2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »

2021年2月の記事

2021/02/28

【カスタム第十弾】Ninja400にリムステッカー貼りました

久しぶりの愛車カスタム。
まぁカスタムとは言っても、すでにだいたいのことはやり尽しているので見た目に変化をつけようって感じです。
着手したのはホイール。
リムにアクセントを入れようと考えました。
リムステッカー、リムテープと呼ばれるものを貼り付ける作業です。
買ったのはKAWASAKI純正のもの。

ただ貼り付けるだけなので一見簡単で誰でもできそうですがこれがなかなか難しい。
1本のテープを円に沿って貼ってい行く作業は手先が不器用だと結構苦戦します。
RIM STRIPE APPLICATORというリムにあった形状のガイドを使う事で貼り付けが楽になるけれど、それでも難しいものは難しい。
一応貼り終わりましたがところどころミスしました・・・。

Img_5515


全体像は悪くない感じ。
カラーも車体のデカールと同色でマッチングもばっちり。
この辺はさすが純正品だけあります。少々お高いけどね。


Img_5516


アップにするとリサイズした画像でもミスした箇所がわかってしまう感じ(;^_^A
奇麗に円で貼れなかった部分が目立ってしまいますね。

Img_5519


左右前後、計4度貼ったので最後の方はさすがに慣れてうまく貼れるようになりました。
まぁ遠目だったりぱっと見はミスもわからないのでこんなもんでしょう。
どうしても気に入らなかったら改めて貼りなおせばいいし。
見た目自体は大変気に入りました。
黒にライムグリーンってマッチしますよね~。
もっと早くに貼っておけばよかったと思います。


カスタムも10段ともなればさすがにもう弄るところがなくなってきました。
あとやるとすればハイシート化かなぁ。

2021/02/27

2月も結局良く働いた

今週はしんどかったデス。
大きな残業が連日続き、ろくすっぽ休憩も取れない有様。
昼飯などまさに掻っ込む感じに食べないとならず、これじゃ消化に悪いし身体にも毒だ。
2月は前半はあれほど暇だったのに、月末になって急にこれだもの。
結局いつもと変わらない月間残業数になってしまったとさ。
まぁそれでも真面目に働いている自負はあるし、一部の楽して儲けようなんて考えの不届き者もいるけど自分は自分ということで自分の正義を貫き通してやっていきたい。
本年度も残すところあと1か月。
来年度は本気で異動を目指す1年になるだろうから今年度をまず無事に乗り切りたい。

2021/02/26

治療には時間がかかりそうです

今月からはじめた歯科治療。
今日でまだ3回目です。
進捗状況的には今回ですべての歯石の除去が終わった段階。
次回より本格的な治療開始となるようです。
その次回だけどなんと再来週。
仕事終わりの時間帯しか行けないとはいえ、ずいぶん先の話になってしまった。
混んでるんですねぇ・・・。
以前行った歯医者だったら2,3日ごとくらいには予約が取れてた気がするんだけどな。
やっぱり人気ありそうな所を選んで行ってるのもあるんだろう。
そんなわけで長期戦になりそうです。
このペースだと全ての治療が終わるのは初夏くらいになるんちゃうん?
とりあえず今すぐインプラント云々と悩む必要はなさげですねぇ。
資金貯めといていざという時に備えねば。

2021/02/25

3月の撮影予定はどうするか

もうすぐ3月だけど今のところ予定は未定だ。
1月2月はある程度撮影予定が頭の中にあったけど3月に関しては流動的。
緊急事態宣言が予定通り7日で解除されれば、中旬に取得する休暇でどこへでも出かけられそうだけど、考えの一つにあった九州行きは躊躇し始めている自分がいる。
まだその頃じゃ寒そうだもの。
九州にツーリングに行くにはオール自走or大阪からフェリーというのが選択肢としてある。
自走はもとより、大阪までだとしてもそんなに長距離高速道路を走れるような気温じゃない気がするんだよねぇ。
絶対途中でくじけるパターンだと思う。
やはり超ロンツーの最良シーズンは雨期前の5月か。
で九州行かなかった場合の休暇は何をするかが問題になって来る。
月一の撮影は必ずしたいのでそれかなぁ。
3月の季節ものだと菜の花かなぁ。だとするとあの路線か?

そうそう、3月からようやくカシオペア紀行が再開するのでそれは楽しみではありますね。
機関車全廃の流れからしても、おそらくカシオペア紀行も運転してあと数年が限度じゃないかと思っているので、去年ほとんど撮影できなかった分も今年はたくさん撮りに行きたいので。
ま、それも含めて少し検討しよう。
まだ九州行きもワンチャンありますよ。

2021/02/24

月末超残業

まさかの業務量の多さで超残業でした・・・。
休み明けとはいえ油断してたなぁ。
ヒマなはずの2月ももうおしまいってことでしょうか。
まぁ今月はほとんど残業していなかったのでよしとしましょう。
今月の給料がわりと豊潤だったので、2月はのんびりしようと思ってたんですけどね。
こうなったら残りの日々でひと稼ぎしときましょーか!?

