« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月の記事

2019/09/30

7-9月期ドラマアワード

夏ドラマもすべて見終わりました。
そして、朝ドラの「なつぞら」も無事完走を果たしました!
2クール続いた「あなたの番です」もすべて見切った!
そんな今期の各部門賞を発表。

 

主演男優賞 三浦春馬(TWO WEEKS)

主演女優賞 黒木華(凪のお暇)

助演男優賞 高橋一生(凪のお暇)

助演女優賞 芳根京子(TWO WEEKS)

可愛かったで賞 稲垣来泉(TWO WEEKS)

最優秀主題歌賞 米津玄師「馬と鹿」 (ノーサイド・ゲーム)

最優秀作品賞 TWO WEEKS


こんな感じですかねぇ。
話題となったのは「あなたの番です」。
反撃編になってからの盛り上がりがすごかった。
視聴率も爆増して行ったものね。
だけど私は6%台で推移していた前半から面白いと思ってたもんね、へへん。
まぁ最優秀作品でもいいんだけど2クールということで一応オミット。
となると、毎週一番楽しみだったのはTWO WEEKSかな、と。
これも1話を見た限りでは一番つまらないかなと思っていたけど、回を追うごとに嵌っていった。
子役の稲垣来泉ちゃんに毎週癒されてました(*^^*)

それから金曜ドラマ凪のお暇は実に地味だったけど、実に味がある作品だったと思う。
週末に脱力して見るのに相応しい作品でした。

あとこのコーナーでは蛇足ではあるけど、やっぱり朝ドラが一番面白かったですよ。
広瀬すずはなんだかんだで良い女優さんだと改めて思った。っていうか今更だけどとても可愛い。
なっちゃんロスが続きそうです・・・。
一応連続で「スカーレット」も見るけど、朝ドラはそれこそ毎日あるから嵌ると大変だ!

次クールは「まだ結婚できない男」に期待大!

2019/09/29

磯部の俯瞰でELぐんまよこかわを撮る

朝起きたら晴れていたのでELぐんまよこかわの撮影に出かけることにした。
向かったのは磯部方面。
本日は久しぶりにイソアンの俯瞰で撮ってみようと思った。
イソアンの俯瞰といえばかつて妙義山バックに115系湘南色を撮影したことがあるけど、それ以来の来訪となる。
本日は下り列車狙いなので逆アングルだ。
今時分は田んぼの稲がちょうど収穫前を迎えたころであり、そんな秋の田舎の風景を走る姿を是非撮りたいと考えての事。
刈られてしまう前に晴れてくれてよかった。


現着すると2名の同業者。
ここ以外の撮影地もわりかし空いていたし、先日のPトップの時と比べると静かなものだ。
直前にもう一人来て合計4人での平和な撮影となった。

 

EF64-1001+12系5B+C6120 ELぐんまよこかわ@磯部俯瞰
EF64-1001+12系5B+C6120 ELぐんまよこかわ@磯部俯瞰 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD
信越本線/安中-磯部


昨日までの予報じゃ今朝が晴れてくれたのが奇跡みたいなものなので、バックがやや眠たいとか贅沢は言えない。
陽射しが当たってくれただけ儲けものみたいなものだからね。
実りの季節にいいものが撮れた。

 

ELぐんまよこかわ EF64-1001



令和の時代にも残る田舎の原風景と、そこを走る鉄道遺産。
これからもずっと見続けていきたい光景だ。

2019/09/28

やっと1週間終わったぜ

昨日あんな事書いたけど、流してやるどころか今シーズン最悪の残業になっちまったぜ。
もはや精魂尽き果てた。
ちょうどネットも通信制限されてるし、今夜は「なつぞら」最終週まとめ見してゆっくり寝よう。
ここからようやくのリラックスタイムだ・・・。
今日はここらで勘弁してちょ。

2019/09/27

日曜日はカスタム第2弾かな

金曜日にしてボロボロに疲れております。
活躍しすぎじゃね、俺氏?ってくらい働いてますからねぇ。
あと1日・・・さすがに明日は流してやろうかな。
久々にマッサージでも受けたいなって思っちゃうくらいシンドイっすわ。
だから今週も日曜日は完全休養に充てようかしら。
天気もよくないみたいだしね。
ならばバイクのカスタム第2弾は日曜日に取り行いましょうかね。
注文してあった商品がようやく発送されたらしいので。

2019/09/26

見ないふり、見ないふり

職場の休憩所に設置されているTV。
昨今はTVなどわざわざ職場ではつけやしまい・・・と思いきや、やっぱり年配の人はたとえ見ていなくてもそこにTVがあればつけてしまう習慣があるようだ。
いや別にそれはいいんだけどさ、チャンネルがNHKなのよね。
ちょうど休憩時間中って朝ドラの昼放送やってるわけよ。
「なつぞら」、ずっと見てきたのが今週が最終週なわけで。
1週間の終わりに、一気にまとめ見するのが楽しみなわけで。
そんな中途半端に目に入れたくないわけで💦
必死に見ないように意識を他に移してますわ。
おねがいだから見ないTVはつけないようにしてくだせぇ。
ま、相手が爺さんじゃしょうがないか。

