« 遠征中止かしら | トップページ | 夏の疲れ、ドッと »

2019/08/29

フルサイズの完成形を待つ

キヤノンのAPS-C新型一眼レフ、EOS 90Dが発表された。
32.5メガピクセルの10コマ連写という、昨今のミラーレス機からすれば当たり前、むしろ低スペックの部類かもしれないけれど、一眼レフ機としてはハイエンドAPS-Cといわれた7D2を上回るものになっている。
キヤノンではこのカメラをAPS-C一眼レフの完成形としているわけだが・・・。

この発表を見てまず思ったのは7D2の後継は出ないのだろうなってこと。
キヤノンのAPS-C一眼レフは7D系がセミプロ、もしくはプロのサブ機的な立ち位置、二桁D系がアマチュアからも手に取りやすい使いやすい立ち位置って印象だったけど、この90Dのスペックを見るにどうもこの2系統が統合されたという印象が強い。
カメラ大国キヤノンも時代の流れには逆らえずミラーレス化へ移行が進む中、レフ機の系統を整理したいのかもしれない。
個人的には7D3に出て欲しかったですけどねぇ。22MPの12~14コマ連写くらいで。
90Dは32.5万画素というAPS-Cとしては明らかにオーバー気味の画素数で、その煽りを受けて連写時間も短そうだし。

それでもケジメの1台をリリースして来たことは喜ばしい。
正直、ミラーレスではソニー機には勝てないだろうから、キヤノンはキヤノンとしての得意分野でいいものを出してほしいから。
となるとやはり期待したいのは今度はフルサイズ一眼レフの完成形だね。
1D系の後継はオリンピックイヤーには確実に出るだろうけど、それよりはアマチュアが手に取りやすい5D系の後継だよね。
次出るとしたら5D5になるけど、完成形とするならちょうどいい数字じゃない、5Dの5なんてさ。
この5D5こそ王者キヤノンの威信とプライドをかけたものにして欲しいんですよねぇ。
それが出るまではカメラボディの買い替え、買い増しはしない予定です。
出ることを信じて待つのみ。

« 遠征中止かしら | トップページ | 夏の疲れ、ドッと »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 遠征中止かしら | トップページ | 夏の疲れ、ドッと »