2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 東京への輪行は結構めんどい | トップページ | 今年最後の中央線撮影・2日目~新桂川橋梁俯瞰で紅葉バックの四季島を撮る »

2018/11/23

今年最後の中央線撮影・初日~四方津&富士見で紅葉狩り

朝から撮影のために中央線へ繰り出しました。
11月も下旬となり季節は晩秋。
紅葉の季節もそろそろフィナーレということで、今年の紅葉撮影収めは大好きな中央線で行うことにしました。
まず朝方にやってきたのは四方津駅。
中央線の中でも紅葉の美しさが有名な付近ですね。
四方津では初夏に189系M52編成のラストランを撮影しているけど、あの時はまさに新緑だった。
そんな芽吹く頃から季節は巡って、今度は燃ゆる山を撮ります。


撮影場所は前回撮ったところではなく、山の中から対岸の呼戸沢橋梁を望むポイント。
編成すべてが入るわけじゃないけど、それを補って余りある眺めの良さが有名な場所です。
山道をエッチラオッチラ歩いて、熊出没注意の看板がある地点をさらに登山。
すると一人同業者さんがスタンバイしておられ、私もそれに倣って付近から撮ることにしました。
その後も次から次へと同業の方々がやってきました。
特別なネタが走る日ではなかったけど、やっぱりみんな紅葉狙いってことですかね。


2083レ@紅葉の四方津
2083レ@紅葉の四方津 posted by (C)Tylor α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD
中央本線/四方津-梁川



まずは中央線の撮影でおなじみ2083レから。
こんな具合に前の2~3両くらいしか入らないけど、風景写真としてはこんなにも恵まれたポイントは滅多にないと思いますね。
それにしてもタムロンレンズが紅葉を色鮮やかに表現してくれてます。
ブルサンの青さがより目立ちますね。


185系はまかいじ@紅葉の四方津
185系はまかいじ@紅葉の四方津 posted by (C)Tylor α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD
中央本線/四方津-梁川



本日走る中で、しいて言えばこの185系はまかいじがメインたる被写体と考える人は多かったらしく、これを撮った時点で撤収する人も多くいました。確かに185系の先行きを考えると、中央線へ乗り入れなくなる日は近いかもしれないですしね。


E257系ホリデー快速富士山@紅葉の四方津
E257系ホリデー快速富士山@紅葉の四方津 posted by (C)Tylor α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD
中央本線/四方津-梁川



逆にこちらは中央線にすっかり馴染んできたBoso Express。
あの189系を置き換えた存在ですから、5両という半端な編成も手伝って叩かれガチだったけど、粛々と業務をこなすうちにもはや見慣れた光景となったんじゃないですかね。


さて、個人的には本日最大のターゲットははまかいじでもホリ快でもなく、E257系特急あずさ。
中央線で活躍するのはあと数か月という話は聞いてますし、臨時運用を除けばこれが最後の秋となるわけで、紅葉を走るシーンは是非撮っておきたいと思うわけです。
メインなのでいろいろ構図を変えていくつか撮りましたが、掲載するのは縦位置で撮ったこちらとします。


E257系特急あずさ@紅葉の四方津
E257系特急あずさ@紅葉の四方津 posted by (C)Tylor α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD
中央本線/四方津-梁川



中央線のこれまでの顔E257系、そしてこれからの顔E353系も縦位置で・・・。


E353系スーパーあずさ@新緑の四方津
E353系スーパーあずさ@紅葉の四方津 posted by (C)Tylor α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD
中央本線/四方津-梁川



横もいいけど、スケール感を現すなら縦だなと思いました。


E257系の撮影が一段落したので撮影場所を変えることにします。
大移動してやってきたのは富士見。
信濃境間にかかる立場川橋梁もまた紅葉の名所。
ここでもE257系あずさを撮っておきたかった。


しかし、やってきてみればなんとこの場所、撮影禁止になっているじゃないですか。
正確には、撮影地点へと至るルートが私有地だとかで進入禁止の札が掛けられていたのです。
知らずに遠路はるばるやってきたのでまさにガッカリです。
地主さんと撮り鉄との間でひと悶着あったであろうことは容易に想像できますね。
まぁダメなものは仕方がない。
実際には畑のあぜ道ルート以外の地点から山の斜面を渡れば撮影地点の鉄塔下まで行けました。
立ち位置もやけにスッキリしており、撮影地としてコッソリ生きているのは確実みたいです。
だけど、万が一地主さんが登場でもして揉めたら嫌なので、確認だけして立ち去りました。
マナー違反のせいで素晴らしいお立ち台がなくなってしまうのは本当に残念なことだと思いますね。


このまま帰るのもなんなので、立場川橋梁をいろいろ試行錯誤して撮っていくことにします。


E257系特急あずさ@立場川橋梁
E257系特急あずさ@立場川橋梁 posted by (C)Tylor α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD
中央本線/信濃境-富士見



見事な青空が広がる、ザ・快晴な1日だったので順光側から橋梁を見上げる構図で1枚。
青空と白い列車と燃える山の3色が色鮮やかです。


E353系特急あずさ@立場川橋梁
E353系特急あずさ@立場川橋梁 posted by (C)Tylor α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD
中央本線/信濃境-富士見



逆にこちらは逆光側から。
空が入ってしまうので白く飛ぶのは残念ですが、紅葉の木々は逆光の分煌びやかです。


これを撮ったくらいから一気に曇りだしてきたので本日の撮影はこれにて終わりにしました。
ネタを撮るわけではないからのんびりとした撮影が楽しめ、また絶好の天候も相まって大いに撮影が楽しめました。
まぁ、有名アングルで撮れなかったことだけが残念ではありますが。

« 東京への輪行は結構めんどい | トップページ | 今年最後の中央線撮影・2日目~新桂川橋梁俯瞰で紅葉バックの四季島を撮る »

中央本線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年最後の中央線撮影・初日~四方津&富士見で紅葉狩り:

« 東京への輪行は結構めんどい | トップページ | 今年最後の中央線撮影・2日目~新桂川橋梁俯瞰で紅葉バックの四季島を撮る »