2019/09/25

ヘルメットの内装変えただけでこうも違うのか

ヘルメット孫悟空の輪っか問題を解決するべく、内装(センターパッド&チークパッド)を交換してみようと思い立ち、いちばんゆとりあるサイズを注文していたわけだが、入荷したとのことで本日受け取って来た。
帰ってきてさっそく内装フルチェンジを施して被ってみた。
すると・・・。
おお!こんなにゆるくなるのかっ!
それは想像以上でした。Lサイズを被っているかのよう。
Mサイズじゃキツキツなのかな、Lサイズに変更するべきなのかなと悩んでいたし、実際店舗でためしにLサイズのものを被ってみたりもしていたので、まさかMサイズのメットでLサイズ並みのゆとりを得られるとは思いもよらなかった。
これなら少なくとも1時間程度で頭が締め付けられて痛くなるなんてことはなくなると思う。
むしろ今までが寸分の余裕もなくピッタリと嵌っていた(短い時間なら快適)だけに、やや緩さを感じてしまうのが逆にストレスになるかも!?
明日の通勤でフィット感を試して、緩さが目立つようなら少しスポンジ加えて調整をするのもいいかもね。
とにかく、安易に新規でLサイズのメットを買わなくて良かったよ。
内装は内装で高くて2つ合わせて1万円超えちゃったけど、新品のメット本体なら最低3万円~するもんねぇ。
ヘルメット問題はロンツーに向けての最重要課題だったので不安が取り除けたのは何よりです。

2019/09/24

やっと給料出た

ハァ、やっとこさの給料日ですよ・・・。
粛清の9月は長かったなぁ。
バイク購入で減った預金、そして北海道遠征で使い果たした先々月の給料。
その2つを先月の給料で補填したわけだから、ひと月いかに苦しかったかがわかろうというもの。
ま、8月は人手不足で頑張らざるを得なかったので、その分多めにはなってますが、税金でたくさん持ってかれてるのが悲しい。
頑張れば頑張るほどその分たくさん徴収されてしまうのだからやりきれないよね。
いつになったら楽になるのかなぁ。
それでもまた明日も頑張るしかない・・・。

2019/09/23

日月の祝日なんていらんのよ

今年の9月は結局どちらの連休も出かけずに終わった。
天気に恵まれなかったとはいえもったいなかったかな。
そして明日からはまた土曜日までの連勤・・・。
正直、祝日がへたにあると面倒なんだよなぁ。
週の半ばに休みがあるのが一番体には負担がかからないのよ。
平日ならではの空いている中でお出かけってのも出来るしね。
10月も祝日があるんだよなぁ。
祝日のせいで逃してしまうイベントもあったりするから始末が悪い。
祝日に働いて平日に代休を頂くという選択肢も今後視野に入れていくべきかな。

2019/09/22

Ninja400ツアラー化計画その1~ZERO GRAVITY ロングスクリーン装着

10月の連休でバイクを買ってから初めてとなる泊りがけでのロングツーリングを計画している私。
しかし我が愛車Ninja400は見てくれがスポーツタイプなので、決してロンツー向きではない。
持続力よりも瞬発力、機動力に特化しているバイクだと思う。
よくNinjaはSSではなくツアラーだという人がいるが、私が乗車経験があるツアラー(アドベンチャータイプ)のHONDAの400Xなどと比べると明らかに長時間乗った際の疲労度が違うわけで、ツアラーなわけではない。
言ってみればSSとツアラーの中間って具合で、とんがった部分は少ない器用貧乏なバイクというのが納車3か月ほど乗った今の時点での感想だ。
だからロンツーに向けては数百キロに渡る行程での疲労に不安を持っていた。
そこで、慣らし運転が終わるまでは控えていたカスタムを満を持して開始しようと思う。
狙いはNinja400のツアラー化だ。


まず最初に手を付けたのはウインドスクリーンの交換。
もともと装着されていた純正スクリーンはサイズが小さめで、決して防風効果が高いわけではない。
先述400XやVストロームなどのスクリーンは真正面にあって風を弾いてくれるが、スポーツタイプのバイクのスクリーンは弾くというより受け流すという角度で装着されており、強風の日などはやっぱり影響を受けてしまう。
長時間風に当たった際の疲労度は大きいので、ロンツーに向けて最初に手を付けるべき個所なのは間違いないだろう。
もっと風を防ぐ面積の大きい物が欲しかった。
いろいろネットで探して白羽の矢が立った商品がAmazonから届いた。


Img_4228


このような巨大な段ボールに入れられて届いた。
長めのスクリーンを買ったので仕方がないが、少々大げさな梱包だな。
中身を取り出すと相応のモノが出てきた。


Img_4230


買ったのはZERO GRAVITY(ゼログラビティ)のスポーツツーリングタイプ(スモーク)だ。
ゼログラビティにはダブルバブルなどいろいろタイプがあるけど、一番サイズが長く、名前通りのツーリング向けのものを選んだ。


Img_4231


触った感じ軽くて薄い印象。
強度面では純正の方が高そう。
とりあえずこれをさっそく取り付けてみることにする。


Img_4233


Ninja400のスクリーンはミラーと一体型で装着されているのでミラーごと外すことになる。
外した姿はなんか悲しいものがある・・・。

Img_4234_20190922174201


外した純正スクリーンと並べてみればサイズの違いは明らかだ。
さてこれを着けるとどんな具合になるのだろうか。


Img_4235


おお、なんかシュッと引き締まった感じがするな。
純正に比べると高さが増えて幅が減るようだ。
見てくれはスリム化されたね。


Img_4237


ハンドル側から見ると交換する前との違いは明らか。
相当高くなった。
さっきも書いたようにスポーツタイプのバイクでは正面へスクリーンを持ってくるのが難しいので、高さはここまでが限界だろう。


