« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月の記事

2019/07/31

北海道夏たび鉄たび2019~3日目 四季島&重連レッドベア撮影@カムイチャシ史跡俯瞰

宿泊先の東室蘭より長万部行きの普通列車に乗車した。
本日はもう一度室蘭本線で四季島を撮ろうと考えた。
ただその撮影先をどこにするかはなかなか決まらなかった。
本日、朝の室蘭はドン曇り。
テレビの天気予報でも道南は終日曇りマークだけであり、なかなかモチベーションのあがらない朝であった。
それでも一縷の望みを託して、行ってみたかった場所へ行くことにした。


降り立ったのは大岸駅。
大岸と言えばトンネル飛び出しの有名撮影ポイントがあるけどあれば下りの撮影地。
今日の四季島は上りなので別の場所で撮ることになる。トンネル飛び出しポイントからさらに先へと歩を進めた。
トンネルを抜けるとすぐにカムイチャシ史跡公園という場所へとたどり着いた。
ここが今朝の撮影ポイントだ。
たどり着くころには期待通り青空がのぞき始めていたのでテンションも上がってきた!

Img_4084


カムイチャシと言えば、かつて寝台特急3兄弟の撮影で賑わった場所。
展望台へと続く階段から見下ろして撮った写真はよく見る。
ただあれも下りの撮影なので、四季島は反対側で撮ることになる。
階段を上まで登ると展望スペースがあり、どこからでも眼下に線路を見渡すことができるキャパの広い撮影地だった。


Img_4088


私は展望台に登って俯瞰撮影。
先着の同業者さんもそこで撮っていた。


まずやってきたのはスーパー北斗。

キハ261系スーパー北斗@カムイチャシ俯瞰
キハ261系スーパー北斗@カムイチャシ俯瞰 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 室蘭本線/大岸-礼文


広大な北海道らしい風景の中を走る列車は絵になる。
ちなみにこの列車の真横くらいの位置が、例のトンネル飛び出しの撮影ポイントなのだけど今日は誰もいないようだ。
というより、肉眼で見ても相当草が生い茂っているようで、今ではほとんど撮影者は来てないみたいだね。
まぁ撮るもの、なくなっちゃったからね・・・。


この後上り側は凪の時間帯に入ってしまったので、せっかくだから下りのアングルでも撮っておくことにした。
たしか貨物もそろそろやってくる時間だと思ったし。


キハ261系スーパー北斗@礼文~大岸
キハ261系スーパー北斗@礼文~大岸 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 室蘭本線/礼文-大岸


こちらでもスーパー北斗から。
置き換えが進んで、ほとんどが白いキハ261系になっているみたいですね。
こちらの撮影スペースも長い階段に一列に並べば相当収容できるけれど、今となってはもうそんなに撮影者が集う事もなかろう。
寂しい話だ・・・。
っと、貨物、貨物・・・おや?

3097レ トップナンバー DF200-1+コキ@礼文~大岸
3097レ トップナンバー DF200-1+コキ@礼文~大岸 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 室蘭本線/礼文-大岸


おお、DF200-1、トップナンバーじゃありませんか!
赤熊のトップナンバーは初めての遭遇。
赤スカで良かったですね、と同業者さんと話していたけど、それもまさかトップナンバーだったとは。
これは今日は良い一日になりそうだ。


再び上り側へと戻る。
こちらは足場が点在するので、別アングルからも撮ってみた。

キハ261系スーパー北斗@大岸~礼文
キハ261系スーパー北斗@大岸~礼文 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 室蘭本線/大岸-礼文


この位置から撮るとバリ順となる。
四季島狙いで総勢5人の撮影者が集まっていたけど、一人はバリ順狙いでこのアングルに陣取っていた。
線路脇がもう少しスッキリしていたらいいんだけど、時期的に仕方がないですね。
ただいつか四季島をこっちから撮る機会もあるかもしれないし、後学のためにも1枚残しておいて良かったと思う。


そして四季島がやってくる時間になった。
空の雲は拡散し、真夏の太陽が照っていてくれる最高の条件下だった。
ワンチャンに賭けてここにやってきて本当に良かったと思う。
遠くからゆっくり、ゆっくりと近づく四季島。
どこで切り取るかは人それぞれ。
私はこの位置まで引き付けました。

TRAIN SUITE 四季島@カムイチャシ俯瞰
TRAIN SUITE 四季島@カムイチャシ俯瞰 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 室蘭本線/大岸-礼文


陽射しが当たるのは海側および正面のみ。
だけどドン曇りよりメリハリある絵になるからこれでいい。

四季島@カムイチャシ史跡俯瞰



やっぱり北海道で四季島を撮るなら、こういう北海道らしい写真を撮りたいものですよね。
昨年のエントモ岬に続いて良いポイントで撮れたと思います。


さ、撮るもの撮ったし帰りのバスの時間があるので撤収しましょ、と片付けていたら、一番最初にここの場所にいた同業者さんが「あと1本貨物があるから撮って行ったらどうですか?時間は間に合うし駅まで車で送りますよ」と申し出てくれた。
そんな大変ありがたいお誘いに感激し、お言葉に甘えて居残ること決定。
同じ趣味を持つ人から頂けるご厚意、こういうのが決して忘れない大切な思い出になるんですよね。
北海道で鉄道撮影をしているとこういう機会は本当に多いんだ。
いろんな人もいるけど、やっぱり基本鉄ちゃんは優しい!
さぁ、締めの1本キッチリ行きましょう。今度は車両メインでS字を際立たせて縦位置で撮ろうかな♪
来た来た、おお、フルコンや!

3084レ 赤熊重連!DF200-107+詳細不明+コキ@カムイチャシ俯瞰
3084レ 赤熊重連!DF200-107+詳細不明+コキ@カムイチャシ俯瞰 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 室蘭本線/大岸-礼文


締めに相応しい見事な編成美って思っていたら私以上に同業者さんが興奮していた。
何かと思ったら、なんとDF200が重連になっているじゃないですか!
これはまさに僥倖。時たまあるらしいけれど、少なくとも私は初めて見た。
さっきのトップナンバーといい、今日は赤熊のレアモノにご縁があったようだ。
あの時誘っていただけなければミスミス逃していたであろう。
返す返す、本当にありがとうございました!


