを中心に年間のスケジュールを決めていたのに、今年はまだ競馬場には2~3回しか行っていないのだから。

2018/10/19

やっぱり温泉がエネルギー源

昨日は久々に上牧の風和の湯に行った。
約7か月ぶりの入浴だったけど、やっぱりここのお湯は最高に素晴らしい!
春先までは115系の撮影で足しげく上牧に通っていたけど、今ではもう上越線で撮ろうと思うものは四季島くらいだから、機会は木曜日しかなく、春先のようにちょくちょく入りに行くことは難しいかもしれない。
だけど、これからの温泉のありがたみが増す季節、もう撮影とは関係なくただ純粋に入浴しに上牧まで出かけちゃいそうな勢いだ。
私のエネルギー源は心を潤す趣味と、身体を労わる温泉。
全国各地の温泉地をすべて廻ることが究極の目標の一つだけど、同じ場所に何度でも通いたいと思うのは風和の湯くらいである。

2018/10/18

四季島&485系「華」団臨撮影@上牧ストレート

今日はお休みだったので朝から上越線を下りました。
平日の午前中から何をしに出かけたのかというと、来週のカシオペア紀行の撮影地のロケハンをするためです。
8月に続いて上越線回りで運行されるカシオペア紀行。
前回は越後湯沢付近のS字で撮りましたが、毎回同じ場所じゃ芸がないので、今回は別の場所で撮ろうと考え、土地勘がないので実際出向いてみてキャパや光線などをジックリとロケハンしようってわけです。
水上以北で撮りたいので、普通列車に乗り換えて大沢付近までじっくりと回ってきました。
何気に上越線の水上から先に乗るのは初めてだったんですよね。
有名な「日本一のモグラ駅」こと土合駅とか降り立ちこそしなかったけど新鮮でしたね。
肝心の撮影場所ですが、晴れた場合、曇った場合のよさげなポイントをそれぞれ見つけられました。
当日の空模様次第で臨機応変に行きたいと思います。
週間予報は・・・ええぇ・・・雨っすか・・・


木曜日なので午後からは水上付近に戻って四季島を撮ることにします。
途中通った諏訪峡はまだ紅葉が始まりかけでイマイチだったので、上牧ストレートで撮ることに決定。
幸い、今日は快晴だったので午後の順光撮影地である上の段踏切はお誂え向きの場所と言えます。


211系A58編成@上牧~後閑
211系A58編成@上牧~後閑 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
上越線/上牧-後閑


私のお立ち台デビューの場所であるここ上の段踏切。
平日なので一人きりで撮影となりました。
過去2度よりも奥から撮ってみると、今までで一番いい構図が出来上がりました。
べスポジは奥よりだったのですね。


485系改「華」団臨@上牧~後閑
485系改「華」団臨@上牧~後閑 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
上越線/上牧-後閑


四季島まで来るのは211系だけだと思っていたので突如やってきたコイツには驚かされましたね。
そういえば来る途中のどこかの駅で団体列車表示が出ていたような。
その正体は485系「華」だったのですね。
偶然だったけど、バリ順で撮れてうれしい限りです。


TRAIN SUITE 四季島@上牧~後閑
TRAIN SUITE 四季島@上牧~後閑 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
上越線/上牧-後閑


四季島通過時は、直前曇り男の本領が発揮され伸るか反るかの状況でしたがどうにか勝利。
この直後に水上地方は完全に曇ってしまったので、まさにギリギリのタイミングでした。
おかげで輝くシャンパンゴールドが撮れたのでホッとしましたよ。


紅葉はまだだけど、カシのロケハンといい、華との偶然の遭遇といい、収穫の多い1日でした。
来週木曜日、逆光でもドン曇りでもいいから、とにかく雨だけは勘弁してね・・・。


関連記事

有名撮影地へ行ってみよう
今日の115系 Vol.28 思い出のお立ち台デビューの地、上牧にて

2018/10/17

豪華女優陣に期待

新ドラマも出そろった感じかな。
今期もたくさん見てますよ。
ラインナップは以下です。


月 SUITS/スーツ(フジ)

火 僕らは奇跡でできている(フジ)
   中学聖日記(TBS)

水 獣になれない私たち(TBS)

木 黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~(フジ)

金 大恋愛~僕を忘れる君と(TBS)

土 ドロ刑 ‐警視庁捜査三課‐(日テレ)

日 下町ロケット(TBS)
   今日から俺は!!(日テレ)


合計9本。前クールと同じですね(笑)。
一通り見た中で初回一番面白かったのは・・・「今日から俺は!!」。
全然期待してなかっただけに、案外よかったのが印象的でしたね。
この原作のマンガ、大好きだったなぁ。学生時代何回も読み返したものだ。
今でも本棚の奥底に眠っているはずで、忘れられないほど爆笑したり感動したりしたエピソードがドラマでも出てくるか注目。
ウキョロキョキョーン、フギャッ!フギャッ!


