2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月の記事

2020/11/30

あとひと月で地獄の2020年も終わるんですね

明日から師走かぁ。
毎年、徹底的に体力の限界まで追い込まれる繁忙期。
今年はどうなんだろう。
もうかつてほどの残業地獄にはならなげだけど。
でもこの時期にしっかり稼いでおかないと後々の楽しみが楽しめなくなるので、やりすぎは良くないけどほどほどには頑張りたいと思う。まぁ過ぎてしまえばきっとあっという間だから。
最悪な事ばかりだった2020年、最後まで無事に乗り切りたいなぁ。

2020/11/29

今年最後のツーリングで道志みちを走って来た

競馬のジャパンカップに行けなかったので、代替で昨日は鉄道撮影を楽しんだけど、実はそれ以外にも今年最後のツーリングもするつもりでバイクで出かけていた。
鉄道撮影を山梨でしたかったのでツーリング先も山梨でしようと考えた。
山梨と言えばまだ走ったことがない有名な道がある。
ライダーご用達の「道志みち」だ。
この道路は50~60キロくらいの道のりを、ほぼ信号がなくノンストップで、しかも程よいワインディングをこなしながら走れるのでバイク乗りからは大人気で、週末ともなるとおびただしい数のライダーが集う。
いつかは走りに来ようと思いながらようやくの来訪です。
今日は土曜日だったので混み合いそうだったけど、そこは考えていい時間帯に神奈川側からではなく、山梨側から、つまり首都圏ライダーが繰り出してくる時間帯に反対側から走ることですこしでも混雑を避けマイペースで走ることを目指し、結果的にその狙いはうまくいった。
向こうからやってくるライダーの多さに比べれば上り側は比較的空いており、前後に誰もいない時間帯も多かった。

Img_5359


途中立ち寄った道の駅どうし。
ここもライダーご用達、滅茶苦茶有名な道の駅だ。
今日もたくさんバイクが停まっており気合の入った格好の走り屋さん達で賑わっていたね。

Img_53601


そんな走り屋さん達、たくさん行きかったけど皆走りに夢中であんまりヤエーはなかったね。
飛ばしたくなる気持ちもわかるけど、ここは40キロ道路。
明らかにダブルスコアなスピードやイエローカットはやめといた方がいいぞ。
バイク乗りだけでなく一般のドライバーも使う生活道路なのだから、あんまり排気音ブイブイ言わせて無茶な追い越ししてると「これだからバイク乗りは」といういつもの色眼鏡で見られてしまうし、何より目の前でイエローカットで抜いていく姿を見るとこっちがヒヤヒヤしちゃうもん。
巻き込まれたらそれこそタマランし。


マナーの悪い連中には閉口したけど、初めての道志みちは最高に気持ちがよかったです。
12月は仕事が繁忙期で休日は体力回復に努めたいし、何よりもう寒いのでこれにて今年のツーリングは打ち止め。
通勤グで我慢するしかないですねぇ。
冬季は県跨ぎも来年2月末くらいまではしないかもなー。
オフシーズンはまた愛車のメンテナンス&カスタムに当てましょう。
そろそろタイヤもスリップサインが出始めてきてるので交換も考えないとなー。

2020/11/28

2年ぶりの中央線撮影!晩秋の甲斐路で今年最後の四季島を撮る

今日は以前から晴れたら久しぶりに中央本線の撮影をしたいと思って入れておいた休みだった。
中央本線沿線では例年紅葉が見ごろとなるのが11月末あたりなので、四季島と紅葉の写真を撮りたかったのだ。
まさにちょうど2年前に紅葉シーズンを走る四季島を鳥沢鉄橋俯瞰で撮ったのを最後に中央線からはしばらく離れてしまっていた。
189系在りし頃は足しげく通った大好きな路線なのに、他にも185系はまかいじや、E257系の定期運用離脱など、バラエティ豊かだった車両が姿を消していくにつれて足が遠のいてしまったのだ。
2年間もインターバルが空いたので、今ではほとんどE353ばかりなのかな?などとと考えながら第一候補の撮影地に向かった。


最初に来たのは甲斐大和。
この付近では紅葉シーズンを象徴するような美しい景色が拝める。
しかしたどり着いてみれば山々の木々はすでに紅葉のピークは過ぎ、冬山になりつつあった。
これではイメージ通りのものは撮れないし、どうせここで撮るなら万全の時に撮りたいと考えこの場所は諦めた。
そもそもやって来る道すがら、どうも今年の紅葉は終わった感ある風景が続いていたので嫌な予感はしていたのだ。
これはもう紅葉には拘らない方がいいなと考え、近くにあるなるべく見晴らしのいい風景を撮れる場所を探してみたところ、かの有名な初狩~笹子間にお誂え向きの俯瞰撮影地があることを知りそこへ向かった。


やって来たのは小高い崖の上にある高岩四所神社。
境内を登っていくと初狩駅から発車する線路が見渡せる。
まずは一番てっぺんから見下ろせる場所へ。同業者が2人いた。
そのうち一人が「残念、ここは定員2名だよ」とスペースを分けてくれそうもなかったので別のアングルを探した。
以前と比べて木々の枝が伸びまくっているようでなかなか抜ける場所がなかったけど、それでも崖のキワまで恐る恐る進んでいくとようやくアングルがあったのでそこに陣取った。落ちないように気を付けて。