2021/02/23

花粉多いみたいです

祝日休みの本日はお家デー。
快晴だったので愛車の洗車をしたんだけど、乾かしている間放置してたら強風で運ばれた埃だか花粉だかが車体にベットリ。
黒い車体だから目立つこと目立つこと。
せっかく撥水コーティングを施したというのに、結局ウェットシートで拭き上げる羽目になってしまった。
朝からクシャミ連発が止まらないし、この春の花粉がいかに猛威かを物語っていますな・・・。

2021/02/22

ハンパな日程

3連休のあとに今日は出勤で明日はまた祝日でお休み・・・。
なんか中途半端っすね。
まぁヒマな時期なんでいいですけど、これが忙しいさ中だったらリズムが狂って余計疲れてたでしょうね。
明日はとくに予定はなし。
天気もいいみたいだし洗車かな。
残り少ない2月はのんびり過ごしましょう。

2021/02/21

三寒四温にはまだ早い

今日は春並みに暖かかったですね。
しかし昨日一昨日と出かけていたのでダウンしておりました。
今や3連休と言っても文字通り3日とも遊びとおすのは気力と体力がもちません。
最後の1日は休息日にしないと明日からの仕事がさらに憂鬱になっちゃいますわ。
一昨日の石橋での急坂登頂の影響でケツの筋肉が痛くて痛くて・・・。
まぁこの陽気で引きこもりはもったいなかったですが。
来週からはまた気温が下がるらしい。
三寒四温という言葉があるけど、まだまだその前の段階ですな。
しかし春はもうすぐそこへ。
寒く暗い季節から、明るく心地いいシーズンへ思いを馳せて。

2021/02/20

ELぐんまよこかわ撮影@浅間山バックの高谷外戸踏切

昨日東海道で撮影してきたばかりですが、本日も地元で撮影します。
先週のDLに続き、今週は通常のELぐんまよこかわ撮影です。
今日は昨日に続いて天気が良かったので、いい風景はないか探してみたところ浅間山をバックに撮れそうな踏切があったので向かってみました。昨日の富士山バックに気を良くしての雪山バックシリーズですね。


やって来たのは磯部と松井田の間にある高谷外戸踏切。
カーブの向こうからやって来る列車を撮れる踏切で、編成後方は巻き込んでしまうものの、左側にそびえる浅間山を望遠レンズで引き寄せて撮るといい感じになる踏切です。

ELぐんまよこかわ浅間山バック
ELぐんまよこかわ浅間山バック posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF70-300mm F4-5.6 IS II USM
信越本線/松井田-磯部


冬季のスジなら光線状態もさほど悪くはないようです。
しかし肝心の浅間山はクッキリとは出ずにうすぼんやり。
少しでも存在感を出すために現像に四苦八苦でした。
このあたり晴れてはいても昨日のような冬の澄み渡る空気じゃなかったようです。
黄砂か花粉か、ぼんやり霞む空が恨めしい・・・。

 

ELぐんまよこかわ@松井田~磯部
ELぐんまよこかわ@松井田~磯部 posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF70-300mm F4-5.6 IS II USM
信越本線/松井田-磯部


引き付けてもういっちょう。
わずかに山の稜線が浮かび上がっている感じでしょうか。
トラロープがなければもっと良いんでしょうが贅沢は言ってられません。
短い区間、いつも同じ場所じゃ撮っててさすがに飽きますもんね。
いつも同じ1001クンってのも食傷気味・・・。


無理なく追っかけて安中の先、板鼻で2本目を撮りました。

ELぐんまよこかわ@板鼻
ELぐんまよこかわ@板鼻 posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF70-300mm F4-5.6 IS II USM
信越本線/安中-群馬八幡


ここは過去にも来てるので記録程度。
とくに面白みのある撮影地でもないですし、光線もいろいろ飛んじゃってパッとしない感じです。
ここでも本来浅間山が望めるはずなんですが、今日の条件では姿を写し出すことは不可能でした・・・。


ぐんまよこかわはこれでしばらく撮影機会がなさそうです。
次は春先に桜でも探して撮りたいですねぇ。

2021/02/19

最後の185系踊り子撮影@いずっぱご富士山バック&石橋最上段

ダイヤ改正で長年走り続けた東海道から姿を消す185系踊り子。
終焉が近づき、いよいよ各撮影地も追い込みの撮影者が大挙押し寄せているようです。
私はいつも通り、そんな喧騒を避けて平日の撮影で平和に自身のラスト撮影を済ませようと早朝から出かけました。

1月に伊豆急でのケリはつけたので今日は東海道本線で締めようと思いましたが、その前に「いずっぱご」こと駿豆線に立ち寄ります。
この路線にも修善寺行きの踊り子が乗り入れており、私もかつて修善寺温泉に行った際に世話になったものです。
ここでの目的は富士山バックで185系の写真を撮ること。
本当は伊豆長岡の俯瞰で撮れる場所へ行きたかったのですが、引退フィーバーで撮影者が騒ぎすぎて地主によりお立ち台が立ち入り禁止になってしまったようで、その代替で大場の撮影地にやってきました。
こちらに流れる撮影者も多いようで週末は軽くパニック状態のようですが、平日の今日も実に20人以上の撮影者が集いました。

