2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「東北本線」の記事

2018/03/24

祝・再開!カシオペア紀行撮影@ワラナン超望遠圧縮構図

冬季は設定がなかったカシオペア紀行が実に久しぶりに走るという事でワクワクして撮影に出かけました。
出向いたのは南浦和。おなじみワラナンです。
と言っても浦電横のS字ではなく、浦和自動車教習所横の歩道橋。
ここには去年夏のカリがあったのです。
ワラナンでは何度も撮ったけど、まだ試してない構図があって、それは超望遠で思い切り圧縮させて綺麗に収めるというもの。
以前ネットで作例を見て、自分でも撮ってみたいと考えていました。


651系特急草津@蕨~南浦和
651系特急草津@蕨~南浦和 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
東北本線/蕨-南浦和


前回サードパーティレンズのAFの迷いに翻弄された経験を踏まえ、今日は純正レンズを使用。
ただし、今回狙う構図はAPS-Cの400ミリ、つまり640ミリ相当でもやや足りないくらいです。
それだけの超望遠域での撮影は神経を使います。
立ち位置と構図を追い込むのに時間を要し、12時前には現着していたのに結局固まるまでに何時間も要してしまいました。
だから基本E231やE233ばかりしか来なくても、退屈している場合ではなかったです。


251系スーパービュー踊り子@蕨~南浦和
251系スーパービュー踊り子@蕨~南浦和 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
東北本線/蕨-南浦和


まぁ土曜日だけあって、それなりに多くの車両が通るのですが。


構図が固まってしまうと、あとは去年大失敗した最大の要因である上り電車との被りがないかどうか。
浦和を16:33に出る湘南新宿ラインの行方が気になるところです。
カシオペア紀行のワラナン通過は定刻で16:34~35なので、絶妙なタイミングで被ったりする場合も多く、気が気じゃありません。
ましてや今日の牽引機は元お召機パイパイ。失敗が許されるものではないですから。
これだけたくさんの撮影者が集ったのだから、きっと被りの心配がないんだよね、と自分に言い聞かせて待ちました。

そしてカシオペアが姿を現しました。
背後からは列車走行音は聴こえてきません。
構図をミスってなければ勝てる!


EF81-81牽引!久々再開のカシオペア紀行@蕨~南浦和
EF81-81牽引!久々再開のカシオペア紀行@蕨~南浦和 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM
東北本線/蕨-南浦和


・・・やりました、完璧です。
思い描いた通り、絶妙な位置で収まるんですよね、この構図って。
カーブを曲がり切りUの字になったカシオペア。
直線で撮るのもいいけど、こんな具合に撮っても絵になるから超大編成はいいですね。
ここのところ115系にしても189系にしても6両編成ばかり相手にしていたので、久々のこの感覚に酔いしれました。
それにしてもこれだけ思い切り圧縮すると鉄道模型みたいですねぇ。
はぁ、やっぱりカシオペアはカッコいいわ・・・。


こうして無事に去年のリベンジを果たすことが出来たのでした。
やっぱりカシオペアを撮る時の緊張感はたまらないものがありますね!
今後の設定も続々と決まっているし、昨年は曇り空での撮影ばかりだったので、今年は綺麗な青空の下で撮りたいし、関東内だけじゃなく、一度くらいは青森方面へ出向いて撮影できたらいいなと考えております。

2017/10/01

バリ順激V!久々上りカシオペア紀行撮影@氏家~宝積寺

今日は北海道帰りラスト以来、実に久々に上りのカシオペア紀行がある日。
宇都宮のビジネスホテルでAM4時前に起床し、タクシーで撮影地を目指した。
今回の貴重な上りをどこで撮るか熟考に熟考を重ねた。
大好きな黒磯以北で撮ろうか、それとも蒲須坂あたりか。
天気がバリ晴れになりそうなだけにどこでも勝てそうだったけど、さらに完全勝利を狙うならどこか。
黒磯以北だとまだ陽が昇りきらないかもしれず、蒲須坂はハイシーズン前。
様々な条件を考慮し、目指したのは氏家~宝積寺の撮影地。
計算通りならここがVポイントになるはず。

この撮影地、かつてカシオペアの定期下りラストラン当日の朝の撮影に訪れた経験があった。
だけどあの時は土砂降りでVには程遠く、また動画撮影でも屑鉄の乱入事件があったりで不完全燃焼だった。
今回、あの時のリベンジも果たしておきたい。


