2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「東北本線」の記事

2018/07/14

カシオペア紀行撮影@シーズンオフの蒲須坂

連休2日目はカシオペア紀行の撮影に出向きました。
本来なら今日はカシを撮る予定じゃなかったので、せっかく巡ってきた機会だと、6月の終わりに悔しい思いをした蒲須坂に再びやってきました。通算4度目、今度こその思いです。
先日お会いした同業の方が数名おられ、みんな考えることはいっしょなのだなと感じました。

それにしても今日はすさまじい暑さでした。
ギラギラの太陽に「夕方までその調子で頼むよ」と祈っておきます。
貨物ちゃんねるやTwitterなどで今日は久々に95号機が入るんじゃないかと噂されており、久々の対面を期待したわけですが、結局釡は81号機。
雲を呼ぶ釡が登板したことで、この先に不安な気持ちしかよぎりません。
案の定15時くらいから西の空は鉛色の雲で覆われてしまいました。
涼しくはなったけれど、予想を裏切らない展開にガッカリです。
それでもどうにか隙間から日差しが届かないかなと淡い期待を持って本番を迎えましたが・・・。


EF81-81牽引カシオペア紀行@蒲須坂築堤
EF81-81牽引カシオペア紀行@蒲須坂築堤 posted by (C)Tylor α99 II SAL70200G2
東北本線/蒲須坂-片岡


結局今日は残照すらない薄暗い中での本番となってしまいました。
前回はヒガハスでの人身事故、今回は浦和駅での急病人の影響で10数分の遅れでしたが、今回に関しては遅れ云々関係ないくらいの完敗の空模様でした・・・。


カシオペア紀行盛岡行き


20人くらい集まった同業者たちもみな一様に苦笑いの中の解散となりました。
夕方の蒲須坂でのカシ撮りもぼちぼちシーズンオフ。
また来年への宿題が残りましたが、撮りたいものが残っているって事は幸せなことだと自分に言い聞かせ、家路につきました。

2018/06/29

カシオペア紀行撮影~梅雨明けの蒲須坂で3度目の正直なるか!?

平日運行のカシオペア紀行がある日にちょうど休みだったので撮影に出向きました。
折りしもこの日、関東地方は観測史上最速で梅雨明け宣言が出て夏空が広がるバリ晴れとなっており、また夏至の一番日が長い時期・・・ということで、因縁のあの場所へ行くことにしました。
その場所とは蒲須坂の築堤です。
日が長い時期限定で可能な下りカシオペア紀行の撮影に去年、一昨年と挑戦しておりましたが、2年続けて通過直前に太陽が滅せられるという不運にあっておりました。


2016年

8009レ カシオペア紀行@蒲須坂~片岡
8009レ カシオペア紀行@蒲須坂~片岡 posted by (C)Tylor


2017年

9011レ EF81-98牽引カシオペア紀行@蒲須坂~片岡
9011レ EF81-98牽引カシオペア紀行@蒲須坂~片岡 posted by (C)Tylor


今のカシオペア紀行のスジでは蒲須坂の築堤通過はおよそ18:30前後となっており、日没が19:03な今なら晴れてくれさえすれば間違いなく勝てるはずなのですが、この日の予報では17時以降は次第に曇るとなってました。
「SCW」を見て一喜一憂しながら本番に向けて構図を作ります。


E531系@蒲須坂ー片岡
E531系@蒲須坂ー片岡 posted by (C)Tylor α99 II SAL70200G2
東北本線/蒲須坂ー片岡


初撮影となるE531系。好きな色合いですね。
15時台はまさに抜群の夏空が広がってました。
日差しをまともに浴びて暑くてたまらなかったけど、それこそが勝利への期待を抱かせてくれました。


ところが夕方17時近くになってくると西の空にモクモクと雲が発生してしまいました。
天気予報通りとは・・・。
普段は外しまくりなくせに、こういう時だけ当たるのかよと愕然。
そしてその雲は勢力を拡大し結局西の空を完全に覆ってしまい、あれだけ降り注いでいた夏の日差しが隠れてしまいました。
18時を回っても状況は改善せず、15人ほど集まった同業者たちにも諦めの表情。
立ち去る人もいる中、私はせっかく遠路はるばる来たのだからと最後まで希望を捨てずに本番を待つことにします。
すると、奇跡的に雲の隙間から西日が復活したじゃありませんか!


