2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

カテゴリー「温泉」の記事

2019/01/10

九州満喫遠征3日目~壁湯温泉(大分県)

長湯温泉で目覚めた私は朝から贅沢に貸切風呂を楽しんだ。
名残惜しい長湯だが、今日も温泉巡りは続く。
いったん大分まで戻り、そこから今度は久大本線に乗り換え豊後森駅で下車した。
豊後森は今日の温泉地の最寄り駅で、そこからは再び路線バスで向かう。
今日行くのは壁湯温泉。
九重九湯の一つに数えられる温泉であり、今回の旅の核となる場所だ。
九州旅行を決めた時に温泉を探していく中で九重九湯にはぜひ行きたいと思ったが、その中でもこの壁湯温泉がずば抜けて魅力的だった。



壁湯停留所で降りるとすぐにこの看板が目に入ってくるので迷わない。
壁湯温泉の一軒宿、旅館福元屋さんだ。
川沿いに立っている旅館で、道路からは見下ろす断崖に立っている。



階段を下りて中に入っていくと、旅館へ続く道と共同浴場「壁湯温泉」に続く道に分かれている。
最初私はそれをわからなくて、共同浴場のお湯がここの宿の設備の一つなのかなと勘違いしていた。



地元の方と思しき老人がすでに入浴しており、旅館は向こうだよと教えを頂く。
共同浴場の方もなかなか雰囲気があったが、お目当てのお湯はここじゃないのだ。
分かれ道の反対側へと進んでいくとすぐに母屋が目に入ってきた。



「日本秘湯を守る会」の提灯と、「日本源泉かけ流し温泉協会」の看板が掲げられている。
もうこれだけで期待は高まる一方だ。
さっそくチェックインすると、女将さんから衝撃の一言が。
本日泊まるのは私だけだという。
今までいくつも温泉宿には泊まってきたけど、そんなことはいまだかつてなかった。
という事は、あのお湯と、旅館のサービスを独占で楽しめちゃうってことか・・・。
昨日に続いてなんて贅沢なんだ・・・。



館内も、古き日本の温泉宿を思わせてくる趣あるつくりとなっており、他に宿泊者がいないこともあって聞こえてくるのは川のせせらぎのみ。
今夜もまた、静かにゆっくりと過ごせそうだ。
なにはともあれ夕食前に入浴だ。
名物の河合沿いに設置された洞窟風呂、いよいよ味わう時が来た。


もうそこが目に入った瞬間に嬉しくなっちゃった。
そのロケーション、雰囲気ともに素晴らしく、お湯はこれでもかというくらいに澄み渡っている。
足元から常時湧き上がってくるというお湯は、300年以上も前から噴出しているらしい。
源泉温度はぬるく、「1時間入らずして長湯を語るべからず」という言葉が残っているほど。


入ってみるとなるほどぬるく、真冬の今だと身体を完全に沈めていてもほのかな寒気を感じるほど。
かつて行った長野の白骨温泉を思い出させてくれるが、体感的にはあそこよりもぬるい感じだ。
これなら確かに1時間以上は入らないと湯冷めしてしまいそうだ。
まぁ誰も来ないので本当に何時間でも入ってられそうな感じではあった。
実はここは混浴なのだが、バスタオル巻き可能なのでこの素晴らしさを女性でも存分に楽しめる。
だけど真っ裸で入る解放感はすさまじく気持ちいいものがあったので、気にしない女性の方は試してみては。
女性専用野天風呂もあるけどこじんまりとしていて、とてもここで味わうほどの解放感は得られないだろうし。



夕食は女将さんお手製の郷土料理を味わえる。
味も量も申し分ないのだが、名産の馬刺しには複雑な思いを抱かざるを得なかったね・・・。
なんせ競馬ファンですから。競走馬が走れなくなった後の末路を知っているだけに・・・。
泣きながら完食しておきました。


夕食後は再び入浴。
今度は本当に1時間以上じっくりと入った。
外湯は洗い場がないのだか、湯船とセパレートされた場所に洗い場があってそこで身体を洗う。
次々とお湯が沸きだして洗い場に流れ込んでおり、洗い場から排水溝に流れ出ていくのでボディソープもシャンプーも使える。
もちろんシャワー設備は付いてないので、温泉のお湯で流すことになるのだが、お湯はとてもきれいだし他に入浴客もいなかったのであまり気にならなかった。
どうしても嫌な人は内湯の家族風呂を借りればそこにはシャワーが設置されている。
ちなみに家族風呂はお湯の温度も熱いくらいなので、外で湯冷めした場合に温まりなおすこともできる。
宿泊者が誰もいない今夜は、どちらのお風呂も使いたい放題であった。