四季島だけでなく思わぬ副産物も得たこの日は、今回の旅路で一番の思い出となったのは間違いありません。
出会いに、巡り合わせに、感謝。

2019/07/30

北海道夏たび鉄たび2019~2日目その2 懐かしの稀府で四季島撮影

フラノラベンダーエクスプレスの撮影を終え、四季島を撮ろうと室蘭本線へ転戦した。
特急と普通列車を乗り継いで降り立ったのは稀府駅。
今の四季島のスジだと日差しがあれば稀府~黄金あたりは順光で撮れる。
で、黄金よりの踏切で撮るか、かつてカシオペアを撮った有珠山バックのポイントで撮るか迷ったけど、ムービー録る場合踏切脇だとカンカン煩いので有珠山バックのポイントで撮ることにした。
夏場だし有珠山が見えてるかは微妙だったけど、ダメなら超望遠で編成写真にしちゃえばいいのだし。


向かう途中、貨物が来そうな時間になったので、稀府駅から2つ目の踏切に立ち寄ることにした。
以前カシオペアを撮った時に同じ列車に乗り合わせた同業者がこぞって向かったのはこの踏切だったように、ここも有名な撮影ポイントの一つである。

Img_4059

 

カメラを構えてみると、確かに抜けのいい直線だけど、線路わきに邪魔なものが結構あって交わすにはだいぶ乗り出す必要があった。
昔とは様相が変わったのか、前からこうだったのかはわからないけど私の好みではないかなぁ。

 

3059レ DF200-115+タキ@稀府~黄金
3059レ DF200-115+タキ@稀府~黄金 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 室蘭本線/稀府-黄金

 

良い具合なら四季島もここで撮ろうかと思ったけど、やっぱり先へ進むことにした。
そして2016年の1月以来にやって来たかつての名撮影地。
寝台特急群が消え、現在の主な被写体は四季島なんだろうか。
やはり以前に比べれば訪れる人も減ったのだろう、立ち位置は荒れ気味であった。


Img_4060


そして案の定バックの有珠山は雲に覆われて一切見えない状況であった。
これでは広角で撮っても仕方がないので、カメラをクロップモードに変えて超望遠域で編成写真を撮る方針にした。
まずは普通列車。

キハ40系優駿浪漫@稀府~黄金
キハ40系優駿浪漫@稀府~黄金 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 室蘭本線/稀府-黄金 APS-Cモード


思ったんだけど、今や室蘭本線で普通列車を撮るのって案外大変だなという事に気が付いた。
ちょっと前までと比べて激減してるからねぇ。
北斗星を撮っていた頃は上り下り多数やってきてキハ40好きとしては撮影していて飽きが来なかったし、列車移動で撮影計画を立てるのも容易だったものね。
それが今や洞爺から先は特に壊滅的な状況になっちゃってて寂しさを感じずにはいられない。
北の鉄路の未来はどこまでも暗いなぁ。


しばらく待っていると少しずつ空を覆っていた雲が拡散していった。
来た当初から陽射しは出ている時間帯が多かったけど、肝心のバックの空模様が残念だったので、いい傾向だなと期待を持った。

キハ261系スーパー北斗@稀府~黄金1
キハ261系スーパー北斗@稀府~黄金1 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 室蘭本線/稀府-黄金 APS-Cモード


ウスボンヤリとだけどこの撮影地のキモである有珠山が見え始めた。
それなら、と超望遠はやめて定番の構図に変えて撮ることに。

キハ261系スーパー北斗@稀府~黄金2
キハ261系スーパー北斗@稀府~黄金2 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 室蘭本線/稀府-黄金 APS-Cモード


有珠山は見えだしたけど野暮ったいことに変わりはないので、スーパー北斗は別の構図も探ってみた。
少しでも夏っぽさを感じられるアクセントがあったので、そんな黄色いお花を添えて。


そろそろ四季島が来る時間帯だなと思っていたら、相次いで同業者氏が2名やって来た。
四季島もそれなりに需要あるんですね。
そういえば道内で四季島を撮った経験は過去数回あったけれど、いずれも一人きりという事はなかったな。
みんな被写体に飢えてるんですよねぇ・・・。
たしかに私も北海道で四季島を撮る時は、関東近辺で撮る時とはモチベーションが違いますよね。


TRAIN SUITE 四季島@稀府~黄金
TRAIN SUITE 四季島@稀府~黄金 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 室蘭本線/稀府-黄金 APS-Cモード


彼方に四季島が見え始めた時直前曇り男パワーが発揮され、暑いくらいだった日差しが覆われてしまった。
おいおいまたかよとガッカリしたけれど、何とか再び復活し出す頃に切り位置に到達。
事なきを得た。
冬場のそれと比べると有珠山はまぁこんなものでも上出来と言えるでしょう。
やっぱりここは冬場の撮影ポイントだなと思う。


こうして本日の撮影予定はすべて終えた。
暑くて、帰りの列車まで1時間以上あって、だけど付近に自販機がなくて熱中症になりそうで怖かったけど、懐かしの稀府で撮影出来て思い出にも浸れて楽しかったです。

北海道夏たび鉄たび2019~2日目その1 ダブル撮り!クリスタル&ノースレインボーエクスプレス撮影@森林公園カーブ

札幌で目覚めた。
旅は今日が2日目。昨日のアクシデントがあったため今日は代案でスタートする。
当初は今日は朝から函館を起点に、道南いさりび鉄道から四季島をバイクに乗って追っかけ撮影する予定だった。
しかしバイクの故障でその後札幌に移っていたため、今日の午前中の予定が大幅に狂った。
まぁ道南はドン曇りみたいだからどのみち期待する写真は撮れなかったろうから予定変更も悪くはない。
札幌近郊は雲が多くても基本は晴れらしいのもそういう思いにさせてくれた。


代案の撮影対象はフラノラベンダーエクスプレス。
夏季限定の臨時列車であり、今はノースレインボーエクスプレスとクリスタルエクスプレスが使用されている。
ハイシーズンの今は1日にこのキハ183系リゾート改造車2編成が走っており、撮影効率がいいのだ。
昨年は富良野でノースレインボーを、大麻でクリスタルを撮っていた。
2編成とも余命はそう長くはないだろうから記録できる時に記録しておきたい。

札幌から函館本線江別行きに乗車し、森林公園で下車した。
今回は厚別から森林公園へと向かう途中にあるカーブ地点の踏切で撮る。
比較的有名な撮影ポイントであり、暑い時期でも駅からも徒歩圏内だ。


撮影ポイントは「西通り踏切」。

Img_4056


ここらは各方面に行く特急も通過するのでひっきりなしに踏切が鳴って撮影効率は非常にいい。
ただひっきりなしなのは踏切を渡る車や歩行者も同様で、朝っぱらからクソ暑い中撮影している人は奇異な目で見られるかも。
キャパはなかなかに狭く、ベストアングルはせいぜい2人まででしょうか。


Img_4054
遮断機脇のわずかな隙間から抜く

 

721系@厚別~森林公園
721系@厚別~森林公園 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 函館本線/厚別-森林公園


普通列車で構図確認。
車両後方は隠れるけれどアウトカーブなので違和感なく撮れる。
道内のポスターには今後JR北海道が進める方針として733系への置き換えを重視する旨が書かれていたので721系もいずれ見られなくなるかも。これも記録できる時に記録しておいた方がいいでしょう。
見た目は函館本線の普電の中では一番好きですけどね、私は。


ライラックなども通ったけど暑かったので近場の公園に避難しており撮影はしてません。
電で構図は確認済みなのであとは本命のみの狙い撃ちです。
まず1本目。

キハ183系フラノラベンダーエクスプレス1号@厚別~森林公園
キハ183系フラノラベンダーエクスプレス1号@厚別~森林公園 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 函館本線/厚別-森林公園


先にやってきたのはクリスタルエクスプレスの方。
去年撮った時はドン曇ったんですよね、確か。
今日は若干薄雲がかかっていたけど光線のある中通過です。
順光で撮れるのでギラギラ太陽なら銀のボディがもっと輝いたことでしょう。


およそ1時間後2本目。ノースレインボーエクスプレスがやってきました。

キハ183系フラノラベンダーエクスプレス2号@厚別~森林公園
キハ183系フラノラベンダーエクスプレス2号@厚別~森林公園 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 函館本線/厚別-森林公園


こちらは激しくタイフォン鳴らしながらの登場。
ここらは見通しの悪いカーブ地点なので、撮影してなくても基本ほとんどの車両が警笛鳴らしてやってきます。
だけどこの時は踏切後方側にも私以外に撮影者がいたので、注意喚起の意味合いが強かったのでしょうね。
私は離れた位置からリモコンで撮ってましたが、踏切寄りで撮る場合あまり乗り出さずに撮りたいところです。


お目当てが2本撮れたところで撤収。
当初は今回の旅では撮る予定のなかった2編成をまずまずの光線状態で撮影出来て良かったと思います。
結果オーライってやつでしょうかね。
この後は札幌に戻って室蘭本線目指して移動です。
追っかけは無理だったけど、今からでも1本くらいは四季島も撮れそうな感じなので。

2019/07/29

北海道夏たび鉄たび2019~1日目 レンタルバイクで大誤算!?

