2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 北海道夏たび鉄たび2019~4日目 札沼線(学園都市線)乗り潰しの旅 | トップページ | 北海道夏たび鉄たび2019~6日目 「なつぞら」広がる帯広へ~十勝川温泉(北海道) »

2019/08/02

北海道夏たび鉄たび2019~5日目 尺別の丘で霧に泣く

昨日は長旅で釧路までやってきていた。
道央とはお別れで今日からは道東で過ごす。
2年ぶりに訪れた釧路の町は涼しく、朝などは夏仕様では寒くて自然に目が覚めてしまうほどであった。
そして驚いたのはホテルをチェックアウトして外へ出た時だった。
街全体が・・・濃い霧で覆われていた!


Img_4159


幻想的な雰囲気に包まれた街に見とれている場合ではない。
今日は撮影予定の1日。
しかも風景写真を撮ろうと目論んでいるのでこれは大惨事だ。
幸い、上空の空は青かったので時間が経って気温が上がれば霧は晴れるものだと見込まれた。
予定通り、釧路発の根室本線の始発列車に乗りこんだ。
列車が進むにつれて霧が晴れて行き、素晴らしい晴天模様が目に飛び込んできたので本日の勝利は間違いないものと思われた。
・・・はずだったんだがなぁ。


降り立った音別駅周辺は朝釧路で見た光景と同様であった。


Img_4167


これ、バックの空が白いのはドン曇りだからじゃないんですよ。
天気は間違いなくバリ晴れ。
ただ、そんな空の青さを覆ってしまうほどの濃い海霧が押し寄せてきていたのだ。
音別町は太平洋に面しているので、暖かい空気と冷たい海水が衝突してこんな現象が起きているのであろう。
だけどこれはまさかの事態だ。
だってこれから向かうのは「尺別の丘」。
太平洋と湿地帯の原野の裾を走る列車が撮れる場所。
晴れてくれることが絶対条件の撮影スポットなのだから。


それでも時刻はまだ早朝。
きっと9時くらいには霧も晴れているはず。
そう信じて撮影ポイントへと歩いた。
この場所は国道沿いからアプローチできるので、ビュンビュン飛ばす車(主にトラック)に気を付けて進めば歩いても容易にたどり着く。
所要時間は20~30分程度でいい散歩だ。


Img_4166


国道脇のここから入っていき、望洋苑斎場を過ぎ山道を登っていくと一面を見渡せるポイントに着く。
・・・はずなんだが、いかんせんこの霧では何も見えない。
そう、本当に何にも見えないんだ。
聞こえてくるのは波の音と、遠く国道を爆走するトラックの排気音のみ。

Dsc04104

 

こんな状況なんですぜ、信じられます?
この向こうには海があって、原野があって、そして線路がある。
そのどれも目視できないほどの海霧。
大自然の神秘に圧倒され、時間が経つにつれて諦観の境地に至る私なのでした・・・。
だってスーパーおおぞらと思しき上り列車が通過したんだけど、そのヘッドライトもテールランプも、何一つ見えなかったのだもの。
ただディーゼル音と線路をゴトンゴトンと走る音しかわからなかった。
これではたとえあと1時間待っても状況は変わらなそう。
それはお目当ての下りスーパーおおぞらの時間になっても同様だろう。
そう悟った私は踵を返すしかなかった。
いやね、小さな羽虫がやたらと発生していて纏わりついてくるのにいい加減ウンザリしたところだったんですよ・・・。


それにしても痛恨だ。
だって今日はまごう事なきバリ晴れの1日。
それが海が近い一帯だけがこんな有様になっているだけなのだ。
もうね、悔しいやら笑っちゃうやらでどこへ気持ちをぶつければいいのかわかりませんでしたよ。
おまけに駅へと戻る途中で適当な鉄橋があったんでここで1枚だけ撮ろうか考えたけど、いつくるかわからない列車を待ってられなかったんで立ち去ったその直後に貨物が通過したりしてね。
すべての運は一昨日のカムイチャシで使い果たしていたのかもしれないね。
まぁ今日はもう諦めましょう。
尺別の丘はいつか必ずリベンジに訪れたい。
夏よりも秋口~冬、早朝よりも夕方の方が良さげってのも備忘録として記しておきましょう。

« 北海道夏たび鉄たび2019~4日目 札沼線(学園都市線)乗り潰しの旅 | トップページ | 北海道夏たび鉄たび2019~6日目 「なつぞら」広がる帯広へ~十勝川温泉(北海道) »

旅行・地域」カテゴリの記事

根室本線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北海道夏たび鉄たび2019~4日目 札沼線(学園都市線)乗り潰しの旅 | トップページ | 北海道夏たび鉄たび2019~6日目 「なつぞら」広がる帯広へ~十勝川温泉(北海道) »