壁湯温泉旅館福元屋さんは期待通り、いや期待をはるかに上回る素晴らしいお宿でした。
ここは本当にお勧めできる宿です。
一人きりで使えた今夜はラッキーだったけど、旅先で出会った人とともに長時間湯船に浸かって裸の付き合いをするのもまたよさそうだなと思いました。


壁湯温泉データ

泉質:単純温泉
温度:39℃
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、産後回復期、疲労回復、健康増進、神経痛など

2019/01/09

九州満喫遠征2日目その2~長湯温泉(大分県)

ななつ星撮影を終えた後再び豊後竹田駅に戻り、昼食後に駅前から出ている路線バスに乗り込んだ。
これから今日泊まりに行く温泉地を目指す。
今回の旅で最初に行く温泉、それは長湯温泉だ。
長湯温泉と言えば、その炭酸濃度の高さから「日本一の炭酸泉」と呼ばれることもあり、これまであまり炭酸泉には縁がなかった私だけに楽しみにしていた。


1時間程度でバスは長湯停留所に着き降り立った。
何はともあれ、ここに来たからには行っておきたい場所があった。
それはラムネ温泉。共同浴場ながら、長湯を象徴するまさにラムネのようなシュワッとした炭酸泉が楽しめる。
ところが・・・なんと今日水曜日は定休日だって!?



そりゃさ、よく調べてこなかった自分が悪いんだけどさ、ガッカリじゃない。
入りたかったなぁ、ラムネ温泉。
一瞬明日の開店時間待って入っていこうかと思ったけど、明日は明日の予定があるので泣く泣く断念した。
しかし、泊まる宿にチェックインするにはいささか時間が早すぎる。
そこで別の旅館のお湯に立ち寄り湯することにした。


長湯の温泉街をプラプラ歩いていると川沿いにこんな場所が目に入ってきた。



これが長湯温泉名物、ガニ湯だ。
野ざらし!
これにどうやって入れっていうのよ。
以前、三朝温泉に行った時も「河原風呂」という似たようなものがあったけど、あそこにはそれでも葦簀が設置されてあって、一応は外から見えにくくする配慮はされてあった。
しかここはまさに丸見え。
一応脱衣所的な場所は外から見えない橋の下になっているわけだけど、そこから湯船まで裸で移動すれば結局丸見えだ。
今日は平日なのでほとんど通行人もいなかったのでネタとして入っても良かったが、肝心のお湯が冬に入るにはぬるすぎたので断念。
結局近くにある旅館のお湯に立ち寄り湯することにした。



大丸旅館さん。長湯温泉の老舗のお宿だ。
立ち寄り客も快く受け入れてくださり、また平日で誰もいないこともあって湯の花浮く新鮮そのもののお湯を堪能できた。
いやぁ、気持ちよかった。全身に染みわたる長湯の湯。
お湯を叩いてみると、さすがに炭酸泉だけあってコーラやサイダーのようにジュワ~っとなるのが面白い。
こうしてまずは新年最初の温泉を堪能できた。


長湯温泉は効能あらたかだが、それは入浴だけに限らず、飲泉でも知られる。
街中にはそんな飲泉ができる設備が存在しており、物は試しと私も飲んでみることにした。



うん、ちょっとハードル高いかな。
ほぼ鉄の味しかしない(血を飲んでいるがごとく)ので、軽く口に含む程度しかいけなかった。
それでも身体にはいいみたいだが・・・。


そうこうしているうちにも、いい時間になってきたので今夜の宿にチェックインすることにした。
本日お世話になるのは「宿房 翡翠之庄 The Kingfisher resort」さん。
長湯の温泉街を見下ろす山の上にある広大な土地に離れの旅棟をいくつも持つ、ハイグレードなお宿だ。
自分へのご褒美の旅なのだからこんな場所に泊まってもいいよね。



そしてここでも平日来訪の恩恵を受けることとなった。
私が予約したのは、贅沢と言ってもそこは一般客室。
だけど宿泊者が他に数名だけで部屋が空いているという事で、値段据え置きで離れの客室にアップグレードしてもらえた。
そんなお心遣いがものすごくうれしかった。
通された部屋は静かで落ち着いて、そして一人で利用するには広すぎの、贅沢すぎる空間だった。



