2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

カテゴリー「千歳線」の記事

2016/02/15

北海道カシオペア集中撮影旅行その7~苗穂-白石

豊浦での撮影を大成功の元に終えた私は、伊達紋別経由でスーパー北斗に乗車、最後の撮影地へ向かった。
ところで、スーパー北斗っていつでも満員だよね。
通路はおろか、デッキまでビッチリに客積んで、2時間近く立ちっぱなんてこともよくある。
この列車、もっと増結出来ないものなのかね?快適とは程遠いんだよなぁ。

そんなこんなでどうにかたどり着いたのは苗穂駅。
最後の撮影はこの付近でする。
つく頃には雪が舞っており、ここまで立ちっぱなしで来た体は疲れていたので、
駅前にある温泉、蔵ノ湯に入って入念に体を温めてくことにした。
きっとまた震えながらの撮影になるだろうからね・・・。

十分身体をほぐして、撮影地へと向かった。
最後に行くのは苗穂-白石間にある撮影地。
ここではワラナンっぽいS字の写真が撮れる。結局、今回はどの撮影地でもS字狙いでしたね。
まぁでもこの雪ならきっと豊浦みたいな感じになっちゃうんだろうなぁとは思ったけど。

アクセスは、正規のルートはよくわかりません。
私が辿った、一番迷わないであろうルートを記しておきます。

『苗穂駅を出て、目の前の札幌・江別通を直進、豊平川を渡りそのまま南7条通りまで進む。
南七条通まで来たら左折。
そのままひたすら歩くと線路にたどり着く。
線路下のアンダーパスを渡りきったら、もう一度線路方向に戻って右折。
最初の信号を左折し、つき当りまで行ったところが撮影地付近。
この時期だけに当然雪がこんもりと積もっておりますが、線路に使づきすぎないようにして三脚を据えましょう。
苗穂駅から歩くと結構遠いです。雪が積もっている今の時期30分以上はみておいたほうがいいかな。』


時刻はカシオペア通過のおよそ2時間前。
雪がそぼ降る中、最後の戦いが始まった。


183系特急北斗@苗穂-白石
183系特急北斗@苗穂-白石 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算396㎜ 1/640 F5.6 ISO400 WBマニュアル
函館本線/苗穂-白石


ここも積もっている雪は豊浦と同じでパウダースノー。
車体が通り過ぎれば舞い上がってしまい辺り一面を真っ白の世界で包み込んでしまう。
編成写真は無理っぽいので、印象に残る写真を撮れるように努力した。


733系快速エアポート@苗穂-白石
733系快速エアポート@苗穂-白石 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算320㎜ 1/640 F5.0 ISO320 WBマニュアル
函館本線/苗穂-白石


この当たりは線路が千歳線と函館本線の複々線になっているので、次々と各種車両が通過する。
反対方向を向けば下り列車も綺麗な編成写真が撮れそうだ。
そして気をつけたいのは、一番手前の線路を走る列車が来た時。
風圧で雪が舞いあがって撮影者に襲い掛かってきます。
人間も冷たいけど、カメラやレンズにビッシリと雪が付着してしまいます。
一番手前に列車が来るたびにブロアーで雪を吹き飛ばす必要がありましたよ・・・。


261系特急スーパーとかち@苗穂-白石
261系特急スーパーとかち@苗穂-白石 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算252㎜ 1/640 F5.0 ISO200 WBマニュアル
函館本線/苗穂-白石


1時間も撮影していると、吹雪いてきてしまった。
さっき温泉で温めた身体はもうすでに冷え切っていた。
ここまでの疲れも溜まっており、そろそろ体力的にも精神的にもきつくなりだしていた。
もしカシオペアが来る頃、これ以上の吹雪になってしまったらどうしよう。
徒労感だけが残る不満作を最後になって残したくないと、どうにか吹雪が抜けてくれることを祈った。
そして祈りが通じたのか、豊浦の時同様の奇跡が起きたのである。
薄日が・・・差し始めた!こうなったら一刻も早く来い、カシオペア!