 

E257系特急かいじ70号@初狩俯瞰
E257系特急かいじ70号@初狩俯瞰 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD
中央本線/初狩-笹子

このように中央東線らしい風景が望める。
山々の紅葉はやはりダメだったけど、天気がいいと爽やかな秋の風景って感じで悪くない。
ただ、手前にある大月精工という会社に駐車されている車が若干煩わしいが・・・。
どうにか交わせないか模索してみる。

 

E353系特急あずさ@初狩俯瞰
E353系特急あずさ@初狩俯瞰 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD
中央本線/初狩-笹子

次々やって来るE353系。
久しぶりに見たけどやっぱり奇麗な車両だね。すっかり中央線にも馴染んで見えた。
ただ、手前の車は下り車線を走って来る列車を撮ろうとすると交わすのがなかなか困難なようだった。
入れるか、それとも切りたい位置を妥協して消すか、本番の四季島をどうするか悩みに悩んだ。

 

晩秋の甲斐路をゆく四季島

α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD
中央本線/初狩-笹子

結局、車をカットすべく窮屈な構図を選んだ。
やっぱり風景写真なのでなるべく余分なものは入れたくない気持ちが強かったのだ。
まずは本来切りたい位置の一つ前の架線柱のスパンで。

TRAN SUITE 四季島@初狩俯瞰
TRAN SUITE 四季島@初狩俯瞰 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD
中央本線/初狩-笹子

そして引き付けて本来の位置で切ると一両目が架線柱にかかってしまう。
ここが妥協ポイントだった。
私の好みは、架線柱に車体がかかる場合は一両目が抜けた位置で切る構図であり、このくらいの位置だとどうしても窮屈に感じちゃうのだ。まぁ駐車車両の煩わしさよりは幾分マシだと思って、これを今回の成功カットとします。


これにて撮影終了。たっぷりの陽射しを浴びて輝く四季島はやっぱり美しかった。
それにしてもまさか丸2年間も中央線から離れることになるとは思わなかったなぁ。
189系の存在はそれだけ大きかったってことですね。
沿線風景は大好きなところが多いので、四季島くらいしか撮影ネタがないのが実に口惜しいですねぇ。
次はいつ来れるかなぁ。

2020/11/27

続・届かなかった思い

先日のジャパンカップの指定席抽選に続いて、またしてもある抽選に漏れたようです。
それは年明け遠征の目玉にしようと思っていたお楽しみ。
WEST EXPRESS 銀河という、四季島や瑞風なんかとは違う、新しいコンセプトでリーズナブルな寝台特急が誕生して話題になっていたけど、どうにかそれに乗れないかと画策していたのだ。
コロナの影響で現在は旅行会社の商品としてのみ取り扱われており、1月出発分の抽選があったってわけ。
当選者のみにメールが届き、その期限は本日27日までだった。
つまり現時点で当選メールが来てなければ外れてしまったということ。
まぁねぇ、いくらコロナでみんな慎重になっていても、まだ始まったばかりで人気沸騰中だろうからねぇ。
当たればいいなくらいの気持ちでいたけれど、やっぱりいざ外すと残念極まりない。
これで年明け遠征計画はまったくの白紙に。
コロナの大3波も来てるし、今後まさかの緊急事態宣言なんてことにもなりかねないので、もしかしたら今回は例年通りにはいかないかもしれないなぁ。行けたとしても小規模日程にせざるを得ないかも。
まだ時間はあるので今しばし考えてみよう。

2020/11/26

3か月乗り切りました

そういえば夏の北海道ツーリングで青切符切られてからすでに3か月以上経ったのですね。
あれは忘れもしない8月20日の出来事だった・・・。
北海道の地元民は下道でも平気で100キロ前後出している人が多数いる。
そしてその流れに乗っていると自身もだんだん感覚が鈍り、気が付いた時たまたま自分が先頭だったってケースもあろうが、まさにその瞬間にパンダが襲来してきたのである。
初めての違反。青切符を切られた。
悔しさと恥ずかしさと理不尽さで、せっかくだからこれはもうネタ消化してやれと、日本最北端の郵便局である宗谷岬郵便局で違反金を支払った。あれから早3か月。
だが私はそれまで無事故無違反のゴールド免許所持者だったので、初めての軽微な罰ということでその後3か月違反を起こさなかったため違反点数失効でリセットが完了となったのである。
もちろん次回更新でゴールド免許ははく奪されてしまうが、累積点数がゼロになったというのは精神衛生上良い。
当然それ以降は北海道使用の走りなどしていないので捕まることはないと思いますがね・・・。

2020/11/25

GOTOと言えば還付金はどうなったんや

コロナ感染者の大3波到来で、GOTOトラブルの一部地域除外や見直しが叫ばれている今日この頃。
私も恩恵を受けている面もあるので一概には全否定派には回れないが・・・。
それよりも気になっているのは還付金の方。
GOTOが始まった当初はまだ事業者の登録申請、認可が間に合わず、その分の利用は事後還付の処置がとられていた。
そんな事後還付、夏の北海道ツーリングでフェリーを利用した分を申請したのが8月末の事。
それがいまだに還ってきてないというね・・・。
2か月以内に順次振り込まれるって記載されていたので10月末くらいには入るもんだと思っていたが音沙汰なし。
ネットで調べたら11月より順次開始と書かれている場所もあったのでそれも待ってみたものの、すでに11月も末。
これはもう、還ってこないものだと思っていいんだろうな。
提出書類に不備があったんだろうか。それとも適応外だったのか。
はたまた申し込みが多すぎて見逃されてしまったのか。
よくわからないけど、結局突貫工事で始まって、抜け穴だらけで始まった制度だから多くを望んじゃいけなかったってことかな。
たかだか1万数千円の話をいつまでも気にしてても仕方がないので、この件はもう諦めて忘れますわ。
無理に問い合わせても、今のやめるやめないで揉めて混乱している状況じゃそれどころじゃないだろうしね。

