2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 40歳の自分へちょっとだけご褒美ライド榛名編 | トップページ | ステイホームでデスク整理 »

2020/05/03

自粛ウィーク県内チョイ乗り~碓氷峠編

ゴールデンウィークはステイホーム週間。
そのことに異論はないけれど引きこもりっぱなしで運動不足になる方が不健康。
そんな打開策に散歩は推奨されているので、それなら超安全運転で一人で走る分にはバイクも同様だと考える。
だけど県外に繰り出すような愚かなマネはせず、午前中に2時間程度で行って帰ってこれる県内スポットを走ってみようと思う。
昨日は榛名山を回って来たので、今日は碓氷峠を走ってみることにした。
まんま頭文字Dの聖地巡礼ですね。

榛名は去年も走った経験はあったけど、実は碓氷峠は今回が初めてとなります。
横川から軽井沢を繋ぐ碓氷峠。
鉄道で横軽と言えば廃止されるまではあまりにも有名な難関区間でした。
そんな険しい峠道だけにバイクに乗り出して日の浅いうちは挑戦するのは憚られました。
でも今回はとにかく安全だけを第一に考えて、気持ちいい5月の風を浴びてストレス解消することが目的なのでそう怖がる必要はなしと判断しました。
さすがに走り屋の聖地だけあって、非常に多くのライダーが詰めかけておりました。
爆音響かせて膝すり寸前で攻めていく彼らとは対照的に、私は40キロ程度でマイペース走行。
ハイカーやロードバイクでえっちらおっちら走っている人も多いので、ブラインドに高速で突入していくのは無鉄砲ですしね。
それでもこのくらいのスピードでもこのクネクネのワインディングロードはスリルがあり走りがいがありました。

やがて碓氷峠の象徴的なスポットに到達しました。
めがね橋です。

1_20200503131501


これはかつての信越本線の遺構。重要な鉄道遺産の一つです。
こんな峠道に鉄道を通しただけでもすごいのに、実際走らせることがどれだけ大変だったか偲ばれます。
有名スポットだけに走り屋さん達もここでバイクを止めて休憩がてら見学してました。
とにかく大勢いたので密にならないようにサクッと記念撮影して早々に離れることにします。


2_20200503131501


ここから先もしばらくワインディングは続き、難易度の高いアールも多く見受けられました。
後続からかっ飛ばし屋が来てなかったのは幸いでしたね。
めがね橋に留まっていた連中をしり目にさっさと出発しておいて正解でした。
退避場所も少ないので、彼らに合わせて走っていたら自分の技量以上で走らされる羽目になったでしょうし。

その後5~6キロほどワインディングを登ったところで再び廃線跡らしきものに遭遇。


3_20200503131501


いずれ朽ちて自然の一部と化していくであろうこれらの遺構。
遠い昔ここを鉄道を走っていたシーンを想像します。

と、ここであることに気づきました。
なんと給油警告ランプが点滅しているじゃないですか。
点滅が始まってもしばらくは走るでしょうが、このまま進んでもしもこんな山奥でガス欠になろうものならシャレにならない。
それにこのまま走れば長野県との県境がすぐに来ます。
県をまたぐ走りはしない縛りがあるので、ちょうどいいタイミングとしてここで引き返すことにしました。

そのまま家に帰ってだいたい2時間。
午前中のチョイ乗りとしてはちょうどいい具合のライドだったんじゃないでしょうか。
明日は天気が悪そうなので完全なるステイホームの予定です。
GW個人的最終日の明後日どうするかはその日の気分次第ですかね。


4_20200503131501


帰ってきてちょうど7000キロに到達した。

« 40歳の自分へちょっとだけご褒美ライド榛名編 | トップページ | ステイホームでデスク整理 »

バイク関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 40歳の自分へちょっとだけご褒美ライド榛名編 | トップページ | ステイホームでデスク整理 »