2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 平成最後の仕事納め! | トップページ | もったいない1日に »

2019/04/27

普通自動二輪免許取得への道~1日目

今日からゴールデンウィークスタート、そして私の二輪教習の始まりでもある。
初日の緊張感からだいぶ前に教習所にたどり着いてしまい手持無沙汰だったが、無事に配車チェックからの流れを済ませてライダーハウス(二輪教習者たちの詰め所)へ移動、他の人に倣って防具を装着した。
そして教官とのご対面。うん、年下の好青年っぽくて安心した。
私がジャケット以外は完全ライダー装備で行ったものだから「気合が入ってるね」と少々驚かれた。


まずは話では聞いていたけど、バイクの取り回しやら、倒れた状態からの引き起こしやらのパワー作業からスタート。
倒れた状態で200キロ弱のCB400を持ち上げるのは無理じゃね?って感じだったけど、コツがわかれば案外アッサリ持ち上がった。
それが終わるとそのままエンジンの掛け方、発進の仕方を教わりいよいよ乗車の時。
バイク乗車経験は50ccカブしかないので、クラッチを使うマニュアル車の操作方法はやっぱり戸惑う。
自動車の時もそうだったけど、半クラを正しく理解していないとすぐにエンストになってしまうのだ。
今日はその後も終日半クラとの格闘でしたね。エンストも都合5~6回はしたんじゃないかな。
発進、停車が安定しなければ話にならないので、感覚をいち早くつかむしかない。


今日は教習連続2時限だったので、発進練習が済んだらそのまま一気にギア操作を教わり、教官の後をついての外周回りをひたすら行った。
ギアチェンジもカブのそれと比べると、クラッチ操作のひと手間がある分やっぱりどうしてもワンタイミング遅い感じになっちゃう。
そしてそのことばかりに気をとられていると、右左折の合図は疎かになってしまいがちだし、今日は初日であまり言われなかったけど、きっと安全確認も不十分だったに違いない。
すべての操作がスムースに行えるようになるには、やっぱり繰り返して練習して体で覚えるしかないようだ。


こうしてあっという間の2時限が終わり、本日の技能教習が終了した。
車の時もそうだったけど、初日を終えての感想は、自分のどんくささに軽く凹む感じですね・・・。
だけどどんなにうまく行かなくても、乗っていて思ったのは「すげえ楽しい!」ってことです。
乗りこなせるようになったら病みつきになるに違いない。
その気持ちがある限り途中で投げ出すことなんてありえないだろうし、好きこそものの上手なれを体現したい。
なにより今日は一度もコケなかった、そのことだけでも誇っておきましょう(;^_^A。


車の時もこれで大丈夫かなと思いながらも、2日目にはある程度慣れていたのでバイクでもそうだといいな。
だからできれば毎日、つまり明日も忘れないうちに教習を受けたかったんだけど、なんと今月は予約がいっぱいだって!
ゴールデンウィークだから空いていることを期待していたんだけど、どうやら思惑は外れてしまったみたいだ。
みんなGWくらい教習なんか受けてないでどっか出かけようよ(笑)。
仕方がないので、空いた時間で適性検査だけは受けておきました。
マークするだけだけど、結構答えきれないものですね・・・。


そんなわけで次回は5月1日、令和初日の教習となります。
3日空いたら絶対感覚忘れちゃうよなぁ・・・。

« 平成最後の仕事納め! | トップページ | もったいない1日に »

バイク関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平成最後の仕事納め! | トップページ | もったいない1日に »