205系@蒲須坂ー片岡
205系@蒲須坂ー片岡 posted by (C)Tylor α99 II SAL70200G2
東北本線/蒲須坂ー片岡


これを撮ったのが18:14くらい。
カシオペア紀行はスジ通りなら15分後。
そのくらいなら十分太陽は持ちこたえてくれそうでした。
奇跡の大逆転が目の前に見えて撮影者一同、安堵の表情が広がります。
しかし、最後の試練が待ち受けていたとは・・・。


なんと、遠くヒガハスの地で人身事故が発生しておりダイヤが乱れ、宇都宮以北でも影響が出ているらしいというじゃないですか。
Twitter情報では小山を24分遅れって書き込みがあり、それが本当ならせっかく復活した日差しが消えてしまうでしょう・・・。
18時半を回ってもカシオペアはやってこず、せっかく目の前にヴィクトリーロードが開けていたのに、西日に染まったその道しるべは儚くも消え失せてしまうのでした・・・。


EF81-98牽引 カシオペア紀行@蒲須坂ー片岡
EF81-98牽引 カシオペア紀行@蒲須坂ー片岡 posted by (C)Tylor α99 II SAL70200G2
東北本線/蒲須坂ー片岡


結局通過は18:46で15~6分の遅れ。
でもそのわずか15分が命取りになってしまうのは、過去2年と同様なのでした。
復活した日差しはお亡くなりになり、残照の中での通過でした。
98号機ということもあり、去年とほとんど変わらない絵になってしまいました。


夏の蒲須坂で3年連続の敗北。勝てないジンクスは今年も健在でした。
ヒガハスで人身事故を起こした人を恨みますよ。
ヒガハスってのが引っかかるよなぁ。まさか同業が無茶したわけじゃあるまいな?
定刻通過だったら最良のエロ光線でした。本当に痛恨です。悔しくてたまらない。
リベンジしようにも、チャンスは7月の運転予定の3つくらいで、どれもスケジュール的に厳しそう。
3年分の悔しさを引きずって、また来年の夏至まで待つしかないみたいですね・・・。
でも確かに見えたヴィクトリーロード。
あそこをカシオペアが走るシーンを撮れるまで、私は挑戦をやめませんよ!


movie今日の分を含むカシオペア紀行上半期分の動画ですtrain


2018/05/26

EF81-81牽引カシオペア紀行&クマイチキンタ撮影@ワシクリ水沢踏切

今週末もカシオペア紀行の撮影に出向きました。
当初は晴れ予報であり、またもしかして虹釡が入るんじゃないかという淡い期待もあって、サイド気味に狙える場所ということでワシクリの佐間陸橋へ行ってみようと考えていました。
ところが出発する時点でも薄曇りでわずかに日差しが届く程度だったのが、撮影地の東鷲宮に降り立った時にはドン曇り状態に。
これでは広角の風景写真などつまらない。
仕方がないので、ワシクリの中でも薄曇り推奨とされる水沢踏切で撮ることにしました。
しかしこの水沢アウトカーブ、過去2回カシオペアを撮りに来て、1回目は上りに被られ、2回目はケツ切れを犯すなど、苦手ワシクリの中でももっとも相性の悪い撮影場所。
果たして今日はどうなりますやら・・・。


現着は1番乗りだったのでべスポジ確保に成功。
キャパの狭いこの場所では、この位置を確保できるかどうかが成功への最大のカギだったのでまずはホッとしました。
練習を開始していると同業者さんがいらして、この後クマイチが上ってくるらしいと耳よりの情報をくれました。
それは運がいいと撮影ポイントから反対の上り撮影側へ。
カシオペアそっちのけでクマイチ狙いの人も数人いましたね。
皆さん、情報力ありますね・・・。


3054レ クマイチ登板!EH500-901+コキ@水沢踏切
3054レ クマイチ登板!EH500-901+コキ@水沢踏切 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
東北本線/栗橋-東鷲宮


曇り空だけど一応薄日は当たっています。
レア車両が満載のコキを牽く姿はこんな空模様の普通の編成写真でも絵になります。
惜しげもなく情報提供していただき感謝します!