ゆったりと過ごすにはうってつけ。
疲れ果て、いろんなしがらみから逃れてきた身には本当にありがたい。
またお湯も貸切風呂が基本で他の宿泊者に出くわすこともなく、まさにじっくりと味わうことができた。
あの怒涛の日々を思い出し、頑張ってきた自分を思うと感無量になってしまった。
日頃の苦労は報われるのだと、改めて感じながら静かな夜は更けていった。


長湯温泉データ

泉質:炭酸水素塩泉・二酸化炭素泉
温度:24.6℃ - 52℃
効能:糖尿病・胃腸病・心臓病など

2018/12/24

鬼怒川温泉(栃木県)

撮影で寄った鬼怒川温泉だけど、もちろんこの場所に来たからには温泉にも入ってきました。



あまりにも有名な温泉地だけど、有名すぎるゆえか、実はこれが初めての来訪となりました。
個人的な鬼怒川温泉のイメージは、川沿いとか、歓楽温泉とかそんな感じでしたかね。
たしか有名な秘宝館はすでに閉館してしまっていたんでしたかね。
ああいうのも昭和の温泉地文化の象徴だと思うので残っていてほしかったものですが。
昨今のイメージ戦略もあるのか、今の鬼怒川温泉街はおしゃれな街並みであると感じました。


今回立ち寄り湯したのは仁王尊プラザさん。



鬼怒川温泉のホテルや旅館は、あまり立ち寄り客歓迎なところは少ない中、こちらは積極的に受け入れてくれている。
源泉100%かけ流しが売りで、湯船も露天あり屋形船風呂ありで楽しめる。
今回は撮影の合間に入浴に寄ったので、露天風呂のみの入浴としたが、ぬるめで湯の花が漂う心地よいお湯でした。
そうでなくても長時間でも入ってられるお湯なのに、他に入浴客が誰一人いなかったので貸し切りで本当にのんびりできました。
激務で疲れ果てた体を少しは労われたんじゃないでしょうかね。
本格的な温泉旅が年明けに控えているけど、まずは名湯鬼怒川で命の洗濯をすることができました。



鬼怒川温泉データ

泉質:アルカリ性単純泉
温度:40℃前後
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、 慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進

2018/11/17

稲荷山温泉(長野県)

先般の長野遠征時に宿泊したのが稲荷山温泉。
その名の通り、稲荷山駅の付近に沸く温泉だけど営業的には1軒のホテルがあるのみの温泉だ。
最寄り駅はJRの稲荷山と、しなの鉄道の屋代だけど、どちらの駅からも遠いので歩いていくのはなかなか大変。
宿泊も日帰り入浴も可能で、主に地元の人に愛用されている温泉なのだろう。

お湯は内湯と露天風呂、そして外湯と3つの湯船が楽しめる。
内湯はぬるめで、露天は熱めなのでお好みで。
寒い時期は冷え切った身体に露天風呂の熱いお湯がジンジンと響いて気持ちよい。
癖のないお湯なので長湯も可能です。
宿泊設備的にはほぼビジネスホテルですが、ロビーの雰囲気のみに温泉旅館の雰囲気がわずかに感じられます。
気軽にリーズナブルに利用できるので、稲荷山付近に用事がある人は宿泊の候補に考えたいところです。


稲荷山温泉データ


泉質:酸性硫化水素泉
温度:不明
効能:婦人病・リウマチ・神経痛

2018/08/29

越後湯沢温泉(新潟県)

昨日北海道から戻ってきたばかりではあるが、次の予定に向けて早くも動き出した。
夕方から新幹線に乗り一路越後湯沢へ。
明日のカシオペア撮影のための前乗りだ。
一路といっても、新幹線でわずか30分程度の短い距離。
そんな場所にある越後湯沢だけど、スキーをやらない私は今まで一度も行ったことがなかった。
近そうで遠い町越後湯沢、今回ついに降り立ちます。



さっそく明日の撮影ポイントをロケハン。
無事に見つかったので早々にホテルへと引き上げました。
明日は早いし、何より北海道遠征帰りで無駄に体力を消耗したくないですからね。
越後湯沢の町は坂道が多くて、駅の反対側へ駅構内を通らずに回ろうとすると、ものすごい迂回をする羽目になります。
そう、結局無駄に体力使っちゃいました(苦笑)。



でも大丈夫。
せっかく湯どころ越後湯沢に宿をとったのだから、温泉大浴場付きの場所に決まってます。
オフシーズンで宿泊客もほとんどいなかったので、独占で思う存分湯を楽しめました。
オフシーズンだからなのかわからないけど、飲食店の類はたいてい19:30閉店だったことだけは閉口しましたが・・・。
さぁ、明日は撮影頑張るぞ。


越後湯沢温泉データ


泉質:単純温泉、硫黄泉、塩化物泉
温度:32 - 83 ℃
効能:中風、胃腸病、外傷、婦人病、リューマチ

2018/08/27

北海道てつ旅2018晩夏〜その5 生田原温泉(北海道)

撮影を終えた私は、小雨や汗で濡れた身体を清めるべく温泉に入りに行くことにした。
生田原駅の目の前にあるホテルノースキングはこのあたり唯一の宿泊施設にして、温泉があり立ち寄り湯もできるのだ。
撮影ポイントから生田原までは多少遠いけど、タイミングよくバスが通りかかる時間帯だったので無駄にスタミナを消費せずに済み、またゆっくりと温泉で過ごすこともかなった。



冷鉱泉の温泉は適度に加熱されて心地よく、内湯のみだけど空いていたのでのんびりと身体を労われた。
打たせ湯もあるので荷物を背負って凝り固まった肩をほぐしておいた。
入浴後は併設されているレストランで昼食。
ついでにこれまでのブログも持参したMacbookでささっと書いておいた。
石北本線の長い列車待ちの時間もここに滞在すれば有効に活用できるって寸法です。
早朝に常紋に撮影に行く人が宿泊するなど、ここノースキングは鉄道ファンご用達のホテルと言っていいんじゃないですかね。


生田原温泉データ


泉質:アルカリ性低張性冷鉱泉
温度:16.3℃
効能:疲労回復など

2018/07/22

豊野温泉(長野県)

先日長野遠征した際に、空き時間で温泉にも立ち寄っていた。
行ったのは豊野温泉りんごの湯という場所。
温泉だけでなく、食事や休憩もできるスーパー銭湯的な温泉施設で、入館料わずか410円という安さが魅力。



浴場(露天)からは、しなの鉄道や北陸新幹線の走行シーンを眺めることができ、
新幹線に関してはおおまかな通過時刻が書かれた案内が貼ってある。
温泉好きで鉄道ファンの私にはピッタリな温泉だった。
毎月5日、15日、25日は名産のりんごが湯船に浮かべられ、りんごの香りに包まれたお湯を楽しめることだろう。
残念ながら今回行ったときはりんごは浮いてはいなかったのだが・・・。


湯上りに一杯。



瓶のコーヒー牛乳なんて数年ぶりに飲みました。
やっぱり湯上りにはこれですよね!


115系長野色@古間~黒姫
115系長野色@古間~黒姫 posted by (C)Tylor


しなの鉄道線の豊野駅より徒歩圏内なので、しなの鉄道を撮影に来た帰りに立ち寄ることもお勧めします。


豊野温泉データ

泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉(弱アルカリ性・低張性・高温泉)
温度:42.4℃
効能:疲労回復、健康増進、神経痛、筋肉痛、関節痛、関節のこわばり、うちみ、くじき、切り傷、やけど、慢性皮膚病、消化器病、婦人痛、冷え性など

2018/06/13

北海道てつ旅2018初夏〜その7 豊浦温泉(北海道)

全ての撮影行程を終えた私は、疲れ冷え切った身体を労わるべく豊浦にある天然温泉施設、しおさいを目指した。
礼文駅からちょうどここへ行けるバスが出ていたのでこれ以上濡れずに移動できた。
地元のお年寄りたちばかり乗るバスは、あちこちいろいろ迂回しながらしおさいへ向かった。
列車の本数が少なすぎて、地元民にとってももはや日常的な利用は考えづらくなっているのだろう。
バスが重宝されてしまうのも仕方がない。
それに地元の高齢者は無料なのか、誰一人運賃を支払わずに降車していたね。

そして到着。
結構な大きさに驚く。



豊浦には過去何回も来ているけど、ここには来たことがなく、昨年タクシー運ちゃんに勧められた時も時間の都合で行くことはできずにいたけど、きっと小さな入浴場なんでしょ?という先入観は見事に覆された。
しおさいは、立ち寄り客だけでなく宿泊も可能な、総合温泉施設であった。


湯船も広く、大勢の地元民や旅人が入浴していた。
きっと夏シーズンには海水浴客が身を清めに大勢立ち寄るのだろうね。
湯加減もちょうどよく、これまでずっと寒い思いをしてきただけに、余計に身に染みた。
いやぁ、来てよかった。また豊浦付近で撮影する機会があったら是非寄りたい。