 

3000系ラブライブ!サンシャイン!!ラッピング車@いずっぱご
3000系ラブライブ!サンシャイン!!ラッピング車@いずっぱご posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF24-105mm F4L IS II USM
伊豆箱根鉄道駿豆線/三島二日町-大場


結構ひっきりなしに電車がやってきてテスト撮影もはかどります。
痛車ラッピング車も多くあるようですね・・・。
それにしても素晴らしい快晴で富士山もクッキリと姿を現しておりますね。
今日やってきて本当に良かった!

 

185系「踊り子3号」富士山バック@いずっぱご
185系「踊り子3号」富士山バック@いずっぱご posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF24-105mm F4L IS II USM
伊豆箱根鉄道駿豆線/三島二日町-大場

名峰富士山の裾野を走る185系踊り子号。
写真に残しておきたかった1枚を最高の条件で残せて言う事ありません。


これを撮り終えたところでお次は東海道本線での締めの撮影をするため移動開始。
やって来たのはおなじみ石橋。
過去2度訪れたことのある東海道本線を象徴する撮影地です。
やはり最後はここで締めないと!
ただし今まで撮った位置ではなく、まだ試してないアングル、構図で撮るべく、今日は石橋上段と呼ばれるポイントを目指しました。
年も年なのであの急こう配を登っていくのは本当にきつかった・・・。
しかしきつい思いをしただけあり、素晴らしい眺めのポイントにたどり着いたのでまずは中腹あたりから撮ることにします。
ここからはカメラ2台体制で行きます。

 

185系踊り子@石橋中段俯瞰
185系踊り子@石橋中段俯瞰 posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF24-105mm F4L IS II USM
東海道本線/根府川-早川

5D4は手前にあるミカン畑を大きく取り入れて撮影。
緑と青に囲まれてストライプがより目立つ構図をとりました。

185系踊り子@石橋鉄橋
α99 II SAL2470Z
東海道本線/根府川-早川

α99 IIは逆に青一色の海と空を大きく取り入れた構図。
こちらはC-PLフィルターを使用してより深みのある青さを引き出しました。

E261系サーフィル踊り子@石橋中段俯瞰
E261系サーフィル踊り子@石橋中段俯瞰 posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF24-105mm F4L IS II USM
東海道本線/根府川-早川


この構図でサーフィルも押さえておきました。
しかし伊豆急の撮影時にも思ったけど、この車体は海と同調して目立ちませんよね。
東海道の目玉で作った車両なのになぜ海と溶け込んでしまう同系色にしてしまったのでしょうか!?


時刻は14時前。
平日なので185系の踊り子は撮れてあと1本のみ。
踊り子設定の少ない平日の辛さでもありますが、おかげで空きまくっていてどこでも立ち位置は自由自在なので良し悪しですね。
ということで意を決してさらに上、石橋最上段と呼ばれる場所まで登る決意をしました。
心臓をバクバク言わせながら坂を上ること数分、ようやくたどり着いたその場所からの眺めは、そんな疲れも吹き飛ばしてしまうくらい最高のものでした!

E257系踊り子@石橋最上段俯瞰
E257系踊り子@石橋最上段俯瞰 posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF24-105mm F4L IS II USM
東海道本線/根府川-早川

たどり着くなりやって来たE257系の踊り子。
構図を決める間もなく慌てて手持ち撮影。
この高さまで来たのだから、見渡す限りの青さを大きく取り入れるのは間違ってません。
とっさの割にうまく行ったので本番にもこの構図は取り入れます。


立ち位置をあれこれ悩んでいると轟音が鳴り響きました。
貨物列車のようですが、あの編成は・・・。

54レ EF66-111牽引 福山レールエクスプレス@石橋最上段俯瞰
54レ EF66-111牽引 福山レールエクスプレス@石橋最上段俯瞰 posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF24-105mm F4L IS II USM
東海道本線/根府川-早川

なんと福山レールエクスプレスでした。
来ること全然知らなかったので驚きました。大幅の遅れだったらしいですね。
前回のニーナとの遭遇と言い、この場所ではレア貨物に縁があるようです。

福山レールエクスプレス@石橋最上段俯瞰

α99 II SAL2470Z
東海道本線/根府川-早川

鮫に牽かれて緑一色のコキがはるか眼下を通過していきました。


幸運もあった中、いよいよ私にとっての最後の185系踊り子の撮影となります。
ここまで来て入ったのが185系じゃなかったらどうしようと思いましたが、姿を現したのは青一色の中映えわたるストライプ。
安堵の吐息がもれました。
さぁ最後の1枚を撮ろう。

185系踊り子10号@石橋最上段俯瞰
185系踊り子10号@石橋最上段俯瞰 posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF24-105mm F4L IS II USM
東海道本線/根府川-早川