朝、蒲田のホテルで目覚めた私は京急線に乗り羽田空港へ向かった。
今日から夏休み。毎年恒例となっている夏の北海道遠征がいよいよ始まる。
飛行機はあっという間に新千歳空港へとたどり着いた。
で、今まではここからエアポートなり何なりの列車に乗り込んで移動してたわけだが、今回は少しパターンを変えた。
空港より送迎バスに乗り込んで向かった先はレンタルバイク屋さん。
そう、今回の遠征ではバイクをレンタルして夏の北海道を走ろうと考えた。
せっかく普通自動二輪の免許を取ったわけだし、それなら聖地北海道ツーリングをしてみたいと思うのは当然の事だろう。
本当は自分のバイクで道内に来れれば一番なんだけど、さすがにまだそこまでの経験値はないのでレンタルすることにしたのだ。


借りたのはHONDAの400X。今日はこれに乗って函館まで向かう。
ナビが示す所要時間は4時間少しだったけど、安全第一運転でいろいろ立ち寄りながら6時間以上かけて行こうかなと考えていた。

400x_01


ところで、普段はNinja400に乗っている私がラインナップにNinjaがあるにも関わらずこちらをチョイスしたワケは、このバイクがいわゆるツアラーにカテゴライズされるバイクであり、長距離移動に適したバイクだからというのが大きい。
まぁせっかくだから別のメーカーの別のバイクにも乗ってみたいという気持ちがあったことも否めないが。
さっそく乗車してみると、重さ、足つきなどはNinja400に比べると苦しいものがあるけど、それ以外の乗り心地だったりはこちらの方が断然ラクチンだという事がすぐにわかった。
ギアはスコンスコン入るし、タイヤの吸い付きが素晴らしく安定した走行ができる。
何より乗車姿勢がアップハンドルでストレスフリーな快適さ!
これなら100キロ以上休みなく走ったとしてもほとんど疲れそうもない。
そのツアラー性能に舌を巻きながらの道中でした。


そんな快適ライドに文字通り暗雲が立ち込めだしたのは支笏湖付近までやってきたころだろうか。
ポツポツと空が泣き出し、あっという間にスコール状態に。
来る前に調べた週間予報では滞在中道内はオール晴れになっていて天の神様に感謝したわけだがこの裏切られようは・・・。
普段、雨の中ではほとんど走らないというのに、慣れないバイクでの長距離ツーリングでこの状況では不安しかない。
実際路面はあっという間にビショビショになり、周りの車は水しぶきをあげながら爆走。
それに流れを合わせて乗る私も否応なく普段は出さないようなスピードで付き合わされる羽目に。
正直、山道でコーナーの多い支笏国道において、明らかに私の技量以上のスピードで走らされて怖いったらなかった。
後ろの車が容赦ないからねぇ・・・。いいですね、四輪は安定性があって。
ただ、ここでも400Xの性能が技量不足を補ってくれたのだ。
正直、Ninjaでこの状況の中このペースで走れたかと言われれば怪しいところである。
まぁ求める用途が多少違うってのもありますけどね、それにしても400Xは快適だ。


雨にも、周りの車の暴走にも負けずに走り続けると、もうすぐ洞爺にたどり着くあたりでようやく雨は上がり車の数も減って安心走行ができるようになってきた。ここからようやくマイペースでのんびり行けそうだなとホッとした。
壮瞥温泉という湖近くのパーキングが目に入った時は、ここで記念撮影をしていこうと思い立つくらいの余裕が出来ていた。
だが、まさにこれが余計なことだったとはこの時点では思いもよらなかったのである。


400x_02


ここまで100キロ弱、昼飯も食わずに走りっぱなしだったけどほとんど疲れはない。
400Xはどこまでも素晴らしいね、と写真を撮って方向展開、道路へ戻ろうとしたその時!
車体を傾けた瞬間、想像以上の重さに一瞬気を抜いていた私の腕はバイクを支えきれなかった。
慌てて踏ん張ったけど、190キロ以上ある重みを支えきれるはずもない。
最後は諦めて手放さざるを得なかった。立ちゴケだ。いや取り回しゴケ?
うわぁやっちまったなぁ、汚れちゃったよ、目立つ傷がついてなけりゃいいけどなぁ。
土の上だし、勢いよく倒したわけでもないので、まだこの時点では深刻には考えていなかった。
教習所で習った通り無事引き起こしも出来たし、ちょっとくらいの擦り傷なら必要以上に咎められはしないだろうって。


しかし地面に落ちているものを見て目が点になった。
・・・これは、、、クラッチレバーの欠片!?


400x_04

 

うそーん、折れちゃったのかよ。
あれで折れちゃうのかよ、なんて脆いんだ・・・。
目の前がサーっと暗くなったけど、まぁ短くなっちゃったけど運転に支障は少ないし、クラッチレバーくらいなら後で弁償すればいいやと気を取り直し、走りだそうとしてさらなる異変に気付いた。
エンジンがかからないのである。
なんでやねん!エンジン系統までいかれたと言うのか、あんなちょっと倒れたくらいで!
そう思い車体をくまなく調べてみると・・・その原因がみつかったのである。
これは・・・うん、致命的だわ。なんとシフトペダルが内側に折れ曲がってしまっていた。


400x_03


これではエンジンがなかなかかからないわけだ。
思いきり踏み込めばおそらく下には行くけど、上には上げることはできない。
つまりギアが1速の状態でこの状況になってしまったら、Nにすら入れることができないわけだ。
この時点で取り返しのつかない状況になってしまったことを理解、ツーリングの中止を決断するに至った。


レンタル店に電話し状況を説明すると、保険屋に電話してあとはお客様でご対応くださいという冷たい返答。
保険会社のあいおいニッセイ同和損保(奇遇にも私個人の契約する損保会社といっしょ)さんに電話し、レッカー移動の手配をしてもらうという初体験を、自分のバイク以外ですることになってしまった。
旅はとん挫。
レッカー車が来るまでに慌てて函館で確保していたホテルをキャンセルし、この後の行程を練り直す羽目になった。
レッカー移動代や車両修理費を払うため一度店舗に戻らなければならず、利便性を考えて今夜は札幌に泊まることにした。
だけどこんなところに取り残されてどうやって千歳まで向かえばいいんだ。タクシーかなぁ。さらなる出費が・・・ハァァ。


