2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

« "6代目" iPhone12 Pro入手 | トップページ | 今年も秋のロンツー計画 »

2020/10/26

電熱ウェアが最高過ぎた

昨日は午前中に約1年ぶりに金精峠に走りに行った。
紅葉シーズンを迎えた日曜という事でやたら渋滞しており、吹割の滝周辺では遅々として進まずにイライラ。
そんなだからマナーの悪いライダーは業を煮やしてイエローカットなんのそので無謀な追い抜きで次々と走り抜けていった。
人は人なのでいいんだけど、これだからバイク乗りは・・・と、ああいうのと十把一絡げにされてしまうのは不愉快極まりないな。

そんなこんなでいざ金精峠!とやって来たはいいけど、それまでの快晴が嘘のように鉛色の空模様になってしまった。
山の天気は難しいと痛感した。
これではせっかくの紅葉も美しくない。
おまけにやたら寒くて心が折れたので途中で引き返す羽目になった。
これなら電熱グローブも持ってくるんだった。
ただ今回は紅葉狩りというよりは、今年新しく買ったウインタージャケットと電熱パーカー、オーバーパンツの初着用、性能確認ライドだったのである程度の防寒性能は確認できたので良しとする。

RSタイチのマトリックスオーバーパンツは滑りやすくニーグリップが辛いけど、防寒性能はバッチリ。
真冬でも行けそう。
SIMPSONの2020年秋冬ジャケットは非常に暖かい。
付属のネックウォーマー周辺が若干苦しく感じるのでそれだけ外して別途薄目のネックウォーマーを使うとさらにいいかも。
それよりも一番感心したのはRSタイチの電熱パーカー。
2種類買ったe-Heatシリーズ、今回はパーカーの方を使ったけど、あまりの暖かさに感動したね。
背中と肩の部分が温まるのだけど、風に向かって走っているので首から胸にかけてのヒンヤリ感と背中のヌクヌク具合のアンバランスさが奇妙な感じだった。せっかくなら胸部分にも熱が出るようにすればいいのに。
電熱グローブと併用すれば冬でもかなり快適にツーリングできそうだ。
あとは足元の冷え込み対策だけ再考せねばなと感じた今回の山走りでした。

« "6代目" iPhone12 Pro入手 | トップページ | 今年も秋のロンツー計画 »

バイク関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« "6代目" iPhone12 Pro入手 | トップページ | 今年も秋のロンツー計画 »