2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 明日は再び東海道へ | トップページ | ELぐんまよこかわ撮影@浅間山バックの高谷外戸踏切 »

2021/02/19

最後の185系踊り子撮影@いずっぱご富士山バック&石橋最上段

ダイヤ改正で長年走り続けた東海道から姿を消す185系踊り子。
終焉が近づき、いよいよ各撮影地も追い込みの撮影者が大挙押し寄せているようです。
私はいつも通り、そんな喧騒を避けて平日の撮影で平和に自身のラスト撮影を済ませようと早朝から出かけました。

1月に伊豆急でのケリはつけたので今日は東海道本線で締めようと思いましたが、その前に「いずっぱご」こと駿豆線に立ち寄ります。
この路線にも修善寺行きの踊り子が乗り入れており、私もかつて修善寺温泉に行った際に世話になったものです。
ここでの目的は富士山バックで185系の写真を撮ること。
本当は伊豆長岡の俯瞰で撮れる場所へ行きたかったのですが、引退フィーバーで撮影者が騒ぎすぎて地主によりお立ち台が立ち入り禁止になってしまったようで、その代替で大場の撮影地にやってきました。
こちらに流れる撮影者も多いようで週末は軽くパニック状態のようですが、平日の今日も実に20人以上の撮影者が集いました。

 

3000系ラブライブ!サンシャイン!!ラッピング車@いずっぱご
3000系ラブライブ!サンシャイン!!ラッピング車@いずっぱご posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF24-105mm F4L IS II USM
伊豆箱根鉄道駿豆線/三島二日町-大場


結構ひっきりなしに電車がやってきてテスト撮影もはかどります。
痛車ラッピング車も多くあるようですね・・・。
それにしても素晴らしい快晴で富士山もクッキリと姿を現しておりますね。
今日やってきて本当に良かった!

 

185系「踊り子3号」富士山バック@いずっぱご
185系「踊り子3号」富士山バック@いずっぱご posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF24-105mm F4L IS II USM
伊豆箱根鉄道駿豆線/三島二日町-大場

名峰富士山の裾野を走る185系踊り子号。
写真に残しておきたかった1枚を最高の条件で残せて言う事ありません。


これを撮り終えたところでお次は東海道本線での締めの撮影をするため移動開始。
やって来たのはおなじみ石橋。
過去2度訪れたことのある東海道本線を象徴する撮影地です。
やはり最後はここで締めないと!
ただし今まで撮った位置ではなく、まだ試してないアングル、構図で撮るべく、今日は石橋上段と呼ばれるポイントを目指しました。
年も年なのであの急こう配を登っていくのは本当にきつかった・・・。
しかしきつい思いをしただけあり、素晴らしい眺めのポイントにたどり着いたのでまずは中腹あたりから撮ることにします。
ここからはカメラ2台体制で行きます。

 

185系踊り子@石橋中段俯瞰
185系踊り子@石橋中段俯瞰 posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF24-105mm F4L IS II USM
東海道本線/根府川-早川

5D4は手前にあるミカン畑を大きく取り入れて撮影。
緑と青に囲まれてストライプがより目立つ構図をとりました。

185系踊り子@石橋鉄橋
α99 II SAL2470Z
東海道本線/根府川-早川

α99 IIは逆に青一色の海と空を大きく取り入れた構図。
こちらはC-PLフィルターを使用してより深みのある青さを引き出しました。

E261系サーフィル踊り子@石橋中段俯瞰
E261系サーフィル踊り子@石橋中段俯瞰 posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF24-105mm F4L IS II USM
東海道本線/根府川-早川


この構図でサーフィルも押さえておきました。
しかし伊豆急の撮影時にも思ったけど、この車体は海と同調して目立ちませんよね。
東海道の目玉で作った車両なのになぜ海と溶け込んでしまう同系色にしてしまったのでしょうか!?


時刻は14時前。
平日なので185系の踊り子は撮れてあと1本のみ。
踊り子設定の少ない平日の辛さでもありますが、おかげで空きまくっていてどこでも立ち位置は自由自在なので良し悪しですね。
ということで意を決してさらに上、石橋最上段と呼ばれる場所まで登る決意をしました。
心臓をバクバク言わせながら坂を上ること数分、ようやくたどり着いたその場所からの眺めは、そんな疲れも吹き飛ばしてしまうくらい最高のものでした!

E257系踊り子@石橋最上段俯瞰
E257系踊り子@石橋最上段俯瞰 posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF24-105mm F4L IS II USM
東海道本線/根府川-早川

たどり着くなりやって来たE257系の踊り子。
構図を決める間もなく慌てて手持ち撮影。
この高さまで来たのだから、見渡す限りの青さを大きく取り入れるのは間違ってません。
とっさの割にうまく行ったので本番にもこの構図は取り入れます。


立ち位置をあれこれ悩んでいると轟音が鳴り響きました。
貨物列車のようですが、あの編成は・・・。

54レ EF66-111牽引 福山レールエクスプレス@石橋最上段俯瞰
54レ EF66-111牽引 福山レールエクスプレス@石橋最上段俯瞰 posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF24-105mm F4L IS II USM
東海道本線/根府川-早川

なんと福山レールエクスプレスでした。
来ること全然知らなかったので驚きました。大幅の遅れだったらしいですね。
前回のニーナとの遭遇と言い、この場所ではレア貨物に縁があるようです。

福山レールエクスプレス@石橋最上段俯瞰

α99 II SAL2470Z
東海道本線/根府川-早川

鮫に牽かれて緑一色のコキがはるか眼下を通過していきました。


幸運もあった中、いよいよ私にとっての最後の185系踊り子の撮影となります。
ここまで来て入ったのが185系じゃなかったらどうしようと思いましたが、姿を現したのは青一色の中映えわたるストライプ。
安堵の吐息がもれました。
さぁ最後の1枚を撮ろう。

185系踊り子10号@石橋最上段俯瞰
185系踊り子10号@石橋最上段俯瞰 posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF24-105mm F4L IS II USM
東海道本線/根府川-早川

長年東海道の顔として君臨した185系のラスト撮影に相応しい1枚になりました。
この高さまで苦労して登ったカイありました。
これだけの条件下で撮影できたのだからもう思い残すことはありません。
伊豆方面の温泉に行く際には必ずお世話になった185系踊り子号。
姿は消しても思い出は永遠に残ります。

185系踊り子10号@石橋最上段俯瞰

α99 II SAL2470Z
東海道本線/根府川-早川

« 明日は再び東海道へ | トップページ | ELぐんまよこかわ撮影@浅間山バックの高谷外戸踏切 »

その他の路線」カテゴリの記事

東海道本線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 明日は再び東海道へ | トップページ | ELぐんまよこかわ撮影@浅間山バックの高谷外戸踏切 »