それはさておき、今期は女優陣がものすごく豪華だと思います。
戸田ちゃんにガッキーにか有村架純ちゃん。
毎晩が楽しみになるような布陣ですよ。
「大恋愛~僕を忘れる君と」の戸田ちゃんがやばいくらい可愛かったです
今年最後のドラマ、内容はともかく、視覚的には大いに楽しめそうですね!

2018/10/16

人手不足も甚だしい

どの業界もそうだと思うけど、現在我が職場は人手不足に苛まれている。
それというのも、会社が早期退職者を募りやがったせいで、まぁ早期退職する分にはその人の都合だから構わないんだけど、その補充なしってのがいただけないんだよなぁ。
おかげでいなくなった人の分が、まんま自分たちに降りかかってくるわけで、その負担は大きいものとなっている。
前期、あれほど毎日のように定時退社できていた私が、最近はほぼ毎日残業になってしまっている。
アフターファイブは短くなるし、何より次の日に疲れが残っちゃう。
いったいいつまでこの状況が続くのか。
嫌な噂では、来春の人事異動の時期までこのままなんて恐れもあるとかないとか。
うん、この分じゃいつか崩壊しますね。
身体を壊す人だって出てくるだろう。
そうでなくても定期的に通院している体の弱い私が真っ先にそうなったりして。
肉体的にはともかく、精神的にはリフレッシュできるようにプライベートでは趣味の写真撮影を楽しんで乗り越えていくしかないか。

2018/10/15

槙原って凄かったんだな?

昨日のセリーグクライマックスシリーズのジャイアンツ菅野投手のノーヒットノーラン、凄かったですね。
ポストシーズンでの快挙はまさに異次元のお話。
見ていて完全試合をやってしまうんじゃないかと思ったもの。
こうなるとあの四球は残念だった。
最後、裏をかいてインスラを要求したんだと思うけど、よりによって一番コントロールつけるのが難しいインスラだからね。
普通にアウトコースの真っ直ぐorスライダーだったらどうだったのだろう。
結果は神のみぞ知るだけど、やっぱり完全試合ってのは奇跡のそのまた奇跡なんだな。
いつぞやの杉内投手もそう。たった一つのボール球で大快挙は逃げていく。

そんじゃ私が子供の時完全試合を達成した槙原投手ってのはさぞかし凄かったのかというと、それがそうでもなかった。
当時の巨人は斎藤、桑田、槙原ってのが先発三本柱としてセリーグに君臨していた。
でもその中で一番安定感に欠けて、一番精神的にもろくて、一番信頼感が薄いのが槙原だったと記憶している。
「平成の大エース」斎藤、「ピッチングの申し子」桑田と比べて、1枚、下手すりゃ2枚落ちのレベルだった。
だけどそんな槙原も、絶好調で嵌った時のピッチングは、斎藤桑田を凌駕するそれこそ手が付けられない状態になった。
それがあの有名な完全試合であり、MVPをとった西武との日本シリーズだったわけだね。
うん、やっぱり槙原って凄かったんだと思う。
私が生きている間にもう完全試合なんて見られないかもしれないのだから。

2018/10/14

慣れるまでは・・・

最近朝方などは涼しいというより寒い。
そのうち布団から出るのが苦痛になる季節がやってくる。
だけど我々鉄ちゃんの朝は非常に、いや異常に早く、未明から活動することも多々ある。
夏はすでに空も明るいってパターンも多いが、真冬のそれは寒さと闇の世界で一種の恐怖感すらある。
きっとこの冬も早起きして活動する機会もあることだろう。
思えば今年の年初はよく未明から活動していたものだ。
現在そこまでして追いかけているものはないけれど、一つ言えるのは一番美しいシーンは夜明けor日没の直前ってこと。
寒さに、暗さに負けていてはここぞのシーンに巡り合えない。
苦労なしでは決して生み出せないものがあるのだ。
だから私はこの冬も早起きを辞さない。
寒くて起きれないのも徐々に慣らしていかないと。

2018/10/13

今年はたくさん紅葉見に行こうよう

今週はたった3日働いただけなのに疲れを隠せない週末であります。
明日の日曜日は完全オフですね。
また来週も厳しい仕事が待っているのだから・・・。

しかしここにきて一気に秋めいてきましたね。
薄いシャツでは肌寒いほどで、そろそろ厚めの服装も考えていかないと。
そんなだから景色もそろそろ秋の装いを見せてくるはず。
先週、磐越西線に行ったときにはまだほぼ緑いっぱいだった視界が、あと2週間もすれば色づき始めるのでしょう。
今年は紅葉の写真を撮る予定を多めに考えて日程調整しております。
さぁ、どこへ撮りに行こうかな。
一度行きたいと思っている、あの路線かな!?

