2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« 初めての北海道ツーリングepilogue→7日目~さらば北海道、夕陽よ、愛車よ、ありがとう! | トップページ | 仕事復帰・・・少し夏の暑さが和らいだか? »

2020/08/24

北海道ツーリングを終えて

北海道から帰ってきて一晩経った。
夏休みは今日まで。しかし今日は休養日にあてるべく、最初から強行日程にはしてなかった。
賢い選択だったと思う。今日はさすがになにもする気になりませんでした。
エアコン効かせた部屋で1日グータラしてました。
昨日帰ってきてから即バイクを洗車しておいてよかったよ。
さて念願だった北海道ツーリングをざっと振り返ってみますか。

総走行距離は7日間でおよそ2900キロ、内北海道内は5日で2400キロくらい。
つまり平均して1日500キロほど走っていた計算になる。
初日は旭川までの移動で180キロほどにしか過ぎなかったので、おそらく道東に行った日と、道北に行った日は600キロをはるかに超える走行をしていたのだろう。いくらなんでも疲れるわけだ。
給油回数は7日間で12回。総給油量は99.34ℓだった。


高速道路は計4回利用。
料金は総額13,730円だった。
道内では使う予定はなかったけど、遅くなりそうだったので利用。
北海道では高速無料区間も長いのでずいぶん安上がりだったと思う。


北海道ツーリングに持って行ってよかったもの、逆にいらなかったものとは。

良かったもの・・・スロットルアシスト(長距離走行は手首痛との闘い)、防寒装備(朝方は本気で冷える)
いらなかったもの・・・サイドスタンドの下に敷く板切れ(夏のアスファルトはめり込みやすいというが、何のことはない、暑い日などなかったのでアスファルトは崩れる要素もなかった。)


愛車Ninja400での本当のロングツーリングを終えての感想。

まず400ccという排気量が北海道ツーリングに耐えうるものなのかどうかと問われれば、必要十分でしたと答えます。
何のストレスもなく、どんなシーンでも流れに乗れました。
行き返りの高速で100数十キロペースで走らされた時だけややしんどかったが・・・。
走りそのもので不足を感じるシーンはなかったのだけど、一つだけ難儀したことがあります。
それはシート。これは長距離走っているととにかく疲れたし尻が痛くなった。
その対策でゲルザブを導入して臨んだわけだけど、1日10時間以上乗ってれば効果も感じなくなります。
もっとも、ゲルザブ云々よりも、Ninja400の場合シートがタンク側に下がり気味の形状なのでどうしてもずり下がってきてしまい、チ〇チ〇周りが窮屈で痛い事この上なかった。何度座りなおしてもすぐにタンクまで下がってしまうのはだいぶストレスでした。
チョイ乗りや、日帰り300キロ程度のツーリングならまだしも、超ロンツーするならハイシートにカスタム必須かな、と。
これはさっそく取り入れようと思う。


いろいろ苦痛もありましたが、北海道の道はそんな苦痛も吹き飛ばしてしまうほどの絶景と感動をもたらしてくれました。
帰ってきて一晩寝て、改めてまた行きたいなと思った次第です。

« 初めての北海道ツーリングepilogue→7日目~さらば北海道、夕陽よ、愛車よ、ありがとう! | トップページ | 仕事復帰・・・少し夏の暑さが和らいだか? »

バイク関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めての北海道ツーリングepilogue→7日目~さらば北海道、夕陽よ、愛車よ、ありがとう! | トップページ | 仕事復帰・・・少し夏の暑さが和らいだか? »