2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

カテゴリー「信越本線」の記事

2021/02/20

ELぐんまよこかわ撮影@浅間山バックの高谷外戸踏切

昨日東海道で撮影してきたばかりですが、本日も地元で撮影します。
先週のDLに続き、今週は通常のELぐんまよこかわ撮影です。
今日は昨日に続いて天気が良かったので、いい風景はないか探してみたところ浅間山をバックに撮れそうな踏切があったので向かってみました。昨日の富士山バックに気を良くしての雪山バックシリーズですね。


やって来たのは磯部と松井田の間にある高谷外戸踏切。
カーブの向こうからやって来る列車を撮れる踏切で、編成後方は巻き込んでしまうものの、左側にそびえる浅間山を望遠レンズで引き寄せて撮るといい感じになる踏切です。

ELぐんまよこかわ浅間山バック
ELぐんまよこかわ浅間山バック posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF70-300mm F4-5.6 IS II USM
信越本線/松井田-磯部


冬季のスジなら光線状態もさほど悪くはないようです。
しかし肝心の浅間山はクッキリとは出ずにうすぼんやり。
少しでも存在感を出すために現像に四苦八苦でした。
このあたり晴れてはいても昨日のような冬の澄み渡る空気じゃなかったようです。
黄砂か花粉か、ぼんやり霞む空が恨めしい・・・。

 

ELぐんまよこかわ@松井田~磯部
ELぐんまよこかわ@松井田~磯部 posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF70-300mm F4-5.6 IS II USM
信越本線/松井田-磯部


引き付けてもういっちょう。
わずかに山の稜線が浮かび上がっている感じでしょうか。
トラロープがなければもっと良いんでしょうが贅沢は言ってられません。
短い区間、いつも同じ場所じゃ撮っててさすがに飽きますもんね。
いつも同じ1001クンってのも食傷気味・・・。


無理なく追っかけて安中の先、板鼻で2本目を撮りました。

ELぐんまよこかわ@板鼻
ELぐんまよこかわ@板鼻 posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF70-300mm F4-5.6 IS II USM
信越本線/安中-群馬八幡


ここは過去にも来てるので記録程度。
とくに面白みのある撮影地でもないですし、光線もいろいろ飛んじゃってパッとしない感じです。
ここでも本来浅間山が望めるはずなんですが、今日の条件では姿を写し出すことは不可能でした・・・。


ぐんまよこかわはこれでしばらく撮影機会がなさそうです。
次は春先に桜でも探して撮りたいですねぇ。

2021/02/14

DD51-842牽引DLぐんまよこかわ撮影@西松井田

本日は久しぶりに日曜日にぐんまよこかわが設定されてたので撮影に出向きました。
しかも今回はこれまた久々のDD51が登板。
ELもいいですが、DD51の客レなんて今やとんでもなく貴重なのだから、撮れるときに撮っておきたいものです。
本日2月14日、客車はチョコレート色だし、高崎支社からのバレンタインプレゼントですね。

やって来たのは2年ぶりの西松井田。
前回の撮影では望遠レンズを使ってELを撮影したので、今回は標準レンズで撮ることにします。
この前買った新レンズの筆おろし撮影にもなりますね。

まずは午前の下りのSLから撮影。
ただしこの撮影地で午前の下り列車だとド逆光かつ窮屈な構図となってしまうので、今回は往路のSLはあくまでおまけ撮影です。

SLぐんまよこかわ@松井田~西松井田
SLぐんまよこかわ@松井田~西松井田 posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF24-105mm F4L IS II USM
信越本線/松井田-西松井田


まぁ逆光ゆえの無機質感も出てくれるのでそう言うほど悪くもないんですが、ピン甘なのと窮屈さは否めないところですね。

これを撮り終えたところですかさず午後のための場所取りをしていったん離れ、昼食後にまた舞い戻ってきました。
午前中は上りはバリ順でしたが、午後になるとサイド光になり面は潰れがちになってしまいます。
それでも冬時間のスジならさほど悪くはない光線状態なので、混み合うこの先のS字地点よりもこっちで平和に撮影します。

 

211系A59編成@西松井田~松井田
211系A59編成@西松井田~松井田 posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF24-105mm F4L IS II USM
信越本線/西松井田-松井田

