2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 普通自動二輪免許取得への道~9日目 さぁ事故れ!の巻 | トップページ | 普通自動二輪免許取得への道~11日目 見えた課題 »

2019/05/22

普通自動二輪免許取得への道~10日目 トラウマを吹っ飛ばせ!

今日もまた教習。
体力的にはきついけど、今週は毎日あるのでここで一気に技量を身に着けておきたい。
今日の教官は昨日担当してくれた人、つまり初日見てくれた人。
成長した姿を見せたいと書いたけど、さっそくその時が来たわけだ。
さすがに初回ほど優しくはなく、ウォーミングアップは先導でかなり飛ばされてついていくのが大変でした・・・。

さて今日の課題は2つあり、まずはコーナリング。
これは危険な教習なので雨の日は中止になる項目なのだ。
今日は快晴。無駄に日にちが伸びなくて良かった。
今までカーブ地点ではスピードを落として走行していたのに対し、今日の教習ではあらかじめ定められた速度でカーブを曲がる。
指示されたのは、まず25キロ、次に30キロ、最後に20キロ。
最後が一番遅いけど、最後はトラップを仕掛けるそうな。
まずは25キロ。これは余裕をもって走行できた。
続いて30キロ。やや膨れてしまいちょっと肝を冷やすがどうにか通過。
最後に20キロ。曲がり切った先に障害物が置かれていたけど、当然このスピードなので楽々停止できた。
ようするに、見通しの悪いカーブの先に何かある可能性もあるから、安全に回避できる速度を身をもって体験してくださいってわけだ。

さて、これが終わるといよいよ本日のメイン課題、急制動である。
正直、この項目だけが不安だった。
なぜって、急ブレーキってのはタイヤがロックしてしまう危険性を伴うからだ。
私には十数年前にとあるトラウマがあった。
まさに一歩タイミングが悪ければ大怪我、運が悪けりゃ死亡事故の可能性だってあった。
その時を最後に、長年バイク乗車は自分の中で凍結してきた。
そんなだから教習中も常にタイヤロックの事は念頭にあって、おっかなびっくりになりがちなブレーキのかけ方を注意もされてきた。
とにかく前輪ブレーキだけは強く急激にかけないようにしなきゃ。

リアロックはともかく、前輪ロックはプロ級の腕をもってしても投げ出されてしまうであろう超絶危険なミス。
それなのに、教官さんは前7、後ろ3の割合でブレーキかけてくださいねと言われる。
おいおい、前にそんなに比重置いて大丈夫なのかい、ガクガクブルブル・・・。
なんにせよやってみないことにはわからない。
男は度胸だ、それ行け!
・・・あれ、案外うまく止まれたな。
確かに、ブレーキをかけるタイミングが早すぎたり、また逆に遅すぎたりってパターンはあったけど、それでも危険を感じるような止まり方にはならなかった。リアがロックしたのが1回あったくらいで、前はきちんとかけられていた。
合計8回くらいやったけど、成功は6回ほど。初回としては十分な成績だ。
最後の方になるとある程度余裕が持てた。それは検定を前にした大きな収穫と言える。
正直この項目が個人的には最大難関だと思っていたからね。

こうして本日の教習は終了。
帰ろうとしたら、受付の方がやってきて急遽空きが出たからこのまま続けてもう1時限教習受けてくれませんか?と言う。
明日の予約分を今日のこの後に回してくれないかという相談だ。
迷ったけど、ここは丁重にお断りしておいた。
確かに連続で乗りたい気持ちはあるけど、仕事終わりの身体は思ってるより疲れている。
集中力を保つのが難しいという判断だ。
何より私には私なりの検定に向けた教習プランがある。
今週は月~金で1日も休まずに毎日1時間ずつ受けて、ここで運転操作感覚を完全に身に着け、来週の中ごろにみきわめを終了する。
そしてみきわめから中1日で週末に卒検・・・それがもっとも力を発揮できる流れなんじゃないかってね。
だから受付さん的には他の人との兼ね合いでうまく回したいんだろうけど、ここは自分の意思を優先させてもらいたいのです。
そして交渉の結果みきわめまでの予約も思惑通り無事完了し、自分なりの日程プランで最後まで行けることになった。
さぁ残り5時限、ひとつも無駄にはしないぞ!

« 普通自動二輪免許取得への道~9日目 さぁ事故れ!の巻 | トップページ | 普通自動二輪免許取得への道~11日目 見えた課題 »

バイク関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 普通自動二輪免許取得への道~9日目 さぁ事故れ!の巻 | トップページ | 普通自動二輪免許取得への道~11日目 見えた課題 »