2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

カテゴリー「久大本線」の記事

2020/01/12

九州ご褒美の旅2020・6日目~最後に久大本線でななつ星を撮ろう!

6日目の朝を迎えた。私の旅もいよいよラストDayである。
宿泊先の日田のビジネスホテルより始発列車に乗って豊後森へと向かった。
今日は最後にななつ星を撮って旅を〆る。
1泊2日コースの2日目、ななつ星はいくつかのバカ停があるので複数回撮影が可能だ。
朝一の撮影ポイントはいろいろ候補がある中で、この先の移動を考慮して豊後森付近で撮ることにした。
豊後森から一つ前の北山田駅方面へ徒歩20分ちょっと歩いていくと線路がやや下方に見渡せるポイントにたどり着く。
道路沿いを含めて立ち位置は自由自在だけど、お墓のある小高い丘があったのでそこで探ってみたところシックリきた。
ここで撮ることにする。到着後ななつ星は割とすぐにやって来た。
年配の同業者2人と共にカメラを構える。

ななつ星in九州@北山田~豊後森
ななつ星in九州@北山田~豊後森 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 久大本線/北山田-豊後森

このようにサイド気味に築堤上を駆け抜けるシーンを撮ることができる良いポイントだった。
ただ残念なのは天候。今日は曇りのち晴れとなっていた大分地方だったけど、今朝は傘の必要ないくらいの微量な雨が降っていた。
結局、来る前の天気予報を覆すことが出来なかったわけで残念だ。
光線はおそらく晴れていればいいものだったはずで悔やまれる。いつかまた来ようかな。


キハ185系特急ゆふ@北山田~豊後森
キハ185系特急ゆふ@北山田~豊後森 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 久大本線/北山田-豊後森

ななつ星の直後に特急もやって来るので忘れずに撮っておきたい。
編成が短ければ寄りでも絵になる。


これを撮り終えたところで歩いて玖珠インターバス乗り場まで行き、高速バスで由布院へ向かった。
最後の撮影および旅の終息地はおなじみ由布院とした。
由布院の撮影地と言えば、象徴的存在の由布岳をアクセントにしたポイント。
かつて2016年の旅では由布岳バックにいくつか撮った。
だけど今日はこんな天候で、着いてみれば山は分厚い雲に覆われて見る影もなかった。
午後遅くから晴れるらしいので、14時42分由布院発のななつ星に最後の望みを託すことにする。


由布院からの上り列車を撮るポイントと言えば長因寺というお寺の前にある踏切付近が有名。
以前もここで撮ったけど、今日の空模様を考慮すれば風景写真は無理なので手堅く編成写真の撮れる直線の場所とした。
ただ前回撮った位置は今となってみれば非常になんというか、グレーゾーンどころか完全なNGゾーンだったことがわかる。
あの時、地元の爺さんに倣って私も踏み入っていたけど、通報されても文句言えないレベルの場所であった。
今回はもちろんそんなところには入っていかない。
前回は見落としたけど踏切の後方にちょっとしたスペースがあり、そこが本来のこの場所の正規立ち位置だったのだ。

キハ125系@由布院~野矢
キハ125系@由布院~野矢 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 久大本線/由布院-野矢


まずは普通列車でいっちょ。
前回の時は通過する列車のほとんどが警笛鳴らしていた(当然か)けど、この場所は大丈夫だった。
ちゃんとJRの境界杭の外側から撮っていたしね。
ただ、本来この場所は後方に由布岳がそびえているはずなんだけど、いかんせんまったく見えない状況。
車両主体で撮るしかなさそうだ。

キハ185系特急ゆふ@由布院~野矢
キハ185系特急ゆふ@由布院~野矢 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 久大本線/由布院-野矢

うん、だけどこの場所、結構構図作成が難しいぞ。
単線なのでもう少し離れて撮らないと列車が真ん中よりになってしまうんだけど、線路から離れると障害物が重なってしまいうまく抜けないのだ。かなり前から陣取っていたけど、構図がなかなか定まらず結局直前までどう撮るか、どこに立つか悩みに悩んだ。
そしてどうにか固まったころ、ななつ星がやって来る時間になったんだけど・・・。
なんと、直前になってやってきた同業が私の前方に陣取り始めたのである。
かなり前、踏切付近に立って身体を乗り出して撮ろうとする。
だから後方から望遠で構えている私の構図内にモロに入ってしまうのだ。
私の存在が分からなかったのかもしれないけど、後からやってきたのだからもう少し周りに誰かいないか気を使ってほしいものである。
慌てて固まっていた構図を再度作り直そうとした時、間が悪く踏切が鳴ってしまった・・・。

