2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 稲荷山温泉(長野県) | トップページ | 冬物準備、着々と »

2018/11/18

動けない人を持ち上げるって大変だ

昨日のことだけど、道路にお爺さんがぶっ倒れていた。
人が倒れているシーンなんてありそうでそうはないからビックリ。
心臓でも悪いのか?それとも脳?
とりあえず車もそこそこ通る道なのでなんとかしないとと駆け寄った。
意識はハッキリとあり、意思疎通も普通にできたのでひとまずは安心した。
本人曰くもともと脊髄に損傷を負っていたらしく、そもそも真っ直ぐ歩くこともできなかったらしい。
リハビリを兼ねて散歩に出たはいいが歩き続けての疲労でバランスを崩してしまったらしい。
そしていったん倒れてしまったら自力では起き上がるのが厳しいようだった。
っていうか、そんな状態の老人が一人で散歩ってどうなんだよ。
散歩するにしても子供か奥さんと出るべきだろうに。

とにもかくにも起き上がらせようとするのだが、結構な小太り爺さんで重くて大変だった。
まったく動けない状態の人間を動かすって大変って聞くけど(死体を運び出すとか)、まさにそんな感じ。
介護をしている人の苦労を垣間見たような気がした。
自宅を聞き出し、そこへ行って奥さんに事情を話して案内したはいいが、奥さんも案外のんびりした人で、慌てた風がないのが驚いた。いや、本当に結構あぶない道路なんですって。
倒れた時に車が通ってたらヤバかったですって。
まぁそれ以上の深入りはお節介になってしまうので、ここでお役御免としたけど、一時は焦ったなぁ。
「誰かを助けるのに理由がいるかい?」は某RPGのキャラクターのセリフだが、こういうときって何も考えずにとりあえず駆け寄ってしまうよね。深刻な病状とかじゃなくて本当に良かった。
爺さん、無茶せずに長生きしいや。

« 稲荷山温泉(長野県) | トップページ | 冬物準備、着々と »

その他日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 動けない人を持ち上げるって大変だ:

« 稲荷山温泉(長野県) | トップページ | 冬物準備、着々と »