長年東海道の顔として君臨した185系のラスト撮影に相応しい1枚になりました。
この高さまで苦労して登ったカイありました。
これだけの条件下で撮影できたのだからもう思い残すことはありません。
伊豆方面の温泉に行く際には必ずお世話になった185系踊り子号。
姿は消しても思い出は永遠に残ります。

185系踊り子10号@石橋最上段俯瞰

α99 II SAL2470Z
東海道本線/根府川-早川

2021/02/18

明日は再び東海道へ

明日より3連休。
しかも3日間とも天候は絶好の予報。
となれば撮影&ツーリングざんまいとなるのは自明の理!
まず明日は1月に続いて東海道方面へ撮影に行きます。
ダイヤ改正前、185系踊り子目当てで週末などは多くの撮影者が集っているようですが平日はまだ平和でしょう。
ここが私最後の撮影ということで平和に撮り納めをしておきたい。
また接触ゼロ撮影ツーリングとなるよう努力してまいります!

2021/02/17

意外にもこの冬は平地積雪はないかも

爆弾低気圧の影響で北海道や日本海側は猛吹雪らしいけど、関東平野はカラッと晴れ渡っていた。
そりゃ風は強いけど、さんさんと降り注ぐ太陽光が心地よく春の訪れを意識せずにはいられない。
冬型の配置が強まったおかげで、空の青さも澄み渡っており週末の撮影に期待が持てそうだ。
しかし今年の冬は寒い方だと思うんだけど、平地での積雪はどうやらなさげな感じだな。
ここ3年くらい積もってない気がする。
雪とか迷惑なだけなので降らないに越したことはないけど、近年雪景色の撮影もそういえばしてないなと呑気なことを考えてしまうのであった。雪が強い地域の皆さん、ごめんなさい(^^ゞ

2021/02/16

歯の治療にいくらかかるかだよなぁ

少しずつ暖かくなってきた今日この頃だ。
春の足音が近づいてくると気持ちも昂り、この先の計画を夢想したりする。
まずは今週末は3連休になっているので金土あたりでは撮影をしたい。
それから3月にもちょっとした休暇がある。
以前、そこで九州ツーリング行っちゃおうか?なんて書いたけど、なかなか緊急事態宣言が明けずGOTO再開も不透明なので具体的に計画は進んでいない。まぁ行くとなればGOTOなんて関係ないんだけど、やっぱり感染状況だけはどうしても気になる。
だいぶ落ち着いてきてるんだけどね。
でもコロナが落ち着きだしたら今度は金銭事情が芳しくなくなってきたのが悩みの種。
今年は身体のケアに時間とお金をかけることにしたけど、その中でも歯科治療費が嵩みそうな予感がプンプンなのだ。
もし本当にインプラントとかになっちゃったら遠征どころの騒ぎじゃなくなるからな・・・。
3月の休暇に関しては歯科治療の進捗状況次第となりそうだ。

2021/02/15

タイヤの皮むき終了

昨日は撮影の合間に交換したばかりのタイヤの皮むきがてら少し山道を走った。
タイヤ中央はもうずいぶん油分も落ちてたけど、サイドはまだ新品同様の状態なので無理のない程度に意識して車体を倒しながらワインディングを走ってみた。
交換する前と比べると滅茶苦茶安定していることが実感できた。
なんせ末期には滑るんでワインディングを走るのが怖かったものね。
峠の走り方を忘れちゃったんじゃないかというくらいへっぴり腰になっていたから・・・。
これで交換してから100キロ以上走ったし、皮むきは完了って事で。
心置きなく不安なく、ロンツーに出かけられるよ~。

2021/02/14

DD51-842牽引DLぐんまよこかわ撮影@西松井田

本日は久しぶりに日曜日にぐんまよこかわが設定されてたので撮影に出向きました。
しかも今回はこれまた久々のDD51が登板。
ELもいいですが、DD51の客レなんて今やとんでもなく貴重なのだから、撮れるときに撮っておきたいものです。
本日2月14日、客車はチョコレート色だし、高崎支社からのバレンタインプレゼントですね。

やって来たのは2年ぶりの西松井田。
前回の撮影では望遠レンズを使ってELを撮影したので、今回は標準レンズで撮ることにします。
この前買った新レンズの筆おろし撮影にもなりますね。

まずは午前の下りのSLから撮影。
ただしこの撮影地で午前の下り列車だとド逆光かつ窮屈な構図となってしまうので、今回は往路のSLはあくまでおまけ撮影です。

SLぐんまよこかわ@松井田~西松井田
SLぐんまよこかわ@松井田~西松井田 posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF24-105mm F4L IS II USM
信越本線/松井田-西松井田


まぁ逆光ゆえの無機質感も出てくれるのでそう言うほど悪くもないんですが、ピン甘なのと窮屈さは否めないところですね。

これを撮り終えたところですかさず午後のための場所取りをしていったん離れ、昼食後にまた舞い戻ってきました。
午前中は上りはバリ順でしたが、午後になるとサイド光になり面は潰れがちになってしまいます。
それでも冬時間のスジならさほど悪くはない光線状態なので、混み合うこの先のS字地点よりもこっちで平和に撮影します。

 

211系A59編成@西松井田~松井田
211系A59編成@西松井田~松井田 posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF24-105mm F4L IS II USM
信越本線/西松井田-松井田

練習電の211系も考えてみればそう悪くない被写体。
きっちりと記録しておきたいところです。
この撮影ポイントはもう少し前方寄りから直線でも撮れる場所があるけれど、バックがややうるさいのが難。
後方の民家を車両で隠せる位置まで下がるとスッキリします。
そしてその場所からだと列車がやや首を傾けた位置で切り取れる自分好みの構図となります。
新レンズのAFの早さ、描写力とも悪くない感じですね。


本番間際、一気に撮影者が集まりだしました。
2年前にこの場所でELが緊急停止した原因となった、後方の犬走りの上に今日もまた大勢乗り込んでいたのでヒヤヒヤもんでした。
あれはグレーゾーンを超越してますって。

DLぐんまよこかわ@西松井田~松井田
DLぐんまよこかわ@西松井田~松井田 posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF24-105mm F4L IS II USM
信越本線/西松井田-松井田


幸い今回は停車することなく、それでもゆ~っくりと、ゆ~っくりと通過していきました。
信越訓練以外でDD51の客レ撮影は本当に久しぶり。
午前中に出会ったSL爺様は、「復路なんか撮ったってしゃーないわい」と笑って帰ってゆかれましたが、いえいえDD51の客レなんてまさしく貴重な貴重な存在ですよ。これもまたいつなくなるかわかりませんからね。
贅沢言えば色合い的には旧客よりも青い12系の方が見栄えが良い気がするんですが、また次回への期待という事で。

DLぐんまよこかわ@西松井田~松井田

2021/02/13

明日は出かけてみようか

ちょうど1週間前、仕事中に体調が悪くなり早退したんだな。
あれからもう1週間か。
今週はずっときつかったけど、先週のようなこれはヤバいというような感じにはならなかったので少しずつ良くなっているのかな。
あれ以来休みは2回あったけど、その2回とも部屋からも出ることなくずっと大人しく過ごしてきた。
ボチボチ活動を再開しても大丈夫かな。
明日も天気良いみたいだし、少し外へ出てみようかな。
久しぶりに撮影対象があるしね。
それで大丈夫げならもう気にしないようにしよう。

2021/02/12

やっぱり買っておいてよかった

そういえばこの前5DⅣなど前世代のレフ機のファームウェアのアップデート通知があったね。
内容は大したものじゃないけど、忘れられてないということが分かっただけでもユーザーは嬉しいもの。
ミラーレスに舵を切っても、レフ機ユーザーのことも忘れないでいて欲しいもん。
でもここでファームアップさせるってことはまだまだ5DⅣは使い続けてねっていうメッセージともとれる。
5DⅤは出ないのだから、Ⅳで出来る限りのファームアップをしていこうってね。
やっぱりいつまでも出ないⅤを待ってないでさっさとⅣ買っておいて正解でしたね。

っていうか撮影機会ないなー。

2021/02/11

2月は祝日出勤はありません

コロナ禍になってから好んで祝日や日曜に出勤し、平日に代休をとって空いてる中で出かけるというのをライフスタイルに取り入れましたが、2月に関しては両祝日とも仕事は入れておりません。
今日も暦通り休んでおります。
しかしこのご時世、世間が休みの日に自分も出かけようなど愚の骨頂。
体調もすぐれないことから快晴でもおでかけはしませんでした。
っていうか今月2回も祝日あるとか多すぎや・・・。
子供の頃は単純に休みが多けりゃ嬉しかったけど、今は下手に祝日で会社の通常業務が止まると休み明けが大変になって怠いだけなんだわ。今月はのんびり働こうと決めてるので祝日出に名乗り出なかったけど失敗だったかな。

2021/02/10

ザンナナは死なず

先日、引退したと報道されていた電気機関車のザンナナことEF64-37号機。
これがどうもガセネタだったらしいことが判明した。
ある雑誌がJR東日本に問い合わせたところ、「引退の予定なし」との回答を貰ったと言うが・・・。
いやこれ、どこで仕入れた情報で報道したんだろう。
まさかネットに挙がってた情報を鵜呑みにしてそれを流したというんじゃあるまいな。
それじゃあまりにもお粗末な取材だろ・・・いや、取材すらしてないな。
ほんと謎ですよ。

まぁね、生き残るんだったら誤報も朗報ですよ。
喜ばしいことには変わりはない。
原色にわざわざ塗り替えたばかりのものを早々アッサリ引退させるかなと疑問だったんだ。
もっとも、余命が短いのは間違いないけどね。
何しろ電気機関車を全廃したいんだものね。
機関車好きはこれからは記録できる時に記録しておいた方がよかろう。
ザンナナには信州カシオペアはもちろん、またぐんまよこかわにも登板して欲しいな。