2020/11/24

届かなかった思い

ジャパンカップの指定席抽選・・・見事に落選しました(´;ω;`)
これにて、2001年から続いてきた私のジャパンカップ連続参戦記録も19年でストップしてしまうことに。
残念ですよ、無念ですよ。悔しい。
やはりね、メンツが豪華過ぎたんですな。
ただでさえ狭き門がものすごい倍率になっちゃったのだろう。
あーあ、現地で見たかったな伝説の一戦を。
これ見れた人は今後競馬を続けていく中で物凄い自慢できるよなぁ。
羨ましいぜ。
仕方がないので私はテレビ観戦で我慢します。
しかし今年はダービーとジャパンカップという、長年続けてきて20年連続の大台が見え始めた記録が相次いで途絶えてしまいましたね。憎きコロナウイルスめ。

2020/11/23

3連休3連勤を終えて

世間の3連休、私は無事3連勤のお役目を果たしました。
今日など縦横無尽に働きまくってきましたよ。
さぁこれで明日は休みだ!
・・・ってならないんですよねぇ。
実は明日も出勤なのです。連休明けだから業務量も半端ないでしょう。
明日は残された力をすべて振り絞らないと・・・。

こんだけきつい思いしてるんだから良いこともきっとあるよねぇ・・・。
いくつか申し込んでいる抽選のお楽しみ。
明日はまずジャパンカップの指定席の申し込み結果が出る日だ。
20年連続、行きたいぞ~。

2020/11/22

仕事の日に限っていい天気

3連休なか日。
今日もお仕事でしたよ。
しかし今日はド快晴だったなぁ。
ツーリングしているバイクを見かけるたびに羨ましくなったよ。
今年は基本他人が休む時は働いて、その逆で遊ぶことにしているけど、これだけ爽やかなお天気だとさすがにもったいない気持ちになる。ましてこの代休の日が曇りもしくは雨っぽいのもね・・・。
繁忙期の12月は仕事優先で休みの日は文字通り体力回復に努めるので、今年ツーリングできるチャンスは来週がラストなんだけどな。直前でお天気好転してちょーだい。

2020/11/21

ストレスの大半は人間関係

社会で仕事をしていれば人間関係の悩みは誰だって持つもの。
一度、この人苦手だなとか、嫌だなと感じてしまったらそういった印象はなかなか拭えなくなっちゃう。
もし身近にそんな人がいたらきっと仕事に行くのが苦痛でたまらないだろう。
そんな時どうしたらいいのだろう。
私の好きな言葉に、「世界を変えたければ自分で動く事」というのがある。
嫌な人と関わらなくて済む世界が必ず存在するのだ。
そのことを忘れなければ、自分でそっちの方向に進んでいける。
変える事って大変だけど、決して不可能じゃない。
だから負けずにがんばれ。

以上、悩める今年の新人ちゃんへのパイセンのお言葉でした。

2020/11/20

自粛どころか働きどおしになる

明日からは世間では3連休。
しかし東京ではコロナ感染者が2日連続で500人越えの大台突破。
全国でも2000人を超えたとかで、各自治体で大人しく過ごすように要請が出ている。
我慢の3連休なんて言われているけど、そうした共通の連休で出かけようなんて気持ちはみじんもない。
ええ、もちろんこの3日間は仕事です。
日曜祝日は出勤者も少ないからノー密だしね。
そうしているのが一番時間を持て余さなくていいんだ。
ただ後半2日は夜勤なので、日曜日は日本シリーズが見られないなぁ、と。

2020/11/19

20年目への挑戦

東京でコロナウイルス感染者がついに500人を大幅に超えてしまった。
間違いなく第3波。
またもや終息の見えない戦いが始まったのだろう。
今東京に行くのは自殺行為!?
でもそんな中、競馬のジャパンカップの指定席抽選に申し込む私がいるのであった・・・。
なんせジャパンカップは去年まで19年連続の参戦。
一つの事をこれだけ長く続けられることってなかなかない。
ミスミス逃してしまうにはあまりにも惜しいもの。
まぁこれも抽選結果次第で、出走するメンツ的に倍率は滅茶苦茶高いだろうからまず当たりはしないだろう。
どこまで運があるかの賭けですね。
仮に当選したら、おそらく馬券の方は当選すまい・・・。
運を使い果たす・・・それだけ狭き門だと思う。
結果が出るのは来週火曜日。はてさて、20年連続参戦は叶うのか!?
ただ東京に行くのはマジ怖いので、心のどこかで外してホッとしたい自分がいるのも確かなんだよなぁ。
フクザツですね・・・。

2020/11/18

またエンジントラブル?気のせいかな?