横から純正時のモノと比べてみる。


Img_4232

Img_4236


スポーツバイクの角度で高さを稼ぐために上へ反りあがっているのがよくわかる。
考えられた商品だなという印象。


Img_4238


車体とのバランスも良好で見た目も良くなった気がするね。
スモークにして精悍さも増した印象だ。


さて、取り付けが終わったので早速走行試験に出かけた。
今まで走った中でとくに強風が多い地域を狙って走って来た。
乗り始めた当初は恐怖心すら感じる強い風が吹いていた道路へ・・・。
その結果、確かに風の当たる面積が減ったなと感じられた。
もちろんまったく無風などということはなく、強風地帯ではそれなりに影響も受けたが、そんな時は前傾に臥せって乗ると防風効果を大きく実感できた。そして気になっていた素材の薄さと軽さも強度面ではまったく問題ないことを確認できた。
これなら高速道路の風でも問題はないだろう。
純正スクリーンに変えての導入はプラスになったと結論付けられそうで何よりだ。


さて、これを皮切りにもう少し弄りたい個所があるので追々カスタムして行こうと思う。
次はハンドル回りかな?

2019/09/21

あれ?降る降る詐欺?

おや、今日って雨が降るんじゃなかったでしたっけ。
そして明日も・・・。
結局1日降らなかったし、明日も午前一杯はもちそうだ。
うーん、これなら遠征も出来たかもしれないなぁ。
今回もまた天気予報に踊らされたわけか。
もう当たらない週間予報なんてやめちゃえば?
というわけで明日は出かけるなら午前中が勝負だな。
起きられればね。

2019/09/20

もっと経験を積んでからでないと

関東でも朝晩はもうかなり涼しいけど、北海道では早くも初冠雪というのだからやっぱり別世界って気がするね。
8月頭に帯広へ行ったときなど38℃とかだったのに、季節の巡りは非常に早い。
だけど9月はまだ行楽シーズンであり、初心者がバイクツーリングするならこの時期までいけそうだよね。
実は10月の連休で紅葉目当てに北海道へ走りに行っちゃおうかと一瞬考えもしたけど、10月の北海道は関東の真冬だって話を聞いて断念した経緯がある。
まだ経験の浅い初心者の私にとって、初北海道ツーリングが辛いものになってしまっては悲しい。
やっぱり来夏までお楽しみは取っておくべきだね。
ただ秋シーズンの渡道って一度もないので、紅葉見に一度は行ってみたいと思うのでいつかは挑戦してみたい。
それまでにたくさん経験を積んでいこう。

2019/09/19

今回は見逃しました

新たに台風が発生し、3連休は終日☔。
そんなウンザリするような天気予報だけど、本日は快晴の秋晴れだった。
気温も高かったけど湿度は低く、非常に快適だった。
そんな日に、あったんですねぇ、日本海周りのカシオペア紀行。
あるのは知っていたけど、普通にレギュラー通りの東北線回りだけかと思っていたので軽視してしまっていた。
日本海周りだってことに気づいた時にはすでに勤務指定は決まってしまっていたのでどうにもならなかった。
わかってればあらかじめ有休入れておいたのにな。
ここ最近では必ず撮影に出向いていたので今日の条件で逃してしまったことは残念極まりない。
10月にもあるけどそこも仕事だし・・・。
ただ個人的に過去幾度か日本海周りのカシオペア紀行(クルーズ)の撮影経験があるので、その時のブログの記事が先々週あたりからかなり読まれていたようで、撮影計画を練っていた人たちに少しでもお役に立てたのだとしたらそれは嬉しく思います。
それでこそ鉄道ブログを書いている者冥利につきますもの。
私は今回は見逃しちゃったけど、いい写真が撮れましたか~☻
重連カシオペアはいつ撮っても最高ですよね!

9011レ 東日本周遊カシオペア紀行2019年6月@塩沢ストレート2
9011レ 東日本周遊カシオペア紀行2019年6月@塩沢ストレート2 posted by (C)Tylor

写真は今年6月のものです

2019/09/18

3連休、見事に傘マークひとつ!

Rainyohou

なんやねんや、3連休がキレーに傘マーク一つって・・・。
いやどうせ私は日月しか休みじゃないけど、土曜日仕事終わりに出かけるつもりで予定組んでいたのにな。
そのために先週の連休は大人しくしていたというのに、これじゃ2週続けて連休引きこもり確定だよ、やれやれ。
ま、例によって前日くらいになると急に予報を変えてくる可能性もあるから、少しだけ期待は持ってみるけど。
このままでは行楽の秋シーズン開幕があんまりなことになる。