EF64-37原色復活! ELぐんまよこかわ@群馬八幡~北高崎
EF64-37原色復活! ELぐんまよこかわ@群馬八幡~北高崎 posted by (C)Tylor

2019年撮影。順光晴れカットが撮りたいぞ。

2021/02/09

今日から10数年ぶりに歯医者へ

四十路の健康総チェック。
身体の不調をきっかけに、不惑の肉体を徹底的に調べ尽そうという考えに至ったここ最近。
今日からは歯科に通う事にしました。
歯の健康は身体の健康。
虫歯菌や歯周病菌が身体全体に及ぼす悪影響はよく聞く話。
そういえば近年まったく歯科に罹ってないぞと思い当たり、ややもすれば足を向けにくいその門を叩くことにした。
だってねぇ・・・最後にいつ行ったのかまったく思い出せないもの。
下手すりゃ学生時代の篠崎に住んでいた頃、親知らずを総抜歯した時以来じゃないか・・・て疑惑も。
となると15年以上は確実に行っていない。
30代は絶対に一度も行っていない。
・・・こりゃ恐ろしいな。

ってなわけで初回受信。
全体的に診てもらうことにして、今日は主に歯周病チェックをしてもらった。
何やらかなり疑わしい状態らしい。まぁそりゃそうかもな・・・。ずっと放置していたんだから。
しかし最近の歯医者はすごいね。今の自分の歯の状態をでっかいモニターでしっかり映して管理してくれるのだから。
私が子供の頃行ってた歯医者など、レントゲンは撮るけどそれを見るのは医師用のモニターだけで、あとは有無を言わさずウィーン!って削られるだけだったものね。ああ、虫歯なんだなくらいにしか思わないまま治療を終えてあとは喉元過ぎれば熱さを忘れるの繰り返しだった。
今のように、これだけデータですべて明るみにされちゃうと、治療を受ける側の危機感も増すってもんよ。
しかし歯周炎か・・・。こりゃ長い治療になりそうだな。
抜歯なんてことにならなきゃいいけどなぁ。先生曰く、まだ引き返せる段階らしいが。
バカ高いインプラントなんて御免だよ。

2021/02/08

PCR検査は陰性でした

先週土曜日に受けたPCR検査の結果は陰性でした。
まぁそうだろうなとは思ってましたが、いざ検査を受けるとなると多少なりとも不安な気持ちが芽生えるので陰性で何よりです。
ただこれで体調不良の原因がわからないままという新たな不安も芽生えてしまいましたが。
ストレスかな?
今は2月。いわゆるニッパチでヒマな時期。
この時期を利用して身体を徹底的に調べてもらうのもいいかもしれないね。
もう四十路だし、いろいろガタがきてるところかもしれんし。

今年に入ってやった検査。
大腸→心臓→脳→血液→PCR・・・と来たら次は何を診てもらえばいいかな~。

2021/02/07

女性的優しさ

昨日は急な眩暈で会社を早退し、病院を駆けずり回ったわけだけど、最初に入った町医者では肝心の医師がどうも親身になってくれないというか、大騒ぎしてやって来た患者を見下す雰囲気を醸し出してる気がして嫌な気分になったんだけど、看護師に関しては非常に優しく温かく対応してもらって、それだけで心の不安が少しばかり取り除かれたというものだ。
自分が辛い時ほど女性の優しさってのは身に染みるんだなということを久しぶりに実感したのでした。

思えば2005年に長期入院したときも優しくて可愛い看護師さんが心の支えだったこともあったっけなぁ。
ただし長期入院してたものだから毎日のように同じ顔ばかり合わせてると、身体の辛さもあってだんだんそんな白衣の天使さえ鬱陶しい存在になってしまったのだから我ながら身勝手なもんだ。
でも実際、医療現場で働いてる人が誠実だったり優しかったりすると、病気で不安で辛い人間はだいぶ救われるんですよ。

さて、今日は文字通り1日中寝ていたのでたぶん明日は大丈夫だと思うけどはてさて。

2021/02/06

初めてのPCR検査

今日は出勤日だったけど、仕事をしてたら目まいがしてしまいどうにもならなくなったんで早退。
そのまま病院をいろいろ回り、思い当たる症状の検査を一通り受けた。
そのどれもで特に悪いところが見つからなかったので、おそらく一過性のものだったと思われる。
だけど一時は立ってられないほどふら付いたので焦ったわい。
まぁ脳の検査も心臓の検査もやったんで、そういった命に係わる部位に疾患があるわけじゃないことが分かっただけでも良かった。
あ、そうそう。熱もなければ特有の症状もないけど、念のためということでコロナの検査も受けました。
唾液を取るタイプのね。いやぁ、まさか自分もPCR検査を受ける日が来るとはね(^-^;
結果が出るのは来週だけど、まぁ、こっちはあんまり心配はないかな。
明日はいいお天気で気温も高いみたいだけど1日おとなしくしていよう・・・。