昨日の帰り道で気づいたんだけど、なんかバイクから今まで聞かれなかった音が鳴っているような。
フロントの方でアクセルを放しエンブレを利かせるとヒュイーンという甲高いモーター音みたいなのが聞こえる。
今までは聞こえてなかったよなぁ。
っていうか違和感に気が付くくらいだから今までは鳴ってなかったに決まってる。
夏の終わりに起きたO2センサーの異常に続いて、またエンジン関係がおかしくなっちゃったんだろうか。
今のところ走行には全く支障がない。
パワー不足を感じることもなければ、走っていて不具合を肌で感じることもない。
ただ妙に擦れるようなモーター音だけが耳につくのだ。
例えるなら私のバイクはパラツインだけど、4気筒のバイクのギュイーンというエンジン音をやや高くした感じというか。
それこそ先日の岐阜ツーリングの時は快調そのものだったけど、その時なにがしかダメージを負ったのか。
はたまた気のせいなのか。まぁハッキリ言ってよーわからん。
ロンツーの度に不具合が出ているようじゃ困りものだしな・・・。
一番いいのはバイク屋さんに持ち込むことなんだろうけど、はっきりとした不具合らしい不具合がないからなぁ。
行くにも予約とって行かなきゃだから、ハッキリしたものがないと行きづらいんだよね・・・。
あと1000キロ弱くらいでオイル交換だからその時までに収まってなかったら相談してみるかなぁ。

2020/11/17

意外な臨時収入

ふとau payアプリを立ち上げてみたら、なんか残高に違和感が。
あれ、全然チャージしてないはずだけどなぁ。
不思議に思って履歴を調べてみたら、今月5日になんと1万4千円も入金されているじゃないか。
まったく身に覚えがない入金。中身はキャンペーンと記載されているが・・・。
もしや新手の詐欺?これ使ったらあとで何か起こるんじゃないか?
そんな疑問が湧きいろいろ調べてみた。
お金の恨みは恐いから、知らない振り込みがあったら嬉しいより警戒心の方が強くなっちゃう。
結果的にこれは機種変更したので、なにがしかのキャッシュバックキャンペーンがあったらしいとわかった。
そんなのまったく知らなかったし、機種変更した時も言われなかったのでまさに嬉しい誤算だった。
っていうか振り込まれなかったとしてもまったく気づかなったぞ。
これぞ完全なる臨時収入だね。
現金派なのでスマホ決済とか使ったことなかったけど、これはせっかくだから利用させてもらおう。

2020/11/16

国民が望んだ結果

今、再びコロナが猛威を振るっている。
第3波だなんて声も上がれば、決してそれを認めようとしない声も多い。
緊急事態宣言ももう二度と出せないだろう。
だって今は国民が望んだ結果そうなっているだけなのだから。
コロナ感染のリスクを分かった上で、今までの生活を取り戻したいと大半の国民が望み、いつの間にか警戒心は薄れていった。
確かに芸能人が連発して死んでいた頃に比べれば重症化のリスクが減っているのも大きいだろう。
罹っても最悪なんとかなる、そんな風に考えている人がもはやほとんどじゃなかろうか。
感染者が増えようが減ろうが一喜一憂せず、結局抜本的な解決策である特効薬かワクチンが出来るまで騙し騙し行くしかなかろう。

2020/11/15

セパハンのバイクはやっぱりきついのか

ツーリングから帰ってきてさすがに今日はグッタリでした。
10時間寝たのはいつ以来だ。
連休最終日を休息にあてるのはもはや常識ですな。

しかし年のせいか疲労が抜けなくなったなぁ。
というよりすぐに疲れるようになったのか。
昨日も帰りの上信越道でも、降りてからも、集中力が切れかけてハンドル操作を誤りそうになった。
まぁ昨日は12時間くらい、休憩を除けばそれでも11時間くらいぶっ続けでバイク乗ってたんだからそりゃ疲れるけれど。
ただ最近思うのは、この必要以上に疲れたり身体が痛くなるのは、Ninja400がセパハンだからじゃないかということ。
言うてもSSに比べたらハンドル位置は高い方とされる愛車Ninja400。
それでもアラフォーのオッサンにはきつくて、ハンドルアップスペーサー噛ませて純正よりさらに高くしているわけだ。
にもかかわらずまだきついのは、やっぱり今の自分の肉体にはそもそもこの垂れ下がったハンドルの形状が合わないんじゃないかな。
やっぱりロンツーするならVストロームみたいな楽な姿勢のアドベンチャータイプが一番なんでしょうな。
北海道で乗った400Xもまるで疲れなかったもんね。
ただ、普段乗りにNinjaは最高の相棒だし、アドベンチャーバイクで通勤ってのもあまりイメージが湧かない。
となるとオーソドックスなアップハンなネイキッドかなぁ。
カワサキならZ900RSとかW800は憧れるカッコいいバイクだもんね。
大型以外ではそれこそ教習でお世話になったスーフォアも今思えばいいバイクだったものな。
いずれは体力の、筋力の限界に至って乗り替わる時が来てしまうのかもしれないね・・・。
もっと若いうちからバイクに乗っておけば、もう少しカッコいいNinjaと相棒でいられたかもしれないのに。

2020/11/14

秋の岐阜ツーリングDay.2~飛越狭合掌ラインが素晴らしすぎた

高山で宿泊し、朝から出発。
今日も早朝は霧が発生していたけど天気は絶好。
寒さもさほではないツーリング日和になる予感がした。
岐阜ツーリング2日目は飛越狭合掌ラインという道路を走ることが最大の目的。
このルートは岐阜県の御母衣湖から富山県の砺波市までを繋ぐ道をそう称している。
せっかくだから富山まで抜けてみようと思った。

今日も今日とて絶景に巡り合う。
まず御母衣湖が最高に美しかったのだ。

Img_5339

Img_5342

紅葉で視界がオレンジ色に染まる中、この澄み渡る青さが目に優しい。
吸い込まれそうな美しさだった。
昨日のせせらぎ街道も良かったけどここもまた最高だね。
岐阜県はライダーにとって北海道や長野にも負けない魅力があるよ。

ただし、道路状況的にはあまりよろしくないのが岐阜の道。
そこかしこで工事がしており片側交通の規制がたびたびあった。
そんな悪路でも安定感のある4輪はかっ飛ばすので、バイク乗りとしては必死。
タイヤをとられながらもある程度のスピードでカーブをこなしていかなくてはならない。
飛越狭合掌ラインというのがまたワインディングの連続で、走り屋にとっては垂涎だけれどそれも路面がよければこそ。
これだけボコボコだと車体を倒して曲がっていくリスキーな乗り方はできやしない。
法定速度±5キロくらいで安全マージンをとって走ってました。
しかしクルマ先生はそれを許してくれないので今日もまたビタづけ連発されて最終的にはキレました(-_-;)
思わず減速しろ!近寄りすぎるな!と大きなゼスチャーで後続に注意。
どうにか理解してくれて車間をとってくれたけど、ほんと危険ですよ。
この道を走り慣れた人ならともかく、初見の、しかも免許取って1年ちょっとの初心者ライダーを急かせて事故らせたら目覚め悪くなっちゃうよ!?

そんななかなかのタイトコーナーで、未熟なライダーにはきつい飛越狭合掌ラインは岐阜県と富山県の県境を幾度となく跨ぎながら走っていく。ここは富山側だね。

Img_5354

飛越ってのは飛騨地方の飛と、越中(富山)の越のことであろう。
では合掌は?と言えば、途中に有名な白川郷があるのでそこから来ているのは間違いない。
白川郷といえば合掌造りで有名な世界遺産だ。
当然立ち寄っていった。

Img_5346

ここから眺めると本当に大昔の素朴な農村そのものだね。

Img_5344

これが合掌造り。
古き良き日本の住宅だ。時代劇やアニメの昔ばなしでも登場するあれだね。

Img_5348

愛車と紅葉と世界遺産と。
走りがいがあって見どころ満載の飛越狭合掌ライン、ここは思った以上に素晴らしいルートでした。
これで急かされずに一人のんびりと走れたらいう事ないんだがなぁ。

最終的に無事砺波市まで抜け、その後は再び別ルートを通って岐阜県側へ戻りました。
高山から富山側の高山本線沿線もまた素晴らしい風景の連続だったので、今度はそっち側も撮影したいな。
高山市街に戻って道の駅で昼飯を食べているとさすがに疲労を感じて眠くなったので、ここで帰路へ着くことにした。
来た時と同じルートで松本まで戻り、今度は松本インターから大人しく高速に乗りました。
本当は来た時の158号は避けてもっと先まで走って塩尻に抜けてから高速に乗ろうと思ったけど、結果的に引き際を間違えずに正解でしたね。
帰りの上信越道では最終的に完全に陽が落ちてしまったけど、いくら電熱装備で固めてもやっぱり寒いものは寒い。
冬の夜の高速はバイクで走るもんじゃありません。
何より真っ暗過ぎて怖いんだわ(^-^;
群馬に入って妙義山のシルエットが見えたけど、あの奇岩は真紅の闇の中で見ると恐ろしいだけですわ・・・。

こうして1泊2日、初日の松本泊も入れれば2泊3日の岐阜ツーリングは無事に終わりました。
今回は煽られまくって怖かったりイラついたりする場面も多かったけど、総合的に見れば楽しかったことは間違いないです。
年内、もう泊りがけの遠出はしないけど、今月末に土日連休があるのでそこで最後にもう一度ツーリングしておきたいな。
富山にも行ったことだし、いずれは北陸も走ってみよう。

2020/11/13

紅葉の高山本線を撮影しよう

せせらぎ街道から国道41号に向かった。
ここからは久しぶりの高山本線の撮影をする。
前回訪れたのは2016年の5月だから、4年以上ぶりになるのか。

参考:新緑の高山本線を撮影しよう

当時は新緑だったけど、今は紅葉真っ盛り。
対極の撮影が出来るはずだ。
まずは飛騨川に沿って下原ダムへ。以前来た時にも訪れた高山本線の超有名スポットだ。
今日は風はなくダム湖は波一つない。水鏡の条件ピッタリだ。
ただバリ晴れ過ぎるゆえ光線は逆光気味なので、前回同様の設定でアンダー目で撮った。

 

キハ85系ワイドビューひだ@焼石水鏡
キハ85系ワイドビューひだ@焼石水鏡 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 高山本線/飛騨金山-焼石

うん、やっぱり素敵な撮影地だね。
それだけに鉄ちゃん以外にも多くのドライバーが車を停めていた。
だけどここは紅葉するタイプの樹林じゃないようで、GWの時の風景とあまり変わり映えしない。
わずかにアクセントで添えられている感じだ。
今日はあくまで紅葉の高山本線を撮りに来たのだからと、この1枚でここは離れた。