エロ光線を行く205系@氏家-宝積寺
エロ光線を行く205系@氏家-宝積寺 posted by (C)Tylor α99 II SAL70200G2
東北本線/氏家-宝積寺


現着は5時前。来ていた同業者は他に2名だけだった。
夜が明け、エロ光線の時間帯となりさっそく撮影開始。
思惑通りこの後最高の条件となりそうな予感がプンプンしてきた。


E231系@氏家-宝積寺
E231系@氏家-宝積寺 posted by (C)Tylor α99 II SAL70200G2
東北本線/氏家-宝積寺


陽が木々の上に昇り、影落ちもなくなったのはまさにカシオペアが通過する10数分前。
空は一面の青空で雲一つない状況。
もはや遮るものは何もない中、カシオペアが姿を現した。


激V!EF81-97牽引カシオペア紀行@氏家~宝積寺
激V!EF81-97牽引カシオペア紀行@氏家~宝積寺 posted by (C)Tylor α99 II SAL70200G2
東北本線/氏家-宝積寺


・・・いただきました。
久々に言っちゃいます。これは激Vです!
完全順光の状態で目の前を通過する美しい列車を眺めていたら思わずジーンと来てしまったよ。
思えばカシオペア紀行の撮影は、7月以降はすべてドン曇り状態でしか撮影出来てこなかったからなぁ。
これだけ最高の条件下で撮影が叶ったのはいつ以来なのか、もはや思い出せない。

あとで確認したところ、蒲須坂はやっぱり面が弱かったようで、こっちに来たのが正解だった。
通過時間の太陽高度も架線の影落ちが出ない角度で、列車に余分な影はどこにも落ちていない。
間違いなく今日のVポイントはここでした。
にもかかわらず、撮影者は私を含めわずか4人。みんなで喜びを分かち合いました。
やっぱり東北本線の撮影は朝方の上りを撮ってこそだと思いましたね。
カシオペア紀行、また上り設定を入れて欲しいですね。
冬場の澄んだ朝にまた撮りたいです。

2017/09/23

久々虹釜対面!カシオペア紀行撮影@収穫のヒガハス

朝の撮影予定は雨だったのでパスした。
午後はドン曇りながら薄日とわずかな青空が覗きだしたので気を取り直してカシオペアの撮影に向かった。
今週の宇都宮配給と神立試単が95号機充当だったので、法則的にカシオペアもそうかなと期待していたら思惑通りだった。
個人的には昨年8月のカシオペアクルーズ以来、およそ13か月ぶりの虹釜との対面となるのでテンションが上がりました。
せっかくのレインボー機、やはりここはサイドで撮りたいところ。
ということで、ここのところ続いてはいるけれど、今回もまた安心、安定、安直、安易なヒガハスで撮ることに決めました。


4093レ EF66-103+コキ@ヒガハス
4093レ EF66-103+コキ@ヒガハス posted by (C)Tylor α99 II SAL2470Z
東北本線/東大宮-蓮田


ヒガハスはまさに稲刈り直前。
同業者氏が言うには、刈られるのは明日じゃないかという。
今年の収穫をアクセントに撮れるラストデーってことで、空は雲ばかりだけどここに来てまぁ良かったかなと思った。


9883M 集約臨185系B5+C7編成@ヒガハス
9883M 集約臨185系B5+C7編成@ヒガハス posted by (C)Tylor α99 II SAL2470Z
東北本線/東大宮-蓮田


個人的な「収穫」と言えばこれ。
185系の集約臨が数多く走っているのは知っていたけど、湘南色塗装ブロックが入っていたとは知らなかった。
まさに僥倖。これを捕獲できたんだから天候にめげずにやって来た甲斐があるというものです。
185系を狙って撮りに行く機会もないので、これが最後の遭遇かもしれないですしね。


9011レ EF81-95牽引カシオペア紀行@ヒガハス
9011レ EF81-95牽引カシオペア紀行@ヒガハス posted by (C)Tylor α99 II SAL2470Z
東北本線/東大宮-蓮田


カシオペア紀行はあともう少し早く来てくれれば西日が間に合ったのですがね。
それでもレインボー機の華やかさはお召機ともまた一味違う、独特の美しさがありましたね。
タイミングがずれ、1年以上も出会えなかった釜。
また撮れて良かったです。