ななつ星in九州@由布院~野矢
ななつ星in九州@由布院~野矢 posted by (C)Tylor
α99 II TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di PZD 久大本線/由布院-野矢

結局少し構図をずらしたところで来てしまったので仕方なくそのまま撮るしかなかった。
おかげでかなり悔しい結果になってしまった。
まったく、直前来訪者を恨むよ・・・。こっちは1時間以上前からいたというのにさ。
そういえば去年の旅でも締めの撮影でカメラが突如おかしくなって構図が乱れてしまったんだよな。
2年続けてモヤモヤの残る結末となってしまい残念だ。
また天気も結局最後までパッとしないままだったしね・・・。
最後の撮影では単線の難しさと、人気ポイントの功罪ってやつを思い知りましたね。
まぁ2020年もまだ始まったばかり。鉄道撮影も最初から最後まで勝ちっぱなしなんてありえないし、これからに期待しよう。


こうして今回の旅の全行程を無事終えたのでした。
今年は原点に返って温泉巡り中心に、鉄趣味も乗り鉄を重視して過ごしましたがなかなかバランスのいい内容にできたと思います。
プランを考えるときは大変だったけど、それを実際にやり切れた時の達成感はありますね。
十分リフレッシュできたし、英気も養えました。
これを皮切りに今年もいろいろ楽しんでいきたい。

2019/01/13

九州満喫遠征6日目~ななつ星撮影@豊後中川

遠征最終日の朝。
今日は午前中に最後にもう一度ななつ星を撮ってから帰ることになる。
最後だしビシッと決めて帰ろう。


ところが、この日の朝も8時近くになっても薄暗いドン曇りの空が広がっていた。
結局最初から最後までずっとこんな感じだった。
気分は上がらないまま、豊後中川駅に降り立った。
豊後中川~豊後三芳間は乗車時間も長く、撮影ポイントもいろいろありそうだが、その中でも有名なのは鉄橋上に1本木のある場所。
たどり着いたころには多少は明るくなりつつあったけど、周囲は霧に覆われて結局はスッキリしない眺めになっていた。
どうせ悪天なら雪でも降ってりゃまだ絵になるんだがねぇ。
まぁ霧も幻想的なアクセントになってくれるかもしれないと期待して撮影開始。


キハ47形普通列車@豊後三芳~豊後中川
キハ47形普通列車@豊後三芳~豊後中川 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-300mm F4-5.6 IS II USM
久大本線/豊後三芳-豊後中川


おや、キハ47じゃないですか。
へぇ、久大本線でも走っていたんだねぇ。初めて目撃したかな。
編成が長いと木に掛かってしまうけど、2両程度なら木をアクセントにした写真が撮れるのでむしろ短い被写体向きかもね。


と、ここに来てこの旅で初めて同業者さんが一人登場。
今日が日曜日だってこともあるのだろう。
その頃には、なんと降るはずがなかった雨が降り始めていて唖然。
直前曇り男ならまだしも、雨雲まで呼んでしまうとはつくづく自分が恨めしい。
そしてななつ星がやってくる踏切りが鳴った時、最後にして最大のアクシデントが起きた。


なんと、ファインダーが、真っ白!?
これはいったいどうしたことか。
ピンを雨粒に持っていかれた?それとも呼吸で曇ってしまった?カメラの不具合?
もう目の前に列車は来ている。
訳が分からずテンパったまま、とっさにマニュアルフォーカスで動かしてとりあえずシャッターを切った。
撮っている最中もファインダーは真っ白なままなので最悪の事態を覚悟しながら・・・。
最後の最後で成果なし・・・ってのをやらかしちゃったのか。
撮影結果は・・・。


ななつ星in九州@豊後三芳~豊後中川
ななつ星in九州@豊後三芳~豊後中川 posted by (C)Tylor EOS 7D Mark II EF70-300mm F4-5.6 IS II USM
久大本線/豊後三芳-豊後中川


・・・どうやら、最悪の事態だけはどうにか回避できていたらしい。
だけどテンパって、フォーカスリングだけじゃなく、ズームリングもまわしちゃってたらしく、画角がカツカツになってしまっていた。
連写したうち、この1枚だけがカツいものの奇跡的に収まりきっていた。
到底納得いくものではないけれど、成果ゼロに比べればナンボかマシなので安堵のため息を漏らした。
終えた後カメラを確認したらあの症状は消えていた。
あれはいったい何だったのだろう。
ファインダーが真っ白なままでもきちんとピンは来ているし、フォーカス関連の不具合じゃなかったみたいだけど・・・。
7D2はそろそろ一度メンテナンスに出すべきかもなぁ・・・。


ファインダーだけじゃなく、心がモヤモヤしたまま終われないので、最後に特急ゆふを撮っておく。


キハ185系特急ゆふ@豊後三芳~豊後中川
キハ185系特急ゆふ@豊後三芳~豊後中川 posted by (C)Tylor


これで少しは溜飲が下がったかな。
なんやかんや、今回の旅で一番多く触れ合ったのはキハ185系だったね。


こうして終わった今年の年明け遠征旅。
いろいろあったけどふり返れば本当に楽しくすごせた5泊6日間だった。
今年も温泉に鉄道に、自分の好きなことだけをして過ごすことができた。
繁忙の日々を終えて日常に戻る前にどうしても必要なリセット期間。
それがこの旅なのだ。
長年続けてきたけど、この年明け旅がどれほど自分にとって大切なのか、改めて認識することができた。
さぁ、また次のお楽しみのために明後日から頑張って働こうじゃないか。

2016/01/10

九州温泉めぐり2016その5~湯布院でななつ星を撮ろう

早朝から入る温泉のなんと素晴らしい事か。
温泉旅館に泊まるたびに毎回そう書いている気がするが、そうなんだから仕方がない。
今朝も6時起床で入浴を堪能した。
朝食を頂いたら名残惜しいがすぐさま出発した。
今日はこの旅の中で唯一もう一つの趣味を楽しめる1日として行程を組んであったのだ。
その趣味とは撮り鉄。
実は九州に来るからには撮りたかったななつ星。それが撮影できそうなのが今日だったのだ。
その撮影場所をいろいろ模索する中で白羽の矢が立ったのが、私も大好きな湯布院。
過去2回来た九州旅行でどちらも立ち寄った街である。
ななつ星の撮影地たるのであれば、ここにしない手はなかった。

という事で別府から大分経由で湯布院へ特急を乗り継いだ。
3度目なのでもうここでの勝手はわかっている。
徒歩鉄の辛さもよくわかっており、ましてや旅支度で荷物が重い中、レンタサイクルを利用するのは当然の流れ。
今回は電動アシスト自転車をチョイスして万全の体勢で移動を開始した。
湯布院は街並みも牧歌的で美しく、撮影スポットは多岐にわたるが、何と言っても由布岳と絡めて撮れる場所が絶対条件。
そんな格好の場所が近くにあったのでまずはそこで肩慣らし。
ななつ星が来るのは午後なので、午前中はその他地元の在来線を狙うこととした。


キハ200形@由布院-南由布
キハ200形@由布院-南由布 posted by (C)Tylor α99 SAL2470ZA 35㎜ 1/640 F7.1 ISO200
久大本線/由布院-南由布


天候と光線状態はバッチリなのだが、いかんせん由布岳の特徴ある形の山頂が雲に覆われてしまっている。
幸い風も強かったので、はやく抜けてくれることを願った。


キハ185系「特急ゆふ」@由布院-南由布
キハ185系「特急ゆふ」@由布院-南由布 posted by (C)Tylor α99 SAL2470ZA 35㎜ 1/640 F7.1 ISO320
久大本線/由布院-南由布

さっき私が乗ってきたのもこの特急ゆふである。
これを撮ったところで身体が冷え込んでしまったのでいったん撤収。
観光客でごった返す金鱗湖周辺まで電動チャリを動かし、少し早い昼食をとりに行く。
ななつ星通過の1時間以上前には場所取りに行きたかったので、早め早めの行動だ。
大分名物の鳥天やら団子汁などに舌鼓を打っているうちに冷え切った身体が温まってきた。
せっかく温泉地湯布院に来たのだから、下ん湯くらいは入っても良かったが、今日はあくまでメインは撮り鉄。
まだ身体に鉄輪の成分も残っていることだし、温泉は断念して再び撮影に戻る。

