2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 熊本で地震だって!? | トップページ | 今年は天気の心配がなさそうで安心 »

2019/01/05

CANON EF70-300mm F4-5.6 IS II USM 購入&開封

およそ1年ぶりに新しく交換レンズを購入しました。
今回買ったのはCANON EF70-300mm F4-5.6 IS II USM
久々にEOSのレンズです。
5万円ちょっとで買える、高いことで有名なキヤノン純正としては非常に安いレンズとなっています。



キヤノンのレンズを買うのは2016年購入の70-200F4以来で、キットレンズを除けば通算3本目となります。
購入動機は来週から出かける旅に持ち出すのに適当なレンズだから。
今年の旅に持ち出すのは7D2に決めたわけですが、現在所有している中に具合のいいレンズがなかった。
手持ちのレンズでは望遠は100-400の白レンズしかなく、重量的に撮影メイン旅行の時以外には持ち出すのがきついのです。
そこで白羽の矢が立ったのが今回買った70‐300のレンズなのです。
重さは710gと白レンズの半分以下で、長さもそれなりに押さえられており携帯性が高い望遠レンズとなっているのです。



さっそく取り出してみます。
掌に伝わる重みはほとんど感じないレベル。
これなら取り回しも容易ですね。
Lレンズではないので、キヤノンのレンズとしては地味な見た目となっておりますが、キットレンズと比べると少しは高級感があります。


フィルター径は67ミリ。
おなじみKenkoのフィルターを装着しておきます。



さっそく愛機7D2に装着してみました。



やっぱり白レンズに比べると華やかさには欠けますが、7D2とのマッチングは良いようです。
ちなみに付属品の中にはレンズフードもレンズポーチもありませんので別途入手する必要があります。
価格を抑えるための措置なんでしょうが、いちいち別途買うのは面倒くさいものですね。
しっかりET-74Bという専用のフードがあるわけですからねぇ。
レンズポーチは持っている物の使いまわしで別にいいけど、フードがないと困るシーンもあるので買っておきましたが。



うん、あった方がカッコいいかな。


テレ端まで伸ばしてみた印象も、ごく普通のこのクラスの長さだなという感じ。
ソニーの70-300Gとほとんど変わりません。
70-200F4などのようにインナーズームじゃないので、伸ばすといわゆる仮性包茎状態になります(笑)。
そういった意味でもフードをかぶせると多少見た目がマシになるかと。



そんなわけでとりあえずの開封の儀でした。
実戦はぶっつけ本番になりますかね。
純正なので性能は信じております。
ネットのレビューでは「ほぼLレンズに等しい」と絶賛される描写力と爆速AFらしいので楽しみにしております。
しかし、まさかキヤノンのレンズで白以外を買い増すことになるとは思わなかったなぁ(´-`)

« 熊本で地震だって!? | トップページ | 今年は天気の心配がなさそうで安心 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CANON EF70-300mm F4-5.6 IS II USM 購入&開封:

« 熊本で地震だって!? | トップページ | 今年は天気の心配がなさそうで安心 »