2021/02/05

ザンナナ引退・・・

昨日はTwitterのトレンドにEF64-37ってのがあったので何事だと思ったら、どうやら引退となったらしい。
ロクヨンのゼロ番台という希少価値で、登板したイベント列車は常に大人気だったな。
数年前、葡萄色の塗装、通称茶釜から原色に塗り直されたのでまだしばらくは使っていくのだろうなと思っていただけに意外だった。
まぁ古い機関車ですからね、早晩こうなることは予想されたけど。
それでも廃車にはならないで保存されるらしいと聞くのでそこは良かったんじゃ。
私自身、さほど撮影機会はなかったけど信州カシオペアと言えばこの釜が入ることが既定路線だったので毎回楽しみでした。

 

2016年運転EF64-37牽引信州カシオペア


まだ稲荷山ストレートが比較的平和だった2016年に撮影。
茶釜時代のベストショット。

 

EF64-37牽引 信州カシオペア紀行


2019年の信州カシオペア。
原色になってからは逆光だったりドン曇りだったりで好条件での撮影は出来ずじまいでした。
この翌日、長野県内で最良の天候の下多くの撮影者が歓喜の渦に包まれたことは有名ですが、私は激パを嫌い参戦すらしませんでした・・・。鉄活の意欲がやや薄れていた時期だったことが悔やまれます。


地元のぐんまよこかわにはあまり登板しなかったのが記録が少ない要因の一つかと。
茶釜時代、原色時代、それぞれ1回しか撮ってませんから。
それだけに、今のコロナ禍では仕方がないけど、こうした名車の最後の花道をきちんと作ってあげて欲しかった気がします。

2021/02/04

Ninja400初めてのタイヤ交換

昨日注文したばかりのタイヤがもう入荷したとの報。
しかしPITに空きがなく、日曜や祝日はすでに満杯だという。
今日の夕方ならギリギリ空いているという事で、定時ダッシュして2りんかんまで行ってきた。

交換するタイヤはNinja400がもともと履いていたのと同じ、ダンロップのGPR-300
私の使い道がシティライドとツーリングなのでこれでピッタリなのだ。
本当はよりツーリング性能が良いロードスマートⅣとか行きたかったんだけどね、ちょい予算オーバーだったんで。
お店に到着した時点で走行距離は17,165キロでした。
ここまでなんのトラブルもなく走り切ってくれてありがとう。

前後のタイヤとエアバルブ交換で40,700円。
工賃は前後で7150円。
合計47,850円(税込み)でした。
予算5万円だったのでまさにギリギリ(-_-;)
時間は結構かかって1時間半くらい待たされました。
プロがやってそんなかかるのならやはり自力では到底無理だった・・・。
っていうかタイヤ上げる装置も持ってないしもともと無理だけど。

変えたばかりのタイヤは油分がたっぷりで大変滑りやすいのが定説。
よくYoutubeの納車動画で即コケてる人とかいるけど、まさにこれが原因の多く。
そんなだから店舗から出る際の右折に大変気を使いました。
これから油分を取る走行、通称「皮剥き」に勤しみましょうか。
100キロくらいって話だよね。
ただ慎重にこそなったけど、いざ走り出してみるとあまりの乗り心地の向上にビックリしました。
いやぁタイヤを新しくするだけでこれほど快適になるとは!
っていうかそれまでがよっぽど酷い状態だったんですね・・・。
タイヤの交換は早めにしようねってことか。
ま、これで3万キロくらいまではもう交換の必要もなさげですが。
今回もパンクゼロでよろしくね。

2021/02/03

そろそろタイヤ交換の時期

今日は休みだったので昨日買ったカメラのレンズのテスト撮影がしたかったけど、被写体となるネタがなかったので出来ず。
その代わり、そろそろ手をつけねばと思っていたことを実行した。
それはバイクのタイヤの交換。
タイヤってのは走るたびに擦り減っていき、パンクの原因になる。
そのまま放置して走り続ければ最悪バーストしてしまう事も起こりうる。
現在我が愛車Ninja400の走行距離は17,130キロほど。
おおよそのタイヤ交換の時期は”タウンユースたまにロングツーリング”って人の場合は1万数千キロ~2万キロくらいの間で交換時期に達するらしい。私はサーキット走行など無茶な走りはしないので納車から1年半ほど経つけどまだ交換は一度もしていなかった。
そんなタイヤにスリップサインが露出し始めたのは昨年末くらいだっただろうか。
スリップサインはタイヤが減ってますよ、そろそろ交換を視野に入れてくださいねというサイン。
そのスリップサインの現在の様子はこんな感じ。


フロント

Img_5484

リア

Img_5485

Img_5486



タイヤの溝の間にポチっと出ているのがスリップサイン。
これがタイヤ表面と完全に繋がってしまったら大変危険な状態、レッドゾーンと言える。
さしずめ現在はイエローゾーンか。
リアの方が減っている気がしたけど、実際はフロントの方が多くサインが露出している。