2018/10/12

10連休への期待と現実

来年のゴールデンウィークが10連休になると政府から発表があった。
だけどこれをそのまま鵜呑みにできるほど現実は甘くはないだろうな。
だって普通に考えて10日間も会社が休みっぱなしなわけない。
世間が休んでいようが、必ずどこかで社会は動いている。
その動いている側に入ってしまいそうな予感がプンプンだ。
おそらくはどこかで祝日出勤を命じられ、飛び飛びで休みになる感じだろうなぁ。
でももし本当に10日間休業します!ってなったら、その時はウチの会社も見直してあげるよ。
ま、現実は厳しいだろう。

2018/10/11

怒りのブルーレイレコーダー購入

ブルーレイレコーダーを新しく買った。
先日、起動せずに録画できなくなったと書いたが、一時持ち直したかに見えた症状が再燃。
遠征中に予約した番組が全て録画できていなかったのだ。
これに激しい怒りを覚えた私は、遠征帰りで節約したいところなのに勢いで新しいものを購入してしまいましたとさ。
約5万円。非常に痛い出費だ。
でもこれでもう録画できないって不安がなくなったから仕方がないところかな。
正直、ドラマとかなかなかリアルタイムでは見られないからね。
でも今期は好きな俳優さんがたくさん出演するから、見逃したくないドラマが多いんだよねぇ。
そういった意味でも手軽に録画予約できるレコーダーは必須だった。
容量も旧機の500GBから1TBにアップし、今までと違って同じ時間帯の2番組録画も可能になった。
これでもう見たい番組が重なっても安心だ。
今までは遅い時間の場合無理して起きて片方はリアルタイム視聴せざるを得なかったからね。
ま、痛い出費ではあったが必要経費ってことですかね。
この分はしっかり働いて取り返しちゃるで。

2018/10/10

RENAULT MIRACLE LIGHT 6 初輪行感想

4連休最終日は自宅で疲れを癒しました。
と言ってもいつもの遠征時よりは、足への負担はなかったようで痛いところはどこもありません。
やはり徒歩での移動じゃなく、自転車で移動していたことが大きかったのでしょう。
そう、今回の遠征では先日購入したミニベロ、ミラクルライト6での初輪行を敢行していました。
今回の記事ではその初輪行を終えての率直な感想を記そうと思います。


まずは持ち運び。
これは軽さに感動しましたね。
公称6.7キロは伊達じゃない。担いでの駅の階段の乗り降りもラクチンでした。
サイズ感もさほどではないので、列車に乗る時も座席の間のスペースにきちんと収納できたので他人への気遣いも最小限で済みました。



ただし、その軽さを実感できたのも旅の初めだけで、疲れが嵩んだ帰り際にはさすがに7キロないと言っても体への負担は感じるようになりましたね。
さらに、輪行袋へのしまい方が雑だととがった部分が袋にダメージを与え穴が開いてしまいました。
また、ペダルの出っ張りが邪魔で、担いだ時にもろにわき腹に当たったりして痛い思いもしてしまいました。
やっぱり着脱式か折りたたみ式のペダルにカスタム必須なようです。
サドルの硬さは・・・乗っているうちになんとか慣れましたが、お金に余裕がある時にこれもカスタムしたい。


さて一番の関心事項はやっぱり走行性能。
会社の行き返りに一度乗ったきりでは本領は発揮していなかったらしく、今回その性能のすべてが明らかになったのです。
走る!これは走る!それが率直な感想です。
国道を全力乗りすると、体感でも原付の法定速度程度は出せたんじゃないかと。
これが下り坂になったりするとそのスピードは怖いレベルまで出てしまい、ハンドル操作を誤れば転倒の恐れすら感じました。
最初乗った時に感じたタイヤの小ささゆえのハンドル操作の難しさに関しては乗っているうち慣れ、そのうち立ち漕ぎにも対応できるようにまでなりました。
ただし段差への対応力のなさは如何ともしがたく、補正されてない道路でも思いきり振動は伝わってきます。
まぁこれはミニベロの宿命なのでそこは割り切りです。


そんなシングルギアとは思えない走行性能につい調子に乗ってしまい、福島でも、山梨でも、国道沿いを構わずビュンビュン飛ばしてしまい、小さな車体じゃなければためらわれる様な、歩道もロードバイク用の走行レーンも一切ないような道路にも突入していくことができ、それでも車の流れを乱すことなく走れ、走行距離にして40キロ程度は乗ってしまったんじゃないですかね。
さすがに坂はきつく、峠越えを何度も繰り返すような山間部ではしんどかったですが、車体が軽いので乗ってダメなら降りて押して歩くのも一つの手でしたね。


今回の輪行旅を終えて一つ言えることは、普段日常で使っている自転車では同じ真似は絶対にできないってことです。
結論からすると、ルノーミラクルライト6は滅茶滅茶走れてしかも軽い、輪行愛好者のために生まれた、そんなミニベロだってことですね。これからもどんどん持ち出していきたい。

