« 九州満喫遠征5日目~いさぶろうしんぺい&かわせみやませみ乗車記 | トップページ | JR九州の車両に魅せられて »

2019/01/13

九州満喫遠征6日目~ななつ星撮影@豊後中川

遠征最終日の朝。
今日は午前中に最後にもう一度ななつ星を撮ってから帰ることになる。
最後だしビシッと決めて帰ろう。


ところが、この日の朝も8時近くになっても薄暗いドン曇りの空が広がっていた。
結局最初から最後までずっとこんな感じだった。
気分は上がらないまま、豊後中川駅に降り立った。
豊後中川~豊後三芳間は乗車時間も長く、撮影ポイントもいろいろありそうだが、その中でも有名なのは鉄橋上に1本木のある場所。
たどり着いたころには多少は明るくなりつつあったけど、周囲は霧に覆われて結局はスッキリしない眺めになっていた。
どうせ悪天なら雪でも降ってりゃまだ絵になるんだがねぇ。
まぁ霧も幻想的なアクセントになってくれるかもしれないと期待して撮影開始。


キハ47形普通列車@豊後三芳~豊後中川
キハ47形普通列車@豊後三芳~豊後中川 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-300mm F4-5.6 IS II USM
久大本線/豊後三芳-豊後中川


おや、キハ47じゃないですか。
へぇ、久大本線でも走っていたんだねぇ。初めて目撃したかな。
編成が長いと木に掛かってしまうけど、2両程度なら木をアクセントにした写真が撮れるのでむしろ短い被写体向きかもね。


と、ここに来てこの旅で初めて同業者さんが一人登場。
今日が日曜日だってこともあるのだろう。
その頃には、なんと降るはずがなかった雨が降り始めていて唖然。
直前曇り男ならまだしも、雨雲まで呼んでしまうとはつくづく自分が恨めしい。
そしてななつ星がやってくる踏切りが鳴った時、最後にして最大のアクシデントが起きた。


なんと、ファインダーが、真っ白!?
これはいったいどうしたことか。
ピンを雨粒に持っていかれた?それとも呼吸で曇ってしまった?カメラの不具合?
もう目の前に列車は来ている。
訳が分からずテンパったまま、とっさにマニュアルフォーカスで動かしてとりあえずシャッターを切った。
撮っている最中もファインダーは真っ白なままなので最悪の事態を覚悟しながら・・・。
最後の最後で成果なし・・・ってのをやらかしちゃったのか。
撮影結果は・・・。


ななつ星in九州@豊後三芳~豊後中川
ななつ星in九州@豊後三芳~豊後中川 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-300mm F4-5.6 IS II USM
久大本線/豊後三芳-豊後中川


・・・どうやら、最悪の事態だけはどうにか回避できていたらしい。
だけどテンパって、フォーカスリングだけじゃなく、ズームリングもまわしちゃってたらしく、画角がカツカツになってしまっていた。
連写したうち、この1枚だけがカツいものの奇跡的に収まりきっていた。
到底納得いくものではないけれど、成果ゼロに比べればナンボかマシなので安堵のため息を漏らした。
終えた後カメラを確認したらあの症状は消えていた。
あれはいったい何だったのだろう。
ファインダーが真っ白なままでもきちんとピンは来ているし、フォーカス関連の不具合じゃなかったみたいだけど・・・。
7D2はそろそろ一度メンテナンスに出すべきかもなぁ・・・。


ファインダーだけじゃなく、心がモヤモヤしたまま終われないので、最後に特急ゆふを撮っておく。


キハ185系特急ゆふ@豊後三芳~豊後中川
キハ185系特急ゆふ@豊後三芳~豊後中川 posted by (C)Tylor


これで少しは溜飲が下がったかな。
なんやかんや、今回の旅で一番多く触れ合ったのはキハ185系だったね。


こうして終わった今年の年明け遠征旅。
いろいろあったけどふり返れば本当に楽しくすごせた5泊6日間だった。
今年も温泉に鉄道に、自分の好きなことだけをして過ごすことができた。
繁忙の日々を終えて日常に戻る前にどうしても必要なリセット期間。
それがこの旅なのだ。
長年続けてきたけど、この年明け旅がどれほど自分にとって大切なのか、改めて認識することができた。
さぁ、また次のお楽しみのために明後日から頑張って働こうじゃないか。

« 九州満喫遠征5日目~いさぶろうしんぺい&かわせみやませみ乗車記 | トップページ | JR九州の車両に魅せられて »

旅行・地域」カテゴリの記事

久大本線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 九州満喫遠征6日目~ななつ星撮影@豊後中川:

« 九州満喫遠征5日目~いさぶろうしんぺい&かわせみやませみ乗車記 | トップページ | JR九州の車両に魅せられて »