やがて1時間もせずにやって来たレッカー車。
その運転手さんが打ちのめされた私に救いの手を差し伸べてくれた。
なんと特例で店舗まで同乗させてくれるって!
捨てる神ありゃ拾う神あるとはまさにこのこと。
お言葉に甘えて乗せてもらうことにした。これでこれ以上の出費はなく最速で千歳まで戻れる。
正直打ちのめされていたのでありがたかったですね・・・。


400x_05


気まぐれでこんなところで記念撮影しようなんて思わなければ、今頃はもう豊浦を超えて胆振国道に入っていたのかなと考えると悔しくてたまらなかったけど、誰にも迷惑をかけないただの自損事故、いや事故ですらないな、取り回しで倒しただけじゃ、とにかくその程度で済んだと、レッカー手配っていう経験もできたと、かかる損失も授業料だと、そう思い込むことで自分を慰めながら千歳へと戻った。
運転手さん、大変助かりました、本当にありがとうございました・・・。
ああ、あと付け加えるならこんなことになってしまったけど400Xそのものは非常に乗りやすく快適なバイクでした。
ただ重たいので取り回しだけは要注意ってことですね・・・。


レンタル店舗では店員にあからさまな舌打ちとため息を連発されて屈辱を受けながらレッカー移動代5万円+車両修理費1万円ちょっと、合計6万円少し取られてしまい、明日1日分のレンタル料金の半額だけはキャンセルで戻って来たけど、それでもたった数時間の利用で手持ちの金額の半分近くを没収されてしまい、レッカー運転手さんの優しさで少し回復していた心は再び打ちのめされた。
正直今すぐ飛行機に乗って帰りたかった。
もうこの店の無料送迎バスなど利用する気にもならなかった私は、重たい足を引きずって歩いて南千歳へと向かうのであった。


幸い旅はまだ始まったばかり。
最初に嫌なことが起きたけれど、きっとここから巻き返せるはず。
そう信じて・・・。
でもさすがにこの日は札幌に泊まったけれどススキノへ繰り出す気力はなかったなぁ。
明日は予定変更して函館本線で撮影します。

2019/07/28

長い1日

今日は日曜だけどお仕事。
初めての休日出勤である。
基本私は日曜日だったり、祝日に出勤は拒否してきた。
暦通り休みたいからだ。
ではなぜ今日に限って休日出勤したかと言えば今日働けば明日の月曜日に代休が取れ、非番、有給と続ければ来週の日曜まで丸々1週間休みが取れそうだったからである。
長期休暇をとりたい場合の苦肉の策ってやつだ。

とは言え日曜出勤は出てくる社員の数も極限まで絞られるため総合的な能力が要求されてかなり大変。
私も初だったのでこなせるか不安で昨夜は寝つきが悪かった。
ただ夜はあれこれいろいろ考えてしまうけど、実際に働きだせばそんなに難しいことなんてない。
むしろ日曜出勤に慣れているベテランよりも手際よく素早く仕事をこなしていき、結果最悪の想定よりも1時間以上早く終わった。
そして無事に東京は蒲田のホテルにたどり着いたのである。
長い一日を終えてクタクタだけどやり切った充実感が漂う、安眠の夜であった。
さぁ、明日からはいよいよ夏休み開始だ!

2019/07/27

天の神様、ありがとう

台風は温帯低気圧に変わった。
明日は朝早くで雨が止むらしい。
よかった。

そして・・・。


Tenki

 

天の神様、本当にありがとう!
私の夏休み期間中、道内滞在中はおおむね晴れる見込み!
あとは火曜日だけ少しの晴れ間を頂ければ申し分ない。
もうちょっとだけ頑張って、天の神様様💓


という事で明日の休日出勤をどうにか頑張って、つかの間の休暇を楽しんできたいと思います。
ほんじゃね~。

2019/07/26

Ninja400はじめての洗車

今日は夏休み前最後のお休み。
ということで、夏休み遠征中はバイクに乗らないのでこの機会に洗車しておくことにしました。
熱帯低気圧がようやく台風6号に変化しましたが、今日はまだ影響は少なく晴れ間ものぞく洗車日和でもありました。

洗車はもちろん初めて。
勝手がわからないので何はともあれ諸先輩方に学びます。
という事でYoutube視聴・・・。
ふむふむ、なるほど💡
そして必要なものを揃えいざ開始!


Img_4024


まずはバイク全体に水をかけ埃を洗い流し、それからバイク用シャンプーをスポンジに浸して全身まんべんなく洗います。
納車後ほとんどの日が梅雨空であり、また例え雨が降ってなくても路面は濡れていたってケースも多かったので、特にリアフェンダー周りは非常に汚くなっていたのでそこを重点的に洗います。
再び水をかけシャンプーを洗い流すとそれだけで奇麗になったことが実感できました。


ここで手を緩めず次の段階へ。
お次はタンクに着いてしまった小傷の修正に入ります。
用意したのはコンパウンド。これで磨いて傷を目立たなくすることを狙います。
ちなみに施術前はこんな感じで白いかすかな傷が見受けられました。


Img_4026 


気にならない人は気にならない程度ですが、さすがに納車後まだ1か月の段階ではこうした小さな傷も見逃せないですよね。
さて、コンパウンドでどれだけ目立たなくなるのか・・・。
見よう見まねで磨いてみました。
すると・・・。


Img_4027


おおお、本当に消えたじゃないか!
これはすごい。おまけに光沢も出てピカピカに光っとる。
元の姿を取り戻した愛車に心底ほっとしました。


これで気を緩めずお次はワックス掛けです。
シェイクワックスという商品を使い、塗装部分だけに塗りたくりました。
独特の匂いでちょっと気持ち悪くなりながらも、タンク、カウルとワックス掛け。
タオルで拭って仕上げてようやく完成です。


Img_4030


うむ、ピカピカなり!
こうして初めての洗車&プチリペアは無事完了しました。
まだ濡れている個所はお日様の力で自然乾燥させ、仕上げに水飛ばしにひとっ走りして本当に終了。
これで心置きなく旅に出られそうです。
明日、明後日は台風の影響で路面が濡れてるだろうから乗らないので、旅行から戻るまで1週間ほどお別れですね。

2019/07/25

土曜の夜中に行ってください

どうやら今回の台風は私の夏休み初日にはもう行ってしまうようだ。
旅に影響はなさそうでなにより。月曜朝は平常通りのフライトで飛べそうだ。
こうなると欲が出るもので、仕事にも極力影響が少なくなることを願ってしまう。
理想を言えば土曜の夜半にやってきて、寝ている間に行ってしまうパターン。
最悪日曜の午前くらいまでで雨が上がってくれるパターン。
そんな希望が叶えばさらに気持ちよく夏休みを迎えることができる。
天の神様、どうかオナシャス!

明日は雨が降る前にバイク洗車をチャチャッと済ませちゃおう!

