« ステイホームでデスク整理 | トップページ | 休みボケのリハビリにはちょうどいい »

2020/05/05

自粛ウィーク県内チョイ乗り~土合駅探訪編

本日こどもの日が私にとってはゴールデンウィーク最後になります。
朝から晴れていたので最後にもう1回県内チョイ乗り。
ただ、今日はただバイクに乗るだけではなく、ここのところしばらく補給していなかった鉄分を求めて走りました。
水上方面へバイクを走らせること1時間と少し。
たどり着いたのは土合駅です。


Img_4917


水上方面へはよく走りに来たけど、水上駅から先へは来たことがなかった。
上越線は水上までと、そこから先とでは運行形態が違う。
このあたりは過疎路線であり、秘境駅っぽいところも多い。
その中でもここ土合駅は非常に多くの鉄分を含んだ名物駅なのだ。
ちなみに電車では通過および停車したことはあるのだけど、入るのは初めてなので楽しみだ。


Img_4921


愛称は「日本一のモグラ駅」。
モグラ駅というのは、つまりそれだけ地下深くへと潜っていくという意味。
そう、この駅はホームが地上にはなく地下にあるのだ。
東京などの地下鉄とは違い、大自然のど真ん中の地下へと深く深く潜っていく、まさにモグラ駅なのである。


Img_4922


駅舎にはかつての遺構として切符売り場が残っているけれど、当然無人駅。
付近には谷川岳ロープウェイもあるし、ハイキングシーズンにはある程度の集客があったのだろう。
一家に一台から一人に一台クルマ所有時代になって、過疎路線のこの駅の役目は終えて今では訪問者は鉄道ファンの方が多いのかもね。


Img_4925


ホームへは二手に分かれている。
私は長岡方面へ向かってみた。

Img_4928


Img_4929


ドーム型の屋根がついている通路を進むと、やがて階段にたどり着く。
その階段を降りようとしておもわずため息が漏れた。


Img_4932


うおお!これは想像以上だった!
眼下に果てしなく続く階段。
これはちょっとした神社とかよりもよっぽど長いぞ。
話に聞いていたものと、実際この目で見たものとではまるでレベルが違った。
それだけ長いだけに、要所要所にはこのようにベンチが設置されている。


Img_4931


年配者はもちろん、若い人だって下りはともかく上りでは汗だくで息もあがってしまうのは間違いない。

それにしても多くの人が訪れていたな。
一応マスクもしてきてるし、長いので一人一人の距離も離れているんだけど、それでも密閉空間にあんまり大勢でいるのも今は気持ち悪いので、4分の1程度下ったところで戻ることにした。
いや、本音を言えば一番下まで行って戻ってこれる自信がなかったというのが正直なところか(;^_^A


階段には総段数が表示されている。
一番下からあがってくると462段だって。
さすがに日本一を名乗るだけありますわ・・・。


Img_4933



ちなみに駅舎へと続く通路にもいくつか階段があって、それらを含めると全部で486段になるようだ。
ちょっとした運動ですね、もはや。

Img_4934


ホームまで行くわけでも、電車に乗るわけでもなかったけど、ざっと雰囲気を味わっただけでも十分鉄分補給ができたのでした。
コロナが流行して以来いっさい電車には乗ってないので、また秘境路線や秘境駅をのんびり鈍行で旅したいなと強く思いました。
鉄道会社もとくに赤字路線では今本当に大変でしょうけど、どうか負けないで頑張って欲しいですね。
終息したら我々鉄道ファンが必ず戻ってきますから!


Img_4938


新緑眩しい諏訪峡大橋をバックに

« ステイホームでデスク整理 | トップページ | 休みボケのリハビリにはちょうどいい »

上越線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ステイホームでデスク整理 | トップページ | 休みボケのリハビリにはちょうどいい »