2018/10/09

秋の甲信越撮影旅行3日目その2~下諏訪カーブでE655系「なごみ(和)」団臨を撮影

朝の安茂里での撮影を終えた私はいったん長野駅に戻り、特急しなの~あずさに乗車して下諏訪まで向かった。
ここ下諏訪が今回の撮影旅行での掉尾を飾る地。
この日は平日だったけど、折りしもE655系の団臨が松本まで運行されることを知り、まだE655系は撮ったことがなかったのでこの機会に撮影デビューしようと考えたのだ。
お召列車にも使われる特別感ある車両だけに、一度撮ってみたかった。


やってきたのは下諏訪~岡谷間にある東町踏切。



この踏切は通称・下諏訪カーブと呼ばれる撮影地で、単線となっていて上り下りの撮影が同時にいろんな構図で撮れる、お手軽かつ懐の深い踏切で、臨時列車が走る時には大勢の撮影者が集う人気の場所だ。
私もこれまでここでの撮影を何度も候補にしながら、今日が初めてやってくる運びとなりました。
着いた時には他に同業者が2名。
狭い場所だけど、撮りたいポジションが各々違っていたみたいで私は遮断機よりのアウトカーブ構図の位置を確保できた。
ちなみに後に何人かやってきたけどそのほとんどはインカーブ側へと陣取っていましたね。
インカーブ側は、上り、下りと立ち位置を変えてもインカーブで撮れるので、まずは大好きインローアングルから上りを撮ってみることにします。


EH200-14+タキ@下諏訪インカーブ
EH200-14+タキ@下諏訪インカーブ posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
中央本線/岡谷-下諏訪


貨物列車がやってきました。
相当迫力ある感じに撮れますね、ここは。
もっと短いレンズなら被りつきから相当豪快な写真が撮れそうだけど、70ミリでもなんとかいけました。


E353系特急あずさ@岡谷~下諏訪
E353系特急あずさ@岡谷~下諏訪 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
中央本線/岡谷-下諏訪


晴れ渡っていたので太陽角度からして面が潰れてしまいますが、E353系ならあまりわからない!?
だけどこの場所、迫力ある写真が撮れ過ぎて無茶する人が出たらそのうち線路際にフェンスでも設けられちゃうかもな・・・。


懐の深いこの撮影地、上りは↑のインローの写真を撮った場所からさらに奥に行くと直線区間でも超望遠で撮影できます。


E353系スーパーあずさ@岡谷~下諏訪
E353系スーパーあずさ@岡谷~下諏訪 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G APS-Cモード
中央本線/岡谷-下諏訪


勾配の差がよくわかるので長大編成にピッタリの直線ですね。
こちらもかなりいい具合に撮れるわ。


一方、下り側もインアウト自在。まずはインカーブ。


E257系特急あずさ@下諏訪~岡谷
E257系特急あずさ@下諏訪~岡谷 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
中央本線/下諏訪-岡谷


本日もE257系ゲットです。
今日は昨日よりも数は少なかったけど、帰りには乗車もできましたよ。
この構図がこの撮影地の2大有名構図ですね。


イン側はこのくらいにしてメインを狙うアウト側へ戻ります。
メインはここのもっともメジャーと言っていい構図で撮ろうと思います。
E655系がいつ来るかわからなかったのだけど、同業者に詳しい人がいて聞いたら案外早く来るようでした。
でもその人、スジには詳しかったくせに、どっち方向が下り側なのかそういう根本的なことが分かってなくて可笑しかったです
そして真夏を思わせるようなギラギラの日差しの中、孤高のE655系がやってきました。


E655系「なごみ」団臨@下諏訪~岡谷
E655系「なごみ」団臨@下諏訪~岡谷 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
中央本線/下諏訪-岡谷


おお、何ともいがたいオーラ。
これまで撮ってきたどんな車両ともまた違う雰囲気。
黒光りするディープパープルの車体。
お召列車に使われるのも伊達じゃない、唯一無二の存在感を感じました。


E655系「なごみ」


目一杯引き付けて。
よく見ると女性ウテシですね、カッコいいなぁ。


こうしてE655系とのファーストコンタクトを無事終え、今回の撮影旅行は幕を閉じました。
実はこの後E655系はすぐに回送で戻ってきたみたいですね。
撮影者一同、そんな情報は知らずに一斉にいなくなってしまったのでつい私も帰っちゃいましたわ(苦笑)。
最良の天気だけに、もう少し粘ってもよかったかな。
それでも3日間、天候にもまずまず恵まれ充実した撮影ができたので楽しかったです。
E655系はまたいつか撮りに行こう。

秋の甲信越撮影旅行3日目その1~安茂里カーブで「189系」おはようライナー&しな鉄115系を撮影

長野駅前のビジネスホテルで起床した私は、まだ薄暗い早朝の町を安茂里方面へとミニベロを走らせた。
昨日は中央本線での撮影後に長野まで来ていた。
撮影旅行最終日となる今朝は、まず篠ノ井線でおはようライナーを撮ろうと考えていた。
おはようライナーは平日限定とはいえ、今や貴重な189系N102編成を定期的に仕留められる機会。
7月にもこれ狙いで聖高原での撮影をしていた。
平日に休みやすい仕事柄、チャンスと天候次第ではこれからも撮影していきたいと思っている。
篠ノ井線と言えば、先月末の信州カシオペアを台風で諦めていただけに今回はその時の分のプチリベンジですね!