2019/07/24

またいつもの嫌がらせが始まった

関東は今日にも梅雨明けかな~と思っていたけど、週間予報を見るにどうやら来週に持ち込しっぽいな。
まぁそれはいいんだけど、ここに来て嫌~なニュースが。
日本の南の海上にある熱帯低気圧が今後台風になって週末に関東に接近するらしい。
はい、始まりました~、またいつもの嫌がらせ!
今週末まで働けば待望の夏休みに入る私にとって、これほどの嫌がらせはないっす。
で、夏休みのお出かけ先は北海道。
いつものパターンが繰り返されるわけね。
私が北海道旅行へ行こうとなると必ず行きがけだったり行ってる最中に台風が発生するんですよ。
恒例行事にウンザリ。たとえ反れたとしても、ヤキモキすることには変わりないからね。
ただ今回の場合、関東に近づくのは土~日ということで、飛行機に乗るのは月曜日早朝だからワンチャンあるかも。
ただ関東は良くても向こうがどうなのかがわからない。台風は北に行くコースをたどるのだろうか。
コースが外れたとしても、例によって台風の湿った空気とかいうので雨雲が発生するってパターンも聞き飽きた話だ。
台風が去れば台風一過でカラッと晴れる、そんな当たり前のことも期待できないのだろうか。
まぁまずは週末の出勤がどうなるかが問題であり、来週のことはもうちょっと様子を見ないとなんともわからないね。

2019/07/23

タンクに傷がっ!

Myバイクちゃんのタンクに擦り傷があるのを見つけてしまった。
黒いタンクだから白いのがやけに目立つ。
おそらく路側帯から降りる時の段差でガクンとなった時にジャケットのチャックか何かに引っ掛けたのだろう。
なるべく傷をつけないように気を付けてきただけにショックだ・・・。
ニーグリップしてれば遅かれ早かれタンクに傷はついてしまうものだろうけど、まだ新車のうちにあまり傷つけたくはないよね。
これを防ぐためにタンクパッドってアイテムがあり、契約の時も勧められたけど少しでも安く済ませたい一心で断ってしまってた。
うーん、やっぱり付けときゃ良かったかもなぁ。
でも心配するな!傷は浅いぞ!・・・って気がしないでもないので、何とか目立たなくする努力をしてみようと思う。
調べたらコンパウンドで磨くのが効果的と出てきた。
次の休みの日に洗車するので、ついでに試してみるか。
もしダメならタンクパッド買って隠すっきゃないね。
傷ついた愛車は見ていたくないからね。
それがどんなに小さなものでも・・・。

2019/07/22

大丈夫か?レッドバロン

なんか今頃になってレッドバロンから1か月点検のお知らせが届いたんだけど。
中身的には、納車後30日以内なら無料で初回点検が受けられますよってものなんだけど、届いた時点ですでに30日をオーバーしているというね。私自身、1か月が近づいたらお知らせが届くもんだとばかり思っていたけど来なかったんで自主的に出向いたわけだけど、これではサポート態勢に疑問を抱かざるを得ない。
最初バイクを買う時いろいろリサーチをした中で、レッドバロンという店への悪評が目立った。
それでもサポートなど様々な面を考慮してレッドバロンで買うことにして、実際店舗ではいろいろよくしてもらったと思う。
悪評も店舗によりけりなのかなと思った。
あ、でも納車準備がすでに出来てたのにもかかわらず向こうからは連絡してこなかったんだっけ。
それに引き続いての今回の通知遅れだからちょっと残念な思いを持たざるを得ないな。
6か月点検の時はお願いしますよ。

2019/07/21

夏ドラも多いっす

新クールのドラマもようやく見る予定だったものは全部視聴が追い付きました。
夏ドラは不作になりがちですが、果たして3か月楽しめるものになりますかね。
以下は今期のラインアップ。

 

月 監察医 朝顔(フジ)

火 TWO WEEKS(フジ)
  Heaven?~ご苦楽レストラン~(TBS)

水 偽装不倫(日テレ)

木 ルパンの娘(フジ)

金 凪のお暇(TBS)

土 ボイス 110緊急指令室

日 ノーサイド・ゲーム(TBS)


8本。ちょっと多いかな。
プラス前期からの引き続きで「あなたの番です」と、「いだてん」と「なつぞら」も見ている訳で、まぁ追っかけが大変だ(笑)。
どれも新鮮味はないけれど、まぁ見られる感じ。
そういえば夏ドラの定番と言っていい純粋な恋愛ドラマが皆無ですねぇ、珍しく。

2019/07/20

まだ本決定ではありません

今週は長かったなぁ。
途中から気温が一気に上昇し出したから体力的な消耗もより大きかったよ。
でも気づけば来週を頑張れば再来週から夏休みじゃないか。
そういった楽しみが先に待っているのならば頑張れるものなんですよ。

さて、そんな夏休みだけど仮予定だけは作ってあるけど、まだ本決定ではない。
というのも天候に大きく左右されてしまうような予定も組み込まれているからだ。
週間予報はいっさい信じられないので、2日くらい前まで引っ張ってから確定としたい。
さすがに3日後の天気も外しているようじゃ・・・って思うしね。

2019/07/19

Ninja400 納車1か月点検

仕事終わりに久々にレッドバロンへ出向いた。


Img_4018


今日7月19日は私の愛車Ninja400ちゃんが納車されてからちょうど1か月目。
という事で1か月点検、いわゆる初回点検へとやってきたわけだ。
通常バイクの新車は納車されてから1000キロ到達時点、もしくは1か月経った時点で初回点検を受ける事が推奨される。
法定点検ではないので任意だけど、まぁ長く付き合っていくショップさんへの顔見世の意味もあるし、何よりバイクの整備知識皆無の自分にとっては、購入した店舗にすべて丸投げするしかないわけだから行く機会が設けられてるのなら行くしかない。


ちなみに走行距離自体は1000キロはおろか500キロにも満たなかったわけだけど快く受け入れてもらえた。
初回点検だからそれほど時間はかからずに終了。
まぁ大小各種メーカー、いろんなバイクが置いてあるので退屈はしませんでしたが。


Img_4019


おっ、W800だ、かっけーなぁ💓
69万9000円か・・・。中古でもお高いですなぁ。
ちなみにW400は47万8000円で置いてありましたよ。
クラシカルでほんとカッコいいですよね、このシリーズは。


そうこうしている間に点検は終了。
今回はオイル交換とクラッチの調整をしたとのこと。
オイルはともかく、クラッチは絶好調だと思っていたので意外だった。
整備士さんが言うには「近すぎ」だったらしい。
クラッチが近い・・・わかるようなわからないような。
たしかに教習所で苦労したCB400での発進に比べて、あまりにもスルスル動いてくれるものだからすっかり自分がうまくなったのだとばかり思いこんでいたけど、実は不良項目だったわけだね。
個人的にはかる~く繋いだだけでロケットスタートしてくれる感じは好きだったんだけど・・・。
直したクラッチは繋がるまでワンテンポかかり、慣れるまではアクセルを大きく吹かしてしまいそうだ。


そして帰宅する頃には走行距離が500キロをようやく超えてきました。
バイクの寿命を5万キロ前後だという説がありますが、それなら現在寿命の1/100ですね。
まだまだ新車、第一段階ならし終了まであと300キロです。早く4000回転しばりとおさらばしよう。
ちなみに次回オイル交換は第二段階のならしが終わるであろう1600キロ到達地点だそうです、備忘録。