次に向かうのは飛騨小坂~渚駅間。
この駅間は高山本線の中でも撮影スポットが点在する名区間だ。
ただし下呂以北になってしまうので列車本数は少なくなってしまう。
効率よく撮影出来ればいいけど。
今回のメインの撮影ポイントにしたのは国道41号から渚方面へ向かい、途中旧道にそれて線路をくぐった先にあるポイントである。
ここもまた有名撮影地なので、平日とはいえ他にも数名同業者が来ていた。
ただし現在道が崩落しており途中から不通になっているので要注意。
撮影ポイントまでは安全なので止められはしないだろうけど、バリケードから先へは絶対進まないように!
まずは有名アングルで。

 

キハ85系ワイドビューひだ@紅葉盛りの渚
キハ85系ワイドビューひだ@紅葉盛りの渚 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 高山本線/飛騨小坂-渚

シェルターから飛び出してくる列車を撮影できる。
ここの紅葉具合は見事で空も澄んだ青空。
言う事なしだ。
そして間髪入れずに振り返ると一つの列車でもう1枚撮れる。
本数が少ないだけにありがたい撮影地なのだ。

 

キハ85系ワイドビューひだ@紅葉煌めく渚
キハ85系ワイドビューひだ@紅葉煌めく渚 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 高山本線/飛騨小坂-渚

このアングルは太陽側、つまり逆光になるので紅葉した木々がより煌めいて見える。
紅葉や新緑は逆光でこそ美しいので、これもまた良しだ。
1本で2パターンの構図、そして順光、逆光でそれぞれ撮れるこの撮影地は非常にお得でお勧めできる。
付近、まだいくらでも構図を作れそうな場所があったのでまた今度試してみたい。


お次は4年前にも行った渚橋の撮影地へ。
この旧道をそのまま進めばいいんだけど、通行止めになっている関係でいったん41号に戻って先へ進みまた戻ることになる。
着いてみればその場所はすでに山に覆われて日差しは届いていなかった。
時刻は15時過ぎ。秋口では薄暗くなりつつあった。
諦めようかとも思ったけど、紅葉具合はなかなかだったのでカメラに頑張ってもらってなるべく明るく奇麗になるよう設定した。

 

キハ25形@渚橋
キハ25形@渚橋 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 高山本線/飛騨小坂-渚

うん、よくここまで起こせたわ(^-^;
前回撮った時は特急列車で収まりがよろしくなく、できれば短い編成で撮りたいと書いたけど、今日はお誂え向きの2両。
構図的にはベストのものが来てくれたので諦めずに撮ることにして良かった。


もう夕方なのでこれでおしまいかなと思ったけど道の駅飛騨街道なぎさ付近で日差しが当たる線路が見えたのでもう1枚撮ることに。

 

キハ85系ワイドビューひだ@紅葉の渚
キハ85系ワイドビューひだ@紅葉の渚 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 高山本線/久々野-渚

今回唯一の車両メインの構図ですかね。
ここもまた2両編成なら収まりがよかったのかもしれないね。


こうして久々の高山本線の撮影を堪能したのだった。
新緑の時期も気持ちよかったけど、紅葉シーズンは格別の美しさがある路線だと思い知りました!
またぜひ来よう。

秋の岐阜ツーリングDay.1~せせらぎ街道と高山本線沿線の紅葉まじ最高

朝目が覚めると松本の街は濃い霧で覆われていた。
快晴予報だけど気温が低い影響でこのような現象になっているのだろう。
一寸先は霧!だったけど、7時過ぎには出発した。
今日から始まる秋のロングツーリング。目的地は岐阜県だ。
松本から国道158号を走り飛騨高山を目指す。
山道に入る前に霧が晴れてくれたのは助かった。霧の峠道じゃ怖すぎるからね。
この158号の眺めもなかなか素晴らしかったのだけど、昨日の夜に続いてここでもかっ飛ばすドライバーにだいぶ煽られましたね。
まぁ今日は平日で出勤時間帯だったのもあるだろうけど、それにしたって法定速度で走ってたらガンガン詰めて来るのは閉口した。
ここらは20キロオーバーくらい平気なのかね?下道で80キロ以上出す連中に付き合ってたら初見の道を走る私は間違いなく事故るね。長野県警、岐阜県警、もっと仕事しろよ。


そんなこんなで高山市に入った。
今日は「せせらぎ街道」と呼ばれるライダーご用達の道と、高山本線沿線を走り鉄道撮影もしたいと思う。
まずはせせらぎ街道。
松本から走って来た国道158号を折れて、岐阜県道73号に入ると通称飛騨せせらぎ街道にはいる。
山間部の渓流沿いを走るルートで紅葉も素晴らしいと聞く。
入ってさっそくそんな紅葉し色づいた山々が迎えてくれた。

Img_5297

これだよ、これ。
こんなのを求めてやって来たんだ。
快晴で雲一つない空の下、美しく色づいた木々は一層輝いている。

Img_5304

そりゃ寄り道して写真撮りたくなるよね。
でもこんな素晴らしい景観広がる道路なのに、飛ばしていくやつはたくさんいて、ゆっくり景色を楽しみながらチンタラ走る私は邪魔者扱い。なんだかなぁ。日本人はせかせか生き過ぎだよなと思わずにいられなかった。