カシオペア紀行、来週は貴重な上り設定ですね。
さて、どこに撮りに行きましょうか。

2017/08/23

夏ラスト!カシオペア紀行&宇都宮配給撮影@平日のヒガハス

個人的鉄道撮影ウィーク。
今日は仕事を早上りしてカシオペア紀行の撮影に出向きました。
仕事終わりに行けそうな手頃な場所という事で再びヒガハスへ。
朝は久々に青空が広がっていましたが、午後になると雲配給になっていたので、下りの逆光アングルへ。
陽射しが出たり曇ったりを繰り返していましたが、最終的には狙い通り(?)のドン曇りになってくれました。
結局、この夏のカシオペアは一切ピーカンはありませんでしたね!


9011レ EF81-80牽引カシオペア紀行@ヒガハス
9011レ EF81-80牽引カシオペア紀行@ヒガハス posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
東北本線/東大宮-蓮田


このアングルでカシオペアを撮るのは定期ラストラン以来となります。
そんな思い出の構図だけに、2017年夏の最後を飾るにふさわしいんじゃないでしょうかね。
80号機はロクな写真を残せていなかったので、余計な光線のない中で記録できてよかったと思います。


配8937レ EF65-1104+ホキ2B@ヒガハス
配8937レ EF65-1104+ホキ2B@ヒガハス posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
東北本線/東大宮-蓮田


水曜日という事で続行の宇都宮配給も当然回収。
PFまで押えられたんですから、水曜にカシがあって良かったですわ。

カシオペア紀行は次回は9月ですか。
ギラリと、1回ある青森→上野の回に期待ですね!
その時こそは晴れてくれ・・・。


この夏のカシオペア撮影のまとめ動画ですmovie

2017/08/12

カシオペア紀行撮影@お盆のヒガハス

北海道遠征から戻ってきたその足で、帰りがけの駄賃とばかりにヒガハスへ繰り出す私がいました。
今日のカシオペアにはパイパイが入るらしい、そんな情報を目撃し、空を眺めて祈るような思いで向かいましたが、撮影ポイントに着いてほぼほぼ諦めました(笑)。


4093レ EF210-119+コキ@ヒガハス
4093レ EF210-119+コキ@ヒガハス posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
東北本線/東大宮-蓮田


薄日は差しているものの、空全体を覆うねずみ色の雲に勝利の予感はしません。
そこで一面緑の田園を大きく取り入れ、空のスペースを少なくする構図を取ることにしました。


スペーシア金@ヒガハス
スペーシア金@ヒガハス posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
東北本線/東大宮-蓮田


16時を回る頃、ようやく分厚い雲が分断してきて青空が覗くようになってきました。
もしかして逆転勝利か!?
そう思ったのもつかの間、カシオペア通過時にはやっぱり残念な空模様で露出も落ちてしまいました・・・。


9011レ EF81-81+E26系@ヒガハス
9011レ EF81-81+E26系@ヒガハス posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
東北本線/東大宮-蓮田


パイパイ充当×今年の夏=?
もうお分かりですよね。
答えは「ドン曇り」です。
まさしく2017年の夏を象徴するような写真が撮れましたよ!


なかなか思い描いた写真が撮れない8月のカシオペア紀行。
せっかくのお召機も泣いております。
下りカシオペアが撮影可能なあと1か月余り、納得いく空模様と光線状態での撮影は叶うのでしょうか!?

2017/08/05

成果ゼロではイカンのです!

週末のお楽しみ、カシオペア紀行。
今週は土曜日が休みだったので当然撮りに出かけた。
しかし相変わらずの酷い空模様。
これではヒガハスやワシクリなどは論外。古河も期待薄だろう。
ということで2週連続で南浦和へと出かけた。
先週と全く同じ時間帯に到着。
今回は外環道下の歩道橋にスタンバイ。
新たな構図に挑んだ。
E231系の練習電で撮ってみた限り、カシオペアの13両だとピッタリ収まりそうで、天候を無視できる超望遠圧縮構図に自信を持って本番を迎えた。

・・・やられました。
緑のアイツが背後から忍び寄り、見事に被りやがりました・・・。
私としては久々のモロ被り。
せっかく久々にゲサンサンと巡り合えたのにな。
カシの方か、それともTULの方か、あるいは両方か、想定よりも若干遅れてたような・・・それが影響してしまった。
まぁ被ったら被ったなりでいいから、少しは見られるように画像調整するか、と撮影結果を見てみて唖然。

笑えるぜ、ピンすら来てやしない・・・。
しかも追い込んだはずの構図もズレて、パンタがはみ出してやんの。
被り、ピンボケ、糞構図の3重苦。
とても世に出せる写真ではないので即刻消去した。

わざわざ出かけて成果ゼロだと本当に凹む。やり場のないこの怒りをどうすればいいのか。
私は趣味でやってるアマチュアだから、今回は凹むだけ凹んで次にまた挑めばいいけれど、これがプロだったら成果ゼロではお話にならない。持ち帰れるものが何もないでは済まないのだ。

徒労に終わっての帰宅。あー疲れた。
とりあえずもうピンボケ量産するタムロンのゴミレンズは二度と使わん。
糞重たいだけのまさにでくの坊である。


185系回送列車@南浦和
185系回送列車@南浦和 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II TAMRON SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD
東北本線/蕨-南浦和

嵌れば描写は決して悪くないのだが・・・

2017/07/28

EF81-81牽引!盛岡行きカシオペア紀行撮影@ワラナン

プレミアムフライデーとやらの本日、カシオペアが運行されるという事で撮影に出向きました。
なんだか梅雨明けしてからの方が梅雨っぽい空模様ですが、本日牽引する釜はそんなドンヨリ空がよく似合うあの釜・・・。
ということで撮影場所は風景と絡めるよりも釜重視という事で近場のワラナンにしました。

前回蕨~南浦和で撮った時よりも前方、この区間でもっとも有名な浦電横にスタンバイ。
ここでカシを撮るのはゴトー時代以来実に久々となります。
現着11時半にも関わらず、パイパイ充当の予感からか撮影者の出足は殊の外早く、好ポジションには置き脚立がビッシリ。
そんな一番混んでいた区間の最前方にどうにかに陣取りました。
後方の同業者の邪魔にならないよう窮屈な姿勢での撮影を余儀なくされましたが、手持ち撮影なので融通は利きました。


185系回送@ワラナン
185系回送@ワラナン posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
東北本線/蕨-南浦和


平日という事もあり、通過する練習電はE231系ばかり。
それはそれで構図確認に重要なんですが、5時間前からスタンバイしているとかなり暇。
そんなだから、回送にせよ185系が来てくれたのは嬉しかったですね。

基本曇り空ながら陽射しも差し込む時間帯も多く、非常に蒸し暑い中ガードレールに乗っかっての撮影は過酷でしたが、久々のパイパイ牽引のカシオペアとのご対面に心躍りながらやってくるのを待ちました。


9011レ EF81-81牽引カシオペア紀行@ワラナン
9011レ EF81-81牽引カシオペア紀行@ワラナン posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
東北本線/蕨-南浦和


人によっては余計な影が出なくて済む曇り空が好きと言う場合もあるかもしれません。
でも私は全検明けでピカピカの釜が輝くであろう、陽射しを浴びての姿を撮りたかったのです。
その願いが叶ったか、程よく西日を浴びたカシオペアを撮ることが出来ました。
北海道行きラスト以来のパイパイとの組み合わせを願いどおりに撮れて満足です。
後方にケト線が入ってしまったのはご愛嬌でしょうcoldsweats01
久々のワラナンS字はやっぱり素敵な撮影ポイントでした!

さて、8月はカシオペア紀行がたくさん走るけれど、私は今のところ3回くらいは撮りに行けそうです。
今度は夏空で撮りたいものですなぁ。
あと、いい加減そろそろ95号機の姿も見てみたいですねぇ。

2017/06/04

カシオペア紀行撮影@下り蒲須坂再履修編

土曜日、朝の西八王子から大移動してやってきたのは栃木県は蒲須坂。
午後はカマスの築堤でカシオペア紀行を狙い撃つ。
6月を迎えて日照時間が延び、いよいよ下りカシでも大好きな蒲須坂での撮影が出来そうになってきた。
昨年7月、通過直前に曇られるという悲劇を味わったので、ここでそのリベンジ、再履修をしておきたかった。

ところが栃木県に入るあたりから車窓に広がる空は雲、雲、雲。
スマホの予報でも、TVの気象予報士も、今日は栃木は雲一つない快晴だって言っていたのに!
あまりの外しっぷりに怒りを覚えたが、カシが来るまで4時間以上あったので状況が改善することを願った。
そうでなければここまで遠出して来た意味がまったくなくなってしまう。


E231系@蒲須坂~片岡
E231系@蒲須坂~片岡 posted by (C)Tylor α99  SAL70200G2
東北本線/蒲須坂-片岡


お空はごらんの有様。時間帯が早いからまだ見られるものの、18時を回ってこれだと相当きつい。
雲よ、どうか消えてくれ~・・・。


回9525M 「リゾート那須野漫喫号」送り込み@蒲須坂~片岡
回9525M 「リゾート那須野漫喫号」送り込み@蒲須坂~片岡 posted by (C)Tylor α99  SAL70200G2
東北本線/蒲須坂-片岡


そんな願いが通じたのか、16時近くになる頃ようやく雲の隙間から太陽が姿を現し出した。
もう少したてばどうにかなるかもしれない!


205系@蒲須坂~片岡1
205系@蒲須坂~片岡1 posted by (C)Tylor α99  SAL70200G2
東北本線/蒲須坂-片岡


そして17時を過ぎると、雲は完全に拡散し、青空すら復活しだした。
あと1時間、カシオペアが来るまでこの分なら青空バックに陽射しを浴びて撮影ができるかもと期待感が高まった。


205系@蒲須坂~片岡2
205系@蒲須坂~片岡2 posted by (C)Tylor α99  SAL70200G2
東北本線/蒲須坂-片岡


カシオペア前最後の普電。
これのわずか10数分後にカシはやってくる。
これを撮った時は、今日の勝利を確信して笑みがこぼれたほど。
ああ、今日やってきてよかったと、心から安堵したんだけどねぇ・・・。
雲行きが変わったのは、空よりも先に撮影者の方だった。

直前にやって来た二人組がいたのだが、希望のポジションはすでに埋まっていて収まれず右往左往していたのだが、最終的にとんでもない行動に出たのである。なんと築堤に上って行き、線路のすぐ脇に構えだしたのだ。



当然そんな事をすれば、後ろから狙っている撮影者の構図に入り込んでしまうし、何より列車を止めてしまう危険性も高い。
私や私の付近にいた撮影者には支障はなかったが、そういう問題ではなく、ルールを無視した愚行に対しては容赦ない怒声が飛んだ。
後方撮影組も押し寄せて強い剣幕で注意をしたのだが、一切聞き入れずにそのまま動こうとしなかった。
ついには誰かが警察に通報し、せっかく気持ちよく撮影が出来ていた現場がすっかり修羅場と化してしまった。

すでにカシオペアは直前までやってきていたが、そんな状況に、警察よりも先にお天道様が鉄槌を下した。
なんとあれほど素晴らしい斜光が降り注いでいたのに、まさに通過1分前に太陽は分厚い雲に覆われてしまったのである。


9011レ EF81-98牽引カシオペア紀行@蒲須坂~片岡
9011レ EF81-98牽引カシオペア紀行@蒲須坂~片岡 posted by (C)Tylor α99  SAL70200G2
東北本線/蒲須坂-片岡


一気に落ちた露出。なんともやるせない結末となってしまった。
これはこれで日没直後の雰囲気は出ているけど、私が今日撮りたかったのはこれじゃなかったんだ。
去年とまったく同じ結果となってしまい、また胸糞悪い出来事もあって、最悪の撮影日となってしまった事が心から悔しかったです。
常識が通じない人間に怒りというよりも、むしろ空恐ろしさを感じたのでした。
こんな連中とは二度と巡り合いたくない。

2017/05/27

カシオペア紀行撮影@久々クリコガインカーブ

月1恒例の青森行きカシオペア紀行の撮影。
今月はそろそろ露出も伸びたという事で、久々にクリコガへ行ってみることにしました。
クリコガと言えば大カーブが有名で、私もかつてそこで北斗星のラストランを撮影しました。
その時からおよそ2年弱。
それだけ離れていた理由は徒歩鉄には少々辛いアクセスだからですsweat01
今回も行きこそ約50分かけて歩いて向かいましたが、帰りは当然タクシーにしました・・・。

