2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« Ninja400初めてのタイヤ交換 | トップページ | 初めてのPCR検査 »

2021/02/05

ザンナナ引退・・・

昨日はTwitterのトレンドにEF64-37ってのがあったので何事だと思ったら、どうやら引退となったらしい。
ロクヨンのゼロ番台という希少価値で、登板したイベント列車は常に大人気だったな。
数年前、葡萄色の塗装、通称茶釜から原色に塗り直されたのでまだしばらくは使っていくのだろうなと思っていただけに意外だった。
まぁ古い機関車ですからね、早晩こうなることは予想されたけど。
それでも廃車にはならないで保存されるらしいと聞くのでそこは良かったんじゃ。
私自身、さほど撮影機会はなかったけど信州カシオペアと言えばこの釜が入ることが既定路線だったので毎回楽しみでした。

 

2016年運転EF64-37牽引信州カシオペア


まだ稲荷山ストレートが比較的平和だった2016年に撮影。
茶釜時代のベストショット。

 

EF64-37牽引 信州カシオペア紀行


2019年の信州カシオペア。
原色になってからは逆光だったりドン曇りだったりで好条件での撮影は出来ずじまいでした。
この翌日、長野県内で最良の天候の下多くの撮影者が歓喜の渦に包まれたことは有名ですが、私は激パを嫌い参戦すらしませんでした・・・。鉄活の意欲がやや薄れていた時期だったことが悔やまれます。


地元のぐんまよこかわにはあまり登板しなかったのが記録が少ない要因の一つかと。
茶釜時代、原色時代、それぞれ1回しか撮ってませんから。
それだけに、今のコロナ禍では仕方がないけど、こうした名車の最後の花道をきちんと作ってあげて欲しかった気がします。

« Ninja400初めてのタイヤ交換 | トップページ | 初めてのPCR検査 »

鉄道雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Ninja400初めてのタイヤ交換 | トップページ | 初めてのPCR検査 »