ここ水沢踏切は上り下りと撮れる効率のいい場所。
今日のような空模様なら光線気にせずどちらも撮りまくれます。
185系の集約臨がやってきたのでこれも捕獲。
185系まわりも騒がしくなってきているみたいなので、押さえられるときに押さえておきたいものです。


8584M 185系集約臨@水沢踏切
8584M 185系集約臨@水沢踏切 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
東北本線/栗橋-東鷲宮


さて、上り側はこれくらいにして、そろそろ本番カシオペアに向けて構図を追い込まねばなりません。
なんせ前回は屈辱の尻切れトンボ・・・。
でもその教訓があるからこそ、どこまで構図を広げればいいかはわかったつもりです。
ポイントは島川踏切脇にある白いボックス。
カシオペアの13両はこれのすぐ後にケツが出る感じなので、15両のE231系を使い徹底的に練習です。


E231系@水沢踏切
E231系@水沢踏切 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
東北本線/東鷲宮-栗橋


念のためもう少しだけワイドに広げて本番の構図を完成させました。
私の理想は機関車をギリギリまで引き付ける構図。
さぁ、成功できるかな?


EF81-81牽引カシオペア紀行@水沢踏切
EF81-81牽引カシオペア紀行@水沢踏切 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
東北本線/東鷲宮-栗橋


やりました!
ついに苦手水沢アウトカーブを攻略です。
いや、殊の外速度遅めでやってきたので、我慢できずレリーズをだいぶ前から始めちゃって、α99 IIの秒間12コマで鬼連写をかましてしまいました。
バッファがもってくれてよかった・・・。
動画的には相当騒がしくなってしまいましたが(汗)。
そんなわけで決してスマートではありませんでしたが、成功は成功なので良しとします。


結局今回は虹釡ではなくパイパイでしたね。
パイパイも最近よく充当されるので、一時に比べてだいぶ希少価値がなくなってきたような・・・。
安定の曇り空なので、パイパイのバリ晴れ激Vは撮ってみたいですが、今はやっぱりピカピカになった虹釡に会いたい!
ただ、個人的にしばらくカシオペア撮影機会がなくなっちゃうので、楽しみは当面おあずけになっちゃいますね。


EF81-81牽引カシオペア紀行

2018/05/20

待望の上りカシオペア紀行撮影@初夏の蒲須坂

今日は待ちに待った上りカシオペア紀行撮影の日。
やっぱり寝台特急は朝方に上りを撮ってこそ高揚するってものですから。
宇都宮のビジネスホテルから始発で意気揚々と蒲須坂の撮影地に向かいました。

昨日の足場確認で立ち寄った時は数本の置きゲバがあっただけだったけど、6時前に着いてみるとすでに大勢の撮影者が臨戦態勢でひしめき合ってました。
なんせカシオペア紀行の上りのスジは朝が早い。
宇都宮以北は7時前にはカタがついてしまうわけですから、始発を待って移動じゃむしろ遅すぎる部類なわけです。


485系改 リゾート那須野満喫号@蒲須坂築堤
485系改 リゾート那須野満喫号@蒲須坂築堤 posted by (C)Tylor α99 II SAL70200G2
東北本線/片岡-蒲須坂


これは昨日の夕方のロケハン時に撮ったものです。
この時間帯はド逆光なので参考にならなかったけれど、蒲須坂のハイシーズンが冬場なのは周知の事実。
初夏の今、朝方の光線がどうなのか、夏にここで撮った経験がなかっただけにどうなるか心配でした。
まぁ見るからに真サイド光だったので結果は見えてましたが・・・。


205系@蒲須坂築堤
205系@蒲須坂築堤 posted by (C)Tylor α99 II SAL70200G2
東北本線/片岡-蒲須坂


うん、面には光線が回んないですね。
冬場とここまで太陽位置が違うものなんですねぇ。
もし短いレンズを持参していたら、田んぼの方から広角サイドの構図に切り替えていたかもしれません。
実際最初からそっち狙いの方も大勢いましたし。
でも、持参したレンズが70ミリスタートのものしかなかったので、選択肢はかぶりつき一択です!
そして現着して1時間経たないうちに、早くもカシオペアが姿を現しました!