2019/07/18

そういえばまだ今月撮影していない

今日も☔
昨日ちょっと晴れたと思ったらまたこれだ。
まぁこの雨は台風5号の影響によるものも大きいんだけど。
そしてここに来て雨の日の質も変わってきた。
今までは7月にしては寒いくらいだったけど、今日などはかなり蒸し暑かった。
いよいよ夏へのカウントダウン開始か。
週間予報を見ればおそらく来週の木曜日に関東は梅雨明け宣言が出るだろう。
気温も一気に灼熱へとなり、わが群馬県は36℃~38℃なんて恐ろしい予想が出ている。
梅雨が長かった分、暑さも格別なのか。
そんなこと考えていたらふと思い出した。
そうだ、この雨続きで今月はまだ1枚も撮影できてないぞ、と。
休みの日にはほぼ確実に雨降ってたから仕方ないけれど、1枚も撮らないまま今月を終えられない。
まぁ月末は夏休みで北海道へ行くんでそこで撮れるだろうけど。

2019/07/17

私は一眼「レフ」の新製品を待っている

ソニーから発表された新カメラ、α7R Ⅳ、スペックぶっとんでますねぇ。
最近は同業他社、とくに老舗のキヤノン、ニコンの2大巨頭もミラーレスの開発販売に乗り出して久しいけど、そういった同業他社が出してる製品から頭一つ、いや二つ、三つくらい?飛び抜けちゃってますね。
この分野では他の追随を許さないぞという揺るぎない自信を感じられます。
一昔前までなら考えられなかったスペックですよね。
6000万画素フルサイズで秒間10コマなんてどんな処理能力だよって感じです。
ただカメラが超高画素かつ高スピードでも、それを実際にパソコンで快適に扱える人はそう多くはないと思われる。
私の超ハイスペックPCならこの画素数でもなんなく編集できるだろうけど、いかんせん今の私は現状の資産で事足りている。
興味は大いに惹かれるけど、Eマウントに乗り換えるには至らないのは今回もまた同じです。
α7R IIIがα99 IIに移植?されたように、α99 IIIの誕生に1ミリだけ期待しておきましょうか(笑)。
あとこの分ならα9 IIがどんな感じになって来るのか楽しみですね。

とはいえ今の私が待っているのは時代と逆行するかもしれないけどレフ機。
キヤノンはオリンピックイヤーには1DX IIの後継は出すのだろうけど、5D Ⅴはどうするのだろうね。
たとえこの先ミラーレスに完全に乗り換えるにしても、最後に5DのⅤを集大成として出してほしいものだね。
もし出たらそれを買いたいんですよ。
フルサイズミラーレスへの乗り換えを検討するなら、もうレフ機は更新されないってことが分かった時点でも遅くはない。
それまでは現有戦力で十分やっていけます!

2019/07/16

追い打ちの台風もよしとする

連休明け+大雨=残業・・・。
そんな方程式がぴったり当てはまった本日。
なかなか明けない梅雨空に追い打ちをかけるがごとく台風5号が発生したんだって。
週末あたりは関東にも影響が大だろうな。
でもこれはよい兆候。
台風で梅雨前線が押し上げられるだろうし、それにこのタイミングで一度台風が来てくれれば私の夏休み中にまた台風なんて悲劇が起きる可能性はだいぶ低くなるはずだし。
今週いっぱい雨は我慢するから、来週あたりからそろそろ夏空お願いしますよ。
夏空といえば、朝ドラ「なつぞら」いいね。

2019/07/15

この天気はいつまで続く?

3連休最終日も朝から雨が降っていて萎えた。
今日もあわよくば近場の山道を走りに行こうかと思っていたけど、この状況ではたとえやんでも山道の路面は乾かないだろう。
それでは危険を伴うのでその案はとりやめ。
結局完全に雨があがった午後に小一時間だけ走っただけでした。
3連休は終始梅雨空続きでゲンナリでしたね。
しかしもっとゲンナリなのは週間予報もずっと同じような☁☔って表示ばかりな件。
ほんと、いつになったら梅雨が明けるんでしょ。
たしか一昨年も7月中ずっと梅雨でギリギリ8月迎える前に明けたような記憶があるけど、そんな感じなのかな。
短い夏がより短くなってしまうよなぁ。

2019/07/14

俺にコンタクトは無理だった

実は昨日、ツーリングに出かける前にコンタクトレンズを処方してもらおうと思い眼科に行っていた。
しかし、いざ装着ってなった際にどうしても入れることが出来ずに断念していた。
最初はスタッフの方に入れてもらうわけだが、痛くないから目を閉じないでくださいねって言われてもどうしても閉じてしまうのだ。
それはもう痛いとか痛くないじゃなくて、反射で閉じてしまうわけだから無理。
人間の意志は反射にはどうあがいても勝てない。
もし反射が機能しなかったら外敵から身を守れなくなる。
何回か試して、自分でやろうとしてもうまく行かず、だんだんスタッフにも嘲笑の雰囲気が見られ始めたところで断念を申告した。
結論、俺にコンタクトは無理だった。
諦めて帰るにしても、そこに至るまでの検査料金だけは2000円ちょっとキッチリ取られる羽目になってしまった。
自分にコンタクトが無理という事を知るための授業料だったと諦めるしかない。
結局ヘルメット装着時のメガネいちいち外し面倒問題は解決できないままか・・・。

2019/07/13

Ninja400で初めての峠走り~伊香保温泉(群馬県)

今日から3連休。
県外への遠征は悪天続きの予報のため難しいけど、今日の日中くらいなら雨は持ちこたえるという。
それを聞いたら今日だけでも走らずにはいられないじゃないですか。
でも目的もなくただ適当に走るのじゃつまらない。
そこでグーグルマップを眺めて物色してみたところ、面白そうなルートを発見。
慣らし運転も進められそうだし、この前ちょっと走って楽しかった山道もありそう、そして温泉にも立ち寄れるかも。
さっそく出発しました。

まずは榛名湖を目指します。
子供の頃にはよく行った記憶がありますが、少なくとも中学生以降は一度も足を踏み入れてないはず。
久々の湖に、今度は自力でバイクに乗って行ってみることに。
榛名湖は結構な山の中にあって、そこに至るまでには先日走った観音山程度ではないれっきとした峠道と言える道路が続いております。クネクネ道が続くので初心者の私にはスピードはとても出せない。
幸い後続車がほとんどいなかったので事なきを得ましたが、対向ですれ違う多くのバイクがかっ飛ばしていくのに対して実に無様です。
まぁ安全第一なのでね・・・。
そんな山道を走ること十数分。さすがにメッシュジャケットではヒンヤリし出した頃ようやく榛名湖に到着。
天候はアレだけど、久々に雄大な湖を前にして気分は高まりました。
そんな榛名湖をバックに愛車と1枚。

Harunako 


榛名湖を後にしてお次は伊香保温泉を目指します。
ちょうどここからさらに面白そうな道を走るとたどり着く事が出来るのです。
その道は、榛名湖までの道のりと比べてもさらに難易度が高く、現状の私の運転技術ではとても太刀打ちできない峠でした。
特にヘアピンカーブが30本続く的な標識を見た時はどうしようかと思いましたが、幸い後続の4輪も手こずるようなヘアピンだったので私のヘッポコライドでも特に流れを止めてしまうような無様はせずに切り抜ける事が出来ました。
いやぁ肝を冷やしっぱなしだったけどそれはそれで楽しかったし、経験値も上昇できたんじゃないですかね。


そしてたどり着いた伊香保温泉。
群馬県には「上毛かるた」なるものがあって子供の頃より県民は親しんだわけですが、そのかるたでは「伊香保温泉 日本の名湯」と読まれてます。
そんな名湯に立ち寄り湯するべくいったんバイクから降りて温泉街を散策。
ちょうど首や肩が凝ってきたところだったので解していきましょう。

