2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 夏の疲れ、ドッと | トップページ | 引退の噂もあるPトップ牽引のELぐんまよこかわを近所で撮影 »

2019/08/31

夏の終わりに秩父ツーリング

8月31日、毎年この日は特別な気持ちになる。
大好きな夏の終わり。
昨今はもっと早いところもあるみたいだけど、小中高の夏休みはこの日で終わりなのが一般的。
そんな夏の終わりに最後に思い出作りに出かけようと計画していたわけだけど、秋雨前線とやらにすべて台無しにされた。
二転三転する予報に嫌気がさし、疲れも相まって遠征計画はすべて白紙に戻していた。
今日も起きてからしばらくはダラダラ過ごしていたけど、薄曇りながら日差しのある窓の外を見ていたらさすがにもったいなくなったので出かけることを決意。例のごとくグーグルマップを眺めて探していたら目に留まった場所があった。
それは・・・秩父。家からも比較的近く、山道走行が楽しめるライダーご用達の地域。
私もバイク乗りの端くれになったわけだし、一度は行っておきたいと思っていた場所。
よし決めた、夏の終わりに秩父ツーリングへ行こう!


Img_4205


というわけでいざ出発。
トリップメーターを設定するまでもなく、スタート時はちょうど1000キロだ。
ならし第二段階終了まであと600キロでもありますね。
ちなみに、家から目的地に設定した秩父湖まではざっと78キロとのこと。
片道の距離としてはバイクに乗り出してから最長であり、ここでついに初の県外ツーリングデビューにもなる。
今後もっと大掛かりな長距離ツーリングも計画しているので今日はそれに備えてのいわばリハーサルでもあるね。


バイクを走らせるとすぐに田舎道へと入り、やがて山道へと入っていった。
8月の終わりとはいえまだまだ蒸し暑かったけど、山に入ると一気に気温が下がりヒンヤリし出す。
天然クーラーの心地よさ、バイクに乗っている心地よさで1週間の疲れも吹き飛ぶようだ。
途中、かなりのヘアピンカーブ地帯もあったりで、なかなかきついワインディング続きもあったけど、以前榛名湖へと走ったころに比べてだいぶスムースに走れるようになっており、後続の車の存在があまり気になることもなく流れに乗れた。
さすがに1000キロ以上走ってれば自分のバイクの性能性格はわかってくるので、無理なく楽しめる走行ってやつが今はできるのだ。


秩父の山に入ると空はドン曇りになってしまったがそれでも十分雰囲気は味わえるそんな道のりを超え、ようやく到着した秩父湖。

Img_4213


晴れてればもっときれいなんだろうけどね。
それでも緑の季節も終盤戦だし、この時期に来ておけてよかったと思う。
惜しむらくはもっと早く出かけていれば、道すがらに点在していた温泉に入って帰れたんだけどね・・・。
山道で日が暮れてしまうのは嫌なので早々に戻らざるを得なかった。
ダラダラなかなか出発しなかった自分が悪いのさ。


帰り道はさらに余裕をもって走行でき、家に戻った時のメーターは1160キロほどであった。
往復で160キロ走ったわけだね。これも今までで最高か。結構疲れたものね。
でももしこの週末新潟へ行くことにしていたら、片道でさらに100キロは走らなくてはいけなかったわけだし、このくらいで疲れていてはまだまだ。体に負担がかかっているのはまだライディングフォームだったりに余計な力が入っていたり無駄が多い証拠。
まだまだロンツーを行うにはさらなる経験値が必要。
そういう意味でもやっぱり今日は出かけておけて良かったんじゃないですかね。


Img_4212


2019年の夏もいろいろ楽しめました!

« 夏の疲れ、ドッと | トップページ | 引退の噂もあるPトップ牽引のELぐんまよこかわを近所で撮影 »

バイク関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏の疲れ、ドッと | トップページ | 引退の噂もあるPトップ牽引のELぐんまよこかわを近所で撮影 »