2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「篠ノ井線」の記事

2018/07/13

信州遠征~「189系」おはようライナー撮影&しな鉄に115系を追え!

松本より始発列車に乗って聖高原を目指した。
今朝はまずおはようライナーを撮る。
撮ろう撮ろう言いながらなかなか撮りにこれずにいたおはようライナー。
現存する唯一の189系が日常的に使われている今のうちに撮っておきたいものなんですがね。


聖高原のインカーブ地点と言えば、過去2度信州カシオペア紀行の時に撮影にきていた。
だけどいずれも被りつきアングルは激パで割り込めず、広角サイドからの撮影を余儀なくされていた。
今日はさすがに平日だけあって同業者は他に1人だけ。
被りつきポジションも余裕でした。
一度このアングルで撮ってみたかったんだ。


189系おはようライナー@坂北~聖高原
189系おはようライナー@坂北~聖高原 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
篠ノ井線/坂北-聖高原


わけあってちょいトリミング。
日差しは当たっているものの、残念ながらバックの山々にはまだ雲がかかってしまっていた。
まぁ光線があっただけマシだけど、景観のいい場所だし、もっといい具合の時にまた撮りたいですね。
ケツカツだし・・・。


篠ノ井線、そして聖高原には夕方再びやってきて、今度はムーンライト信州の送り込みを撮りました。
今度は冠着寄りの有名ストレート地点。
以前よりも柵の範囲が広がっているようでしたが、とくに問題ありませんでした。


189系N102編成 ムーンライト信州送り込み@冠着~聖高原
189系N102編成 ムーンライト信州送り込み@冠着~聖高原 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
篠ノ井線/冠着-聖高原


問題あったのはレンズの方?
この写真、なんか後ピン過ぎる・・・。
そういえば朝の写真がケツカツになったのも、ベストの位置で切ったものがピンを外していたせい。
何かがおかしい・・・。
原因は帰ってきてからわかりました。
なんとレンズの撮影距離範囲スイッチが知らない間に3m~∞の方に切り替わってしまっていたのです。
そりゃ引き付けた写真がみんなフォーカス外すはずですわ。
久々にレフ機で撮りたくなって稼働させた7D2および70-200 F4レンズ。
結果的にいつも通りα99 IIで撮ってりゃよかったですね・・・。
まぁ気づいてよかったですよ。次回また同じ過ちを犯さないようにしないと。


189系撮影の合間にはしなの鉄道へ転戦し、久しぶりに115系の撮影をしました。


115系湘南色@黒姫~古間
115系湘南色@黒姫~古間 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
しなの鉄道線/黒姫-古間


黒姫の有名お立ち台にて。
ちなみにここでは別のレンズを使ったので撮影結果になんら問題はありませんでした。
このポイント、完全に晴れ渡っていれば素晴らしい景観なんですが、列車に日差しこそ当たったものの、全体的にはスッキリしない曇り空でした。
それでも久々の115系湘南色。
来るときは乗車もできたし、地元から完全に姿を消したこの列車がまだまだ元気に走っていることがうれしかったです。


115系長野色@古間~黒姫
115系長野色@古間~黒姫 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
しなの鉄道線/古間-黒姫


駅に戻る途中にあった踏切から下りも1枚。
長野色でしたね。ちなみに初撮影でした。
115系天国のしなの鉄道はちょっと滞在しただけでも楽しかったですね。
いつかまた撮影にこよう。その時はスカ色が撮りたいな。


こうして暑い暑い1日がかりの信州遠征を終えました。
うーん、もっと落ち着いてカメラの状態、撮影結果を確認しないといけないなぁ。

2017/07/02

信州カシオペア紀行撮影@聖高原リベンジマッチ

松本のビジネスホテルで目覚めた私は始発列車に乗車した。
今日は信州DC開幕に合わせ、カシオペア紀行がやってくる日だ。
カシオペアが篠ノ井線に入るのは昨年以来4回目。
2016年は2回撮影にやってきて、うち1回は大雨の影響で大失敗に終わっていた
今朝これから向かうのは、その時のポイント。今日はリベンジマッチなのです。

昨夜置きゲバをしておいた坂北~聖高原の撮影ポイントには着いた時にはまださほど人はいなかった。
MY三脚も無事設置した場所にあったのでホッとしたのだが、すぐに別の問題があることに気付いた。
なんと目の前に広がる田んぼのあぜ道に陣取っている連中がいるじゃないか。
そんな所にいたら、この撮影地の定位置から狙っている人の構図に完全に入り込んでしまう。
また空気の読めない連中が発生したかとため息。
聞くところによると、1週間前から地主の許可をとって場所取りしてたんだって。
怪しい話ではあるが、誰が説得しても退くとは思えなかったので、写りこむのを覚悟で撮影するしかなかった。
広角アングルがやけに空いていたのはあいつ等が要因だったのか・・・。


211系@坂北~聖高原
211系@坂北~聖高原 posted by (C)Tylor α99 II SAL2470Z
篠ノ井線/坂北-聖高原

昨日の大雨は鳴りを潜め、曇り空基本ながらも時折陽射しが差し込んでくれた。
邪魔な位置にいる撮影者を交わすすべはないものか、必死に構図を探る。


リゾートビューふるさと@聖高原~坂北
リゾートビューふるさと@聖高原~坂北 posted by (C)Tylor α99 II SAL2470Z
篠ノ井線/坂北-聖高原


いつも撮り逃がしていたリゾートビューふるさとも、今回ようやく撮影できました(笑)。


E127系@坂北~聖高原
E127系@坂北~聖高原 posted by (C)Tylor α99 II SAL2470Z
篠ノ井線/坂北-聖高原


この、なんちゃって701系を撮った時間帯が一番条件的には良かったかもしれない。
背後からは完全順光のお日様が姿を現し、バックの空も青さが増しつつあった。
今すぐにでもカシが来て欲しかったですよ。


383系特急しなの@坂北~聖高原
383系特急しなの@坂北~聖高原 posted by (C)Tylor α99 II SAL2470Z
篠ノ井線/坂北-聖高原


邪魔物たちを交わすのには、8両ならば余裕。
ただカシオペアの機関車込み13両を入れ切るには、架線註7スパンちょっと必要で、そのちょうど最後のスパンの位置にどうしても邪魔物が入り込んでしまうのは避けきれないようだった。
仕方がないので、尻切れよりはマシだと最終的な構図を作り、その時を待った。
さぁリベンジの時。
ちなみに、去年は大雨にAFのピンが持って行かれて撮影失敗していたので、今日は条件的にはAFでバッチリ行けそうだったけど、万全に万全を期して、今回は置きピンで撮影しました。


EF64-37牽引 信州カシオペア紀行@坂北~聖高原
EF64-37牽引 信州カシオペア紀行@坂北~聖高原 posted by (C)Tylor α99 II SAL2470Z
篠ノ井線/坂北-聖高原


邪魔物さん達には苦手な画像処理でご退散願いました(苦笑)。
バックの空は残念ながら雲に覆われてしまい、また陽射しも雲に隠れそうな状況だったが、最終的には若干隠れてしまっていたようですね。20分前までは最良だったんだけどなぁ。
それでも、成果ゼロだった去年に比べれば全然マシだ。
よもやのアクシデントはあったけど、聖高原で再び茶釜のカシオペアを撮る機会があった事を素直に喜びたいと思います。
リベンジ成功と言っていいですね!今回は足取り軽く帰れました(笑)。

今日、篠ノ井線の各有名撮影地に集ったおびただしい数の撮り鉄たち。
その数の多さが、四季島や瑞風じゃなく、やっぱりカシオペアじゃなきゃダメなんだなと思わせてくれました。
この夏も、またパーイチのレギュラー運行を何度か撮りに行くつもりです!

2017/05/20

新緑の篠ノ井線にて189系臨時「桔梗ヶ原ワイナリー号」を撮影

長野駅前のビジネスホテルで目覚めた私は始発列車に乗車した。
今日は昨年9月のカシオペア信州以来となる篠ノ井線での撮影をするつもりだ。
季節はまさに新緑溢れる時期であり、また今日の天候も快晴とあって、より期待が高まった。
本日の目玉は189系N102編成を使った「快速・桔梗ヶ原ワイナリー号」。
189系ハンター、今週はあさま色狙いです。

降り立ったのは姨捨駅。



この駅のホームから眺める景色は日本三大車窓風景として名高いが、今日の撮影はそっち側ではなく、駅の付近にある姨捨公園から撮ることになる。ものの数分で行けるお手軽な撮影ポイントです。



警報機も遮断機もない第四種踏切を渡るので、列車の接近には要注意です!


E257系@姨捨公園
E257系@姨捨公園 posted by (C)Tylor α99 II SAL70200G2
篠ノ井線/稲荷山-姨捨


先着者が数名いる中、とりあえず三脚を据えてみた途端にやって来た最初の1本。
E257系だけど特急じゃなくてただの快速列車ですね、これは。
期待通りの新緑の中、白い車体が目立ってこれはいい感じですね。


211系@姨捨公園
211系@姨捨公園 posted by (C)Tylor α99 II SAL70200G2
篠ノ井線/稲荷山-姨捨


通勤時間帯には6連の211系が来るので、本番を見越した構図づくりが出来ます。
雄大な風景なので広角狙いもいいんだけど、手前にある木々の枝葉や、前方下に建っている民家をうまくかわすことを考えると、中望遠で抜くのがベストかなと判断しました。


189系臨時列車「桔梗ヶ原ワイナリー号」@姨捨公園
189系臨時列車「桔梗ヶ原ワイナリー号」@姨捨公園 posted by (C)Tylor α99 II SAL70200G2
篠ノ井線/稲荷山-姨捨


緑の景色を走る、あさま色。求めていた1枚が撮れました。


383系「ワイドビューしなの」@姨捨公園
383系「ワイドビューしなの」@姨捨公園 posted by (C)Tylor α99 II SAL70200G2
篠ノ井線/稲荷山-姨捨


乗る予定の列車まで間があったのでもう少し居残ってワイドビューしなのも撮影。
ここでの撮影はこれで終了。
隣り合って撮影していた人懐こいじいちゃんが、これから「ろくもん」が来るかも、貨物が来るかも、と引き止めてくれたけど、先の予定があるので辞去することにした。結局来なかったみたいだけど・・・。


姨捨から松本方面の列車に乗って、西条駅で降りた。
さっきのワイナリー号の返却回送を撮るためだ。
明科~西条間のトンネル飛出しは篠ノ井線を代表する撮影地の一つで、カシオペアの時は大変な激パだった模様。
今日は同業は6~7人でした。


383系「ワイドビューしなの」@明科~西条
383系「ワイドビューしなの」@明科~西条 posted by (C)Tylor α99 II SAL70200G2
篠ノ井線/明科-西条


一度来たかった撮影地。
あまり練習電もない中、しなのを撮影。
構図づくりですぐに気づくのが、バックにある「マルス生コン工場」が激しく邪魔なこと。
これをどうにか交わす構図を作れるかどうかがカギとなるのだが・・・。


189系回送@明科~西条
189系回送@明科~西条 posted by (C)Tylor α99 II SAL70200G2
篠ノ井線/明科-西条


あまり圧縮せず、なるべく引きつけた構図が好みなんだけど、それだとどうしても邪魔物が入ってしまうので妥協して撮影。
それに正午近くの時間帯だとトップライトなので面が潰れがちになってしまう。
やはりここは「おはようライナー」の撮影地ですね。
それでも、ここで189系を撮っておきたかったので、光線もベストじゃないし、回送幕ではあるけれど、一定の満足は得られました。

これにて全撮影が終了。
四季島狙いに流れた人もいたみたいだけど、それはまた今度ですね。
今日は新緑と189系というテーマだったので、あれもこれもと手出しせずに潔く撤収です!

2016/09/30

信州カシオペア紀行撮影@稲荷山ストレート

今日は信州カシオペアを撮る最後のチャンス。
篠ノ井のビジネスホテルで朝4時半に目覚めた。
こんな未明から活動を開始するのは、前回聖高原に行った時は始発でも激パだったから。
前回は祝日、今回は平日とはいえ、この業界はネタが走れば平日も糞もないのは嫌というほど思い知ってたので・・・。
絶対に失敗をしたくない今回は、万全に万全を期すのは当然だった。

すっかり陽の昇りの遅くなった早朝の街を、糞重たい機材を担いで撮影ポイント目指してひた歩いた。
その場所は稲荷山駅からの方が断然近く、篠ノ井のホテルからだと45分くらいかかった。
それでもどうにかこうにか6時前に到達できました。
そんなに広くはない立ち位置で隅っことは言え1列目を確保できたものの、先着者が5人もいたのには驚いたね・・・。
4時台から起きておいてよかった。さすがに脚立担いで45分も歩けないから。
着くなり三脚を設置する間もなく最初の被写体がやって来た。


2085レ EH200-17+タキ@稲荷山ストレート
2085レ EH200-17+タキ@稲荷山ストレート posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
篠ノ井線/稲荷山-篠ノ井

まだ朝靄のかかる空の下、前回は撮れなかった貨物列車がやってきた。
三脚設置ができてなかったので慌てて手持ちで撮りました。
長い編成でも安心のロングストレートにだけに、構図さえ間違わなければ失敗はなさそうな事を確認できてホッとしました。


朝焼けをゆく383系「ワイドビューしなの」@稲荷山ストレート
朝焼けをゆく383系「ワイドビューしなの」@稲荷山ストレート posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
篠ノ井線/篠ノ井-稲荷山


次の列車は素晴らしいエロ光線の朝焼けの下にやってきました。
まだ雲も多いけど今日はいい天気になりそう!


E257系@稲荷山ストレート
E257系@稲荷山ストレート posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
篠ノ井線/篠ノ井-稲荷山


E257を使った快速。
結構いろんな車両が通過するので飽きることなく撮影ができます。


5463レ EH200-12+タキ@稲荷山ストレート
5463レ EH200-12+タキ@稲荷山ストレート posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
篠ノ井線/稲荷山-篠ノ井


2本目の貨物は素晴らしい順光で撮れました。
朝7時あたりから光線状態が抜群になってきます。


E127系@稲荷山ストレート
E127系@稲荷山ストレート posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
篠ノ井線/稲荷山-篠ノ井


211系6連@稲荷山ストレート
211系6連@稲荷山ストレート posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
篠ノ井線/稲荷山-篠ノ井


立て続けにやってくる普通列車たち。
篠ノ井線の日常を支える足です。
そんな中、今回カシオペアと双璧をなすターゲットとして楽しみにしていた列車も来ました。


189系快速「おはようライナー」@稲荷山ストレート
189系快速「おはようライナー」@稲荷山ストレート posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
篠ノ井線/稲荷山-篠ノ井


189系おはようライナーです。
前回は祝日で撮れなかったこの平日限定列車。
189系もいつ使われなくなるかわからないだけに、どうしても押えておきたかった1枚でした。

その後も練習を繰り返し、構図も固まったところで本番カシオペアが彼方に見え始めました。
列車交換待ちがあったので逸る心も落ち着いたし、おまけに前の列車が詰まってるせいもあって超スローでやってきたため、保険でワイド目にしておいた画角を調整しながら撮ることも叶いました。


信州カシオペア紀行 EF64 37+E26系@稲荷山ストレート
信州カシオペア紀行 EF64 37+E26系@稲荷山ストレート posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-200mm F4L IS USM
篠ノ井線/稲荷山-篠ノ井


無事撮影完了です。
箸にも棒にもかからなかった前回のリベンジ成功です。
早朝4時半起きで眠くて仕方なかったけど、秋晴れの空模様同様、爽やかな気持ちで帰路に就くことができました。
つい最近EL碓氷で撮ったばかりのロクヨン37号機。
地元の日常がカシオペアのE26系を牽いているレアな姿を写真に残すことが出来て安堵しました。
もうこういう機会はないかもしれないのだからね・・・。

さて、次回は秋のカシオペアクルーズかな。
撮影地さがしもボチボチ始めましょうか。


前回と今回の動画をまとめました

2016/09/18

徒労の聖高原

松本のビジネスホテルで朝5時半に目覚めた。
本日は8月のクルーズ以来となるカシオペア撮影だ。
始発の篠ノ井線長野行に乗車して、降り立ったのは聖高原駅。
ここと坂北駅間にあるインカーブのお立ち台を目指した。

ホテルをチェックアウトした時にはすでに雨が降っていたが、駅に降り立つ時には本降りになっていた。
にもかかわらず、到着した時点ですでに20人ほどは先着者の姿があり、当然好ポジションは入り込む余地はなかった。
さすがはシルバーウィークの出足ってわけか。
そこでサイド気味の広角アングルから撮ることにした。
今日のような悪天では広角の風景写真としてはまったく使えないので、
できれば線路寄りで機関車を強調した写真を撮りたかったんだけどまぁこればかりは臨機応変で行くしかない。


211系@聖高原
211系@聖高原 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
篠ノ井線/坂北-聖高原


最近、地元高崎で絶賛増殖中の211系。
こちらは長野色。
そう言えば来る時も211に乗車したけど、たぶん211に乗るのは10数年ぶりだったんじゃないかなぁ・・・。


383系特急「しなの」@聖高原
383系特急「しなの」@聖高原 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
篠ノ井線/坂北-聖高原


特急も数多く通る。
ある程度の長さのある編成なので、カシオペアのイメージ、構図づくりには欠かせない。
だけど一向に弱まらない雨と薄暗い空模様では、気持ちまでも晴れないね・・・。


E127系@聖高原
E127系@聖高原 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM
篠ノ井線/坂北-聖高原


あるいはこの写真を撮った時に、気づくべきだったのかもしれない。
だけどこの頃にはすでに土砂降りと言っていい降り。
服はすでにびしょ濡れで、長時間雨に当った掌は悴んで感覚がなくなってきていた。
そうなってしまうと撮った写真をよく見て設定を煮詰めていく気力も失わせてしまう。
この写真、よく見ればピンが甘かった。
大雨になって、雨粒に若干ピントが行っているように見える。
でも私はそのまま、カシオペアを撮ってしまった・・・。

さらなる土砂降り、雨音で踏切が鳴る音すらかき消されるほどの最悪の状況の中、カシオペアはやって来た。
それでも集まった撮影者は最終的には50人前後。パトカーもうろつき回る異様な光景だ。
カンなし分福茶釜、地元では幾度となく見ているお馴染みEF64 1001がカシオペアのE26系を牽いている。
その珍しい組み合わせに心躍ったが・・・。

ん?AFが作動しない!?迷いを見せている!?
大きな雨粒が弊害となったのか!?
撮りながら嫌な予感がしていたのだが、撮影結果をモニタで確認して愕然。
ピンボケどころの騒ぎじゃない。完全にアウトフォーカスになってしまっていた。
想像以上の豪雨に、一番手前にピントを合わせに行くAIサーボが反応してしまったとでもいうのか。
初めて7D2に裏切られた・・・。

いや、一番悪いのは自分である。
この悪天なら、万全を期して置きピンをするべきだった。
AFを過信しすぎた、疲労と寒さで思考能力が麻痺していた、そんな自分がすべて悪いのだ。
せっかくここまでやってきて成果なしだと本当にへこたれる。
自分への激しい怒りとその後やってくるどうしようもない虚無感。
駅までの帰り道の長かったこと・・・。

こうして徒労に終わった今回の遠征。
茶釜カシオペアを写真に残せなかった(動画は撮れた)のは痛恨。
幸いチャンスはもう1回あり、しかもその日は休み。
・・・リベンジに行かざるを得ないでしょうね。
ただし晴れることが絶対条件。もう雨降ったら行かん!