使いようによってはまだ走れそうな気もしないでもない。
実際もともと1万8千キロで交換しようかなと思っていた。
だけどここ最近のロンツーで、とくに峠のワインディングを走っている際にリアを滑らせてヒヤッとするシーンが結構あった。
それを一度経験しちゃうとまたスリップするんじゃないかって警戒しちゃってワインディングでの走行がぎこちなくなってしまい、軽快に走れず後続車に詰め寄られて余計ヒヤヒヤするのがストレスになって来た。
絶対にこかしたくないという気持ちが強いのでね。
高速道路を走行中にバーストしちゃったらそれこそアウトだし、近頃じゃ普通に走っていても路面の影響を受けやすくなって走り心地が悪くなった印象を強く持っていた。
今月の給料が豊潤で懐の温かいうちに早めのタイヤ交換をしておくべきではと考えるのに至ったわけである。


という事で2りんかんまで行ってきました。
タイヤと言ってもいろいろ種類があって得意分野もあるけど、予算は5万円くらいだったので純正で履いていたのと同じものを求めた。在庫がなかったので注文という形となり、今日の取り付けは叶わなかったけどもう少し走れそうな状況なのでそれも良しか。
次のツーリング(2月後半予定)までに交換できればいいからね。

2021/02/02

Canon標準ズームレンズ EF24-105mm F4L IS II USM購入&開封

一昨日ポチった5D4用の新しいレンズが届いた。
新しいと言っても今回買ったのは中古品。
新品でも良かったんだけど、できれば10万円までで欲しく、新品だと何気に高いのがネックだったので今回はネットで程度のいい中古を探してみたのだ。10万4000円ほどのものを優待チケットを使い10万2000円で購入。
マップカメラで「美品」とされていたものだったけど、果たしてどんな具合なのか気になっていた。

今回買ったのはEF24-105mm F4L IS II USM
かねてより必要としていた広角から中望遠までをまかなう標準ズームレンズだ。
7d2のキットズームを含めて都合6本目(内1本はタムロン製)のEOS用のレンズで、Lレンズとしてはこれで3本目となる。
もちろん標準域では初のLレンズだ。

Img_5476


美品扱いなので当然元箱つき。
中身はというと・・・。

Img_5477


レンズフードとキャリー用ポーチも当然のように付属していた。
値段も大事だけど、この付属品も妥協したくない点だったのでいいものがあって良かった。
ちなみに保証書などはついていないが、中古品なので当然か。

さて肝心なのは美品とされている程度具合。
ネットで買ったので写真でしかわからず、立体的に直接目で確認できないのはハズレを掴まされる恐れもあるのだけど、実際見てみればどうやら美品という謳いに偽りなしのようだった。
使用感がまったくないと言っていいレベルで奇麗。
おそらく数回しか使用されていないものと思われる。
よほど前オーナーさんが丁寧に使用、保管していたのか、それとも本当に1,2回程度しか使わなかったのか。

Img_5480


まだ実際使ってみたわけではないけれど、第一印象としては良い買い物ができたなと思う。
さすがは大手のマップカメラが美品と太鼓判を押すだけの事はあった!

愛機5D4に装着してみた感じはジャストフィットだった。

Img_5478


たしか同じ2016年発売だったはずで、キットレンズとしても売られていたと思うのでジャストフィットなのは当然かもしれない。
フィット感は良いけど、この組み合わせはなかなかズシリと来るものがあります。

Img_5479


花形フードを装着した様子。
大げさな深さのフードじゃないしいい具合じゃないでしょうか。
白レンズのLレンズは持っていたけど、黒の筐体に赤輪のLレンズは初めてなので武骨でカッコいいと思います。

あとは肝心の写りですね。それと動作やピントが正常かどうか。
これがダメならいくら外観が奇麗でもまったく意味がないからね。
本撮影の前に一度テストしてみる必要がありますね。

とりあえずこれで5D4用のレンズは広角は24ミリから、望遠はサードパーティながら600ミリまでをカバーできた。
もう私の用途的にはほぼほぼシステム完成ですね。
あとは以前も書いたけどナナニッパ欲しい病さえ発症しなければこの資産で十分4~5年やって行けそうです!

2021/02/01

宣言延長の良し悪し

2月に入った。
最近の話題で言えば、7日に迫った緊急事態宣言の解除日の延長をするか否か。
今日の東京の感染者は393人。
月曜とはいえ500人切りで久しぶりに少ないと思える数字になった。
いや、400人弱で少ないと思うとか相当神経もマヒしてるんだろうけど。
これで安心して宣言解除すればまた元の木阿弥で1000人越えが頻発するようになっちゃうのだろう。
ここは延長して、昨年の春みたいに1日100人以下に抑え込みたいと思うのも無理からぬ話だ。
だけど延長したとして、保証なしで今の要請をどこまで我慢できるのかって話。
7日までだからと必死に耐えてきた業種に、延長の2文字は死の宣告に等しいことだろう。
延長するのだったら手厚い保証をしてやって欲しいな。
我々影響の少ない業界の事なんか考えなくてもいいからさ。

« 2021年1月 | トップページ | 2021年3月 »