2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« 初めての北海道ツーリング2日目~試される大地へ上陸!これがジェットコースターの道だ! | トップページ | 初めての北海道ツーリング4日目~パンダ襲来!?後悔の三国峠 »

2020/08/19

初めての北海道ツーリング3日目~厚岸~知床~天に続く道!誤算もあったけど最良の1日に!

朝5時にきっかりと目覚めた私はすぐさままだ目覚めぬ旭川の街を出発した。
なんせ今日はこれから道東まで向かって、あまたあるツーリングスポットを走りまくる予定。
走行距離は500キロ以上が見込まれるので、早朝から出発しなければ回り切れない。


まずは旭川から美幌へ。
途中通った道のりは、かつて何度も訪れた石北本線の沿線。
不思議なもので、たった1度しか歩いてないような道でも、そこに至ればその景色でああここだとわかるもの。
あの頃列車と徒歩でしか味わえなかったけど、今は頼もしき相棒がいる!
美幌に至り、有名な美幌峠を抜けて海側を目指した。
美幌峠は景色が奇麗だけど、残念ながら今日は一面の霧に覆われており視界は不良であった。
それでも暑い本州から逃げ出してきた身からすれば、ここの涼しさは最高であった。
峠を下り切ると一気に晴天が広がり、この後それは終始続くことになる。
最良の1日はまだ始まったばかり!


美幌を抜けて目指したのは厚岸という港町。
時刻はお昼前。まず今日は厚岸で有名な駅弁かきめしを食そうと考えた。
厚岸駅前にある氏家待合所というところで売っているんだけど・・・着いてみればなんと本日は終了の札が下がってるじゃないか。
そりゃないよ、ここまで遠路はるばる来たのに・・・。
ただ単に定休だったのか、売り切れてしまったのか、はたまたコロナの影響でやってないのかわからないけど、事前に連絡すればよかったなと悔やんだけど遅かった。
すごすごと来た道を引き返す。
あまりに意気消沈して、この町で給油をしておくのを忘れてそのあと冷や汗をかくことになるわけだが・・・。
そう、北海道の都市間はとてつもなく長く、下手すれば100キロ近くスタンドに出会えないなんてこともあり得るので、迷ったら給油しておけというのがセオリーなんだけど、その教えを忘れるほどショックだったんですね。
まぁ危うく別海という町でホクレンを発見したので事なきを得たけど、すでに給油警告ランプは点滅しておりました。
燃料切れでレッカーとか恥ずかしすぎるんでよかったよ。ありがとうホクレン。サービスで牛乳までくれてホントありがとう。


Img_5116


この牛乳はさっき遭遇した牛さん達の恵みかな?
そう、道東のここらあたりは結構牧場が多くて、終始牛さん達の糞尿の香しい香りで充満しております(^-^;


Img_5114

 

ドタバタはまだ続き、この後訪れる予定だった有名スポット「開陽台」を華麗にスルーしてしまう私であった。
地球が丸く見えるという展望台、今日のド快晴ならまさに視界良好で遠景を見渡せただろうに、もったいなかったな。
引き返す選択肢もあったけど、この天気のまま本日最大の目的地に行きたかったので道を急ぐことにした。
その行先は知床。言わずと知れた世界遺産である。


今まで網走には何度も来ていたけど、そこから知床へ向かうことはなかった。
移動手段が列車と徒歩に限られていたこともあるけど、知床は私の中では秘境のイメージ。
敷居が高く、なかなか予定に組み込めずにいたんだけど、今回のツーリングでは羅臼からウトロへ抜ける知床峠だけは走ってみようと行程に組み込んでみた。
イメージ的には大自然なので、天気のいい日に向かいたかったけど今日なら不足はない。
そして期待通り、いやそれ以上の絶景で世界遺産知床は私を向かい入れてくれた。


Img_5117


見てくれこの快晴!
今日来てよかった。本日という日の勝ちを確信した瞬間でした。


Img_5121


彼方にうっすら見えるは北方領土。
雲一つない晴天がその姿を拝ませてくれる。

Img_5123


こんなところまで自分のバイクで来れた。
その達成感に酔いしれた。
今まで下手に訪れてなくてよかったのかもしれない。
ファースト知床が、愛車を駆ってのもので本当に良かった・・・。


感無量のまま知床をあとにしたけど、今日という1日はまだ終わらない。
最後に、この付近に来たからには寄らずにはいられないツーリングの聖地へと向かう。
斜里にある、通称「天に続く道」だ。


Img_5127


ここまで滞在2日目にして数多くのひたすら続く直線道路を走って来たけど、ここのスケールはまさにケタ違い。
地平の彼方が本当に天へと続いているんだもの。
夕方に差し掛かる時間帯なのでド逆行だから、余計にユラユラ蜃気楼のように天空へと道が続いているように見える。
こりゃ誰もが走りに来るのもわかる。圧倒的だもの。
いやぁ、北海道はすごい!


厚岸でかきめしが食べられなかったり、ガス欠の危機に陥ったり、開陽台をスルーしてしまったりといろいろと誤算も多かったけど、トータルで大満足となった1日でした。
走っていて、おそらく今日が滞在中で一番いい日なんだろうなと思わずにいられませんでした。
まぁ今日出来なかったことはいつか来るかもしれないこの次の機会への宿題としておこう。
やり残したことがあるってのも幸せなのだから。
そんなことを思いながら今日の宿泊地の北見へと向かうのであった。

« 初めての北海道ツーリング2日目~試される大地へ上陸!これがジェットコースターの道だ! | トップページ | 初めての北海道ツーリング4日目~パンダ襲来!?後悔の三国峠 »

旅行・地域」カテゴリの記事

バイク関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めての北海道ツーリング2日目~試される大地へ上陸!これがジェットコースターの道だ! | トップページ | 初めての北海道ツーリング4日目~パンダ襲来!?後悔の三国峠 »