2019/09/17

まずは内装調整してみる

ヘルメット孫悟空輪っか問題で、新しくワンサイズ上のモノに買い替えようか検討している私。
しかしいろいろ調べてみると、サイズというのは純粋なヘルメットの大きさだけで測れるものでなく、内装が大きくかかわっているということが分かった。確かに買った時フィッティングシステムでいろいろ調整してもらっていた。
あの時はこれから免許を取ろうっていう初心者以前の状態だったので、フルフェイスのヘルメットのフィット感がどんな具合なのか皆目見当がつかず、頭が収まってズレないようならOKかなくらいな感じでフィッティングしてもらっていた。
もし経験者だったら、あの収まり具合では長時間経過すれば孫悟空になってしまうということが分かったのかもしれない。
ちなみに私が被っているSHOEI Z-7の内装は各サイズごとに3パターン用意されていて、調べてみたら現在の私のモノはMサイズの内装標準サイズだった。
この内装標準サイズを、ゆとりサイズに変更してみれば、あるいはMサイズのままで頭が痛くなることはなくなるのかもしれない。
そんな内装をちょっと薄くしたくらいで変わるのかよって正直思うけど、数値で言えば間違いなく私の頭はMサイズなわけで、ちょっとブカブカになるLサイズに安易に変更してしまったら逆に違和感が増すかもしれない。
だからまずは内装ゆとりサイズに変更してどうか試してみようと思う。
ヘルメットは高いし、どうせ3年くらい使ったら変更しなきゃなので4月に買ったばかりのモノを捨てるのは惜しすぎるし、とりあえずいろいろあがいてみてどうしてもダメだったらLサイズ変更を改めて検討しようと思う。

2019/09/16

秋冬物大人買い

この連休は遠出はしなかった。
そして出かける予定の来週の連休も今のところすべて雨予報で遠征取りやめが濃厚になってきた。
という事で資金面が浮いたのでこの機に秋冬物の買い出しに出かけた。
まずはバイク用品店NAPSへ。
欲しかったのは秋冬用のジャケット。
今持っている2着は両方ともメッシュなので、風を通してしまいこれからの季節には辛い。
そろそろ風も強くなってくる季節だからね、防風性能がいいものが欲しいところだ。
ただバイクジャケットは高いので一気に何着も変えず、デザイン、機能性いろいろ考慮して探さなければならないので時間がかかる。
結局型落ち・・・というか旧作のSIMPSONのジャケットに気に入ったのがあったのでそれを買った。
旧作なので2万円台でお買い得であった。SIMPSONはもう新作は出ないしね。
しかしまだこれを着るには少々早い気温ですねぇ。10月以降かな。
それからグローブもメッシュじゃないものをゲット。これはRSタイチ製。
真冬を迎える時期になったら別途電熱グローブも買おうと思っている。

続いてユニクロに寄ってレギュラーフィットジーンズを購入。
しまむらの冷感ジーンズをずっと穿いていたのでさすがにそろそろ冷感はいいかなって。

さらにさらに、お次はワークマンへ行き新作のイージスを購入。
防水防寒に優れたライダーに大人気のイージスだけど、それゆえ品薄が続出なんて話も聞いたので、秋冬ものの新作が出始めたこのタイミングで早めに買っておいたわけだ。
こちらはまさに真冬に着用することになるであろう。

これからのシーズンを迎えるにあたり、そしてロンツーに出かけるにあたり準備を着々と進めております!

2019/09/15

本当に最後?Pトップ牽引ELぐんまよこかわを追っかけ撮影

本日のELぐんまよこかわにはPトップことEF65-501が充当。
ここのところ引退の噂が絶えない機関車ではありますが、ダイヤ情報を見てもこの先はEF64形1000番台しか入らないようで(PP運転時は不明)、そんな噂にも信ぴょう性がありもしかしたら通常運転で撮影機会は今日が最後になってしまうのかもしれません。
秋晴れというには暑すぎる絶好の空模様の中撮影に出かけました。


やってきたのは安中鉄橋。
馬鹿の一つ覚えの安中鉄橋って言葉がありますが、信越線の午前の下りで一番光線がいいのがここなので撮影がここに偏るのも仕方ありません。
もっとも個人的には実は安中鉄橋に来るのはまだ3回目であり、115系ラストラン以来の訪問であります。
そしてSL時も含めEL碓氷、ぐんまよこかわはここでは何気に初撮影だったのでした。
だから馬鹿の一つ覚えどころか新鮮味のある撮影なわけです。
Pトップ登板という事でかなり混雑していたので下段アングルは諦めて、これまた初めて上段アングルに陣取りました。

PトップEF65-501牽引ELぐんまよこかわ@安中鉄橋
PトップEF65-501牽引ELぐんまよこかわ@安中鉄橋 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 信越本線/群馬八幡-安中


安中鉄橋に差し掛かる際は普電も含めてほぼ確実に警笛鳴らしてくれるのでビデオ的にはありがたいですね。
乗ってるお客さんだけでなく車掌さんも手を振ってくれており、ここがいかに名物撮影地なのかがわかります。
そしてやっぱり光線はいい。雲も近づいてましたが事なきを得ました。
下段アングルで正面気味に大きく撮るのが人気みたいですが、上段アングルもなかなかいい感じです。


これを撮り終えたらすぐさま撤収準備をしバイクに跨りました。
追っかけ撮影をしようと思ったのです。
前回、第一一本木踏切で撮った際に間際になって慌ててやってきた同業者が数名いました。
おそらくは彼らは安中鉄橋から流れてきた連中だと思われ、安中駅での停車時間を利用すれば十分先回りできるのでしょう。
本来追っかけは慌てての移動は危険なのであまりしたくはないのですが、今日はこれだけの晴れの中Pトップを撮れるラストチャンスかもしれないので敢行することにしました。


