« 九州ご褒美の旅2020・1日目~小浜温泉(長崎県) | トップページ | 九州ご褒美の旅2020・2日目その2~丸尾温泉(鹿児島県) »

2020/01/08

九州ご褒美の旅2020・2日目その1~桜島初上陸!桜島温泉(鹿児島県)

小浜温泉でゆったり過ごせた私は翌日朝より行動開始。新鳥栖経由で九州新幹線へ乗り込んだ。
ここから向かうのは鹿児島県。
最近の九州旅行では熊本、大分辺りが中心で鹿児島からは離れていたので久々に行きたいと思った。
鹿児島中央駅で降り立ち市電に乗り換える。
九州には各地にチンチン電車が走っており、車両もレトロなものがまだ現役で走っている。
降り立ったのは水族館口という停留所。
ここで降り立つとものの徒歩5分で桜島行きフェリー乗り場へとたどり着けるのだ。


Img_4516


そう、今日最初に向かうのは桜島だ。
九州には何度も来ているけど、象徴的存在の桜島は電車の車窓から眺めたくらいで行ったことはなかった。
行ったところで何をするのかと考えると二の足を踏んでいたのだ。
しかし調べてみると桜島にも温泉があることが分かった。
考えてみれば当然だ。噴火を繰り返す島なんだから、大地の恵みの恩恵を受けた温泉がないはずがない。
温泉があるのならどこへでも行くのが自称・温泉ジャーナリストだ。


鹿児島港から桜島へはフェリーに乗船しほんの15分弱でたどり着くという。
イメージ的には以前行った広島の宮古島と似たようなものだろう。
意外に近いのはこの先の行程を考えるとありがたい。

Img_4528


便もピーク時間帯には15分ごとにあるのでどのタイミングで行っても待たされることはないだろう。
たかだかフェリーと言っても、船に乗る時はワクワクするのが人情。
なんたって今の時代、輸送力で言えば一番縁遠いのが船だからね。
ブォーっという汽笛を心地よく響かせ桜島へ向かうフェリー。
残念なのは鉛色の空と、桜島を覆う分厚い雲・・・。


Img_4524


まぁ雨が降ってないだけでもありがたい。
雨だったらたぶん行かなかったと思うしね。
ただ昨日からの低気圧の影響で風が強いのにはまいったが・・・。


桜島に初上陸した私が向かったのは港から徒歩数分という玄関口付近にある「桜島マグマ温泉」という施設。
直球そのものな名前の温泉だ。


Img_4533


ここは宿泊施設でもあり、レストランも営業している。
何はともあれまずは食事。
桜島大根ステーキと黒豚ハンバーグランチというご当地食材を使った料理を頂いた。
大変おいしゅうございました!


Img_4534


さて食うものを食ったら温泉だ。
桜島の熱量を感じながらじっくりと温まった。
・・・っていうか、温まる以前に九州に来てからずっと暑いんだけど。
そう、今年の九州は総じて気温が高め。
滞在中一番高くて19℃くらいあった日もあるらしく、終始汗を掻いていたような。
それもそのはずで、過去の経験から寒いのを想定してかなりの冬装備でやってきていた私。
オーバースペックの衣服を身にまとい、重い荷物を背負ってあちこち歩いて、しかも温泉に入りまくってれば暑くて当然だ。
桜島訪問のあたりから衣服のチョイスを誤ったことを猛烈に後悔する私であった・・・。


お湯からあがるとすぐに桜島を後にする。
この後は今夜の温泉宿に向かうわけだが、特急を使わず普通列車でゆっくり行きたかったのだ。
多少忙しない滞在にはなったけど少しは桜島の息吹に触れられたと思う。
いつかバイクで来て1周巡ってみたいものだね。
桜島は車はもちろん、バイクや自転車でも気軽に来れる場所なのだから。

« 九州ご褒美の旅2020・1日目~小浜温泉(長崎県) | トップページ | 九州ご褒美の旅2020・2日目その2~丸尾温泉(鹿児島県) »

旅行・地域」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 九州ご褒美の旅2020・1日目~小浜温泉(長崎県) | トップページ | 九州ご褒美の旅2020・2日目その2~丸尾温泉(鹿児島県) »