8010レ寝台特急カシオペア@苗穂-白石1
8010レ寝台特急カシオペア@苗穂-白石1 posted by (C)Tylor 16:19撮影 EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算236㎜ 1/640 F5.0 ISO500 WBマニュアル
函館本線/苗穂-白石


やった、薄日ながら順光だ。


8010レ寝台特急カシオペア@苗穂-白石2
8010レ寝台特急カシオペア@苗穂-白石2 posted by (C)Tylor 16:19撮影 EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算236㎜ 1/640 F5.0 ISO500 WBマニュアル
函館本線/苗穂-白石


これで見納めとなるDD51牽引のカシオペア。
ガチピンで素晴らしく解像された画像をモニタ越しで見て、この日2度目のガッツポーズを作った。
撮りたい絵が撮れたことが満足だった。
雪煙で車体後尾はうっすらとしか見えないが、この季節ならではの写真が撮れたと言っていいだろう。


8010レ寝台特急カシオペア@苗穂-白石3
8010レ寝台特急カシオペア@苗穂-白石3 posted by (C)Tylor 16:19撮影 EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算236㎜ 1/640 F5.0 ISO500 WBマニュアル
函館本線/苗穂-白石


北海道で撮った最後のカシオペアが行ってしまった。
ちょっとだけ放心する。でも、願いどおり雪も止んだし、寂しさよりも満足感の方が強かった。
しんどかった身体に活力が戻った。
そしてこの撮影地でも、御一緒させていただいた同好の志に車で駅まで送ってもらったのである。
今回は本当に助かりましたねぇ。苗穂駅までは遠いし、フライトの時間も迫っていたので。
おかげで空港に着いてからはのんびりと搭乗準備が出来ましたよ。
同じ趣味を持つ人の優しさに、またまた心がほっこりと温まったのでした。

こうして今回の北海道での撮影全行程を終えた。
この日は最初から最後まで雪との闘いだったけど、それでもカシオペア通過時に起きた2度の奇跡によって、かけがえのないものをたくさん残すことが出来た。悪天続きの週間予報を見た時は来るのを一瞬躊躇ったこともあったけど、来れて本当に良かったと心から思ったのでした。

この日の撮影を成功させたことが、私にさらなる意欲をもたらした。
休みはまだもう1日ある。
ということで、予定外だったけど浦和でもう一泊して、明朝ヒガハスに繰り出すことにしたのである。
さっき送ったカシオペアを、今度は関東に戻ってメジャー撮影地でお出迎えする。
そんな旅の締め方もいいじゃないか!

2016/02/13

北海道カシオペア集中撮影旅行その3~島松-北広島

有珠からは、普通列車、特急北斗と乗り継いで午後の上りカシオペアの撮影地へと向かった。
午後は島松駅付近で撮る。
ここの撮影地で有名なのは、下り線がユニークな形をしたポイント。
実はかつてここで北斗星を撮ろうとしたけど探す時間がなく、時間が詰まってしまい行けず終いで、結局恵庭駅付近で妥協するという苦い過去があった。
今回は事前に各種サイトから場所を調べ、そのうえでストリートビューである程度途中までのルートを確認しておいた。
おかげでスムーズに到着できたのである。
備忘録、そしてこれから訪れたい人のためにルートを示しておこう。

島松駅を出たら最初の路地をまず左方向へと行きます。

交差点まで来たら左折すると踏切が見えます。

ここで踏切を渡らずに、手前の道を右折。

そのまま道なりに500mほど進む。

すると自動車整備工場が左手に見えてくるので、ここを左折し、手前の未舗装の道を奥に進んでいく。

今の季節は一面の雪。おそらく一帯は畑と思われる。
ここについている足跡は、ほぼ鉄っちゃんのものと考えていいでしょう(笑)。
積もってはいるけど、ブーツを履いていれば進んでいける程度です。

廃止された踏切跡があるので、列車の接近に気をつけて反対側へと回りましょう。

このあたりがベストポジションと思われます。

今の季節雪が積もってたり、路面が凍結していたりで歩きづらかったけど、20分ほどで着けました。
アクセスしやすい撮影地と言っていいでしょうね。


さて、着いた時には他には誰もいなかった。
おかげで初めて来た場所だけど、好きなように構図を練ることが出来た。
この撮影地では次から次へと、バラエティに富んだ車両が通過するので練習にはもってこいです。
下り線はクネッとしているし、上りは滑り台のように下ってくる面白い撮影地でした。
ただ、あまり線路に近づきすぎないようにしましょう。下り列車に警笛を派手に鳴らされてしまいます。


789系スーパーカムイ快速エアポート@島松-北広島
789系スーパーカムイ快速エアポート@島松-北広島 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算227㎜ 1/320 F5.6 ISO125 WBマニュアル
千歳線/島松-北広島


オーソドックスな編成写真が撮れる。


721系@島松-北広島
721系@島松-北広島 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算227㎜ 1/320 F5.6 ISO100 WBマニュアル
千歳線/島松-北広島


731系@島松-北広島
731系@島松-北広島 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算227㎜ 1/320 F5.6 ISO200 WBマニュアル
千歳線/島松-北広島


編成が短いとちょっと持て余してしまいがち。


733系快速エアポート@島松-北広島
733系快速エアポート@島松-北広島 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算244㎜ 1/640 F5.6 ISO200 WBマニュアル
千歳線/島松-北広島


一番多く通過するのは当然快速エアポート。
そして一番警笛をあげてくるのも快速エアポート。
絶対線路に近づきすぎないようにしましょう。好撮影地を守るためにも。


785系エル特急「スーパーカムイ」@島松-北広島
785系エル特急「スーパーカムイ」@島松-北広島 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算272㎜ 1/640 F5.6 ISO250 WBマニュアル
千歳線/島松-北広島


261系特急スーパーとかち@島松-北広島
261系特急スーパーとかち@島松-北広島 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算281㎜ 1/640 F5.6 ISO400 WBマニュアル
千歳線/島松-北広島


789系エル特急すずらん@島松-北広島
789系エル特急すずらん@島松-北広島 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算281㎜ 1/500 F5.6 ISO500 WBマニュアル
千歳線/島松-北広島


これだけ多くの車両が通過する。
撮っていてまったく飽きない。寒さを全く感じないほど夢中でシャッターを切り続けた。
当初は一人だけだったが、16時近くなると次第に増え出し、最終的には6人での撮影となりました。


DF200形レッドベア@島松-北広島
DF200形レッドベア@島松-北広島 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算236㎜ 1/640 F5.6 ISO250 WBマニュアル
千歳線/島松-北広島


カモレくらいの長さが一番しっくりくる感じですね。
カシオペアのイメージも沸きます。
そして16:35、定刻通り寝台特急カシオペアがやってきました。
今朝のブレーキ不具合も無事直ったみたいで何より!


8010レ寝台特急カシオペア@島松-北広島1
8010レ寝台特急カシオペア@島松-北広島1 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算281㎜ 1/500 F5.0 ISO1250 WBマニュアル
千歳線/島松-北広島


雨や雪こそ降っていなかったけど、通過少し前から急に辺りは靄に覆われてしまいました。
これが吉と出るか凶と出るかだったけど、結果的にこのことが幻想的な雰囲気を現してくれました。
結果オーライってやつでしょうね。


8010レ寝台特急カシオペア@島松-北広島2
8010レ寝台特急カシオペア@島松-北広島2 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算281㎜ 1/500 F5.0 ISO1250 WBマニュアル
千歳線/島松-北広島


無事にこの日の撮影をすべて終了することが出来たのです。
帰りは、撮影地で少しお話をさせていただいた同業者さんに駅まで車で送ってもらいました。
そう長い行程ではないものの、悪路を歩くことを思えば本当に助かりました。
同じ趣味を持つ者どおし、助け合いの精神を持ち合わせている方と遭遇できるとありがたいですね。
ほっこりとした気持ちになり、この先の撮影にもよりやる気が漲りました。

2015/08/08

惜別北海道旅行~その4 アドリブ北斗星撮影

朝里川温泉を後にして、再び快速エアポートに乗り込み、南千歳まで戻った。
ここでレンタカーを借りるためだ。
ここからは基本レンタカーでの移動となるので、帰りの新千歳空港に近い南千歳で借りるのが都合がいい。
本日の残るイベントは上りの北斗星の撮影。
さっきお別れした北斗星が、今度は上野を目指し進んでいくシーンを撮るのだ。

で、問題はどこで撮ろうかってこと。
北海道内では意外に上りの撮影地選びに苦労する。
今現在、もっとも集客力があるお立ち台は黄金の海辺だろうけど、あそこは若干遠いし、何よりドン曇りの今日は撮影に向かない。
ではどうするか。一応調査してきたのは、島松-北広島間。
もしどうしても見つからなかったらここに行こうと思っていた。
友人の疲労度も考慮して、あまり遠くに行くことは憚られたので、とりあえずそこを目指して車を走らせる。
しかし、レンタカーを借りる際、予想外に時間がかかってしまったため、
どうもその撮影ポイントには間に合わないんじゃないかという気がしてきた。
一か八かで、まだ行ったことのない場所を目指すよりは、どこか近場で撮れそうな場所を探すのが得策じゃないか。
もともと撮り鉄を始めたころは、撮影場所も手探りで探してきたじゃないか、と。
ということで、久々にネットや雑誌に載っていない、自分なりの撮影ポイントを探すことにした。

とはいえ時間はあまりない。どうにかこうにか線路近くに入っていけそうな場所。
探してうろつき、白羽の矢が立った場所。
そこは恵庭駅手前にある歩道橋の下。
ここなら誰の邪魔にもならず撮影できそう。もちろん他の撮影者は誰もいない。
そんな私オリジナルの場所でとりあえず試写。


731系 G-112 撮影時刻16:25:01


α99 SAL2470Z 55㎜ 1/1000 F8.0 ISO1000 WBマニュアル
千歳線/恵庭-サッポロビール庭園


正直、撮影地としてはパッとしない。
北海道ならではって景色でもない。やっぱり緊急に探した場所ではこんなものか。


789系 HL-1002 L特急スーパーカムイ エアポート153号 撮影時刻16:27:17


α99 SAL2470Z 55㎜ 1/1000 F8.0 ISO1600 +0.7EV WBマニュアル
千歳線/恵庭-サッポロビール庭園


運行本数の基本少ない北海道にあって、最大の幹線地帯であるだけに次から次へと面白い列車がやってくる。


733系 B-3104 快速エアポート 撮影時刻16:37:08


α99 SAL2470Z 55㎜ 1/1000 F8.0 ISO1250 +0.7EV WBマニュアル
千歳線/恵庭-サッポロビール庭園


これを撮った時ふと思った。
この場所だと、北斗星は編成収まりきらないんじゃない?
そうなのだ。これ以上広角にするとフェンスなど余計なものが写っちゃうし、
かと言ってフェンスを乗り越えるのは危険だし・・・。
で、妥協したアングルがこれなんだけど、どうも尻切れする公算が高い。
どうしようか・・・。
悩んだけど、もはや北斗星がやってくるのは間近。もうここで撮るしかない。
そして。


8008レ 臨時寝台特急北斗星 DD51 1102+DD51 1100+24系 撮影時刻16:41:39


α99 SAL2470Z 55㎜ 1/1000 F6.3 ISO1000 +0.7EV WBマニュアル
千歳線/恵庭-サッポロビール庭園


うん、やっぱり収まらなかったね。仕方ないな。
こうして急遽探した撮影ポイントでの北斗星撮影を終えたのであった。
成果は微妙だけど、かと言ってみすみす逃すわけにもいかなったのでね。
それに、久々に自分で動いて撮影地を探すのも面白かった。
焦りはしたけどね・・・。
有名撮影地もいいけど、自分で開拓した唯一無二の場所こそ、本当に誇れる鉄道写真が撮れるのかもしれないね。
いつかはそういう撮影者になりたい。

密度の濃い1日はこうして終わった。
夜はすすきので激V!