第一一本木踏切の付近は案の定撮影者が大勢いたので、もう少し磯部寄りに走ってみると数名三脚を構えた人がいる良さげな地点があったのでそれに倣って撮ることにします。
すでに遠目にはやってくる姿が見えていたのでカメラをバッグから取り出すなり手持ちで迎え撃ちました。


PトップEF65-501牽引ELぐんまよこかわ@安中~磯部
PトップEF65-501牽引ELぐんまよこかわ@安中~磯部 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 信越本線/安中-磯部


無事に追っかけ撮影が間に合いホッとしました。
ちなみにムービーはさすがに無理でしたが写真が撮れただけ御の字です。
第一一本木踏切からさほど離れてないので似たような画になりますが、むしろこっちの方がスッキリ撮れるような。


この先も頑張れば先回りできるみたいでしたが、目ぼしいポイントが思い浮かばなかったのでこれにて撤収。
Pトップは本当にこれで見納めなんですかね?

2019/09/14

ならし運転完全終了!

Img_4223


と言うことで納車後の通算走行距離が本日で1600キロを突破しました。
これにてメーカーが推奨するエンジンならしを全て終了したことになります。
買ってから3ヶ月弱かかりましたかね、それでも第一段階を終えて4000回転しばりがなくなってからはあっという間でした。
と言うことで仕事終わりに久々にレッドバロンへ出向いてオイルとフィルターの交換をして来ました。
サービスでタイヤの空気圧調整までしていただいて、ますます快調に走ってくれることでしょう。
今後は好きなだけエンジンも回せますが、もちろん無茶などせずに今まで通り丁寧に乗っていくつもりです。
そして遠出も気兼ねなくできるように準備を進めていきたいと思います。
ならしが終わったところで新車の時期も一区切りってことにして、ぼちぼちカスタムもしていこうかな。
別に外装をド派手にするとかじゃなく、より良い乗り心地を求めるカスタムですよ。
快適に乗れるバイクシーズンもあと1〜2ヶ月、その間にロングツーリングにも出かけますよ!

2019/09/13

鉄道でも出かけたいんですよ

バイクに乗るようになってから圧倒的に鉄道に乗る機会が減った。
もともと我ら群馬県民は、県内の移動に電車はアテにしてない。
日本で一番の自動車保有率を誇る県なのだ、群馬ってのは。
それでも私はかたくなに鉄道利用をし続けてきた。
乗り鉄というのも大きいが、モータリゼーションを保有してなかったというのが最大の理由。
だからバイクを手に入れた今、県内を電車を利用して移動する必要性はほぼなくなったわけだけど、こと県外移動となると話は別。
速さはともかく、移動のラクチンさは電車の方が上なのは仕方がないところ。
でもそんな快適性を捨ててでも、県外にもバイクで走っていきたいという気持ちもムクムクと芽生え始めているのだ。
これは先日無事に高速デビューを果たしたってのも大きいのだろうな。
もっとバイクでも快適に長距離移動できる方法を模索中だ。
それでも、しばらく鉄道乗ってないと乗りたくなってくるのだよ。
北海道以来乗ってませんからね。
バイクにも鉄道にも乗りたい、そんなジレンマを抱えております。
電車にバイク乗っけて現地に着いてからバイクに乗るってのが出来れば一番いいのかな(笑)。

2019/09/12

水上ならし終了ライド

今日は病院休みの日。
終わった後は天気が良かったので水上方面へバイクを走らせることにした。
現在ならし第二段階終了まで残り150キロまで来ており、ここで一気に距離を稼いで週末までに終わらせちゃおうって寸法だ。
それにならし終了の1600キロはオイル交換のタイミングでもあり、早々に到達してしまいたいのもある。
台風後は季節外れの猛暑が続いていたけれど今日はまさに秋って感じの爽やかな気候。
風も涼しく、メッシュジャケットで走っていると肌寒いほど。
ここからがツーリングの絶好の季節到来だ。
メッシュじゃ寒いからそろそろ秋冬用のジャケットも用意しないとだね。


バイクを走らせているとやがて永井食堂へたどり着いた。
ここは群馬県では名の知れたモツ煮が名物の食堂であり、いつも混んでいる。
そして混んでいるがゆえにこれまで何度もスルーして来た。

Img_4218


今日は時間もあるので満を持して入店。
並んでいたけれど回転率がいいらしく、あっという間に中に通らされた。
ぎゅうぎゅう詰めの席に座ると待つ間も無く注文したもつ煮定食が出て来た。

Img_4219


この手際の良さはすごい。
もっとも、これくらいスムースじゃないと大勢の客を捌けないのだろう。
名物女将の対応は客に対して急かせる雰囲気があって初見は戸惑いそうだけど、常連さんも多いように決して不快ではない。
ようやくありつけたモツ煮は期待通り美味く、またこのボリュームで値段590円というのがすごい。
値段は10月の増税後も据え置きとのことだ。
そりゃ混み合うわけだね。
とにかく回転率命だからゆっくりとした食事はできないけど、味と価格の素晴らしさが細かいことはチャラにしてくれる。
是非また食べに来たい。
ちなみに、ここで出会ったライダーさんに我がNinja400を褒めてもらいました。テヘ。