EF81-139牽引 久々上りカシオペア紀行@蒲須坂築堤
EF81-139牽引 久々上りカシオペア紀行@蒲須坂築堤 posted by (C)Tylor α99 II SAL70200G2
東北本線/片岡-蒲須坂


面が潰れちゃっている以外は完璧ですね。
ちなみに下の写真は昨年2月初旬に同じ位置で撮った時のものです。
光線状態がここまで違うものなんですね・・・。


8010レ EF81-98牽引カシオペア紀行@蒲須坂築堤2
8010レ EF81-98牽引カシオペア紀行@蒲須坂築堤2 posted by (C)Tylor


Twitterの情報では、各地で撮影者が苦戦していた様子がうかがえました。
私が蒲須坂と天秤にかけてやめた片岡では貨物に裏被りされたようですし、他でも面潰れは避けられなかったようです。
でもまぁ、ベタ光が全てじゃないし、上記の2つの写真みたいに季節ごとの変化を感じられるのもいいんじゃないでしょうかね。
そもそも昨日の予報では、カシオペア通過時間帯だけ曇りマークだったのが、これだけのバリ晴れになったわけですから贅沢は言えません。
ドン曇りよりは全然いい。


これだけ撮って7時前には撤収です。早っ(苦笑)。
上りカシオペア紀行、次いつあるかわからないけれどまたやってほしいですね。
ぜひとも冬場に(笑)。


カシオペア紀行上野行き

2018/05/11

EF81-81牽引カシオペア紀行撮影@禁断のワシクリ

今日は平日にカシオペア紀行が運行される日。
平和に撮りたかったのでこの日に休みを入れてました。
今日は終日晴れるっぽかったので、過去に曇りカットしか撮れてなかった場所で撮ろうと考えました。
日照時間の伸びを考慮しても、今回はクリコガだなと思い、古河に向けて出発。
ところが、向かう車内で古河の撮影ポイントを見たら、正午前にもかかわらずすでに置きゲバ5~6本してあるじゃないですか。
平日とは思えない出足の早さに唖然としました。
正直、1時間弱歩いてポジションとれなかったら最悪なので、この状況を見た時点でクリコガは勇気ある撤退を決断しました。

代わってやってきたのは、空いていたワシクリの黒小屋踏切。
今は田植えシーズンなので、まだ植えたての稲をアクセントに季節感ある写真が撮れるんじゃないかと期待しました。


8685レ EF65-2057+タキ@黒小屋踏切
8685レ EF65-2057+タキ@黒小屋踏切 posted by (C)Tylor α99 II SAL2470Z
東北本線/東鷲宮-栗橋


4093レ EF210-12+コキ@黒小屋踏切
4093レ EF210-12+コキ@黒小屋踏切 posted by (C)Tylor α99 II SAL2470Z
東北本線/東鷲宮-栗橋


平日なので貨物列車も活発に運行しております。
ロクゴーが撮れて良かった。
今日は風が結構強かったので、水田の水が揺れて水鏡には厳しい状況だったことだけが残念でした。


E231系5両@黒小屋踏切
E231系5両@黒小屋踏切 posted by (C)Tylor α99 II SAL2470Z
東北本線/東鷲宮-栗橋


回送でしょうか?5両編成のE231系です。
10、15両の長いのが当たり前なのでなかなか新鮮な感じですね。
まぁいずれ地方に天下ったらこんな感じの姿で走るんでしょうが・・・。


ところで私にとってワシクリはそのすべての撮影ポイントで相性が最悪なのです。
被られたり、ケツが切れたり、ブレたり、ドン曇ったり、とにかく成功カットがなかなか撮れてませんでした。
それゆえ、前回水沢でケツ切れ失敗をした際、もうワシクリは禁じ手にしようと宣言しました。
それを覆し、捲土重来を期して1年ぶりに訪れたわけですから、今日は負けるわけにはいきませんでした。
幸い、今日の空なら曇る要素は皆無!
あとは構図と切る位置を間違わなければ大丈夫!


