2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 遠征代ケチって | トップページ | 普通自動二輪免許取得への道~9日目 さぁ事故れ!の巻 »

2019/05/20

普通自動二輪免許取得への道~8日目

5日ぶりの待望の教習。
前回はシミュレーターだったので、実車に乗るのはあの第一段階みきわめ以来6日ぶりになってしまった。
だいぶ間隔があいてしまったので、一通りできていた操作がきちんとできるか不安でもありました。

本日の教官はまたお初の方。
若い真面目そうな青年でした。
まずは彼についてウォーミングアップ。
とりあえず検定で行う一通りのことを軽く2~3周流して走ってみます。
その1周目でブランクがでてしまったのです。

最初の失敗はクランク。
ここはギアは何で走るんだっけ?と思いながら突入してしまったので、余計な疑問を抱えながらのせいか足つきをやらかしました。
正直クランクなんかでミスりたくなかったので、ブランクを恨みます。
クランクはここの教習所では基本1速で走ることを思い出したのは出てからでした。
ちなみに2速で入ってました、私。
もちろん2速だっていいんだろうけど、クランクってのは低速バランス走行を試すのだから1速ですよね、普通に。

次のミスはスラローム。
1回目でパイロンをなぎ倒しました。
これ、検定なら即失格みたいですね・・・。
2度目以降はミスはなかったけれど、スラロームはどこかで練習を志願したいところですかね。
まぁ最悪タイムは気にしないで走れば減点だけで済むのだけど。

そして前回の見極めでふらつきを指摘されまくった一本橋。
今回の教官さんにもふらつきは注意されました。
正直、たとえふらついたって7秒以上はもちこたえられるし、落ちなきゃいいんじゃね?と思わないでもないですが、まぁ身に着けられる技術は教習所にいる間に身に着けるにこしたことはないので、これも課題として取り組んでいくことにしましょう。
もちろん、検定ではふらつこうが何しようが、落ちないことだけを優先するつもりですが。

そんなこんなで本日の教習のメイン課題は走行位置と、第一段階で走ったAコースとは違うBコースでの走行でした。
走行位置は有名なキープレフト。
これもわかるんですが、実際公道で中型バイクってキープレフトしますかねぇ?
むしろ左に寄ってると追い越しや割り込みの危険性が高いような気がするんですが。
まぁ教習所の作法がそうならば、いる間は真ん中を走るなんて言語道断です。
走行車線の半分の半分って極端な位置を指導されたので、そこを走ることを強く意識して臨みました。

そして今日悩んじゃったのは新しいBコース。
Aコース、必死で覚えたんですよねぇ。
毎日教習受けられてないので、車の時ほど簡単にコースが頭に入ってこなかったんですけど、それでもようやく覚えきったAコースに別れを告げてのBコース走行。
教官のあとについて3周した後自分先導になりましたが、道を間違えまくってその都度教えを賜る次第になりました・・・。
また一から覚えなおさないと・・・。
検定の時ってどちらでやるのかなぁ。
これでまたBばかりに頭が行って、突然Aで走ってくださいって言われたら迷うこと間違いなしだな(苦笑)。

これにて本日の教習は終了。
ちなみに2日後にやる急制動はさわりだけやってみましたけど、バイクの急ブレーキタイヤロックにはトラウマがあるのでちと不安です。

今日一番の収穫は、予約の取り方の新しい方法を発見したこと。
今までは3時間なら3時間まとめて予約しちゃって、3時間終えた時点で新しく取り直すという方法をとってました。
しかしそれだとどうしても3時間=3日間予約をしない間に予約が埋まってしまってました。
そこで1時間終えるごとに、その1時間分の予約をその時点で取れるのか?と質問してみたところ、できますよとの答え。
さっそく木曜日に予約がとれました。
おかげで明日からまた3日連続の教習が約束されたわけです。
今までは週に2日程度しか受けられてこなかったので、今週これで4日連続で受けられるのは喜ばしい限りです。
うまく行けば明日終えた時点で金曜日の予約も確保できるかも。
そうすれば希望の6/1の検定にも望みが出てきそうです!

« 遠征代ケチって | トップページ | 普通自動二輪免許取得への道~9日目 さぁ事故れ!の巻 »

バイク関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 遠征代ケチって | トップページ | 普通自動二輪免許取得への道~9日目 さぁ事故れ!の巻 »