さて、この付近は初めてバイクで来た時はクネクネ道をかっ飛ばす前後の車にまったくついていけず、へっぽこぶりを露呈した悔しい記憶があるのだけど、その後に経験を積んで来た成果もあり今日はかなりリラックスして走行することができた。
前傾姿勢とニーグリップとセルフステアでクネクネはもう怖くない!
そしてやって来た久々の上牧温泉風和の湯。

Img_4220


最近多忙で疲れ果てていたのでね、待望の温泉ですよ。
しかも今日はめっちゃ空いていて貸切でしたからね。
格別も格別でした。
ま、秋めいたとは言えまだいささか気温が高くて長湯ができないのが残念ではあるが・・・。
本格的な温泉シーズンが待ち遠しい。


入浴後は結局水上の先まで走って来ました。
実は木曜日だから四季島がくるかなと思ってきたのですが、調べたら今週に限って運転がなかったという・・・。
事前に調べてくるべきだった。まぁ永井食堂と風和の湯で十分なライディングではありましたがね。

Img_4222


最後に紅葉にはまだまだ早い諏訪峡で1枚撮って踵を返しました。
家に帰り着いた時点でオドメーターの距離は1581キロ。
明日の通勤と、仕事終わりに向かうつもりのレッドバロンへの走行で1600キロに達することでしょう。
ならしがようやく終わるのですね。

2019/09/11

もう1年くらい使おう

iPhone 11が発表されましたね。
ネーミングの法則が平常に戻ったのね。
私が使っているのが7(plus)だから結構世代進んじゃったなぁと思う。
かと言って今回ので買い替えるかと言えばその予定はない。
今のところ不具合が何もないからだ。
私がスマホだったり携帯電話を買い換えるタイミングは電池の消費が著しく激しくなってきたら。
電池交換するくらいなら新しいのを買おうじゃないかってね。
電池の消費がまだまだタフな現状では買い替えの必要性を感じない。
それにここまで来ると新しくなったからって劇的な進化はそうは望めないだろうからね。
ま、来年あたりは買い替えも考えてみようかな。

2019/09/10

ヘルメット孫悟空問題

最近バイクで遠出する機会が増えてきたが、悩まされているのが1時間以上走っているとヘルメットを被った頭が猛烈に痛くなること。
頭の側頭部上方、こめかみ辺り?が軋むように痛む。
まるで孫悟空の輪っか状態である。
通勤とかで数十分乗る程度ではまったく問題なくジャストフィットと思えたヘルメットだが、この様子ではきついのかも。
しかしそうなるとSHOEIフィッティングサービスとはなんだったのか。
頭の寸法を測っていろいろ調整してもらったはずだがなぁ。
これではロンツーが厳しいので買い替えも視野に入れざるを得なくなってきた。
でもヘルメットって高いからなぁ。
3年に一度の交換が義務付けられているけど、まだ半年も使ってないものね。
ま、苦しむことが分かって使い続けるのも酷なのでたぶん買い替えることになると思うんだけど、バイクは他にカスタムしたい場所があるので余計な出費はしたくないのが本音ではありますよ・・・。

2019/09/09

首都圏は大変だったことだろう

関東をかすめた台風騒動、凄かったみたいですね。
走っていた車が横転するほどの強風が吹き荒れたって言うけど、あれだけメディアや自治体がむやみに出歩くなって警鐘を鳴らしていたのに、わざわざ外を走ろうだなんてチャレンジャーにもほどがありますな。
私は朝はもうほぼ雨もやみかけだったけど、大事を取ってチャリ通にしました。
我々郊外に住んでいる人間にとってはモータリゼーションが通勤には必須なわけですが、首都圏ともなると話は別。
電車やバスが使えないとなると出勤そのものができないって人も多いことでしょう。
こんな時くらい気楽に仕事を休める世の中であって欲しいものですよ。
大丈夫、自分という人間がいなくたって世の中何事もなくあたりまえに回るのだから。
そんな事実をみんなが認識出来たらいんでしょうがね。

2019/09/08

台風よ、今回もまた寝ている間に行っておくれ

本日は台風が接近しているとは思えないような穏やかな日曜日でしたね。
そんなだけど、一昨日遠出したこともあって今日はバイクにも乗らずに家から一歩も出ることなく静養。
まぁ日中の天候を思えば小一時間走りに行っても良かった気がするけれど、こと天候ばっかりは予測できないからね。
予定通り台風は夜半から未明にかけて関東に接近、通過する見込みだという。
明け方が最も激しい暴風雨になるらしいので、バイクが倒れないか心配だ。
一番心配なのが明日の出勤時間帯までに大雨が残らなければいいがなってことだね。
いつも通り、朝起きたらすでに過ぎ去ってましたって状況になることを願います。
明日は台風一過で暑くなりそうだ。