 

Ikaho01


有名な石段が出迎えてくれます。
連休初日という事でこんな空模様ですがそれなりに観光客が来てました。
立ち寄り湯するところはこの石段を少し登ったところにある、その名も「石段の湯」。
大人410円で入浴できる共同浴場です。


Ikaho02

 

間のいいことに、ちょうど昼飯時だったせいか入浴客がいない時間帯で名湯伊香保温泉をじっくり堪能できました。
実に久々の温泉に身も心も解されます。
実は地元民ですが、伊香保温泉って行った記憶がないんですよね。
もしかしたら初めてだったのかな?
まさかそんなところにバイク自走で来ることになるなんてちょっと前は考えもしませんでしたね。
温泉は大好きだし、温泉天国群馬県に住んでいるからには今後もバイクに乗って各地回るのもいいかも。


お湯からあがって石段近くのベンチで休んでいたら野良猫が寄ってきました。
観光客に慣れ切っているのか物怖じせずにモフらせてくれました。
そうして遊んでいたら完全に気を許してくれたのか私の座るベンチに登ってきて、さらに私の膝を伝って横に置いてあったバッグの上に鎮座・・・。無警戒にもほどがありますが、我が家の愛想のない猫にも見習わせたい懐きかたですねぇ。


Ikaho03

 

温泉に、そして猫に癒された私は伊香保を後にして、さらにもう少しばかりツーリングを楽しむのでありました。
本日の走行距離はおよそ100キロ。
ずいぶん走った気もするけど、まだ通算500キロにも満たないわけで慣らし運転第一段階終了まではもう少しかかりそうです。
明日明後日もう一度走れる日があればいいけど、雨はどうかなぁ。

 

伊香保温泉データ

泉質:硫酸塩泉
温度:41.6℃
効能:きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症、筋肉若しくは関節の慢性的な痛み又はこわばり、運動麻痺における筋肉のこわばり、胃腸機能低下、軽症高血圧、耐糖異常、軽い高コレステロール血症、軽い喘息または肺気腫、痔の痛み、自律神経不安定症、ストレスによる諸症状、病後回復期、疲労回復、健康増進など

2019/07/12

3連休は結局県外遠征なし!

あー、結局この週末の3連休は悪天続きか・・・。
唯一明日の日中だけは雨の心配がなさそうだけど、それも夕方からは崩れるらしい。
という事で、今回の信州カシオペアは長野行きはもちろん、武蔵野線~中央線内での撮影も取りやめとします。
明日になって劇的に予報が変わったらわからないけど、まぁ晴れ渡ることはなさげなのでまぁいいかな、と。

それでもさすがに3日間引きこもりは厳しい。
という事でこの機会にやっておきたいことをやっておくことにします。
明日は夕方までは天気がもちそうなので、バイクの慣らし運転を進めるべく県内でちょっとばかり遠出してみることにします。
まだオドメーターは350キロくらいなので、明日中に500キロ近くまで行っておければなぁ。
はやいとこ第一段階慣らしを終えて4000回転縛りをなくしたいのですよね・・・。
せっかくだからまた山道を走ろうかな。
今度は近場じゃなくてちょっと遠いところのね😃

2019/07/11

バイクちゃん初の雨中運転・・・

今朝予報を確認したら雨が降るのは夕方6時くらいと出ていたので安心してバイクで通勤した。
しかし、その朝の時点でごく微量の雨が降っていた気がしたので(シールドが濡れた)嫌な予感はしたのだが、その後日中はずっと雨が降り続く状況となってしまった。
相変わらずの天気予報のいい加減さに嫌になったが、このまま止みそうもないので帰りは初の完全雨中の運転となることが確定。
これまでもパラつく程度の中は走ったことあったけど、道路が完全にビショビショ状態では初のバイク運転。
当然制動距離も伸びるのでちょっと緊張。
・・・したんだけど、予想外に渋滞していて30キロ前後の流れだったので杞憂に終わった(笑)。

まぁそれは良かったんだけど、愛車を初めて雨で濡らしてしまったのがね・・・。
まだ油分豊富なので水滴は弾いているけど、こういうのが積もり積もって錆びだしてしまうのは避けられない話。
これも新車のうちだけの気持ちなんだろうけど、できれば濡らしたくはないわね。
まぁこの雨で少し被っていた埃を掃うシャワー代わりになったと思えばいいかな。
むろん、帰ってからはきちんと水分は拭き取っておいたけど、やっぱり早く晴れの日に洗車してカーワックスかけたい!

2019/07/10

そろそろ洗車もしたいわね

日照時間こそ絶望的に少ないものの、なんとか雨が降らない時間帯が長い日が続く今日この頃。
そんなだから無事に毎日バイク通勤が出来ております。
でも、雨が降ってないとはいえ路面がウェッティーな場合も多々あるので、リアフェンダーまわりは汚れが目立ち始めました。
よーく注視してみるとタンクにも埃が被ってたりします。
もうすぐ納車1か月だけどこれまでバイクを洗うようなことはしてきませんでしたけど、このような状況を目の当たりにするとそろそろ一度洗車しておきたいなと思い始めてきました。
まだまだ新車。ピカピカの状態を保ちたいですもん。
だけどバイクの洗車の仕方がよくわかってないので、ネットで情報収集して必要なものを買い揃えなければなりませんね。
まぁ洗うにしてもスカっと晴れた日にしたいので、結局梅雨明けまで待つことになるかもですね。
その前にそろそろ1か月点検の時期かな♪

2019/07/09

どうなる週末3連休

あー、どうも週末の3連休の天気はパッとしなげだなぁ。
晴れれば長野まで初の本格ツーリング&信州カシオペア撮影、って考えていたけど、雨が降るんじゃなぁ😞
まぁ雨ならツーリング案は中止、カシオペアもどうしようかなって感じ。
冴えない天気の中無理に出かけるより、きたる夏休みに向けて資金節約した方がいいじゃんってね。
でもせっかく3連休を取得したのにどこにも出かけないじゃあまりに寂しいよなぁ。
ま、天気予報なんて直前でアッサリ変わるものだから、まだ期待をもって待ってみよう。

天気と言えば、今北海道は毎日のように快晴なんだよね。
これが私が出かける時だったら最高なんだけど、この反動で出かける頃になったら雨が続くなんて最悪のパターンがあり得るから怖いわね。

2019/07/08

冷夏の予感もチラホラ

しかし毎日7月とは思えないほど涼しいね。
朝バイク通勤してるけど、ジージャン着てるくらいじゃ肌寒いほど。
梅雨が明ける気配もないし今年はもしかして冷夏になるんじゃ?って気がしないでもない。
一昨年が日照時間がかなり少ない夏だったんだよね。
去年はスーパー猛暑。
どっちがいいかとなれば、やっぱ夏は夏らしい方が・・・って思いますがね。
ま、出かける時だけはスカっと晴れてちょーだい!