こうして本当にすべての行程を終えた私は名残惜しい気持ちを抑えて日常への帰路へ着いた。
今回の旅は天候に恵まれたのはわずか1日だけで、不完全燃焼に終わったので、夏の間にぜひまた北海道には来ようと思う。


豊浦温泉データ

泉質:カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
温度:46.5~53℃
効能:神経系、冷え性、疲労回復など

2018/03/08

上牧温泉(群馬県)

私が上越線に鉄道撮影に訪れた際によく利用してきたのが上牧温泉である。
水上の一つ手前の上牧駅と言う無人駅から徒歩で5分以内で温泉地に行ける。
その中でも「風和の湯」という日帰り入浴施設にたびたび入浴してきた。



鄙びた田舎の日帰り入浴の施設だから規模は小さく、湯船も内湯外湯とあるものの小さ目。
とくに外湯は3人も入れば肌と肌を密着させてのギュウギュウ詰めになってしまうでしょう。
それでもお勧めなのがこの外湯。
上牧温泉は源泉温度42℃とそのままで適温だが、この外湯は推定38℃前後とぬるめ。
それゆえジックリと長湯が楽しめる。
温泉好きなもののあまり長湯が得意でない私でさえ、その心地よさに普通に1時間は入っていられる。
冬場などは汗一つ流すことなく湯浴みを楽しめるだろう。
内湯は源泉温度に近く、温まりたい人はこちらに入ればいい。

施設の人によれば平日は空いているそうなので、外湯にじっくり入りたければ平日が狙い目。
それでも地元のお年寄りや、水上方面へのハイカーなどの姿が絶えることなく、愛用され続けている。
こじんまりとはしているものの、知る人ぞ知る名湯と言っていいだろう。



上牧温泉データ

温度:42℃
泉質:カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉
効能:動脈硬化症、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、疲労回復など

2018/01/10

九州の温泉と鉄道を味わい尽くす旅その11~人吉温泉(熊本県)

清武でのななつ星撮影後、宮崎に戻った私は高速バスへ乗り込んだ。
旅も後半戦。今夜は温泉宿に泊まる。この旅最後の温泉地だ。
向かったのは熊本にある人吉温泉。
再度熊本に戻ってきたわけですね。
ただし人吉は肥薩線沿線なので、熊本城などがあった街中とはまるで違う山の中。
折しも警報レベルに発展する恐れのある雪予報が出ている熊本。
行く前は結構悩みました。
このまま温暖な南九州、それこそ鹿児島までななつ星を追っかけて行きたいなぁって。
でも予約してしまった宿をキャンセルするのが躊躇われ、予定通り向かうことになった。
ただバスの車内で熊本に入っても青空が広がっている地域も見受けられたので、若干安心できましたが。

そしてついた人吉。



昨日あたりからずっとそうなんだけど、ここ人吉でも天候はめまぐるしく変化。
基本雨なんだけど、雪に変わったり突然晴れたり。
きっとこの旅はずっとこうなんだろう、そう思うことにした。



人吉と言えば、鉄道ファンなら誰でもSL人吉は知っていることだろう。
そんなSLが走る街だけど、本来温泉が有名。
そんな人吉温泉が今夜の宿。
なぜこの温泉を選んだかと言えば肥薩線の撮影もしたかったからだけど、それはまた別のエントリで。



今宵泊まる鍋屋本館さん。
気になるお風呂は洗い場が総畳敷きという珍しいもので、露天こそないものの趣向を凝らした浴場が楽しめる。
部屋の外には球磨川が流れ、そのせせらぎを聞きながら眠りにつける。



いやね、お湯は本当に最高でした。
適温でずっと入ってられる炭酸水素塩泉。
実に気持ちい。これを味わえるのだから来てよかったと思う。
たいして雪も降ってなかったしね。



夕食。
さすがは人吉。お鍋も趣向を凝らしてますね。
SL鍋。頃合いになると湯気が立ち上ります。鉄道ファン感激!
そして食べきれないほどの量の数々の料理が運ばれ、大食漢の私も限界までお腹が膨らみました。
いやぁ、食った食った。
お湯も、食事も、満足過ぎるほど満足できましたよ!

人吉では翌日の朝の撮影後、別の宿で立ち寄り湯もさせてもらいました。



人吉旅館さん。
忙しい時間帯に快く受け入れていただき感謝です。
落ち着いて過ごせそうなお宿でしたので、泊まるならこんな宿もいいなぁと思いましたよ。


人吉温泉データ


温度:不明
泉質:炭酸水素塩泉
効能:腰痛、肩こり、婦人病など

より以前の記事一覧