« ようやく折り返し | トップページ | 今年はカシオペア紀行あまり撮りに行けなかったね »

2019/12/17

いだてんがわかりにくいだって?

そういえば大河ドラマ「いだてん」、最終回まで無事完走しましたよ。
なんやかんやここ数年は大河ドラマまで毎年見るようになっちゃったね。
世間では大河史上最低視聴率だなんて言われているけど、その要因としては人気のない近現代史を扱ったもので主人公を知らない人がほとんどってことと、目まぐるしく時間軸が入れ替わってわかりにくくて視聴者が離れてしまったという説、落語に明るくなければ内容が理解できない説などいろいろあった。
だけど全話見ていて個人的にはわかりにくいと感じたことは一切なかったな。
私自身、落語はわからないんだけどそれでも十分楽しめましたよ。
さすがはクドカンと言った感じで、最終回に向けて次々伏線が回収されていくのは見ていて爽快でした。
このドラマのキーワードの一つに「志ん生の富久は絶品」ってのがあったけど、さしずめ「クドカンの脚本は絶品」ですな!

さて、次年度の大河は明智光秀が主人公か。
誰かさんのせいで開始が遅れるのが残念ですが。
みんな大好き戦国乱世だから視聴率はわかりやすくあがるのかな?

« ようやく折り返し | トップページ | 今年はカシオペア紀行あまり撮りに行けなかったね »

その他日常」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ようやく折り返し | トップページ | 今年はカシオペア紀行あまり撮りに行けなかったね »