練習電の211系も考えてみればそう悪くない被写体。
きっちりと記録しておきたいところです。
この撮影ポイントはもう少し前方寄りから直線でも撮れる場所があるけれど、バックがややうるさいのが難。
後方の民家を車両で隠せる位置まで下がるとスッキリします。
そしてその場所からだと列車がやや首を傾けた位置で切り取れる自分好みの構図となります。
新レンズのAFの早さ、描写力とも悪くない感じですね。


本番間際、一気に撮影者が集まりだしました。
2年前にこの場所でELが緊急停止した原因となった、後方の犬走りの上に今日もまた大勢乗り込んでいたのでヒヤヒヤもんでした。
あれはグレーゾーンを超越してますって。

DLぐんまよこかわ@西松井田~松井田
DLぐんまよこかわ@西松井田~松井田 posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF24-105mm F4L IS II USM
信越本線/西松井田-松井田


幸い今回は停車することなく、それでもゆ~っくりと、ゆ~っくりと通過していきました。
信越訓練以外でDD51の客レ撮影は本当に久しぶり。
午前中に出会ったSL爺様は、「復路なんか撮ったってしゃーないわい」と笑って帰ってゆかれましたが、いえいえDD51の客レなんてまさしく貴重な貴重な存在ですよ。これもまたいつなくなるかわかりませんからね。
贅沢言えば色合い的には旧客よりも青い12系の方が見栄えが良い気がするんですが、また次回への期待という事で。

DLぐんまよこかわ@西松井田~松井田

2021/01/16

横川カーブ面縦~SL/ELぐんまよこかわ追っかけ撮影

今日は朝からSL/ELぐんまよこかわの追っかけ撮影を目論んだ。
ただ晴れてはいたものの空はガスっており、澄んだ空気感の冬らしい写真は撮れそうもなく風景写真はあきらめ気味。
では久しぶりに鉄ちゃん写真を撮るかと、そういう場所を頭に思い浮かべながら撮影地を目指した。


今回は往路のSLはおまけ。
行きがけの駄賃でいつもの安中と磯部の間の田園地帯で撮ることにする。
先週もっといい条件で撮っているので今日は定番構図ではなく、妙義山をバックにしてアイレベルで後追い撮影にした。

 

SLぐんまよこかわ@安中~磯部
SLぐんまよこかわ@安中~磯部 posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF70-200mm F4L IS USM
信越本線/安中-磯部


奇形山をバックにしているのに煙で肝心の山の稜線は覆われてしまった。
このアングルの構図はSL向きではないということがわかった。
まぁある程度予想通りだったけど毎回同じじゃ面白くないのでいろいろ試してみるのは悪くない。
今更開拓は難しいだろうけど、例の場所以外でもっと上から俯瞰気味に撮れないか調査してみる価値はあるね。


往路はこれでおしまい。
そのまま横川まで走って有名撮影地の横川カーブを目指した。
復路はまず2年ぶりに横川カーブで撮ることに決めた。
2年前はオーソドックスな構図で撮ったけど、その時別の構図でも撮りたいと思っていたので今回試すことにしたのだ。
それはいわゆる正面ドカン。面縦ってやつである。
最近では安中鉄橋の面縦が大人気らしいけど、あそこほど光線はよくないけど、横川のあのカーブなら縦位置でもうまい事撮れそうな気がするので今日はそれを狙ってみる。
定番よりも少し離れた立ち位置にスタンバイ。
同じ場所には私を含めて3人ほどで、あとの撮影者は定番位置に固まった。
密じゃなくてよかった(^-^;

 

ELぐんまよこかわ@横川カーブ面縦
ELぐんまよこかわ@横川カーブ面縦 posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF70-300mm F4-5.6 IS II USM
信越本線/横川-西松井田


何とか収まったけど決してベストではない。
上がカツいのに対し、下が開いてしまっている。
正面ドカンはなかなか構図を作るのが難しいなと思った。
もう一回、今度はもう少し長玉を持参して再チャレンジしてみたいね。
立ち位置も先着者さんの方がより構図に融通が利く良い位置だったし。

 

ELぐんまよこかわ横川面縦



ただガチピン決まっているのは気持ちがいいね。


そのまま急いで撤収準備をし、高崎側へ戻った。
往路と同じく、復路でも安中駅停車があるので十分追いつく。
そんな法定速度を20キロ以上もオーバーしなくても十分間に合いまっせ、同業者氏(-_-;)


やって来たのは安中駅のすぐ先。
SL撮影で有名な、安中駅発車シーンを撮れる場所だ。
ちなみにここでは昨年の撮り初めでSLぐんまよこかわを撮った。
人が固まりやすい定番位置よりも少し後方からでもうまいこと撮れるのは知っている。
SLじゃないので煙の吐き出し具合を気にしなくていいのも適している。
直前にわらわら2名やって来たけど、境界杭超えてバラストに三脚立てるのは勘弁してほしかった。
そこまで寄らなくても十分抜けるし、何より面倒なことに巻き込まれるのはゴメンだからね。
案の定小刻みに警笛鳴らされてたし(*_*)

 

ELぐんまよこかわ@安中発車
ELぐんまよこかわ@安中発車 posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF70-300mm F4-5.6 IS II USM
信越本線/安中-群馬八幡


どっちみち光線が芳しくないのであくまでおまけと位置付けて気楽に安全に撮った方がええで。


というわけで久しぶりに追っかけ撮影をしてみたけど結構疲れましたね。
「追っかけでは追っかけなりの写真しか撮れない」というのはこの趣味始めてから聞いた印象に残る言葉の一つだけど、数を求めるか、質を求めるか、その時々の撮影条件をよく見極めて行きたい。
今日のようなハンパ晴れだからやろうと思えたのだ。

2021/01/09

5DMarkⅣ撮影実戦!新春撮り初めは今年も「SLぐんまよこかわ」

本日は昨日買ったばかりのリーサルウェポン、EOS 5D Mark Ⅳの初実戦、試写のために沿線に繰り出しました。
2021年の撮り初めともなる被写体は昨年に引き続き地元を走るSLぐんまよこかわ。
今日は朝から快晴だったので絶好の撮影日和、テスト日和でした。


やって来たのは安中駅の先の田園地帯。
お馴染み第一一本木踏切から少し磯部方面へ行ったあたりの畦道。
コロナ禍でも多くの撮影者が来ていたけど、ウイルスまでも吹き飛ばしそうな強風が吹き荒れていたのであまり気になりませんでした。
偶然にも隣り合った同業の方も5D4使いの人でしたね。
ちなみにレンズは向こうの方がグレードが高いやつでした( ;∀;)
バリ晴れでもこれだけ風が強いと煙が暴れるのでSLの撮影条件的にはよくなかったけど、今日はあくまでカメラの性能テストの日。
作品の出来栄えよりもカメラの実力が知りたかったのでそっちに集中します。

 

D51-498 SLぐんまよこかわ@安中~磯部
D51-498 SLぐんまよこかわ@安中~磯部 posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF70-200mm F4L IS USM
信越本線/安中-磯部


撮影はもちろんAIサーボのオートフォーカス。
7D2使用時と同じく、Case3の「急に現れた被写体に素早くピントを合わせたい時」をチョイス。
このカメラは全点F8測距に対応という事でF8まで絞って撮りました。
見事に食いついてくれて、キッチリとピントが合っております。

D51-498


ここまで拡大して切り取ってもヘッドマークの文字がはっきりと確認できます。

「横川のまちに汽笛は鳴り止まない」

現在の状況下に対する高崎支社のプライドが垣間見えますね!
信越本線開業135周年なんですね。鬼なんちゃらのヘッドマークよりよっぽどいい😓


一番気になったのはこれまで連写性能としては秒間10コマ以上の能力を持つカメラを使う事が多かったので、秒間7コマだとどうかなと思ったけどSLの速度ではまったく問題ありませんでした。
レリーズタイムラグもほとんどないみたいだし、1枚切りでも十分行けそうです。
連写でOKなシーンと、ワンショット切り必須なシーンとで臨機応変に対応していこうと思います。


ちなみに上記はJpeg撮って出し。ホワイトバランスが太陽光、ピクチャースタイルはスタンダードで撮影。
DPP4で調整しRaw現像した結果は以下。

 

SLぐんまよこかわ@安中~磯部


画質いいですよね。さすがレフ機の完成形と称されるカメラ。
5D4の実力の片りんを見た気がします。
今後は悪天などもっと条件がよろしくないシーンでのテストもしてみたいですね。
という事で2021年の初撮影および、新カメラの機能テストとして上々の結果を得る事が出来満足です。

2020/12/13

エクストララウンド!本当の2020年撮り納め~SLぐんまよこかわ撮影@磯部俯瞰

今週も快晴の日曜日で撮影日和。
先週の撮影で今年の撮り納めは完了と書きましたが気が変わりました。
仕事でストレスマッハな状況ではバイクにでも乗らなきゃやってられない、写真でも撮らなきゃやってられないと思い、今週もまたバイクに乗って磯部の俯瞰撮影地までやってまいりました。
狙いはもちろん「ぐんまよこかわ」。
先週は妙義山バックでELをフィーチャーして撮影しましたが、今日はSLの方を主題とし、前回と逆アングルへ。
このアングルでSLを撮るのは初めてなので2週連続で来てもマンネリ感はありません。
先週より人出は多く、また前回独り占めだった妙義山側にも数名いるなど沿線は賑わっておりました。
SL以外にも何かネタでもあったんでしょうかね。
気になりますが私の方はこのSLぐんまよこかわで正真正銘今年の撮り納めとなるのでこちらに集中。
せっかくだからと、久しぶりに骨董品のα900を持ち出していざ。

SLぐんまよこかわ@師走の磯部俯瞰
SLぐんまよこかわ@師走の磯部俯瞰 posted by (C)Tylor
α900 SAL70200G2 信越本線/安中-磯部


上々のお天気、そして上々の煙の吐き出し具合で名物列車は通過していきました。
少しはストレスも解消できたかな!?
そして久々にα900を駆動して、最新のテクノロジーなど搭載してなくても、レフ機での撮影の楽しさは格別だなと感じたのでした。
未来に残したいミノルタの系譜を受け継いだαの遺産ですからね、α900は。
画質では最新カメラには遠く及ばないけど、撮る楽しさを思い出させてくれる意味でも今後も大切に使い続けていきたいですね。

2020/12/06

2020年撮り納め?妙義山バックでSL・ELぐんまよこかわ撮影

朝から快晴。
もしかしたら今年撮影できるのは今日が最後かもと思い、締めに地元の人気列車を撮影しようと考えました。
狙いはSLぐんまよこかわ。
ただ編成写真を撮っても面白くないので、雄大な風景の中を走る姿を撮りたく、久しぶりにあの丘へ出向きました。
通称イソアン俯瞰、磯部駅近くにある丘からプチ俯瞰撮影が出来る人気スポット。
幾度か訪れたことがある場所で、最近では去年の秋口にELぐんまよこかわを撮りました。

EF64-1001+12系5B+C6120 ELぐんまよこかわ@磯部俯瞰
EF64-1001+12系5B+C6120 ELぐんまよこかわ@磯部俯瞰 posted by (C)Tylor
2019年9月撮影


ただ今回はこのアングルではなく、かつて115系末期に妙義山をバックで撮った方で撮りたいと考えました。
SLもいいですがどちらかと言えば電気機関車好き。
午前順光のこの撮影地で妙義山バックで電気機関車を前方にして撮るには、下りSL、上りELというあまりない設定時しかチャンスがなく、また風景写真なので晴れ間にも恵まれる必要があるという、様々な条件を満たした今日は絶好の撮影日だったのです。
当然後打ち撮影になりますが、風景写真なのであまり問題ないと考え、数名いた同業から一人離れて逆アングルに陣取りました。
2018年来訪時より前方にある木々の枝が伸びていて制約が多くなっていたので、近くにあった伐採されかけていた木によじ登って撮影。苦しい体勢ながらスッキリと抜けるアングルがあって安堵です。
そして聞こえてきた汽笛。

SLELぐんまよこかわ@磯部俯瞰
SLELぐんまよこかわ@磯部俯瞰 posted by (C)Tylor
α99 II SAL70300G 信越本線/安中-磯部


結果的にこちら側で撮って大正解。
思い描いた通りのものが撮れて大満足の1枚となりました。
ポイントはSLが吐き出す煙が車体を覆ってしまわないこと。
今日は風がなく、煙はうまい事上がったままの状態で通過してくれました。
上毛三山に数えられる群馬を代表する奇形山、妙義。
その麓を駆ける列車。
群馬の鉄道を象徴する写真が撮れました。これで今年の締めの撮影は無事終了ですかね!

妙義山を背に走るSLぐんまよこかわ

2020/02/22

3連休初日は久々にELぐんまよこかわを撮影@人もまばらな第一一本木踏切

今日から3連休。
天気にも恵まれるようで暖かくなりつつあることもあり絶好の行楽日和・・・とはならないのが現在の日本列島なんですよねぇ。
私も通常ならばどこかしらへ出かけるところなんですが、さすがに今は電車に乗ってどこかへって気にはなれません。
では地元で久々に撮影でもしますかという事で、ELぐんまよこかわを撮りに信越沿線へ向かいました。
土曜運行が続く関係でしばらく撮れてませんでしたが、貨物ちゃんねるの投稿によれば今日は1053号機が入るらしかったのでより楽しみにして出かけたのですが・・・。

EF64-1001牽引ELぐんまよこかわ@第一一本木踏切
EF64-1001牽引ELぐんまよこかわ@第一一本木踏切 posted by (C)Tylor
α99 II SAL70200G2 信越本線/安中-磯部

なんと、センイチさんじゃないですか。
またガセネタをあげられたってわけですね、やれやれ。
すっかり見慣れた光景だからか、はたまた曇が多い空模様が嫌われたか、別のネタに行ったか、それともやっぱりコロナで出不精なのか、撮影者もまばらな第一一本木踏切を静かに通過して行きました。
薄日って感じで夏場よりも面の潰れがなくていい具合ですね。
もう少し青空が広がっていれば言う事ありませんが。

2020/01/04

2020年撮り初め!SLぐんまよこかわ撮影@激パの安中発車

本日は仕事ではありましたがさすがに年初ということもあり繁忙期の忙しなさはどこへやらで半ドンに成功。
だったら天気がいいので撮影に行きたいなと思い、自宅に戻ってカメラを手に取り再度出かけました。
狙いはSLぐんまよこかわ。
本当は午前のELの方を撮りたかったのが本音ですがね。
まぁSLもしばらくぶりだし、新年初撮影の被写体としては悪くないってね。


向かったのは安中駅の手前。
信越線でSLを撮る場合、勾配を降りてくる上り列車はまず煙が期待できない。
だから狙うなら駅発車直後のみということで安中発を撮ることにした。
考えることは同じのようで、撮影ポイントには相当な数の同業が集結してました。
いわゆるSL爺だけではなく若い連中もたくさんいたのは午前のELからそのまま流れて来たって事でしょうね。
正月休み期間ってのもあって県外ナンバーも多く見られました。
そんなだから手持ちで脚立なしの自分が直前来訪でポジションをとれるはずもなく。
仕方がないので連中から200メートルほど離れた土手沿いから撮ることにしました。
ここだと駅発車直後に比べると煙も収まってしまいそうだったけど、与えられた条件で最善を尽くすのが我が矜持。
無理に割り込んで双方嫌な思いするよりはマシです。

 

SLぐんまよこかわ


やはりモクモクとは行きませんね。
出だしは良かったのでもうひと踏ん張りして欲しかったところです(笑)。

SLぐんまよこかわ@安中~群馬八幡
SLぐんまよこかわ@安中~群馬八幡 posted by (C)Tylor
信越本線/安中-群馬八幡 EOS 7D Mark II EF70-300mm F4-5.6 IS II USM


本当はもうちょっと引き付けられたら雪化粧の浅間山をフレームインできたんですがね。
引き付けたショットには煙はありませんでした。


なんやかんやで無事終えた2020年の初撮影。
今年もこうして地元の遺産を撮る機会が多そうです。
ところで、心なしか去年、一昨年あたりから高崎のELSL狙いの撮影者が増加している気がするんです。
それは様々な名列車、形式が引退し、撮る被写体が年々減っているって事を意味してるのかもしれません。
そういう意味では我々地元民は遠出しなくても毎週末にネタが走ってくれてるのだから恵まれてるのかもですね。

2019/09/29

磯部の俯瞰でELぐんまよこかわを撮る

朝起きたら晴れていたのでELぐんまよこかわの撮影に出かけることにした。
向かったのは磯部方面。
本日は久しぶりにイソアンの俯瞰で撮ってみようと思った。
イソアンの俯瞰といえばかつて妙義山バックに115系湘南色を撮影したことがあるけど、それ以来の来訪となる。
本日は下り列車狙いなので逆アングルだ。
今時分は田んぼの稲がちょうど収穫前を迎えたころであり、そんな秋の田舎の風景を走る姿を是非撮りたいと考えての事。
刈られてしまう前に晴れてくれてよかった。


現着すると2名の同業者。
ここ以外の撮影地もわりかし空いていたし、先日のPトップの時と比べると静かなものだ。
直前にもう一人来て合計4人での平和な撮影となった。

 

EF64-1001+12系5B+C6120 ELぐんまよこかわ@磯部俯瞰
EF64-1001+12系5B+C6120 ELぐんまよこかわ@磯部俯瞰 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD
信越本線/安中-磯部


昨日までの予報じゃ今朝が晴れてくれたのが奇跡みたいなものなので、バックがやや眠たいとか贅沢は言えない。
陽射しが当たってくれただけ儲けものみたいなものだからね。
実りの季節にいいものが撮れた。

 

ELぐんまよこかわ EF64-1001



令和の時代にも残る田舎の原風景と、そこを走る鉄道遺産。
これからもずっと見続けていきたい光景だ。

2019/09/15

本当に最後?Pトップ牽引ELぐんまよこかわを追っかけ撮影

本日のELぐんまよこかわにはPトップことEF65-501が充当。
ここのところ引退の噂が絶えない機関車ではありますが、ダイヤ情報を見てもこの先はEF64形1000番台しか入らないようで(PP運転時は不明)、そんな噂にも信ぴょう性がありもしかしたら通常運転で撮影機会は今日が最後になってしまうのかもしれません。
秋晴れというには暑すぎる絶好の空模様の中撮影に出かけました。


やってきたのは安中鉄橋。
馬鹿の一つ覚えの安中鉄橋って言葉がありますが、信越線の午前の下りで一番光線がいいのがここなので撮影がここに偏るのも仕方ありません。
もっとも個人的には実は安中鉄橋に来るのはまだ3回目であり、115系ラストラン以来の訪問であります。
そしてSL時も含めEL碓氷、ぐんまよこかわはここでは何気に初撮影だったのでした。
だから馬鹿の一つ覚えどころか新鮮味のある撮影なわけです。
Pトップ登板という事でかなり混雑していたので下段アングルは諦めて、これまた初めて上段アングルに陣取りました。

PトップEF65-501牽引ELぐんまよこかわ@安中鉄橋
PトップEF65-501牽引ELぐんまよこかわ@安中鉄橋 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 信越本線/群馬八幡-安中


安中鉄橋に差し掛かる際は普電も含めてほぼ確実に警笛鳴らしてくれるのでビデオ的にはありがたいですね。
乗ってるお客さんだけでなく車掌さんも手を振ってくれており、ここがいかに名物撮影地なのかがわかります。
そしてやっぱり光線はいい。雲も近づいてましたが事なきを得ました。
下段アングルで正面気味に大きく撮るのが人気みたいですが、上段アングルもなかなかいい感じです。


これを撮り終えたらすぐさま撤収準備をしバイクに跨りました。
追っかけ撮影をしようと思ったのです。
前回、第一一本木踏切で撮った際に間際になって慌ててやってきた同業者が数名いました。
おそらくは彼らは安中鉄橋から流れてきた連中だと思われ、安中駅での停車時間を利用すれば十分先回りできるのでしょう。
本来追っかけは慌てての移動は危険なのであまりしたくはないのですが、今日はこれだけの晴れの中Pトップを撮れるラストチャンスかもしれないので敢行することにしました。


第一一本木踏切の付近は案の定撮影者が大勢いたので、もう少し磯部寄りに走ってみると数名三脚を構えた人がいる良さげな地点があったのでそれに倣って撮ることにします。
すでに遠目にはやってくる姿が見えていたのでカメラをバッグから取り出すなり手持ちで迎え撃ちました。


PトップEF65-501牽引ELぐんまよこかわ@安中~磯部
PトップEF65-501牽引ELぐんまよこかわ@安中~磯部 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 信越本線/安中-磯部


無事に追っかけ撮影が間に合いホッとしました。
ちなみにムービーはさすがに無理でしたが写真が撮れただけ御の字です。
第一一本木踏切からさほど離れてないので似たような画になりますが、むしろこっちの方がスッキリ撮れるような。


この先も頑張れば先回りできるみたいでしたが、目ぼしいポイントが思い浮かばなかったのでこれにて撤収。
Pトップは本当にこれで見納めなんですかね?

より以前の記事一覧