2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 長い列車は華がある | トップページ | 仮の行程案ができた »

2018/11/08

国鉄特急色が復活はうれしいが

国鉄特急色に塗り替えられたE653系がAT出場したようで、その回送を撮影した画像がTwitter上などで散見された。
さすがに足回り含めて新品同様でキレイ。
189系のM51編成が逝って以来、まさかこの塗装がこんなにも早く復活するとは思わなかった。
だけど、正直な話今のところその見てくれは微妙と思わざるを得ない。
確かに我が国の鉄道古来より親しまれてきた色合いだけど、それはモノが国鉄形車両だったからこそ。
E653系はEの字が着くだけあってバリバリのJR型新世代車両(もっともそこまで新しいわけでもないけど)。
そこに微妙なズレが見え隠れしているような気がしてならない。
慣れの問題で、しばらくすれば愛着がわいてくるのかもしれないが。
E653系なら羽越本線で走っているブルーのやつが好きだなぁ。
まぁ、国鉄色のもそのうち機会を見て撮りに行ってみたいとは思う。
実際に見て撮ればまた違う感想を抱くかもしれないし。
まぁ、この塗装を復活させてくれたことを素直に喜んだ方がいいのだろうね。

« 長い列車は華がある | トップページ | 仮の行程案ができた »

鉄道雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国鉄特急色が復活はうれしいが:

« 長い列車は華がある | トップページ | 仮の行程案ができた »