今朝向かったのは通称、「安茂里カーブ」、「犀川カーブ」、「犀川橋梁飛び出し」など、いろんな俗称がある名物撮影地。
長野へ向けて篠ノ井線の列車が走るが区間上は信越本線内だ。
その詳しい場所は撮影地情報やブログにも載っていないが、川中島~安茂里間で犀川の流れる場所を探せばなんとなく目星はつく。
それらしき場所へたどり着いたが、どうもそこへは人の家の庭っぽいところを入っていかなければならないようで躊躇された。
そこで鉄橋の反対側へ回ってみると、土手沿いから鉄橋の下をくぐれる場所を発見。
「マムシ注意」の看板がかかったその場所へ意を決して侵入した。



向こう側へ渡り、土手の上によじ登り線路沿いからアプローチすると、だだっ広いスペースにたどり着いた。
どうやらこの場所で間違いないようだ。しっかり鉄橋も見えた。
ただ、殊の外広かったので定位置がどこだかわからない。
おはようライナーの有名撮影地だとは思うが、平日という事もあってタイミング次第では誰もいないこともあるだろうけど、今朝がまさに私一人きりでの撮影となってしまい、初めてだけに立ち位置を探すのに難儀した。
しかし、これは構図に絶対のこだわりがなければ、撮影者の収容人数が多めになるという事でもあり、ネタの時でも来やすい場所と言える。



いろいろ探った結果、おそらくこの13番の電柱付近がネットに転がる作例の定位置じゃないかと推測された。
だが、ここから撮る場合300ミリ以上の望遠が欲しいところで持参したレンズでは足りず、この位置はビデオ撮影だけにし写真はもう少し前よりからクロップモードで撮ることにする。
なおすぐ隣に工場?作業場?があるので、仕事が始まるとその音でビデオ撮影には不向きになります。


115系S3編成湘南色@川中島~安茂里
115系S3編成湘南色@川中島~安茂里 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G APS-Cモード
信越本線/川中島-安茂里


早速やってきたのはしなの鉄道線の115系。しかも大好き湘南色。
ここらはしな鉄との供用区間なので次々と列車がやってきて飽きない。
それもあるから人気の場所なんでしょうね。


E127系@川中島~安茂里
E127系@川中島~安茂里 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G APS-Cモード
信越本線/川中島-安茂里


篠ノ井線からの車両も各種通るが、2~3両編成程度だとどうも持て余してしまうね。
メインの6両を想定できる長さのが来ないかな・・・あ貨物来た・・・でも空コキかぁ・・・なんてやってると、お誂え向きなのが来ました。


115系S10編成@川中島~安茂里
115系S10編成@川中島~安茂里 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G APS-Cモード
信越本線/川中島-安茂里


しな鉄の6両編成の快速。
これで構図が固まった。
折りしも、早朝のうちは今朝もドン曇りだった空から太陽が姿を現す時間帯となり、おはようライナーを迎え撃つ状況が整っていた。
直前曇り男だけにすぐさま日差しが隠れて焦ったけど、なんと本番通過1分前に再び日差しが復活してくれました。
今日はツイている!


189系おはようライナー@川中島~安茂里
189系おはようライナー@川中島~安茂里 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G APS-Cモード
信越本線/川中島-安茂里


眩い朝日を浴びて、189系おはようライナーが通過。
実はこの撮影地は夏場の早朝以外は日が出ると面の半分が陰ってしまうのですが、ドン曇りよりははるかにいい。
一度来てみたかった場所で、しっかり日差しを浴びた状況で撮ることができて嬉しく思います。
これでもうこの場所に未練はなくなったので、次回は別のポイントへ行くことができるってものです。
それにしてもまさか一人きりで静かに撮影できるとは思わなかったなぁ。


こうして朝イチの撮影を無事に成功した私は、今回の旅最後の撮影地へと向かうのだった。

2018/10/08

秋の甲信越撮影旅行2日目~「189系」かいじ188号送り込み&「E257系」集中撮影

宿泊先の上諏訪で起きた朝。
外を見ると雲に覆われた空が広がっていて唖然とした。
今日は晴れる予報じゃなかったのか。
TVの天気予報ではお天気キャスターのおねえちゃんが、「直前で予報が変わりました~」とかにこやかな顔で言っていたけど、こっちとら秋晴れを期待してやって来たのだから冗談じゃない。
一気にやる気がなくなったけど、腐っていても仕方がないのでとりあえず移動開始。
小淵沢で下車した。


今日の撮影メインターゲットは189系のかいじ188号。189系の貴重な特急運用だ。
だけど、実際撮ろうと思うのはその送り込み。
かいじ188号の本運転は午後からなので、晴れると中央本線の午後の上りはほぼ塩山ストレートと相場が決まってくる。
混み合うことは必至で、前回は線路立ち入りとかで大揉めになったらしい。
そういうのは結構なので、回送区間にはなるものの平和に、かつ順光で撮れそうな長坂付近で撮ろうと思っていた。
だけどせっかく絵幕付きを捨ててまで撮るのだから絶対に晴れてほしかったわけで、今朝の空模様は恨めしいったらありゃしない。


それまで時間があったので、まずは小淵沢から順番に撮影スポットをめぐりE257系を中心に撮影していくことにした。
今回は輪行してきていたので、移動しながらいい場所を探すことも容易でした。


E257系特急あずさ@小淵沢~長坂1
E257系特急あずさ@小淵沢~長坂1 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
中央本線/小淵沢-長坂



まずはGWにM51のラストランを撮った場所。
今回はその時とは反対側のS字狙いだ。
中央線から激減してしまっているE257系を、ぜひ撮っておきたかったスケール感あるS字で仕留めることができた。


E257系特急あずさ@小淵沢~長坂2
E257系特急あずさ@小淵沢~長坂2 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
中央本線/小淵沢-長坂



下りも、せっかくなのでS字側で後追い撮影。
窮屈になるので縦位置で抜いたところ美しく決まった。


この場所はこれで離れ、長坂駅付近へ。
有名な長坂カーブの撮影地に行ってみた。
ハイシーズンは真冬の澄み渡った時期だけど、ロケハンも兼ねて。
案の定、上り大カーブ側の山は雲で覆われて見えなかったので、この場所では下りを撮ることにする。


185系はまかいじ@長坂~小淵沢
185系はまかいじ@長坂~小淵沢 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
中央本線/長坂-小淵沢



最初にやってきたのはなんと「はまかいじ」。
まったく念頭になかっただけに、絶妙のタイミングでしたね。
だけどこの場所、草ボーボーなのは上りの大カーブ側かと思いきや、実際は下りの線路沿いの方がススキなどで覆われてました。
それだけになるべくスッキリ抜ける場所を探し、極狭な立ち位置でさらに窮屈になって撮る羽目に・・・。


E257系特急あずさ@長坂~小淵沢
E257系特急あずさ@長坂~小淵沢 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
中央本線/長坂-小淵沢



ここでもどうにかE257を撮れたけど、やっぱり空模様はアレなので冬場に再履修したい。


時間もいい具合になってきたので、ここらで今日のメインの撮影地へ向かいます。
日野春方面へさらに移動し、美しい景観で有名なこの場所へ。


215系ホリデー快速ビューやまなし回送@長坂~日野春
215系ホリデー快速ビューやまなし回送@長坂~日野春 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
中央本線/長坂-日野春



午後になって待望の陽射しが現れてくれました。
せっかくこの場所で撮るのだからこうでなくてはいけない。
さすがにバックの山にかかる雲まではすべて抜けてはくれませんでしたが、朝方に比べればマシな状況。
最悪曇りならかいじ188号は絵幕付きになる甲府から先まで予定変更して撮りに行こうと思っていたけど、この分なら順光で撮れそうだし、この場所に骨をうずめることに決めました。


E353系特急あずさ@長坂~日野春
E353系特急あずさ@長坂~日野春 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
中央本線/長坂-日野春



陽射しをタップリ受けたE353系はより美しさを増す。
この車両ってE351系ファンからは目の敵にされるきらいがあるけど、実際かなりカッコいい車両だと思います。
まぁじきに中央線の特急はこれ一色になってしまうので、そう思えるのも今だけかもしれないけれど。


E257系特急あずさ@長坂~日野春
E257系特急あずさ@長坂~日野春 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
中央本線/長坂-日野春



そして今日たくさん撮ってきたE257系。今日は数多く充当されていたようでいい日でしたね。
この撮影地は上り線側は足回りのロープや杭などが邪魔だけど、下り線側はスッキリ撮れる。
だからE257系の成功カットは後追い撮影のこの1枚とします。


すっかりギラギラの太陽光線が降り注ぐようになったベストタイミングで、189系の送り込み回送がやってくる時間となりました。
回送幕だけに撮影者はあまりいないかなと思いきや、私と同様の考えでやってきた撮影者は数人いました。


189系N102編成かいじ188号送り込み@長坂~日野春
189系N102編成かいじ188号送り込み@長坂~日野春 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
中央本線/長坂-日野春



いやぁ、朝起きた時はどうなるかと思ったけど、最終的にバリ晴れになってくれてよかったですよ。
欲を言えば八ヶ岳が完全に姿を現してくれてたらもう少し広角で撮りたかったのだけど、今日望める最高の条件だったことは間違いないでしょう。絵幕を捨てたこともこれでもう悔いはありません。


まぁしかし、今日は実質E257系の集中撮影日だったと言えるでしょうね。
まさかE257をこんなに真剣になって撮る日がやってくるだなんて思いもよりませんでしたよ
中央線から追いやられてしまうその日まで、もう少しの猶予のうちにまだまだ撮っていきたい。

2018/10/07

秋の甲信越撮影旅行1日目~磐越西線荻野でDLばんえつ物語を撮影

新潟のビジネスホテルで目覚めた私は、快速あがのに乗車した。
撮影旅行は今日からスタート。まず最初は中1週となる磐越西線での撮影だ。
昨日の未明に台風は日本海側を進み、その後温帯低気圧に変わったようで直接的な被害はなさげだったけど、どんよりとした空と強風がまだ残る朝で、一部列車が徐行運転となっているようだった。
快速あがのも多少の遅れをもって目的地の荻野へと着いた。
なお、タイトルには甲信越撮影旅行と記してますが、磐越西線の荻野駅は福島県に入ってます。
まぁ、細かいことは気にしない(゚ー゚;


荻野駅から尾登駅方面へと向かうと磐越西線の有名撮影ポイントに行ける。
駅前の県道をひたすらまっすぐ行けば滝の下踏切が見えてくる。



撮影ポイントはここを渡ったすぐ先にある高台のようになっているところ。目印はお墓。
立ち位置は風景写真風に撮るか、車両メインのS字強調で撮るかでいろいろ探れるが、足元は不安定で草が生い茂って滑落の心配もあるので注意したいところ。
私はせっかくいい眺めなので車両メインじゃなく、風景写真風に撮ることにした。
空模様は青空が覗いたり、ときどき思い出したように雨が降り出したりを繰り返していたが、見下ろす形で空が入らない構図なので、この際天候はあまり関係ない。


キハ110系@尾登~荻野
キハ110系@尾登~荻野 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
磐越西線/尾登-荻野


まずは普通列車で構図を確認。
ありゃ、キハ47を期待したけどキハ110でしたか~。
車体が緑の中に溶け込んでしまうキハ110よりも、新潟色のキハ47の方がメリハリがあったと思うけど仕方ないか。
構図はチラリと覗く阿賀野川をどうするかが一番肝心で、入れようとすると線路わきに立つ障害物は避けて通れない。
だけどまだ今の時期なら緑の草に覆われてその障害物は完全に隠れており構図の制限を緩和させてくれていた。
本番もこれで行こう。


9226レ DLばんえつ物語@尾登~荻野
9226レ DLばんえつ物語@尾登~荻野 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
磐越西線/尾登-荻野


目の前をスーッと通過していったDLばんえつ物語。
前回の山都での賑わいが嘘のように、本番を迎えても自分ひとりきりでの撮影となりました。
晴れれば光線はあまりよくないみたいだし、磐越西線には他に順光で撮れる場所がいくらでもあるからでしょうか。
それでもこの場所は眺めの良さが多少のことは目をつむってくれます。
一度撮りたかったスポットで無事に撮影が終了して、今回の旅は幸先のいいスタートを切れたといっていいでしょう。
SLもいいけど、DLもやっぱりカッコいいですわ。また撮れて良かった。


なお今日は返しは撮影せずに(午後からは晴れ渡ったのが癪だが)、ここから一気に大移動。
いったん東京に戻り、中央本線に乗り換えて上諏訪まで向かいました。
このタイミングで遅ればせながらE353系に初乗車。新しい車体は匂いが違いました。
快適な乗り鉄で長い移動時間も苦にならず、上諏訪の温泉で身体を労わり明日の撮影に備えました。

2018/10/06

持てる力を使い切って新潟へ

今日は仕事量が多かった・・・。
それはもう、まさしく本年度一番と言っていいくらいに。
そんな日に仕事終わりに旅立とうという私にはきついことこの上ない。
行き先は新潟なので、別に残業になったって十分行ける。
だけど逸る心は抑えられず、どうしても定時で退社したいと思った。
そこで私、頑張っちゃいました。
このとんでもない量の仕事を相手に、全身全霊全力開放。
6連勤最終日、もう失うものはないと持てる才能をすべて開放して挑みました。
その結果・・・ジャスト定時。
へへーん、どんなもんじゃーい!!