2019/09/07

ついに高速道路デビューしました

昨日のワシクリへの撮影にはバイクで出向いた。
行きは下道をひたすら走って2時間ちょっとで向かったけれど、帰りは遅くなっちゃうのと渋滞が始まりそうだったので、このタイミングで満を持して高速道路デビューをする運びとなった。
とは言ってもいざ高速デビューするとなったら緊張感が襲ってきてドキドキものだった。
でも行きに通った深谷バイパスあたりでは周りの皆さん明らかに90キロくらい出してんじゃない?って具合の流れに乗って走っていたので、あまり深刻に考え過ぎずに自分とバイクを信じて走ろうと意を決して突入した。
問題の合流を無事クリアできたらすぐに流れに乗れたのでひとまずホッとした。
下道では最近封印していた6速で快調に、だけどもあまりスピードは上げ過ぎないことを意識して走った。
前にスピードの出せないトラック先生がいたりすると本当に安心しますね。
そんな大先生に続いてだいたい80~93キロくらいでの巡航が出来ましたね。
慣れてきたころ、一応記念で3ケタ、いわゆる100キロ超えは味わっておきました。
この日のマックスは106キロだったかな。
100キロくらいまでは加速もスムーズで振動もあまり感じなかったけど、105キロを超えてくるとシートまでジーンと痺れだした。
快適さを求めるのならマックス100キロくらいで考えておいた方がよさそうかな。
もっとも、常時そんな速度を出そうなんて微塵も思いませんが。
とにかく80キロ台で走っている分にはなんら不安を抱えることなく走れることが分かったことが一番の収穫ですね。
っていうか信号待ちのストップアンドゴーがない分、明らかに走っていて楽ですもん。多少は怖いけどさ。
高速が走れれば移動距離はグッと広がりますからね。
今回は加須インターから前橋インターまでの100キロ弱を1時間半ほどで走ったわけだけど、今後慣れて行けばさらに数百キロは走れるようになれるだろう。
今後1年で経験を積めば来夏の北海道自走ツーリングへの希望も見えてくるね。

2019/09/06

まもなくギラリシーズン!星釜133号機牽引カシオペア紀行撮影@ワシクリ黒小屋踏切

今日はバリバリの青空広がる平日休みだったので最初はジャカルタ配給でも撮りに行こうと思っていたのですが、ふと金曜発のカシオペア紀行があることに気が付いて、こちらを撮ることにしました。
なんせカシオペア紀行を最後に撮ったのは5月。
これだけ撮影間隔が開くのは紀行が始まって以来初めての事ですね。
時期的に日没が早まってくるシーズン、今のうちに撮っておかなければ関東圏で撮るのが難しくなってしまいます。


やってきたのはワシクリ。今年は初めてですか。
まず今まで一度も撮ったことのない佐間陸橋へ向かってみましたが、手前の田んぼが稲刈りが終わってしまっていて少し寂しい具合だったので、結局いつもの定番黒小屋踏切で撮ることにしました。
今日の天気なら曇る不安は少ないし、もしかしたらギラリも期待できるかもしれません。


到着したころは宇都宮線は人身事故の影響で止まっていたらしく、一切動きのない時間が続きました。
この間にじっくりと立ち位置を検討。
黒小屋ではだいたい線路寄りで撮ることが多かったので今日はサイド気味かな・・・と考えていると、カシオペアの今日の牽引機が星釜のゲサンサンという事が判明したので、流星が目立つサイドで撮ることに本決定。
それにしてもいいお天気。ここのところのドン曇り続きでフラストレーションが溜まっていたので暑くても喜ばしい限りです。

 

8685レ EF65-2057+タキ@ワシクリ黒小屋踏切
8685レ EF65-2057+タキ@ワシクリ黒小屋踏切 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 東北本線/東鷲宮-栗橋


夕方を迎え、日差しがゆっくりと傾いてきました。
過ぎ去る列車はほとんどがE231かE233ばかりでつまらないわけですが、この時間帯はこれら凡庸電車も主役になれます。
ちょいギラリながら確かな煌めきを示してくれるステンレスボディ。
カシオペアを迎えるにあたり、最高の条件が整ったことは間違いありません。


E231系ちょいギラリ@ワシクリ黒小屋踏切
E231系ちょいギラリ@ワシクリ黒小屋踏切 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 東北本線/東鷲宮-栗橋

 

そして久々ご対面、カシオペア紀行の登場です。
平日ながら10数名の撮影者が集まる中、軽やかな警笛とともにやってきました。

 

EF81-133牽引カシオペア紀行@ワシクリ


最高の夕陽が当たって機関車の塗装が浮かび上がるようです。
流星も輝いております。
いやぁ、今日やってきて本当に良かった。
これだけの条件で撮影できたのはいつ以来だろうか。
さすがに時期がわずかに早い分最高のギラリとは行きませんが、十分すぎる美しさです。
この先の運転日に晴れてくれる保証もありませんしね。

EF81-133牽引カシオペア紀行@ワシクリ黒小屋踏切
EF81-133牽引カシオペア紀行@ワシクリ黒小屋踏切 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 東北本線/東鷲宮-栗橋


そしてゲサンサンこと133号機、個人的にこれを撮るのは2016年7月のカシオペアクルーズ以来だというのだから本当に久しぶりですね。会いたかったぜ・・・。
つくづく今日カシオペアの方を撮ることに決めて良かったなと思いました。
黒歴史の多いワシクリですが、久々の美酒に酔いしれた秋の夕暮れでした。

2019/09/05

大型へのいざない

帰宅したら先般普通自動二輪を取得した教習所からメール便が届いていた。
中身はセーフティーブック的なもの。
卒業から3か月経過し、そろそろ気のゆるみも出てき始めそうな時期に送って来るらしい。
そうか、あれからもう3か月も経ったのか・・・。
納車されて実際乗り始めてから3か月弱・・・。
思えばずいぶん慣れたものだ。
教習所に通っていた頃は、卒検時さえこうして公道を普通に走っている姿など想像もつかなかったものなぁ。
それが今じゃバイパスをビュンビュン飛ばす車に普通に流れを合わせて走っちゃってるものなぁ。
確かにそろそろ運転技術が身に付き始め調子に乗り始める頃なのかもしれん。
もう一度初心に戻らなくてはという考えにしてくれただけでも、この冊子は役に立ったことだろう。
それより、教習所と聞くと来年の同じ時期に今度は大型免許取りに行こうかななんて漠然と考え始めちゃってる自分がいる。
すぐというわけではもちろんないけど、将来的にNinja400から乗り換えるとしたら大型かな?なんてね。
いけませんねぇ、ますますバイク沼に嵌っていきそうだ・・・。
まぁまだまだ慣らし運転も終えていない超初心者なので、遠い未来の話になりますけどね。

2019/09/04

雨で命を失う危険性って

最近ずっとパッとしない天気が続いていて気分まで滅入ってしまう。
最後に青空を見たのはいつだろうか。
もう秋の始まりでいわし雲が浮かぶ空は高く見えるはずなのに、終日真っ白だものね。
それだけなく、常に雨の心配をしながら出勤しなければならないのがめんどい。
でも常軌を逸したような激しい雨が降ってないのは幸い。
昨日は神奈川がやばかったみたいだし、九州の豪雨も記憶に新しい。
雨で生死の危険性ってのだから、最近は雨ってだけでも軽視はできないようになっちゃった。
いつから日本はこんな極端な天候になっちまったんだろうな。
あー、爽やかな秋空の下をバイクを走らせたいぜ。

2019/09/03

こっ、こんな数値はデタラメだぁっ!

一月ほど前受けた会社の健康診断の結果が返ってきた。
見てみると・・・異常値多すぎやんけ?
脂質異常?血糖値?悪玉コレステロール?あたりが基準を大きく超えているって。
まるで中年オジンの検査結果やん。
・・・って中年オジンだけど。
しかし、これはおそらくあまり信用できない数値だと思う。
なんせ、検査前は食事をしないでくださいと言われながら、欲望に負けて食ってから検査に出かけた私。
血糖値なんて食後直後では高くて当たり前なのだ。
つまりこんな数値はデタラメだ、うん、きっとそうだ。
・・・一応心配だから次回持病の定期外来時は食事抜きで血液検査に臨もうと思う。

2019/09/02

快適なのはあと2か月くらい?

9月最初の出勤でした、と。
いやぁ、すっかり夏の勢いは失せましたね。
まだ暑いは暑いんだけど、吹く風が優しい。
今年はさほど残暑ってワードは出てこないかもしれないな。
ま、それもこれもにっくき秋雨前線が停滞しやがってるせいですが。
しかも今後相次いで台風も発生しそうだしね。
9月は雨が多いのかもなぁ。
そしてすでに暗くなるのが早くなり始めている今日この頃。
そろそろ残業したら帰り道は真っ暗なんてことになりかねないね。
いやさ、実はまだバイク買ってからまともに夜走ってないんだわ。
年のせいで夜目が効かなくなっているので、夜間走行はどんな感じなのかちと不安。
国道は良いけど、田舎道は無灯火の自転車とか気づけるだろうか。
事故を起こさないように気を引き締めて乗らないとね。
バイクを快適に乗れる気候もあと2か月くらいだろうからねぇ。
この間にいろいろ出かけたいな。

2019/09/01

引退の噂もあるPトップ牽引のELぐんまよこかわを近所で撮影

今日のELぐんまよこかわはPトップことEF65-501が入るという事で、晴れれば安中鉄橋あたりに撮りに行こうと考えていたけど残念ながら曇り。せっかくマシな光線で撮れる安中鉄橋で曇りじゃつまらなすぎるので自重。
撮影そのものも今週はやめておこうという気持ちでいましたが、個人的にPトップはしばらく撮ってなかったし、12系とのベストマッチな組み合わせをミスミス見送るのは惜しいという事で遠出はせずとも気楽に撮れるド近所の線路端で迎えることにしました。
しかし家を出たのが高崎発車まで10分を切った時点だったので、いくら近所とはいえたどり着いた時にはすでに目の前まで来てました。慌ててカメラを取り出しシャッターを切りました。

 

Pトップ牽引 ELぐんまよこかわ@北高崎~群馬八幡
Pトップ牽引 ELぐんまよこかわ@北高崎~群馬八幡 posted by (C)Tylor
EOS 7D Mark II EF70-300mm F4-5.6 IS II USM 信越本線/北高崎-群馬八幡


ゆっくり来てくれたのでどうにか捉えることはできました。
串パンだとか、ややピンが甘いだとか、この際細かい点は目をつぶりましょう。
どうせパッとしない天気だったのだし、記録できた事が重要なのです。
なんせ出どころ不明ながら、ロクマルに続いてPトップも運用を離脱するんじゃないかという噂も聞きます。
ロクマルは到底満足できるような記録が出来てないまま逝ってしまったので、この名機では同じ思いはしたくないですからね。
これが最後の撮影だった・・・なんてことがないように願うばかりです。

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »