2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「釧網本線」の記事

2016/02/14

北海道カシオペア集中撮影旅行その5~SL冬の湿原号撮影

釧路のビジネスホテルで朝6時に目覚めた。
本日のメイン撮影であるSL冬の湿原号は11時過ぎの発車。
まだ時間に十分余裕があったけど、初めて行く撮影地、しかも人気の撮影地でキャパもわからないし、
万全を期す意味でもと、7時前にはホテルをチェックアウトしていた。
これが後々大いに後悔することになるのである。

今回行く釧路~東釧路間の撮影地は、鉄橋の上を走る列車を、川を流れる流氷なんかと絡めて撮れちゃう人気のポイント。
よく見る映像とかだと、満員激パって状況ばかり。
雨が降っているとはいえ、あまりのんびりしていてはいい場所を撮れないんじゃないか・・・って思ったんだがねぇ。

アッサリと見つかったその撮影地に着いてみれば何のことはない、誰もいないんですよこれが(笑)。
まぁいくら人気のSLが走るからと言って、この真冬の雨の早朝から出撃している酔狂な人間なんて私しかおらんて。
しかもこの撮影地、キャパが滅茶苦茶広いんですよ。ヒガハスとかの比じゃないくらいに。
ゆうに100人以上は撮れるでしょう。別に直前に来ても、アングルに拘りさえなければどこからでも狙える、そんな撮影地だった。
誰も来ないまま、雨を凌げる屋根つきのベンチに陣取り、とりあえず三脚を設置して普通列車を撮ってみた。


キハ54@釧路-東釧路
キハ54@釧路-東釧路 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算160㎜ 1/500 F5.6 ISO1000 WBマニュアル
釧網本線/釧路-東釧路


雨の鉄橋を行く一両編成・・・。
この空模様じゃパッとしないっす。
しかも本番前に通過するのはこればかり。
正直、時間を持て余します。何より寒い。気温はそれなりだけど、雨と強風が吹き荒れているのが辛い。
着ぶくれ状態で来ているというのに、体の芯から冷え込み、手の感覚がなくなり、指先は猛烈に痛い。
尋常じゃないくらい震えて、ただ一人ベンチに腰かけていた。

それでも、本番前最後の普通列車が行ってしまうと、さすがにここから2時間弱待ってられる気がしなかったので、本来なら疲れるからあんまり歩き回りたくないところだけど、少しでも体を温めようと、釧路の町をさまよい歩いた。
途中でセブンイレブンを発見したので飛び込んで、暖かいコーヒーとドーナツを店内の飲食スペースで頬張り暖を取った。
ようやく震えが収まってきたのは、そろそろSLが来ようかという時間だった。

さっきまで誰もいなかった撮影地に戻ると、この数十分の間にずいぶんと人が増えていた。
それでも15人くらい。キャパを、そしてこの日が日曜日だという事を思えばガラガラ状態だ。
やっぱこんな悪天候の元撮り鉄をしようなんて酔狂な考えの人間は少ない。
・・・いいんだ、この日しか来れなかったんだから。
さぁ、これだけ寒くて辛い思いをしたんだから、ビシッと決めて帰ろうじゃないか。
汽笛も聞こえてきたぞ。


SL冬の湿原号1
SL冬の湿原号1 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM 概算94㎜ 1/400 F5.0 ISO250 WBマニュアル
釧網本線/釧路-東釧路


えーん、強風のバカ!
風に煽られた白煙が車体を覆ってしまった・・・。
まさに徒労。朝からの苦労を思えばこの結果には力が抜け落ちたね。
撮り終えたら一目散で帰りましたよ。
今日は何もかも条件が悪すぎた。そしてそんな日に来るしかなかった間の悪さを呪いたい。
あーあー、あんだけ震えて待ったのになぁ。
こんなことならチェックアウトギリギリまで寝てりゃよかったよ・・・。
東室蘭に戻りホテルの天然温泉で一息つくまで、モヤモヤは晴れなかったのでした。
明日は道内で最後の撮影日。今度はいい写真が撮れることを信じて眠りについたのであった。


なお、写真があんまりなんで、せめて雰囲気が伝わるよう動画もアップしておきます。