・・・ああ、疲れた
自分が天才で本当に良かったと思う。
そして18時半ごろには新潟に降り立っていました。
新潟は先日カシオペア追っかけで立ち寄ったけど、宿泊に来るのはずいぶん久しぶりな気がします。
新潟と言えば免許合宿で2週間ちょっと滞在した経験もあり、私にとっては第4の故郷と勝手に思っている場所。
そんなだから、勝手知ったる街で行きつけの店もあります。



越後もち豚のとん八、ここですよ。
ここで早く食事したかったので定時退社に拘ったわけですね。
個人的に20時以降は夕食は食べたくないので、せっかく好きな店に行くんだしおなか一杯食べたかったのです。
やっぱり最高でしたね、もち豚さんは
こうして6連勤後の遠征で疲れているはずの身体に活力が戻り、明日からの撮影に元気いっぱい望めそうです。

2018/10/05

あと1日乗り切ろう

さて、6連勤もようやく明日でおしまい。
仕事終わりに予定通り旅立つ。
今回は行き先は甲信越を予定しているので、旅というほどではないかもしれないが、台風の影響も少ないみたいだし大いに撮影を楽しみたい。
気がかりだったブルーレイレコーダーの故障も、配線をつなぎなおしたらなんとか復旧。
これで出かけている間の録画もバッチリだ。
たくさん働いた分、たくさん楽しむ下地は整ったね。
さ、明日もう1日だけ踏ん張ろう。
もう体力は残ってないけど、先の楽しみを思えばどうにか身体も動くのさ。

2018/10/04

台風は大丈夫らしい

6連勤、4日目を終えた。
やっぱり肉体的疲労が抜けないね。
まだ2日あるのか・・・。
でも、それが終われば4連休。
そこを目標にすればなんとか乗り切れそうだ。
心配された台風の影響があまりないようなので元気も出る。
今のところ日曜日が曇りマークな以外は、あとはずっと晴れマークが並んでいる。
私の遠征予定では最近では珍しいくらいに。
どうか好転することはあっても、悪い方にだけは変わらないでおくれ。
今回の遠征では、MIRACLE LIGHT 6での初輪行も兼ねているので、どうしても悪天にはなってほしくないのだよ。
なお、アマゾンで14インチ用の輪行袋をポチったものが今日届いて、収納したところサイズ感ピッタリで準備はバッチリです。
ただペダルの出っ張りが邪魔ってことが確認できたので、あとで折りたたみ式か着脱式にカスタムしようと思う。

2018/10/03

ブルーレイレコーダーが壊れた!?

今日は久しぶりに定時退社。
6連勤真っただ中だけにありがたい。
アフターファイブを楽しもうと、家に帰って録画した番組を一気視聴しようと思ったら・・・。
なんか、ブルーレイレコーダーが立ち上がらないんですよ。
いや、立ち上がるには立ち上がるんだけど、ものすごい時間がかかる。
なんか内部の処理に問題があるのだろうか。
それも困るんだけど、もっと困ったのは録画予約しておいた番組が録れてなかったこと。
おそらく、録画の段階でレコーダーが立ち上がらずに、そのまま撮り逃したものだと思われる。

うーん、一体全体なんでこうなった。
故障かな?
それまで壊れそうなそぶりは一切なかったのにな。
このレコーダーは2010年くらいに買ったんじゃなかったけなぁ?
とすればまだ8年程度だ。壊れるには早すぎるんじゃないか。
たしかに容量500GBだし、買い替えようかなと思ったこともあるけど、今は余計な出費ができない時期。
正直、持ち直してくれないと大いに困る。
でも新しいドラマが始まる前になんとかしないと、見逃し多数になってしまう。
とりあえずほこりを取り除いて配線を接続しなおしてみたけど、これでまだ直らないようならいよいよ買い替えか・・・。

2018/10/02

ワンチャンあるか

10月である。
プロ野球はシーズン佳境だ。
あ、広島カープ、西武ライオンズ、優勝おめでとうございます!
この時期は引退や戦力外など、球団のニュースにも秋風が吹いて寂しいが、今はポストシーズン争いが注目だ。
結局今シーズンもここまで球場まで試合を見に行けてない私にとって、最後のチャンスは日本シリーズ。
今年はセリーグ球団から始まるので、在京球団がCSを勝ち抜いてくれればワンチャン見に行ける可能性がある。
とはいえ広島は抜きんでて強いし、そう簡単に行くとも思えない。
去年のDeNAのように、勢いに乗って勝っちゃうってケースもあるけど、毎年それじゃ白けるって気もする。
そうでなくても今シーズンのセリーグは広島、ヤクルト以外は借金まみれなのだから。
個人的には5割を切ったチームはCS出場権はく奪でもいいとさえ思っているが・・・。
そんなわけで(?)、ヤクルトさん、頑張ってつかぁさい(笑)。

2018/10/01

台風一過で最高の青空に

昨日は台風大変でしたね。
って、私は嵐も全然気づかないほどグ~すか熟睡していたわけですが(^-^;
昨日は首都圏の在来線が全線ストップするなど大混乱だった模様。
もう台風に振り回されるのは勘弁してほしいんだけど・・・。
25号の行方が気になりますなぁ。
また週末にやってきて連休オジャンなんてほんと嫌ですからね。
台風一過となった本日は素晴らしい晴天。
夕方まで澄み渡る青空が消えることはなかった。
ああ、こういう日に1日中撮影出来たらどんなに楽しいのだろうなぁ。

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »