カテゴリー「信越本線」の記事

2019/09/29

磯部の俯瞰でELぐんまよこかわを撮る

朝起きたら晴れていたのでELぐんまよこかわの撮影に出かけることにした。
向かったのは磯部方面。
本日は久しぶりにイソアンの俯瞰で撮ってみようと思った。
イソアンの俯瞰といえばかつて妙義山バックに115系湘南色を撮影したことがあるけど、それ以来の来訪となる。
本日は下り列車狙いなので逆アングルだ。
今時分は田んぼの稲がちょうど収穫前を迎えたころであり、そんな秋の田舎の風景を走る姿を是非撮りたいと考えての事。
刈られてしまう前に晴れてくれてよかった。


現着すると2名の同業者。
ここ以外の撮影地もわりかし空いていたし、先日のPトップの時と比べると静かなものだ。
直前にもう一人来て合計4人での平和な撮影となった。

 

EF64-1001+12系5B+C6120 ELぐんまよこかわ@磯部俯瞰
EF64-1001+12系5B+C6120 ELぐんまよこかわ@磯部俯瞰 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD
信越本線/安中-磯部


昨日までの予報じゃ今朝が晴れてくれたのが奇跡みたいなものなので、バックがやや眠たいとか贅沢は言えない。
陽射しが当たってくれただけ儲けものみたいなものだからね。
実りの季節にいいものが撮れた。

 

ELぐんまよこかわ EF64-1001



令和の時代にも残る田舎の原風景と、そこを走る鉄道遺産。
これからもずっと見続けていきたい光景だ。

2019/09/15

本当に最後?Pトップ牽引ELぐんまよこかわを追っかけ撮影

本日のELぐんまよこかわにはPトップことEF65-501が充当。
ここのところ引退の噂が絶えない機関車ではありますが、ダイヤ情報を見てもこの先はEF64形1000番台しか入らないようで(PP運転時は不明)、そんな噂にも信ぴょう性がありもしかしたら通常運転で撮影機会は今日が最後になってしまうのかもしれません。
秋晴れというには暑すぎる絶好の空模様の中撮影に出かけました。


やってきたのは安中鉄橋。
馬鹿の一つ覚えの安中鉄橋って言葉がありますが、信越線の午前の下りで一番光線がいいのがここなので撮影がここに偏るのも仕方ありません。
もっとも個人的には実は安中鉄橋に来るのはまだ3回目であり、115系ラストラン以来の訪問であります。
そしてSL時も含めEL碓氷、ぐんまよこかわはここでは何気に初撮影だったのでした。
だから馬鹿の一つ覚えどころか新鮮味のある撮影なわけです。
Pトップ登板という事でかなり混雑していたので下段アングルは諦めて、これまた初めて上段アングルに陣取りました。

PトップEF65-501牽引ELぐんまよこかわ@安中鉄橋
PトップEF65-501牽引ELぐんまよこかわ@安中鉄橋 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 信越本線/群馬八幡-安中


安中鉄橋に差し掛かる際は普電も含めてほぼ確実に警笛鳴らしてくれるのでビデオ的にはありがたいですね。
乗ってるお客さんだけでなく車掌さんも手を振ってくれており、ここがいかに名物撮影地なのかがわかります。
そしてやっぱり光線はいい。雲も近づいてましたが事なきを得ました。
下段アングルで正面気味に大きく撮るのが人気みたいですが、上段アングルもなかなかいい感じです。


これを撮り終えたらすぐさま撤収準備をしバイクに跨りました。
追っかけ撮影をしようと思ったのです。
前回、第一一本木踏切で撮った際に間際になって慌ててやってきた同業者が数名いました。
おそらくは彼らは安中鉄橋から流れてきた連中だと思われ、安中駅での停車時間を利用すれば十分先回りできるのでしょう。
本来追っかけは慌てての移動は危険なのであまりしたくはないのですが、今日はこれだけの晴れの中Pトップを撮れるラストチャンスかもしれないので敢行することにしました。


第一一本木踏切の付近は案の定撮影者が大勢いたので、もう少し磯部寄りに走ってみると数名三脚を構えた人がいる良さげな地点があったのでそれに倣って撮ることにします。
すでに遠目にはやってくる姿が見えていたのでカメラをバッグから取り出すなり手持ちで迎え撃ちました。


PトップEF65-501牽引ELぐんまよこかわ@安中~磯部
PトップEF65-501牽引ELぐんまよこかわ@安中~磯部 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 信越本線/安中-磯部


無事に追っかけ撮影が間に合いホッとしました。
ちなみにムービーはさすがに無理でしたが写真が撮れただけ御の字です。
第一一本木踏切からさほど離れてないので似たような画になりますが、むしろこっちの方がスッキリ撮れるような。


この先も頑張れば先回りできるみたいでしたが、目ぼしいポイントが思い浮かばなかったのでこれにて撤収。
Pトップは本当にこれで見納めなんですかね?

2019/09/01

引退の噂もあるPトップ牽引のELぐんまよこかわを近所で撮影

今日のELぐんまよこかわはPトップことEF65-501が入るという事で、晴れれば安中鉄橋あたりに撮りに行こうと考えていたけど残念ながら曇り。せっかくマシな光線で撮れる安中鉄橋で曇りじゃつまらなすぎるので自重。
撮影そのものも今週はやめておこうという気持ちでいましたが、個人的にPトップはしばらく撮ってなかったし、12系とのベストマッチな組み合わせをミスミス見送るのは惜しいという事で遠出はせずとも気楽に撮れるド近所の線路端で迎えることにしました。
しかし家を出たのが高崎発車まで10分を切った時点だったので、いくら近所とはいえたどり着いた時にはすでに目の前まで来てました。慌ててカメラを取り出しシャッターを切りました。

 

Pトップ牽引 ELぐんまよこかわ@北高崎~群馬八幡
Pトップ牽引 ELぐんまよこかわ@北高崎~群馬八幡 posted by (C)Tylor
EOS 7D Mark II EF70-300mm F4-5.6 IS II USM 信越本線/北高崎-群馬八幡


ゆっくり来てくれたのでどうにか捉えることはできました。
串パンだとか、ややピンが甘いだとか、この際細かい点は目をつぶりましょう。
どうせパッとしない天気だったのだし、記録できた事が重要なのです。
なんせ出どころ不明ながら、ロクマルに続いてPトップも運用を離脱するんじゃないかという噂も聞きます。
ロクマルは到底満足できるような記録が出来てないまま逝ってしまったので、この名機では同じ思いはしたくないですからね。
これが最後の撮影だった・・・なんてことがないように願うばかりです。

2019/08/25

夏終盤!青空バックにELぐんまよこかわを撮る

今日は朝から快晴だったので撮影に出かけた。
狙いは久々となるELぐんまよこかわ。
ここのところ午前の下りでELが先頭に立っているので、一度行ってみたかった場所で撮ることにした。
やってきたのは安中と磯部の間にある第一一本木踏切。
115系末期には大変な賑わいを見せた踏切。
午前中だとその反対側で構えることになる。こちらのアングルは何気に初めてだったのだ。
ここも群馬県内の信越本線では有名な撮影ポイントであり、今日もそれなりに多くの撮影者が集っていた。

211系6連@第一一本木踏切
211系6連@第一一本木踏切 posted by (C)Tylor
EOS 7D Mark II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM 信越本線/安中-磯部


被りつき側は混んでいたのでサイドアングルから撮る。
ちょうど編成が収まる範囲内の線路脇がスッキリしており、お誂え向きの撮影ポイントだなということがよくわかる。
それにしても素晴らしいお天気。
8月も終盤で夏の勢いにも若干の陰りが見え始めたけど、今日はまさに夏空が広がっていた。
やがて汽笛が聞こえ、ELぐんまよこかわがやってきた。

 

EF64-1001牽引 ELぐんまよこかわ@第一一本木踏切
EF64-1001牽引 ELぐんまよこかわ@第一一本木踏切 posted by (C)Tylor
EOS 7D Mark II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM 信越本線/安中-磯部


1001を先頭に青空にマッチする編成で姿を現した。
ここのところ客車は12系で走るケースが多いみたいで、個人的には旧客よりも好みの組み合わせなのでよかった。
最良の撮影条件の中で撮影出来て嬉しく思う。
Pトップの時も12系が入ったらまた撮りに行こう。
2019年の8月最後の日曜日にいいものが撮れました!

2019/03/24

原色復活!EF64-37牽引ELぐんまよこかわ撮影

ここのところ撮影から離れてしまっていましたが今日は久々に沿線へ出かけました。
というのも、全検入りでしばらく運用から離れていたザンナナことEF64-37号機が出場後初めての本運用で入ったからです。
原色に塗りなおされたという事で、撮影出来る日を楽しみにしてました。

 

しかし本日はバリバリの晴れ。
こうなってくると信越線の午後の上りは光線が非常に難しい。
冬時間で早く走っていた時期と違って、モロに影響を受けてしまうのです。
有名ポイントはどこも混み合うだろうし、光線は変わらないのならどこで撮っても一緒だなと思い、遠出はしませんでした。
近場でいろいろ探したけれど落ち着いたのは結局いつもの場所。
普段はほとんど撮影者も登場しませんが、さすがに今日は幾人か集まりましたね。

 

やはり逆光の影響で真っ暗になってしまうので画像処理で救う必要がありました。
せっかくの原色復活なのだから順光で奇麗な姿を撮ってあげたかった。
となれば少しはマシになる午前の下り運用にELが入って欲しいものです。
ここのところ下りSL、上りELのパターンばかりですからね。

 

 

EF64-37原色復活! ELぐんまよこかわ@群馬八幡~北高崎
EF64-37原色復活! ELぐんまよこかわ@群馬八幡~北高崎 posted by (C)Tylor

α99 II SAL70300G 信越本線/群馬八幡-北高崎

 

ザンナナはきっとゴールデンウィークにある信州カシオペアの運用にも入るだろうし、今後がますます楽しみになりますね。
足の怪我もあって約1か月ぶりの撮影となりましたが、やっぱり撮影は楽しいと思わせてくれました。
リハビリは終了です。これからまたバシバシ撮っていこう。

2019/02/23

EF64-1001牽引 ELぐんまよこかわ撮影@初めての横川カーブ

久々の土日休みだったので遠征したかったのですが、週はじめの天気予報に踊らされ結局予定はキャンセル。
当初は雪予報すら出ていた本日、見事な快晴でありました・・・。
という事で正月休み以来、久しぶりに地元でELぐんまよこかわを撮ることにします。
ここのところ土曜運行が続いていたのでなかなか撮れずにいましたからね。
ましてや今日の牽引機はロクヨン1001。
茶釜から原色に塗りなおされて久しいですが、ここまで巡り合わせの関係で一切撮影機会がなかったのです。
予定変更して巡って来た初撮影チャンス、せっかくだから信越本線きっての名撮影ポイントで撮ることにします。


やってきたのは通称横川カーブ。
群馬県内で信越線を撮ろうと思ったらまず候補に挙がる場所。
下りの安中鉄橋、上りの横川カーブってところでしょうか。
先着2名の間にポジションを確保して構図を作ります。
やって来るのは211系ばかりだけど、今日のELぐんまよこかわ号は客車が4両という事で、6両の211系が格好の練習電に。


211系C8編成@横川カーブ
211系C8編成@横川カーブ posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-300mm F4-5.6 IS II USM
信越本線/横川ー西松井田


このようなアウトカーブ写真になり、列車の内側に日差しが当たる形になりますね。
冬時間で通年時よりも早く運転しているのでまずまずの光線で捉えられます。
ちょうど直前のこの列車が6両だったので最終的な微調整を加えて本番を迎え撃ちます。


EF64-1001+旧客4B+DD51-498 ELよこかわ


架線柱に車体がかからずにギリギリ撮れるのは8両くらいまでらしいので、客車4Bの今日なら余裕の収まりです。
立ち位置によって角度が変わってくるのでそれぞれの好みで撮れそうですね。
塗装変更後ようやく初対面の1001。
しばらく経っちゃったので汚れも目立つようになってますが、やっぱりカッコいい・・・。
当初の予定と違っちゃったけど、結果良いものが撮れましたね!


EF64-1001牽引 ELぐんまよこかわ@横川カーブ
EF64-1001牽引 ELぐんまよこかわ@横川カーブ posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-300mm F4-5.6 IS II USM
信越本線/横川ー西松井田


今日は初来訪だったので先着者に倣って立ち位置を決めましたが、次回来る機会があったら別の角度から狙ってみたいです。
縦位置でもきれいに抜けそうなアングルがあると思うし、バリエーションは豊富です。


ところでここは有名撮影地ゆえ多くの撮影者がやってきますが、車で来る場合路駐はやめてもらいたいですね。
今日も(おそらく毎回なのだろう)白黒パンダが出動しており、レッカー移動された車もありました。
その後もパンダさんはちょうど構図に入るか入らないかの場所に止まって見張っており、立ち位置によっては目立つ赤ランプがバッチリ入っちゃったってケースにもなりかねません。ビデオにはまともに映ってます(;^_^A
あまり彼らにも迷惑をかけたくないですし、横川駅から至近なので列車でやって来るのが無難だと思われますよ。

2019/01/31

DD51 PP 信越訓練撮影

1月29~31日にかけて信越本線でDD51と12系客車を使用した乗務員訓練が行われました。
普段の客レ時には行われないDD51同士のプッシュプル運転で高崎~横川を2往復しました。
先般は八高線でも同じく乗務員訓練があり、平日にもかかわらず多くの撮影者が集結していたようです。


私は30日に撮影することができました。
長野遠征帰りから出向いたので遠出はせずに、生活圏内で。


試9132レ DD51-888+12系5B+DD51-895@群馬八幡~北高崎
試9132レ DD51-888+12系5B+DD51-895@群馬八幡~北高崎 posted by (C)Tylor α99 II SAL70200G2
信越本線/群馬八幡-北高崎


まずは一往復目の上りから。
普段の「ぐんまよこかわ」とは運転時間が違うので、いい光線状態で捉えることができました。
今や貴重なDD51と12系客車ですからね、本運転ではないとはいえ順光で撮れるのは嬉しいことです。


続いて2往復目の下りは場所を秘蔵ポイントに移動して狙います。


試9133レ DD51-895+12系5B+DD51-888@北高崎~群馬八幡
試9133レ DD51-895+12系5B+DD51-888@北高崎~群馬八幡 posted by (C)Tylor α99 II SAL70200G2
信越本線/北高崎-群馬八幡


この場所もせっかく良いアングルで、しかも順光で撮れるポイントなのに、その順光時間帯に目ぼしい被写体が走らないのでいつも妥協の光線の中で撮っていましたが、今回ようやく日の目を見ることができましたね。
デデゴイが走り去った後に漂ってきたディーゼルの香りがたまりませんでした。


この2本で満足が行ったので最後の上りは撮らずに撤収。
まぁこの後の時間帯だと近辺では光線状態良く撮れないってのもありますが。
今回のDD51も貴重でいいんですが、たくさんある高崎の魅力あるEL群で順光時間帯に訓練してくれないかなと思ったりします。

2019/01/03

新年撮り初め!Pトップ牽引 ELぐんまよこかわ撮影@緊急停止の西松井田

10日ぶりの休日となった本日は午後から出かけて2019年度の初撮影を行いました。
狙いは地元の信越線を走るELぐんまよこかわ。
本日の牽引はPトップこと、EF65-501。
新年一発目にはふさわしい釡と言えるんじゃないでしょうか。


今までSLにしろELにしろ、ぐんまよこかわ号(碓氷号)はほとんどを近所の線路端、遠くても安中くらいまでで撮ってきましたが、今日は撮り初めという事で少しだけ遠出してみました。
降り立ったのは西松井田駅。
終着の横川の一つ前です。
この西松井田を起点に、横川寄りにも松井田寄りにも好撮影地が点在しているのです。
有名な横川カーブと天秤にかけましたが、光線がよさげだったので少し松井田側に戻ったところにあるポイントから撮ることにします。
その場所を含め付近には大勢の撮影者が集まってきました。
さぁ、今年の一発目の撮影を成功させよう。


ELぐんまよこかわ EF65-501+旧客6B+D51498@西松井田
ELぐんまよこかわ EF65-501+旧客6B+D51498@西松井田 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
信越本線/西松井田-松井田


冬らしく澄み渡った晴天だった本日ですが強風が吹き荒れて雲の動きは早く、日差しを覆ったり現れたりの繰り返しでした。
私は直前曇り男なので今日もいつものパターン濃厚に思えましたが、なんとかギリギリのタイミングで通過。
バリバリではないけど、どうにか日差しが当たってくれてやれやれと胸をなでおろしました。
しかしホッとした次の瞬間、アクシデントが起こったのです。


なんと通過したと思ったぐんまよこかわ号が緊急停止。
どうやら同業者の線路内立ち入りがあったようなのです。
確かに、我々が陣取っていた場所にキャパがないと見るや、線路脇に乗り込んで奥へと歩いていく連中が続出していました。
止まった要因は彼らに違いありません。
ウテシの怒号が響く、悲しい現場になってしまいました。
なんであんなところに入っていくかなぁ。
まぁ当たり前の顔をして歩いていく彼らに、ひと声も注意できなかった自分も情けないのですが。


SLぐんまよこかわ D51-498+旧客6B+EF65-501@西松井田
SLぐんまよこかわ D51-498+旧客6B+EF65-501@西松井田 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
信越本線/西松井田-松井田


目の前にお誂え向きに停車してしまっている列車を相手に大撮影会が始まりました。
確かに動いてないので自由に奇麗に撮れました。
しかし、やるせない思いはぬぐうことはできませんでした。
新年一発目の撮影が成功したと思ったのに、こんな思いになってしまったことが残念でなりません。
みんなで気持ちよく、ルールを守って撮っていきたいものです。
いつまでもこんなことが続いていては世間の撮り鉄に対する視線はますます厳しくなっていくでしょうから。

2018/11/11

名称変更後初撮影!ロクマル牽引ELぐんまよこかわ

しばらく撮影していない間に、EL碓氷はELぐんまよこかわに名称変更していました。
ちなみにSLみなかみはSLぐんまみなかみに。
うーん・・・って感じですよね。
まだ馴染まないし、改名失敗のような気もしないでもないですが、何はともあれ変更後初撮影をしようと近所の線路端へ。
この時期、9136レが近所を通過する16時過ぎではすでに西日は傾き、ボチボチ夜の帳が落ちようとしています。
しかし、今日のような雲一つない快晴でこそ撮れるものがあるはずだと思ったわけでして。


9136レ EF60-19牽引 ELぐんまよこかわ@群馬八幡~北高崎
9136レ EF60-19牽引 ELぐんまよこかわ@群馬八幡~北高崎 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
信越本線/群馬八幡-北高崎


思惑通り、いい夕陽を浴びて客車が黄金色に輝いております。
狙い通りに撮れたことが素直にうれしいですね。
ところで、ロクマルことEF60-19も先頭で牽引するのを撮るのはこれが何気に初めてなわけでして。
地元で余生を過ごす古豪の雄姿、しかと収めました!


D51 498 30th Anniversary
D51 498 30th Anniversary posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
信越本線/群馬八幡-北高崎


ちなみに最後尾についているD51には、復刻30周年を記念した装飾が施されていると聞いていたので、後撃ちでサイド狙い。
順光側なので、バリバリの夕陽を浴びて無骨なボディが美しく浮かび上がりました。
SLもメインで撮りに行かなきゃですね。


本当は気力と財力さえあればEL日本海庄内号を撮りに行きたかったけれど、遠出しなくたって身近でこんな素晴らしいものが走ってるんです。それを再認識できました。
地元で活躍する遺産たちの姿に久々に酔いしれた秋の夕暮れでした。

2018/10/09

秋の甲信越撮影旅行3日目その1~安茂里カーブで「189系」おはようライナー&しな鉄115系を撮影

長野駅前のビジネスホテルで起床した私は、まだ薄暗い早朝の町を安茂里方面へとミニベロを走らせた。
昨日は中央本線での撮影後に長野まで来ていた。
撮影旅行最終日となる今朝は、まず篠ノ井線でおはようライナーを撮ろうと考えていた。
おはようライナーは平日限定とはいえ、今や貴重な189系N102編成を定期的に仕留められる機会。
7月にもこれ狙いで聖高原での撮影をしていた。
平日に休みやすい仕事柄、チャンスと天候次第ではこれからも撮影していきたいと思っている。
篠ノ井線と言えば、先月末の信州カシオペアを台風で諦めていただけに今回はその時の分のプチリベンジですね!


今朝向かったのは通称、「安茂里カーブ」、「犀川カーブ」、「犀川橋梁飛び出し」など、いろんな俗称がある名物撮影地。
長野へ向けて篠ノ井線の列車が走るが区間上は信越本線内だ。
その詳しい場所は撮影地情報やブログにも載っていないが、川中島~安茂里間で犀川の流れる場所を探せばなんとなく目星はつく。
それらしき場所へたどり着いたが、どうもそこへは人の家の庭っぽいところを入っていかなければならないようで躊躇された。
そこで鉄橋の反対側へ回ってみると、土手沿いから鉄橋の下をくぐれる場所を発見。
「マムシ注意」の看板がかかったその場所へ意を決して侵入した。



向こう側へ渡り、土手の上によじ登り線路沿いからアプローチすると、だだっ広いスペースにたどり着いた。
どうやらこの場所で間違いないようだ。しっかり鉄橋も見えた。
ただ、殊の外広かったので定位置がどこだかわからない。
おはようライナーの有名撮影地だとは思うが、平日という事もあってタイミング次第では誰もいないこともあるだろうけど、今朝がまさに私一人きりでの撮影となってしまい、初めてだけに立ち位置を探すのに難儀した。
しかし、これは構図に絶対のこだわりがなければ、撮影者の収容人数が多めになるという事でもあり、ネタの時でも来やすい場所と言える。



いろいろ探った結果、おそらくこの13番の電柱付近がネットに転がる作例の定位置じゃないかと推測された。
だが、ここから撮る場合300ミリ以上の望遠が欲しいところで持参したレンズでは足りず、この位置はビデオ撮影だけにし写真はもう少し前よりからクロップモードで撮ることにする。
なおすぐ隣に工場?作業場?があるので、仕事が始まるとその音でビデオ撮影には不向きになります。


115系S3編成湘南色@川中島~安茂里
115系S3編成湘南色@川中島~安茂里 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G APS-Cモード
信越本線/川中島-安茂里


早速やってきたのはしなの鉄道線の115系。しかも大好き湘南色。
ここらはしな鉄との供用区間なので次々と列車がやってきて飽きない。
それもあるから人気の場所なんでしょうね。


E127系@川中島~安茂里
E127系@川中島~安茂里 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G APS-Cモード
信越本線/川中島-安茂里


篠ノ井線からの車両も各種通るが、2~3両編成程度だとどうも持て余してしまうね。
メインの6両を想定できる長さのが来ないかな・・・あ貨物来た・・・でも空コキかぁ・・・なんてやってると、お誂え向きなのが来ました。


115系S10編成@川中島~安茂里
115系S10編成@川中島~安茂里 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G APS-Cモード
信越本線/川中島-安茂里


しな鉄の6両編成の快速。
これで構図が固まった。
折りしも、早朝のうちは今朝もドン曇りだった空から太陽が姿を現す時間帯となり、おはようライナーを迎え撃つ状況が整っていた。
直前曇り男だけにすぐさま日差しが隠れて焦ったけど、なんと本番通過1分前に再び日差しが復活してくれました。
今日はツイている!


189系おはようライナー@川中島~安茂里
189系おはようライナー@川中島~安茂里 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G APS-Cモード
信越本線/川中島-安茂里


眩い朝日を浴びて、189系おはようライナーが通過。
実はこの撮影地は夏場の早朝以外は日が出ると面の半分が陰ってしまうのですが、ドン曇りよりははるかにいい。
一度来てみたかった場所で、しっかり日差しを浴びた状況で撮ることができて嬉しく思います。
これでもうこの場所に未練はなくなったので、次回は別のポイントへ行くことができるってものです。
それにしてもまさか一人きりで静かに撮影できるとは思わなかったなぁ。


こうして朝イチの撮影を無事に成功した私は、今回の旅最後の撮影地へと向かうのだった。

より以前の記事一覧