2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 新年度スタート!やっぱり殺人的忙しさ | トップページ | やっぱりガイシャはハンパねー »

2020/04/02

桜鉄2020~八高線、満開のこだま千本桜に囲まれて

昨日のそぼ降る雨とは打って変わって晴天となった本日。
風は強かったもののこの天気を逃しては見ごろの桜が散り始めてしまう。
そこで平日休みという事もあり今日は2020年の桜鉄をしようと考えた。
去年は上越線、その前は両毛線と、地元の路線で桜の風景を探して撮ってきたが、では今年はどこにするか思案。
せっかくだからマイナーなところで撮ってみるかと八高線を調べてみると田舎を通るだけあって桜の名所が多いことがわかった。
その中でも児玉駅付近、小山川の土手沿いに広がる「こだま千本桜」はスケールが圧倒的らしかったので行ってみることにした。


そこに到達してみればなるほど壮大なスケールで桜の木々がズラッと立ち並んでおり圧倒された。
せっかくなのでまずは愛車と桜の写真を1枚。

Img_4893


これは来てよかったなと思った。
だけど、到着してバッグから機材を取り出しているうちに立て続けに上り下りと列車が2本行ってしまった。
八高線だから本数が少なそうだし、今のを逃しちゃったらマズいかなと調べてみると案の定。
10時台の2本の後は上りも下りも12時半近くまで間があいてしまう。
よくよく見れば10時台でも順光とは言えない太陽の角度は、午後にはさらに逆光側に行ってしまいそう。
到着のタイミングがわずかに遅くなったことが悔やまれた。
それでもせっかく来たのに諦めるのはもったいないから桜を眺めて日向ぼっこしながら昼ご飯を食べつつ12時台の列車を待った。

 

こだま千本桜とキハ110系その1
こだま千本桜とキハ110系その1 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD
八高線/児玉-松久


まず上りから。
桜に囲まれた土手にかかる小さな鉄橋を行く列車。
うららかな春の田舎の風景そのものだ。
やっぱり朝早いうちの方が光線がよさそうなのは間違いない。
それでも日差しがあるとないとでは全然見栄えが違うので、逆光気味でも晴れてくれていてよかった。

 

こだま千本桜とキハ110系その2
こだま千本桜とキハ110系その2 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD
八高線/児玉-松久


間髪入れずにやってくる下りは構図を変えて。
今度は桜の木の下に移動し、ローアングルから枝と鉄橋の間に列車を収めてみた。
これもなかなかいい感じ。とにかくどこもかしこも桜、桜なのでいろんな構図が試せるね。
単線なので上り下り関係なしに撮れるのもいい。
付近に粘って何本でも撮りたい。それくらい美しい眺めが眼前に広がっている。
ただしこんな景色だから当然散歩している人も多いし、車も結構通りかかる。
せっかく作った構図内に入ってしまうかもしれないけど、それはタイミングの問題としてその時は諦めよう。
ここは天下の往来、誰が桜を愛でに通っても当然なのだから。


さすがに次の列車まではさらに光線も悪くなりそうなので今回はこれで撤収したけど、来年はもっと早い時間に別のアングルで撮りたいなと思った。

« 新年度スタート!やっぱり殺人的忙しさ | トップページ | やっぱりガイシャはハンパねー »

その他の路線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新年度スタート!やっぱり殺人的忙しさ | トップページ | やっぱりガイシャはハンパねー »