この日はメインターゲットはななつ星だが、その前の前座としてゆふいんの森も撮りたいと考えていた。
それを考えた時、さっきの撮影場所だと同じような写真ばかりになってしまい面白くないので、
基本的な撮影場所は同じ周辺でも、別のアングルから撮れるところへと移動した。


キハ220形@由布院-南由布
キハ220形@由布院-南由布 posted by (C)Tylor α99 SAL2470ZA 55㎜ 1/800 F8.0 ISO640
久大本線/由布院-南由布


今度は迫力あるアングルで撮れた。
いつの間にか雲が抜けて由布岳もクッキリ姿を現していた。
この場所なら狙い通りの写真が撮れそうな気がしたので、位置取りを微調整しながらゆふいんの森を待つ。
この頃にはさっきまで私が陣取っていた橋の上に別の撮影者が来ていたが、私の方が先にこちらに移動していたので、おそらく写りこんでしまうと思われたが、先客者の権利として自分の理想の位置は主張させていただく。


キハ71系「特急ゆふいんの森」@由布院-南由布
キハ71系「特急ゆふいんの森」@由布院-南由布 posted by (C)Tylor α99 SAL2470ZA 55㎜ 1/800 F8.0 ISO320
久大本線/由布院-南由布


うん、完璧ですね。思い通りに撮れると本当にうれしいものだね。
さぁ前座は成功した。
ここから急いでななつ星を撮れる場所へ移動開始。
この場所からでも撮れるけど、後追い撮影になってしまうので、向かってくる列車を撮れる場所、それも由布岳をバックにして・・・というそんな理想的な場所がこの辺りにはまだあるのだ。

向かったのはこの場所から由布院駅をはさんだ、ちょうど反対側の場所。
長因寺という寺近くの踏切付近だ。
ここは有名な撮影位らしく、続々と地元の撮り鉄のおっさん達が集結してきた。
私は初めてなのでベスポジがわからず、探しているうちに彼らにその場所を先を越されてしまう。
どうにか交渉して茂みを挟んだ後ろ側に入れさせてもらったが、ちょっと後悔する展開にもなる。


キハ125形@由布院-野矢
キハ125形@由布院-野矢 posted by (C)Tylor α99 SAL2470ZA 50㎜ 1/800 F7.1 ISO320
久大本線/由布院-野矢


確かに地元の連中推奨の場所だけあり良いアングルなのだが、奴らめ、よー喋るんだわ、これが。
こっちがムービー撮ってるのも知っているのに構わずでかい声で喋るは写りこんでくるわでもう。
私が先客だったら文句も言えたけど、入れてもらってるので郷に従うしかなかったが、あとで編集するのが大変でした。


キハ185系「特急ゆふ」@由布院-野矢
キハ185系「特急ゆふ」@由布院-野矢 posted by (C)Tylor α99 SAL2470ZA 55㎜ 1/800 F7.1 ISO320
久大本線/由布院-野矢


ムービーは半諦め状態。
ではスチルは失敗は出来ないところ。
本日のメインターゲットであるななつ星in九州はもうすぐそこまで来ていた。


DF200-7000+77系客車 「ななつ星 in 九州」@由布院-野矢
DF200-7000+77系客車 「ななつ星 in 九州」@由布院-野矢 posted by (C)Tylor α99 SAL2470ZA 55㎜ 1/800 F6.3 ISO250
久大本線/由布院-野矢


うん、まぁ無難にまとまったかな。
でもレンズにゴミでも付着したのか、空に何か影が落ちてしまっている。
なんじゃこれは・・・。虫かなんかでも入り込んじゃったのかな・・・。
それともセンサーに着いた汚れか・・・。

後で細部修正した1枚。


ななつ星in九州@由布院~野矢


こうしてこの日の撮影すべてを終えたのでした。
一応地元の同業たちに礼を言っておいたが、ハッキリ言ってうるさすぎましたわ、あんたら。
通りがかりの人が、ここで警察ともめた人がいたから気をつけなと捨て台詞を言ってたけど、この人らの仲間じゃないの?
線路脇に近寄りすぎて盛大な警笛もあげられていたし、年甲斐もなくマナーのなってない方々でしたね。
まぁ同じ鉄道を愛する者どおし、アウェーの私を受け入れてくれただけ良しとしましょう!


動画です。オッサンたちの声もバッチリ入ってます(苦笑)。