9011レ EF81-81牽引カシオペア紀行@黒小屋踏切
9011レ EF81-81牽引カシオペア紀行@黒小屋踏切 posted by (C)Tylor α99 II SAL2470Z
東北本線/東鷲宮-栗橋


うむ、今回は久々にまともに撮れましたかね。
今回の牽引はまたまたパイパイということで、本当なら機関車重視の構図で撮りたかったところですが、まぁ季節感ある写真を撮ることもテーマの一つだったので、プチ水鏡っぽい写真になったし良しとしましょう!
禁じ手のワシクリでなんとかリベンジを果たせ、爽やかな気分で岐路につけました。
カシオペア紀行、来週は待望の上りが設定されてますね!


カシオペア紀行盛岡行き

2018/03/24

祝・再開!カシオペア紀行撮影@ワラナン超望遠圧縮構図

冬季は設定がなかったカシオペア紀行が実に久しぶりに走るという事でワクワクして撮影に出かけました。
出向いたのは南浦和。おなじみワラナンです。
と言っても浦電横のS字ではなく、浦和自動車教習所横の歩道橋。
ここには去年夏のカリがあったのです。
ワラナンでは何度も撮ったけど、まだ試してない構図があって、それは超望遠で思い切り圧縮させて綺麗に収めるというもの。
以前ネットで作例を見て、自分でも撮ってみたいと考えていました。


651系特急草津@蕨~南浦和
651系特急草津@蕨~南浦和 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
東北本線/蕨-南浦和


前回サードパーティレンズのAFの迷いに翻弄された経験を踏まえ、今日は純正レンズを使用。
ただし、今回狙う構図はAPS-Cの400ミリ、つまり640ミリ相当でもやや足りないくらいです。
それだけの超望遠域での撮影は神経を使います。
立ち位置と構図を追い込むのに時間を要し、12時前には現着していたのに結局固まるまでに何時間も要してしまいました。
だから基本E231やE233ばかりしか来なくても、退屈している場合ではなかったです。


251系スーパービュー踊り子@蕨~南浦和
251系スーパービュー踊り子@蕨~南浦和 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
東北本線/蕨-南浦和


まぁ土曜日だけあって、それなりに多くの車両が通るのですが。


構図が固まってしまうと、あとは去年大失敗した最大の要因である上り電車との被りがないかどうか。
浦和を16:33に出る湘南新宿ラインの行方が気になるところです。
カシオペア紀行のワラナン通過は定刻で16:34~35なので、絶妙なタイミングで被ったりする場合も多く、気が気じゃありません。
ましてや今日の牽引機は元お召機パイパイ。失敗が許されるものではないですから。
これだけたくさんの撮影者が集ったのだから、きっと被りの心配がないんだよね、と自分に言い聞かせて待ちました。

そしてカシオペアが姿を現しました。
背後からは列車走行音は聴こえてきません。
構図をミスってなければ勝てる!


EF81-81牽引!久々再開のカシオペア紀行@蕨~南浦和
EF81-81牽引!久々再開のカシオペア紀行@蕨~南浦和 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
東北本線/蕨-南浦和


・・・やりました、完璧です。
思い描いた通り、絶妙な位置で収まるんですよね、この構図って。
カーブを曲がり切りUの字になったカシオペア。
直線で撮るのもいいけど、こんな具合に撮っても絵になるから超大編成はいいですね。
ここのところ115系にしても189系にしても6両編成ばかり相手にしていたので、久々のこの感覚に酔いしれました。
それにしてもこれだけ思い切り圧縮すると鉄道模型みたいですねぇ。
はぁ、やっぱりカシオペアはカッコいいわ・・・。


こうして無事に去年のリベンジを果たすことが出来たのでした。
やっぱりカシオペアを撮る時の緊張感はたまらないものがありますね!
今後の設定も続々と決まっているし、昨年は曇り空での撮影ばかりだったので、今年は綺麗な青空の下で撮りたいし、関東内だけじゃなく、一度くらいは青森方面へ出向いて撮影できたらいいなと考えております。

2017/10/01

バリ順激V!久々上りカシオペア紀行撮影@氏家~宝積寺

今日は北海道帰りラスト以来、実に久々に上りのカシオペア紀行がある日。
宇都宮のビジネスホテルでAM4時前に起床し、タクシーで撮影地を目指した。
今回の貴重な上りをどこで撮るか熟考に熟考を重ねた。
大好きな黒磯以北で撮ろうか、それとも蒲須坂あたりか。
天気がバリ晴れになりそうなだけにどこでも勝てそうだったけど、さらに完全勝利を狙うならどこか。
黒磯以北だとまだ陽が昇りきらないかもしれず、蒲須坂はハイシーズン前。
様々な条件を考慮し、目指したのは氏家~宝積寺の撮影地。
計算通りならここがVポイントになるはず。

この撮影地、かつてカシオペアの定期下りラストラン当日の朝の撮影に訪れた経験があった。
だけどあの時は土砂降りでVには程遠く、また動画撮影でも屑鉄の乱入事件があったりで不完全燃焼だった。
今回、あの時のリベンジも果たしておきたい。


エロ光線を行く205系@氏家-宝積寺
エロ光線を行く205系@氏家-宝積寺 posted by (C)Tylor α99 II SAL70200G2
東北本線/氏家-宝積寺


現着は5時前。来ていた同業者は他に2名だけだった。
夜が明け、エロ光線の時間帯となりさっそく撮影開始。
思惑通りこの後最高の条件となりそうな予感がプンプンしてきた。


E231系@氏家-宝積寺
E231系@氏家-宝積寺 posted by (C)Tylor α99 II SAL70200G2
東北本線/氏家-宝積寺


陽が木々の上に昇り、影落ちもなくなったのはまさにカシオペアが通過する10数分前。
空は一面の青空で雲一つない状況。
もはや遮るものは何もない中、カシオペアが姿を現した。


激V!EF81-97牽引カシオペア紀行@氏家~宝積寺
激V!EF81-97牽引カシオペア紀行@氏家~宝積寺 posted by (C)Tylor α99 II SAL70200G2
東北本線/氏家-宝積寺


・・・いただきました。
久々に言っちゃいます。これは激Vです!
完全順光の状態で目の前を通過する美しい列車を眺めていたら思わずジーンと来てしまったよ。
思えばカシオペア紀行の撮影は、7月以降はすべてドン曇り状態でしか撮影出来てこなかったからなぁ。
これだけ最高の条件下で撮影が叶ったのはいつ以来なのか、もはや思い出せない。

あとで確認したところ、蒲須坂はやっぱり面が弱かったようで、こっちに来たのが正解だった。
通過時間の太陽高度も架線の影落ちが出ない角度で、列車に余分な影はどこにも落ちていない。
間違いなく今日のVポイントはここでした。
にもかかわらず、撮影者は私を含めわずか4人。みんなで喜びを分かち合いました。
やっぱり東北本線の撮影は朝方の上りを撮ってこそだと思いましたね。
カシオペア紀行、また上り設定を入れて欲しいですね。
冬場の澄んだ朝にまた撮りたいです。

2017/09/23

久々虹釜対面!カシオペア紀行撮影@収穫のヒガハス

朝の撮影予定は雨だったのでパスした。
午後はドン曇りながら薄日とわずかな青空が覗きだしたので気を取り直してカシオペアの撮影に向かった。
今週の宇都宮配給と神立試単が95号機充当だったので、法則的にカシオペアもそうかなと期待していたら思惑通りだった。
個人的には昨年8月のカシオペアクルーズ以来、およそ13か月ぶりの虹釜との対面となるのでテンションが上がりました。
せっかくのレインボー機、やはりここはサイドで撮りたいところ。
ということで、ここのところ続いてはいるけれど、今回もまた安心、安定、安直、安易なヒガハスで撮ることに決めました。


4093レ EF66-103+コキ@ヒガハス
4093レ EF66-103+コキ@ヒガハス posted by (C)Tylor α99 II SAL2470Z
東北本線/東大宮-蓮田


ヒガハスはまさに稲刈り直前。
同業者氏が言うには、刈られるのは明日じゃないかという。
今年の収穫をアクセントに撮れるラストデーってことで、空は雲ばかりだけどここに来てまぁ良かったかなと思った。


9883M 集約臨185系B5+C7編成@ヒガハス
9883M 集約臨185系B5+C7編成@ヒガハス posted by (C)Tylor α99 II SAL2470Z
東北本線/東大宮-蓮田


個人的な「収穫」と言えばこれ。
185系の集約臨が数多く走っているのは知っていたけど、湘南色塗装ブロックが入っていたとは知らなかった。
まさに僥倖。これを捕獲できたんだから天候にめげずにやって来た甲斐があるというものです。
185系を狙って撮りに行く機会もないので、これが最後の遭遇かもしれないですしね。


9011レ EF81-95牽引カシオペア紀行@ヒガハス
9011レ EF81-95牽引カシオペア紀行@ヒガハス posted by (C)Tylor α99 II SAL2470Z
東北本線/東大宮-蓮田


カシオペア紀行はあともう少し早く来てくれれば西日が間に合ったのですがね。
それでもレインボー機の華やかさはお召機ともまた一味違う、独特の美しさがありましたね。
タイミングがずれ、1年以上も出会えなかった釜。
また撮れて良かったです。


カシオペア紀行、来週は貴重な上り設定ですね。
さて、どこに撮りに行きましょうか。

2017/08/23

夏ラスト!カシオペア紀行&宇都宮配給撮影@平日のヒガハス

個人的鉄道撮影ウィーク。
今日は仕事を早上りしてカシオペア紀行の撮影に出向きました。
仕事終わりに行けそうな手頃な場所という事で再びヒガハスへ。
朝は久々に青空が広がっていましたが、午後になると雲配給になっていたので、下りの逆光アングルへ。
陽射しが出たり曇ったりを繰り返していましたが、最終的には狙い通り(?)のドン曇りになってくれました。
結局、この夏のカシオペアは一切ピーカンはありませんでしたね!


9011レ EF81-80牽引カシオペア紀行@ヒガハス
9011レ EF81-80牽引カシオペア紀行@ヒガハス posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
東北本線/東大宮-蓮田


このアングルでカシオペアを撮るのは定期ラストラン以来となります。
そんな思い出の構図だけに、2017年夏の最後を飾るにふさわしいんじゃないでしょうかね。
80号機はロクな写真を残せていなかったので、余計な光線のない中で記録できてよかったと思います。


配8937レ EF65-1104+ホキ2B@ヒガハス
配8937レ EF65-1104+ホキ2B@ヒガハス posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
東北本線/東大宮-蓮田


水曜日という事で続行の宇都宮配給も当然回収。
PFまで押えられたんですから、水曜にカシがあって良かったですわ。

カシオペア紀行は次回は9月ですか。
ギラリと、1回ある青森→上野の回に期待ですね!
その時こそは晴れてくれ・・・。


この夏のカシオペア撮影のまとめ動画ですmovie

2017/08/12

カシオペア紀行撮影@お盆のヒガハス

北海道遠征から戻ってきたその足で、帰りがけの駄賃とばかりにヒガハスへ繰り出す私がいました。
今日のカシオペアにはパイパイが入るらしい、そんな情報を目撃し、空を眺めて祈るような思いで向かいましたが、撮影ポイントに着いてほぼほぼ諦めました(笑)。


4093レ EF210-119+コキ@ヒガハス
4093レ EF210-119+コキ@ヒガハス posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
東北本線/東大宮-蓮田


薄日は差しているものの、空全体を覆うねずみ色の雲に勝利の予感はしません。
そこで一面緑の田園を大きく取り入れ、空のスペースを少なくする構図を取ることにしました。


スペーシア金@ヒガハス
スペーシア金@ヒガハス posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
東北本線/東大宮-蓮田


16時を回る頃、ようやく分厚い雲が分断してきて青空が覗くようになってきました。
もしかして逆転勝利か!?
そう思ったのもつかの間、カシオペア通過時にはやっぱり残念な空模様で露出も落ちてしまいました・・・。


9011レ EF81-81+E26系@ヒガハス
9011レ EF81-81+E26系@ヒガハス posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
東北本線/東大宮-蓮田


パイパイ充当×今年の夏=?
もうお分かりですよね。
答えは「ドン曇り」です。
まさしく2017年の夏を象徴するような写真が撮れましたよ!


なかなか思い描いた写真が撮れない8月のカシオペア紀行。
せっかくのお召機も泣いております。
下りカシオペアが撮影可能なあと1か月余り、納得いく空模様と光線状態での撮影は叶うのでしょうか!?

より以前の記事一覧