12時過ぎくらいにポイントに到着した時には同業者の姿はなく、
北斗星ラストランの時同様、今回もインローアングルの被りつきを押えることが叶いました。
この位置を取るために、189系のY158記念列車を回避して早めにやって来たのですからやれやれです。

この週末は晴れ間が広がるとの天気予報。
されど撮影地に到着した時はドン曇り。雲が抜けることをひたすら祈りましたが、5時間経っても、一時的に陽射しこそ差しましたが、結局青空を拝むことは叶いませんでした。
本番カシオペアは・・・まぁ薄日ってところですかね。バックの空はまったくもってパッとしない有様に。


9011レ EF81-97牽引 カシオペア紀行@クリコガ
9011レ EF81-97牽引 カシオペア紀行@クリコガ posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
東北本線/栗橋-古河


天気予報のアテにならなさを痛感したこの1日。
撮影地でも同業者間で一悶着あり、あまり気持ちのいい撮影とはなりませんでした。
それでも北斗星のラストランを撮った時よりも、構図や露出、すべてにおいて格段にうまく行ったので良しとしましょう。
いつかは青空バックで西日を浴びるカシを撮りたいけど、果たしてまた機会はあるんでしょうかね。

2017/04/22

カシオペア紀行撮影~ワシクリ黒歴史に新たなる1枚が~

今日は月1のお楽しみ、カシオペア紀行撮影の日。
晴れれば久しぶりに古河に行こうと思っていたのですが、残念ながら天気はドン曇り。
それどころか雨さえ降りかねない状況。
これではと、曇りの日の撮影がベターな撮影地に行くことにしました。
やってきたのはワシクリの水沢踏切。
ここでの撮影は、かつて定期ラストラン1週前にモロ被りされるという悪夢がまだ記憶に新しく、今回はそんなことがないことを願いました。
そもそも、私はどうもワシクリに相性が悪い。
東鷲宮~栗橋間でこれまで撮影した数回、成功カットはあったのでしょうか。
ちょっと時系列で振り返ってみます。


臨時北斗星@東鷲宮-栗橋その2
臨時北斗星@東鷲宮-栗橋その2 posted by (C)Tylor
初撮影の北斗星は裏被りされました


EF510-509+E26系カシオペア@ワシクリ黒小屋踏切
EF510-509+E26系カシオペア@ワシクリ黒小屋踏切 posted by (C)Tylor
これはまずまずうまくいった


8009レ寝台特急カシオペア@水沢踏切1
8009レ寝台特急カシオペア@水沢踏切1 posted by (C)Tylor
思い出したくもないモロ被り


9028レ カシオペアクルーズ@ワシクリ
9028レ カシオペアクルーズ@ワシクリ posted by (C)Tylor
尻カツ&機関車に架線註がかかる失態


8009レ EF81-81+E26系 カシオペア紀行@ワシクリ黒小屋踏切
8009レ EF81-81+E26系 カシオペア紀行@ワシクリ黒小屋踏切 posted by (C)Tylor
パイパイ恒例の雲配給・・・


5打数1安打、打率2割。
成功率、たったの2割、それが私にとってのワシクリでした。
さぁ、今日はどうだ。


EF81-139牽引 カシオペア紀行@ワシクリ水沢踏切
EF81-139牽引 カシオペア紀行@ワシクリ水沢踏切 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
東北本線/東鷲宮-栗橋


・・・まさかの構図ミス。
鉄ちゃん写真では一番恥ずかしい尻切れトンボ。
黒歴史に新たなる1枚が加わったようです・・・。
せっかくゲサンクこと139号機が転属後初登板だったというのに、どうしてこうなった。
散々15両相手に練習を重ねたのに。最後の微調整が余計だったのか・・・。
力が抜けるとはこのことです。
あまりの情けなさに、帰りに車での送迎を名乗り出てくれた同業者さんがいたのに、早く一人になりたくて断ってしまいました。
自分への戒めのために、あの長い道のりを歩こうと。
いや、気持ちの整理をつけるまでに、あの40分ほどの行程が必要だったってことですかね。

これでワシクリは通算6打数1安打。打率が2割を切った以上2軍落ちです。
どう考えてもワシクリは自分にとって相性最悪の撮影地。
それがわかってしまった以上、当面は禁じ手にするしかないでしょうね。
少なくとも、カシオペアではもう来ません・・・。

より以前の記事一覧