今日は平日だったけどライダーもたくさんいた。
さすがにこの天気、この風景じゃみんな気分もいいのだろう。
北海道並みにヤエー率が高かったように思います。

Img_5306

せせらぎ街道を走り、心のモヤモヤもせせらいでくれたような気がしました。
ここは噂通り素晴らしい。来てよかった。


お昼を回って来たのでここでせせらぎ街道から離れ、高山本線の撮影に行くことにします。
国道257から国道41号へ。
以前来たことがある下原ダムです。

Img_5309

ここは鉄道ファンのみならず、一般の観光客も訪れる有数の美しい景色を拝める場所。
5年ぶりでしたが、相変わらず最高の眺めでしたねぇ。

Img_5315

さ、ここからは撮影しながら紅葉スポットをまわるぞ。

2020/11/12

夜の松本は寒かった!そして煽られた・・・

仕事を少し早く上がり、日のあるうちに出発した。
いよいよ今年最後となる泊りがけのロングツーリングの幕開けだ。
まず今日は明日に備えて目的地へのアクセスに便利な長野県松本に宿泊する。
さほど遠くはないけど日が暮れると高速道路は寒いのでなるべく早く出かけたかったのだ。
まぁどのみち日没まで間に合いそうもなかったので、松本インターまでは行かず東部湯ノ丸で降りて下道で向かった。
暮れなずむころにインターを降りれて、やれやれこれで凍えずに済むなと思っていたけど、いやはや。
久しぶりに来た長野は寒かった!
特に松本が近づくにつれ一気に気温が下がり(峠道を通ってるのだから当然だが)、手が悴み身体が震えだしてしまう始末。
仕方がないのでここで秘密兵器、電熱グローブを今シーズン初めて使用。
電熱ベストにも電源を入れ、ようやく人心地ついた。
もう秋というより冬だな、こりゃ・・・。

ところで松本までもう少しってあたりから長崎のトラックヤローに滅茶苦茶煽られたのだが。
厳罰化されても未だになくならないのね。
こっちがバイクだからって舐めてたのかな。
もし何かのはずみで急ブレーキかけたり、転倒しようものなら、あんた違いなく私を殺しまっせ。
それくらいのビタづけされて恐怖しかなかった。
20キロオーバーに付き合う気なんてさらさらないから自分ではどうしようもないわ。
最終的にイエローカットして抜いていったけどね、結局前がつかえて追いつかれてやんの。
狭い日本、下道で飛ばしたってたいして変わりゃしないってことですな。
胸糞悪いドライバーに出くわして散々な夜でした。

2020/11/11

防寒対策をしっかりして

今日は会社でインフルエンザの予防接種を受けた。
コロナのせいでインフルのワクチンまで注目されて予約が殺到している世の中、無事に接種できて良かった。
まぁあくまでワクチンは保険。
本当の対策は自分自身でしないとね。

そんな感染対策をしっかりして明日は仕事終わりに今年最後の泊りがけロングツーリングに旅立ちます。
もう朝晩かなり冷え込むし、去年の秋に夜の東北道で身体の芯から冷え込んで泣きながら帰った記憶が生々しく残っているので、今回は入念に寒さ対策はしていくつもりです。
そのために揃えた電熱装備。電熱グローブに電熱ジャケットを着込んで楽しんで来ようと思います。
待っててね、紅葉ちゃん。

2020/11/10

省エネが功を奏して

今日はまれにみる仕事の少ない1日であった。
半休で退勤する人もいる中、私は一応の定時退勤。
早上がりするのは明後日でよい。
そう、日曜からの連勤中ではあるけど、ずっと省エネでやっていた甲斐あってまだ余力が十分ある。
これなら仕事終わりにツーリングに出発することもできるだろう。
できれば明後日も今日くらい仕事が少なければいいなぁ。

2020/11/09

運命のエントリー

今日は年明け遠征で最大の楽しみを得るための大切なミッション、とある抽選申し込みをした。
これがもし当選すればかつてない最高の旅になること請け合い。
もし外れちゃったら?
うーん、今はそのことは考えないでいよう。
当たるもんだと思って、代替案はまだ考えずにいようと思います(笑)。
年明けの連休日程を避ければ倍率も低いんじゃないかなぁと勝手に期待してますがはてさて。

2020/11/08

省エネ省エネ

週末に代休で連休を作るために今週も日曜出勤。
ま、いうなれば今日が月曜みたいなもんだな。
だから飛ばし過ぎず、むしろ省エネでこなしてきた。
やはり日曜は業務量が楽なので平日働くより消耗しないからいいね。
さ、これから5連勤踏ん張って、余力があったらロンツーに行きますよ。

2020/11/07

紅葉に間に合うか

今週も明日の日曜が出勤という事で土曜日に休んでおります。
いわば土曜が日曜みたいなもんで体力回復のために静かに過ごしてました。
このまま明日より5連勤を乗り切れば来週末は3連休になる算段。
そこで今年最後の大掛かりなツーリングを計画中。
幸いにして来週はずっと天気にも恵まれるようだ。
ただ気になるのは紅葉目当てのツーリングなので肝心の木々の紅葉具合かな。
情報を調べると見ごろだとかピークは過ぎたとか、今年の紅葉は遅めとか錯綜している。
こればかりは実際行ってみないとわからないな。
まぁそれは天気にも当てはまるんだけど。
お願いだから直前で予報が変わりましただけは勘弁ね。
秋は空気が澄んで景色がより一層奇麗になるのに、鉛色の空じゃホント面白くないから。

2020/11/06

みつけた楽しみ

年明けご褒美旅をどうするかいろいろ探しているうちに、コレはいいぞというのを思いついた。
さっそく下調べしてみればまだそれを楽しめるチャンスはあるようだった。
ただしそれには運も必要という事で・・・。
正式決定ではないので詳細は書かないけど、もし今現在思い描いたものが実現すれば、この年明け旅史上最高にエキサイティングなものになるに違いない。実現すればいいなぁ。

2020/11/05

気の早い話

まだ先の話だけど、今年の年末年始は9連勤らしい。
ちなみに去年は11連勤だったので、まぁ大丈夫だろう。
大昔は15連勤くらいしてたものなぁ。
まだ働き方が問われてなかった時代とは言え恐ろしいことをしていたものだ。
それに苦しいことを乗り切ればこそ、その先に待っているお楽しみが余計に楽しみになるってもんだから頑張れるのさ。
今年残り2か月余り、体調を崩すことなく乗り切ろう。

2020/11/04

そろそろ考えだす時期

11月に入ると、年明け遠征のことが頭をよぎる。
今年はどこへ出かけよう。
ここ数年ずっと九州が続いていたので今年は別の地域にするか、それとも安定の九州か。
温泉ありきの旅なので、行きたい温泉地を探るのがまず第一だけど、それ以外にも楽しみがあればなお良い。
探すのがなかなか大変なんだけどね。
そこから行程を組み上げるのがまた大変。
最初この企画が始まった時は1泊2日程度のものだったけどだんだん豪華になり、今では1週間休暇をとって出かけるってのが通例になった。
まぁ、自分へのご褒美の旅なのだからじっくり迷って決めよう。

2020/11/03

やっぱり平日じゃないと・・・榛名湖紅葉ツーリング

昨日の夜の雨も朝にはあがって秋晴れになっていた本日。
最近天気に恵まれても出かけずにいたので久々に今日は走りに行こうと思った。
どうせなら季節がら紅葉が見たい。
しかしまだ若干紅葉には早いかも?と思って山に行くことにした。
向かうはあの自粛ウィーク中だったGW以来となる榛名湖。
過去数回走って勝手知ったるワインディング快走路だ。
ただ一つ懸念があったのは今日が祝日だという事。
GWの時はそれでも自粛期間中だったので、いたのはライダーばかりだったけど、行楽シーズンの祝日だとサンデードライバーや未熟な運転の車が多いと予想され、そうでなくてもタイトなコーナーを連続で登っていくワインディングでは前に遅い車がいると本当にストレスとなる。
そしてその懸念は現実のものに・・・。
30キロ以下でソロソロとしか走れない車を前に2台置いて、後ろからは走り屋のライダーが2人ブンブン煽りながら迫って来る。
それに挟まれての私は実に居心地が悪くて・・・。
まぁさすがにこのタイトなコーナーでは無茶な追い越しはしてこなかったけど、やっぱり世間が休みの日はダメですね。
そして榛名湖周辺に着いても、紅葉目当ての観光客でごった返してロクすっぽ写真も撮れなかった。


Img_5291


それでも山々は期待通りに色づいてくれており視界はあでやか。
新しいiPhoneの写真の解像度もかなりいい感じ。
少しは心が洗われましたね。
赤いモミジのまわりは観光客に阻まれて近づけなかったのが残念でした。
うん、やっぱり平日じゃないとダメっすね。
今年私が取り入れてきた日曜祝日働いて平日に代休を取るパターン、これがますます増えそうです。
ま、平日は平日で疲れて寝たままってことも多いんですが・・・ね。


Img_5293


帰りの伊香保温泉周辺での渋滞はマジで閉口したなぁ・・・。

2020/11/02

1年前傷つけてしまったけど・・・

そういえば1年前は東北ツーリング真っ最中だったんだな・・・。
あの時蔵王エコーラインの山頂で駐輪した時に強風でバイクが倒れたんだよな。
カウルの一部とマフラーにキズが入って意気消沈したのがついこの間のよう。
その後カウルを新しく取り換え、マフラーもスリップオンに換えて。
あれ以来一度として愛車を傷つけるようなことになっていないのが幸い。
夏の北海道ツーリングで一つもトラブルを起こさずに乗り切れたことは大きな自信だな。
まぁ蔵王だって想像以上の強風というアクシデントがあっただけで、危険な思いは一切してないんだから。
必要以上に攻めた走りをしない分リスクは減ってるんでしょうね。
安心安全が一番ってことで。
あの時の悲しさ悔しさがあるから、まずは愛車の無事を第一に思っちゃうのさ。

2020/11/01

今年の11月は

11月の幕開けとなった今日は久しぶり日曜出勤。
と、気づけば11月は日曜出勤が3回もある!
まぁ自分で希望して入れたんだけどね。
そして祝日出勤も1日ある。
このご時世、休みは人と外してとるのが正解だと思い、こういうパターンが今年のマイトレンドになっております。
そして12月は例によって働きづめ・・・。
うん、やっぱり年明けのご褒美旅は今回もまた豪華にしよう!

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »