2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「信越本線」の記事

2018/08/12

EF64-1052登板 ELレトロ碓氷号撮影

今日のレトロ碓氷号には茶釜のロクヨンが入ったという事で撮りに行きました。
信越線の上りは光線が難しいですが、ほどよい薄曇りといった感じで影響は少なめで済みました。


9136レ ELレトロ碓氷 EF64-1052+旧客6B+D51498
9136レ ELレトロ碓氷 EF64-1052+旧客6B+D51498 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
信越本線/群馬八幡-北高崎


1052号機が塗装変更されて初めて撮影しました。
ぶどう色塗色?うんこはちまき?
いろいろ言われる茶釜ですが、旧客との色合いの統一感がすごく合っていると思います。
制約の多すぎる近所の適当な踏切じゃなくて、それなりの場所で撮ればよかったかな?
9月の信州カシオペアに入るのはこの釡なんでしょうかね!?

2018/08/05

Pトップ牽引ELレトロ碓氷撮影

今日も酷暑。
眩しすぎる日差しが微妙ではありましたが、今朝のEL碓氷号はPトップが牽引ということで撮影に行きました。
いつものお気に入りのポイントへ。
ところが久しぶりに来てみると、線路脇に前はなかった勾配標が設置されているではありませんか。
ちょうど機関車の足回りにかかる位置にあるので、このポイントの魅力が少し削がれてしまいましたねぇ。


9135レ ELレトロ碓氷 EF65-501+旧客5B+C6120
9135レ ELレトロ碓氷 EF65-501+旧客5B+C6120 posted by (C)Tylor α99 II SAL70200G2
信越本線/北高崎-群馬八幡


真夏のトップライトでなかなか難しい光線状態でしたね。
せめてバックに薄雲がかかってなければ画像処理でもうちょい誤魔化せたのですが。


ELレトロ碓氷


この酷暑では乗客たちもみな暑そうでした・・・。

2018/04/08

EF65 501登板!久々EL碓氷撮影

そういえば最近地元のSLやELの客レを撮ってないぞと思い、今週末は何か走るのか調べてみたところ、どうやらEL碓氷にロクゴーPトップが入るらしいとのことで撮影に出向いてみました。
向かったのは中豊岡町。
115系のラストラン撮影で見事に失敗した因縁の場所です(笑)。


9136レ  EL碓氷 EF65-501+12系+D51-498
9136レ EL碓氷 EF65-501+12系+D51-498 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
信越本線/群馬八幡-北高崎


おなじみ、信越線の午後の上りはド逆光です。
今日の分厚い雲が基本の空なら大丈夫だろうと高をくくって来たわけですが、通過直前に太陽が抜けるという、いつもの逆パターンになってしまいました。
なかなかうまくはいかないものですね。
ただ逆光の煌めきある写真は嫌いではないので、Lightroomで可能な限り救済をしてます。


9136レ EL碓氷


たまには地元の遺産を撮るのも悪くないですね。
っていうか、115系が引退したものの、高崎車両センターは基本名車の宝庫なのだからもっと地元に目を向けるべきなのかもですね。
もっと新緑眩しくなったら上越線にSLも撮りに行こうかな♪


ところでフォト蔵よりflickrの方がアップロード画質よくね?と思う今日この頃です。

2018/03/21

今日の115系 Final ありがとう115系!なごり雪のラストラン!

先日定期運転を終えた高崎車両センター所属の115系湘南色。
今日は「ありがとう115系」と称したさよなら団臨運転が行われ、これをもって正真正銘のラストランを迎えることになります。
長きに渡って地元の鉄路を支えてきたこの電車の最後の雄姿を見届けようと、朝5時起きで撮影に出かけました。


まず最初は信越コースということで、最後まで残しておいたあの場所へ。
そう、群馬県随一の規模を誇るお立ち台、安中鉄橋です。
一発目は有名撮影地で、同好の志たちとみんなで見送りたいと考え、定期運転時はあえて撮影せずに今日までとっておきました。
朝から雨予報が出ていた本日、空もしばらくは我慢してくれていましたが、通過1時間を切る頃ついに降りだしてしまいました。
涙雨が降る中、サービスの超ロングトーンの警笛とともに本日の主役が登場です。


ラストラン!高タカ115系湘南色@安中鉄橋
ラストラン!高タカ115系湘南色@安中鉄橋 posted by (C)Tylor α99 II SAL70200G2
信越本線/群馬八幡-安中


復活した前面方向幕、ありがとう115系シールが前後に貼られた特別編成、最後を飾るにふさわしい装いでやってきました。
雪まじりの雨だけが残念無念ですが、詰めかけた100人前後の同業者たちとまずは最初の撮影を成功させました。


この後は皆方々に散って行き、私も急いで地元方面へと戻ります。
一発目はお立ち台でしたが、この後は地元の生活圏内で撮影をしたいと考えました。
最後は自分の日常を走る姿を撮って終わらせたいと考えてです。


ところが信越コースの返しは、強まった雪とハイビームにAFがやられて大失策。
聖高原でのカシオペア紀行撮影失敗を思い出して鬱に・・・。
動画が撮れてることが救いですが、もうこんなのはごめんなので次からは置きピンで行くことにします。


上越コースはこれまでもっとも撮影をしてきたイノシンこと新前橋~井野間にて。
とにかく雪だか霙だかでびしょ濡れなので、それを防げる陸橋下のプチ有名撮影場所で構えます。
考えることは同じで、構図の厳しさと虎ロープがあるにも関わらず、ここもたくさん同業者が集いました。
ポジションがなかったので後方よりのさらに窮屈な位置から。


なごり雪のラストラン!高タカ115系湘南色@イノシン
なごり雪のラストラン!高タカ115系湘南色@イノシン posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
上越線/井野-新前橋


もはやなごり雪どころじゃない、猛吹雪の中での1枚となってしまいました。
せっかくの晴れの姿を雪で邪魔されて残念ではありますが、これもまた強い印象と記憶が残ったと思えばアリかなと思います。


実はこの場所、私が115系を初めて撮った場所でもあるんですよね。
たしか撮り鉄デビュー2度目の現場だったと思います。


115系@新前橋-井野
115系@新前橋-井野 posted by (C)Tylor


うん、なにかと酷い(苦笑)。
そんな思い出の場所で最後にまた撮れたことは良かったと思いますね。


ガタガタ震えながら返しを待ちます。いよいよ次で本当のラストです。
最後に撮る場所は、たぶん今までで一番115系を撮った場所だと思う、イノシンのアウトカーブ地点。
最後くらいは雪のないクリアな視界で撮りたい、そんな願いが通じて、雪はいつしか雨へと変わっていました。
泣いても笑っても、正真正銘、ラストです。


ありがとう115系!ラストランお疲れ様!
ありがとう115系!ラストランお疲れ様! posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
上越線/井野-新前橋


・・・無事終わりました。
115系、最後の雄姿です。
最後に響いた警笛がいつまでも耳から離れませんでした。
こうして全ての思い出にケリをつけ、長い一日を終えることとなりました。


私の高タカ115系撮影はこれでおしまいとなります。
廃車回送などもあるんでしょうが、思い出の詰まった電車のそんな悲しいシーンは見たくもないので、これが今生の別れです。
最後まで美しいまま役割を終えた115系湘南色に心から拍手を送りたいです。
54年間、本当にお疲れ様でした!


これまで2年弱をかけて記録してきた115系動画をまとめてみましたwink

2018/03/16

今日の115系 Vol.41 高崎115系定期運行ラストラン!

ダイヤ改正前日の朝。
今日は休みなので終日115系の定期運行最後の姿を追い続けます。
そんな日なのに残念ながら朝からドン曇り。
仕方がないのでなるべく空が入らない構図で撮影したく、当初考えていた両毛線での撮影をやめて(両毛線で撮るような編成写真は曇りでは絵にならない)、信越線のまだ撮ってなかった場所へ行くことにしました。

やって来たのは安中~群馬八幡の陸橋。
安中鉄橋の反対側ですね。ここなら線路を見下ろす形なので空は入りません。


高崎115系定期運行最終日その1@安中~群馬八幡
高崎115系定期運行最終日その1@安中~群馬八幡 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
信越本線/安中-群馬八幡


人気の場所ですが、この天気と平日早朝という事もあり私一人での撮影でした。


ところで今日はもともと病院へ行く予定で休みが入ってました。
次の撮影地はそんな病院のそばで。
天気も天気なので踏切から編成写真かな?と思いましたが、どうしても撮りたいものがあり必死になってそれを探しました。


高崎115系定期運行最終日その2@新前橋~井野
高崎115系定期運行最終日その2@新前橋~井野 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
上越線/新前橋-井野


どうにかこうにか見つけ出した春の姿です。
まだ菜の花も完全な見ごろではないものの、探せば少しはあります。
春らしいと言っても、この日は強風が吹き荒れて寒いったらなかったですが・・・。
それでもどうしてもまた撮りたかった115系と菜の花、苦労したけど撮れて良かったです。


このあと病院へ行ったのだけど想定外に早く終わったため、少しだけ期待していた上越線731Mに乗車することが叶いました。
時間的にギリギリだったけど、115系の上越線乗り納めが出来て本当によかった。
平日の真昼間とは思えない乗車率で、そのほとんどが鉄ちゃんでしたね。
それぞれ最後の115系乗り鉄を楽しんでいました。
そして列車が渋川駅に着いた時、目に飛び込んできた風景に呆気にとられ、その直後に物凄い感動の波が襲ってきました。



なんと駅員総出で「ありがとう115系」の横断幕や旗をもってお出迎えしてくれていたのです。
この写真は端に来てしまってますが、中心にはもっとたくさんの関係者さんが集まっており、その光景は本当に一生忘れることはないと思います。思わず目頭が熱くなりましたよ。
115系はファンだけでなく、鉄道関係者にも本当に愛されていたんですね・・・。


感傷に浸る間もなく列車は後閑につき、私は下車しました。
水上まで乗りたかったけど、最後の撮影地は後閑と決めていたのです。
向かったのは築堤上のS字地点。
撮影地情報には出ていないけど、最後を飾るにふさわしい人気のポイントです。
ところが、最後に来てアクシデントが。
まず、立ち位置をミスったこと。
私自身初めて来たので立ち位置をよく理解しておらず、また115系が戻ってくるまで時間もなくてじっくり構図を練れなかったのです。
そして、この土壇場に来て三脚の雲台が急にぐらつきだしたこと。
まったく、これだから軽い事だけが魅力の安物は・・・って、来ちゃったよ、115系。


高崎115系定期運行最終日その3@上牧~後閑
高崎115系定期運行最終日その3@上牧~後閑 posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
上越線/上牧-後閑


本来の切る位置はもっと奥ですよね、きっと。
おまけにカツカツという。
私ってばカシオペアの北海道ラストの時もそうだったけど、ここぞのシーンでやらかしますよね(苦笑)。
まぁこれも私らしくていいかなぁ。
どうしてもやり直したかったらもうサヨナラ団臨の時しかないでしょうけど、どうせ混むだろうからなぁ。


そんなわけで、これにて定期運行の撮影はすべて終えました。
最後こそ締まらなかったけど、天候を思えば最善は尽くせたかなと思います。
この後上牧温泉で時間を潰し、高崎駅へと向かいました。
最後のお見送りは終着駅、高崎です。


定期運行を終えた高崎115系を見送る人々@高崎駅
定期運行を終えた高崎115系を見送る人々@高崎駅 posted by (C)Tylor


吾妻線から来たこの列車がどうやら115系最後の運用だったようです。
知ってか知らずか、多くの鉄、そして報道陣が詰めかけておりました。


高崎115系T1022編成~定期運行最後の回送列車@高崎駅
高崎115系T1022編成~定期運行最後の回送列車@高崎駅 posted by (C)Tylor


実は私はこの後信越線でラスト乗車しようかなと思っていたのですが、すでにこの時多くの編成は運用から離脱しており、入線してきた列車は211系だったのです。



さんざん撮影した信越線145Mに211系が入ったのを目の当たりにした時、ああ本当に終わってしまったんだなと思い知らされました。
本当に寂しい気持ちになりましたね。
でもこうなってくると、上越線でラスト乗車できたことは本当に良かったですね。


こうして早朝から始まった115系追っかけは終わりの時を迎えました。
明日のダイヤ改正で高崎地区は211系天国となります。
一つの時代がまた終了したわけですが、喪失感はしばらくなくならないでしょうね。
子供の頃から当たり前にあって、上京する時も、帰省する時も、この電車を利用してきました。
都落ちした時も、悔しさを紛らわせてくれたのは高崎には115系があるという救いでした。
群馬の鉄道ファンの誇り、それが115系湘南色だったのです。
最後まで無事見送れてホッとしたけど気が抜けちゃったなぁ。
サヨナラ団臨、雨予報どうにかならないかなぁ・・・。

2018/03/14

今日の115系 Vol.39 これが最後の145M !?

ダイヤ改正まで、つまり定期運行終了まで3日となった高崎地区の115系。
どうやらさよなら団臨の日が雨マークがつくっぽいので、ヌル晴れだろうがなんだろうが、この3日で撮るもの撮っておきたいですよね。
ということで今日も仕事を早抜けして信越沿線へ。
先日出向いた安中~磯部の第一一本木踏切へ再び向かいました。
前回は被りつきのアングルで撮っていたので今日はサイドへ。


定期運行終了まであと3日の115系@安中~磯部
定期運行終了まであと3日の115系@安中~磯部 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L USM
信越本線/安中-磯部


架線註こそかかるものの、被りつきじゃなくても十分な編成写真が撮れますね。
サイドは空いているので間際に来ても十分です。


さてこれまで散々撮影をしてきた信越線の145Mですが、もしかしたら今日が最後の撮影になるかもしれません。
明日は可能ならもう一度両毛線に行きたく、明後日は休みなので記念乗車することも考えていますのでね。
まさしく日常そのものだった信越線を走る115系。
定期運行の撮影納め(予定)をしたことはとても感慨深いものがありますね・・・。

2018/03/10

今日の115系 Vol.36 最高の夕陽がお出迎え

ダイヤ改正前最後の週末を迎えました。
土日共に晴れ予報で、きっと日本各地でそれぞれが最後のお別れ撮影に臨んでいることでしょうね。
そんな素晴らしい快晴の土曜日、何の因果か私はお仕事・・・。
だけどあまりにもったいなかったので、またしても持てる能力をフル稼働しちゃいました。
16時前に奇跡の早上りが叶い、夕方の信越本線145Mに間に合いそうだったので急いで行きたかったポイントへ。
やって来たのは安中~磯部間の第一一本木踏切。



歩行者専用の踏切なので車の往来がなく気兼ねなく撮影できるポイント。
通過20分前にどうにか着きましたが、直前にSL碓氷もあったこともあり、すでに多くの同業者が臨戦態勢でいて完全な出遅れ状態。
それでも多くが後方よりのハイアングルに構えていたので(その方が障害物を交わしやすい)、前の立ち位置が案外空いており無事に収まることが出来ました。
ここはただの編成写真しか撮れない何の変哲もないポイントではあるけれど、条件が揃えば理想的な写真が撮れる。
そして今日はそんな理想で溢れる夕方を迎えていました。


夕陽に向かって快走する115系湘南色
夕陽に向かって快走する115系湘南色 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
信越本線/安中-磯部


撮影結果を見て思わずニンマリ。湘南色マシマシのバリ順。
最高の夕陽がもたらしてくれたのは、最高の115系の姿でした。
もう終焉までにこれほどの光線で撮影は叶わないかもしれない。
滅茶苦茶疲れたけど、無理矢理仕事を終わらせてやってきて本当に良かったです。


きっと集っていた10数名の撮影者の中には県外からやって来た人もいたことだろう。
地元民としても、みんなで喜びの結果を分かち合えたのは嬉しいですね。
さー、明日の日曜日も撮影頑張ろう。

2018/03/06

今日の115系 Vol.34 板鼻にてバリ順いただきました!

今日は仕事をちょっくら早引けして信越線の145Mの撮影に出向きました。
というのも今日は快晴で、群馬名物の空っ風も吹き荒れており、雲が発生する要素は皆無。
この状況で写真を撮るチャンスをミスミス逃す手はないと思ったからです。
向かったのは群馬八幡~安中。
地名で言えば板鼻という場所。
かつて189系の横川臨を撮ったインカーブで115系を撮れたらと思い来てみました。
ところが。


211系A30編成@群馬八幡~安中
211系A30編成@群馬八幡~安中 posted by (C)Tylor α99 II SAL50F14Z
信越本線/群馬八幡-安中


一個前の211系で試したところ、側面まで陽が回らないことが判明。
面にはバリバリ陽が当たっているだけに、側面が潰れたら目立つことこの上ない。
おまけに影落ちも酷く、これでは本番115系を撮るのは躊躇われた。
そこで場所を少し移動し、陽射しの角度がいい場所を探した。
広角になるけれど、せっかく澄み渡った青空なんだしそれもいいかなと方針を変えることで決定。
広角のレンズも持ってきておいてよかったです。


夕方の完全順光の中、115系湘南色が快走!
夕方の完全順光の中、115系湘南色が快走! posted by (C)Tylor α99 II SAL2470Z
信越本線/群馬八幡-安中


場所を変えたことで完全順光の下で撮影できました。
うん、やっぱりこっちに来ておいて良かった。
この空だもの、わざわざ条件の悪い場所で撮ることないよね。


この撮影地、先日は朝にこの先の群馬八幡よりで撮ったけれど、朝も夕方もバリ順で撮れるからいい場所です。
昼過ぎあたりに115が走ってればインカーブもいい具合に撮れるんでしょうけどね・・・。
もうその希望は叶う事はありません。
かと言ってわざわざ曇りの日に来るかは微妙ですね。
115系を撮れる機会も、営業運転で言えば残り10日。
せっかくなら条件のいいところで撮りたいですからね!

2018/03/04

今日の115系 Vol.33 イソアン俯瞰に挑戦

富士急&中央線の撮影から戻って来たばかりで疲れているけど今朝も早朝5時起きで出撃。
今日は昨日に続いてバリ晴れ予報が出ており、そんな日にこそ撮りに行きたい場所があったのだ。
念のため窓の外を確認すると星とお月さんが確認できたため、安心して出発。
目覚めぬ街をクロスバイクを走らせること1時間強、その場所へたどり着いた。

やって来たのは信越線の磯部~安中間にある小高い丘。
通称イソアン俯瞰の撮影地だ。
晴れていれば上毛三山を背に鉄道走行シーンが撮影できるスポットで地元の鉄には大人気。
地元外からも来ているようで、県外ナンバーも停まってました。

夜が明け期待通りの陽射しが差し込む磯部の街並み。
そしてそのバックにそびえる美しい山々。
そんな景色に見とれてばかりもいられず、構図を念入りに作る。
俯瞰撮影はあまりしたことがないけど、鉄道に限らず風景写真は構図が命。
いろいろ制約も多くて(今回一番困ったのは工事車両が2台止まっていたこと)難儀したが、ようやく決まりいざ本番。
ちなみに今日は気合入れてスチール2台、動画2台の、カメラ計4台体制です(笑)。


妙義山を背に115系湘南色が走る!
妙義山を背に115系湘南色が走る! posted by (C)Tylor α900 SAL70200G2
信越本線/磯部-安中


まずは久々駆動のα900の方は妙義山を大きく取り入れた構図で。
妙義山は上毛三山の一つで群馬県を象徴する山でもある。
地元の小学校では運動会の際、妙義団、赤城団、榛名団とクラスごとに分けられるなどこの山に対する地元民の意識は高い。
ちなみに私は妙義団のケースが一番多かったと記憶しています。
そんな妙義山がクッキリ姿を現してくれる期待通りの写真が撮れました。
俯瞰撮影は晴れてくれなければ何の面白みもないですからね、良かったですよ。


浅間山に見守られ115系湘南色が走る!
浅間山に見守られ115系湘南色が走る! posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
信越本線/磯部-安中


間髪を言えずにα99 IIの方を連写。
こちらはすぐ横に雪化粧を施した浅間山が広がっているのでこちらをフィーチャー。
ただ手前の方まで引きつけると、この時期はまだ山影が完全に抜けきらないようです。
それでも完全順光で湘南色が撮れました。
疲れている中早起きした甲斐があったというものです。
納得いくものが撮れれば疲れなんて吹っ飛びますからねwink


いつか挑戦したいと思っていた磯部の俯瞰撮影。
115系湘南色が存在しているうちにやってこれて良かったと思います。
今後休める日にこれだけ晴れるかはわからないですからね。


ちなみに撮影位置はこのへん。



徒歩なら磯部駅から向かうことになる。
お立ち台からは駅発車がボンヤリ見えるのでさほど遠くはなさそう。



今日撮ったのは一番奥の一番高いところからだったけど、場所を移れば反対側も綺麗に見渡せる。
むしろSL撮影なんかでこっちのアングルの方が有名かも。



こんなこんもりとした丘があるのです。
足場は広そうに見えるけど、木々の枝が邪魔だったりと案外制約は多いみたいです。


帰りはラストラン団臨のロケハンをしながら戻りました。
まだどこで撮るか決めてないんですよね。
この安中~磯部間は基本的にずっと開けてるのでどこでも撮れそうな感じですね。
信越線の撮影はこれまで安中から高崎よりでしか撮っていなかったので、今後機会があればもう少し遠出してみようかな。

2018/02/12

今日の115系 Vol.30 名撮影地に警鐘が

30回目を迎えたこの連載。
高タカ115系湘南色が終焉してしまうまでにあと何回更新できますかね。

今回向かった撮影地は渋川~八木原間の通称ヤギシブ。
私も何度も撮影に訪れた区間だけれど、撮影スポットは点在しているので毎回別の場所で撮っている。
今回はセメント工場横にあるアウトカーブが撮れる地点。
6両編成がピッタリ収まるカーブで鉄ちゃんに大人気な場所だ。

ところが着いてみて違和感を覚えた。
ここってこんなフェンス着いていたっけ?



昨年12月にこっちで撮影した帰りにロケハンした時はまだこんなフェンスは設置されてなかったはずだ。
あの後2か月ほどの間に設置されたんだね。


推測されるに、今後115系の引退が迫るにつれて撮影者が急増し、中には際どい位置まで入り込んでいく無茶をする連中も現れるだろう事に対するJRの事前策と思われる。
多くの鉄は世間のイメージほどには無茶はしないが、中にはどうしようもない輩がいることは重々承知している。
これは警鐘だろう。今後他でもこんな対策が増えていくのかもしれない。
ただしフェンスの高さはさほどでもなく、大人の身長なら手持ちでも三脚設置でも脚立なしで撮れる。
JRのせめてもの優しさか。


上越線738M 115系湘南色@ヤギシブカーブ
上越線738M 115系湘南色@ヤギシブカーブ posted by (C)Tylor α99 II SAL70300G
上越線/渋川-八木原


このように無茶をしなくても綺麗に撮れる。
本当に6両くらいがピッタリ収まって、こりゃ鉄に人気なのも頷けるね。
県外ナンバーの撮影者も来てました。
115系でこういうアウトカーブ写真は撮ってなかったので、混み合う前に来ておいてよかったと思いました。


夕方は信越本線の撮影。
陽が17時くらいまで持つようになってきて、夕方の145Mが撮れるようになってきた今日この頃。
朝陽もいいけど、夕陽こそがドラマチックさを生み出すエッセンス。
これからどんどん明るくなっていく朝と比べて、薄闇へ向かう直前の儚さと寂寥感が味わいを増してくれる。


ドラマチックな夕暮れを走る115系湘南色
ドラマチックな夕暮れを走る115系湘南色 posted by (C)Tylor α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD
信越本線/北高崎-群馬八幡


久々にいつものお気に入りポイントで撮りましたが、やっぱいいですね、ここ。
ただサードパーティレンズのAFを過信してしまった事で若干ピン甘になってしまいました。
夕暮れという事で独特の色乗りに期待してタムロン使ったんですがねぇ。
置きピンで行くべきだったなぁ。
お手軽さを優先させて後悔するのは嫌なので、今後はレンズは純正オンリーで行こうと思います。