2019/07/07

七夕は仕事開始記念日

七夕だけど本日も梅雨空。
織姫クンと彦星ちゃんはちゃんと出会えたのでしょうか。
しかし今年の梅雨はしつこいですねぇ。
そろそろ眩い朝日を浴びたいぞ。
昼間はやみ間もあったけれど、走りたい気持ちを抑えて今日はバイクは自重。
大人しく夏休みの予定案作成に勤しみましたとさ。
まぁガソリン代だってタダじゃないですからね、だいぶ運転にも慣れた今意味もなく走り回るのもね。
それにどうせ走るなら天気のいい日に景色のいい道路を走りたいものだし。
来週末からの3連休の天候はどうなりますかねぇ・・・。

さて、今日は日曜日だったけれど、7月7日は今の会社で仕事を始めた記念日。
今年で11周年となります。
すっかり慣れ切った今は淡々とこなす日々が続いてますが、そろそろ現状打破も考えないでもありませんねぇ。
まぁ気が乗ったらってことで。
どのみち自分のできることをただただ堅実にこなすだけですよ。

2019/07/06

今日は航空券とりましたぜ

昨日から着手した夏休みの計画案作成。
日程と宿泊地は昨日仮決めしたので、今日は行き返りの航空券を押さえた。
わりと直前までもたついてしまったため結構なお値段になってしまったことが誤算。
まぁ時期的に夏休みシーズンだからね、仕方がない。
宿泊するホテルも相場よりも高めに設定されてるし・・・。
そして初日と2日目の中身も少し詰めてみた。
今回は新しい試みとして、北海道内をバイクで走ってみようかなという計画がある。
せっかく免許取ったのだから、ツーリングの聖地北海道に行くからにはぜひ走りたいもの。
本当は自分のバイクで走れりゃ最高なんだけど、さすがに今の技量では自走で道内までは持って行けそうもないからレンタルバイクを使おうかなと考えている。
これも結構お高いのが難だけど・・・。
初日、2日目は晴れてくれなきゃ始まらない内容なので、そこだけは雨は勘弁してほしい。
最悪のケースを想定して雨の場合の代替案も考えなきゃだな。
何しろ私が北海道に行くと必ず台風がやって来るからね・・・。
まぁ、考えている今の段階では楽しいことしか思い浮かびませんよ(笑)。

2019/07/05

まずは泊るところ

申請した夏休みもどうやら通る模様。
という事でここまで全く予定作成に手を付けていなかったので、今日は定時退社して少し着手。
まず今日は行き先(方面)と宿泊先をざっと決めた。
行き先は夏という事でやっぱり北海道。
合計7泊だなんてふざけた予定を組んでみたけど果たしてどうなるのか(笑)。
今日はザっとした事しか決めておらず、詳細は日曜日に詰めていくことにする。
その結果日数は減るかもしれないし、減らないかもしれない。
いったいいくらかかるのよって感じですが、せっかくの夏休みなので楽しまないという手はありませんからね。
予定を考えていくのは結構労力を要して疲れるけど、空想しているこの瞬間こそ一番楽しいのかもね。

2019/07/04

山道に目覚めるかも

今日はお休み。
明け方から通勤時間帯は結構雨が降っていたようでこんな日に休みが当たって嬉しいね。
だから今日は月末に申請している夏休みの予定でも考えようと思っていた。
でも雨もすぐにあがったので、そうなると走りに行きたくなってしまうのであった。
路面が完全に乾くのを待ってから出発。
今日はちょっとした山道を走ってみようと思った。
高崎市とは言っても田舎なので四方は山に囲まれており、ちょっと走ればそれらしい山間部に着く。
今日は観音山と呼ばれる付近に行ってみた。
自宅から実に10数分で入ってしまうお手軽な山道だ。
初めての山道、プチ峠走行。
山間道路特有のクネクネした道、ワインディングが登り下りと続くので、幹線道路を走っているのとはわけが違う感覚。
空気のヒンヤリ感も相まって実に爽快だ。
こりゃ山道ライドにはまってしまうかもしれないね。
もちろんまだまだ初心者のへっぽコライダーなので、40キロ前後でのおっかなびっくり走行だけど、それでも楽しい。
今日はお手軽な山を走ってみたけど、群馬県には例えば妙義山とか、有名な碓氷峠とか、身近にたくさん走ってみたい道はある。
走る道路には事欠かない恵まれた境遇なのかもしれないね。
まぁモータリゼーションありきが前提で、なければ不便なことこの上ないけれど。

2019/07/03

コンタクトに変えようかな?

快適なバイクライフを送れている今日この頃だけど、不満点もある。
それはメガネの着脱。
私はド近眼のメガネ君であり、矯正は欠かせない。
当然免許証にはメガネ等使用の注意書きがある。
そんな私がバイクに乗る際、ヘルメットがフルフェイスなものだからつける時も脱ぐ時もメガネを外す動作が必要となってしまう。
ハッキリ言って面倒くさいことこの上ない。
また、フルフェイス被った状態でメガネを着けるのがなかなか大変なのだ。
一応メガネ用スリットは入っているんだけど、なかなか嵌ってれない。
そんな面倒があるから、気軽に買い物に立ち寄ろうって気にもなかなかなれないのだ。
通勤の行き返りでコンビニに立ち寄る機会が激減している。

今考えているのはこのまま不満点を抱えながらバイクライフを送るのか、思い切ってコンタクトレンズに変えようかって事。
コンタクトにも良し悪しあって、着けた状態で目にゴミや虫でも入ってこようものなら大惨事だ。
それはシールドをつければ解決するんだろうけど、目の渇きもあるだろうし、何より目に物を入れるという行為がどうも気持ち悪い。
使うならソフト型だろうけど、経済的じゃないんだよなぁ。
まぁ検討の余地はあるかな。

2019/07/02

高崎のロクマルって廃車になっちゃったんだ

ロクマルことEF60-19。
高崎地区でイベント列車などで活躍していたこの機関車が廃車回送されたという。
そんな噂は聞いてはいたけど、実際落ちたと聞くと寂しい気持ちになる。
機関車天国の高崎車両センターの中でも異彩を放つ、唯一無二の存在だったロクマル。
個人的にはあまり接点はなかったのだけれど、まだまだ撮影できる機会はいくらでもあると思っていただけに無念だ。
唯一撮ってあった写真がこれか・・・

 

9136レ EF60-19牽引 ELぐんまよこかわ@群馬八幡~北高崎
9136レ EF60-19牽引 ELぐんまよこかわ@群馬八幡~北高崎 posted by (C)Tylor


12系を牽く姿を順光で収めておきたかったな。
それはもう叶わぬ夢。
これからもいくつもそういった思いをしていくのだろう。
だからこそ撮れるときに撮って、乗れるときに乗っておかなきゃ。

2019/07/01

夜間走行もしておかないとな

下半期のスタートは久々に残業らしい残業になってしまいました。
こんな時、今までは疲れた体に鞭打ってチャリを漕いで帰っていたわけですが、バイク通勤だと非常に楽。
もう自宅と会社の行き返りルートくらいなら何の問題もなくリラックスして走れてます。
ところで7月とは言え曇天では19時近くは薄暗かったので初めてハイビームを使用しました。
それで気が付いたのが、まだバイクに乗ってから夜間走行を一度もしてないなってこと。
教習所時代もマックス19時までしかやらなかったので、完全な夜にはまだ走っていない。
今後ツーリングに出かけるのなら日が暮れてしまうこともあるだろう。
近年、老化のせいか夜目が効きづらくなっているので、遠出する前に一度くらい経験しておいた方がいいかなと思った次第だ。

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »