2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「烏山線」の記事

2016/07/30

夏本番!烏山線にキハ40を追え!

朝、宇都宮から烏山線に乗った。
今回は夕方のカシオペア紀行の撮影をメインに遠征してきたわけだが、
その前に午前中は一度行ってみたかった烏山線の撮影を行う。
梅雨が明けていよいよ本格的な夏が到来。
烏山線には有名なスポットであるヒマワリ畑があるので、夏の象徴と絡めた鉄道写真を撮りたかった。

降り立ったのは小塙駅。
宇都宮から1時間足らずで、こんな素朴な場所に来れるんだね。
お目当てのヒマワリ畑は小塙駅から滝駅方面へ5,6分歩くと到達する。
・・・するはずなんだけど、視界にはあまり黄色い花が目に入ってこない。
おかしいなぁ、もしかしてもっと遠いのかな?と思ったらなんてことはない。
咲いてなかったのだ。
そう、おそらくは梅雨明けが遅れた影響もあるのだろう、ヒマワリは二分咲き程度だった。

呆然としながら周辺を歩き回ってみたものの、陽射しがたっぷり当たる場所以外は蕾状態で開花の兆しなし。
拍子抜けしたのか、何人かやって来た同業者たちも次々と立ち去って行った。
しかしまぁせっかく来たのだし、空は青空一色。
夏っぽい写真は諦める必要はない、ってことで、良さげな場所を歩いて探してとりあえず1枚撮影。


キハ40形 国鉄色+首都圏色@滝~小塙
キハ40形 国鉄色+首都圏色@滝~小塙 posted by (C)Tylor α99 SAL2470ZA
烏山線/滝-小塙


国鉄色と首都圏色の2両編成を後追い撮影。
本当なら左下にはヒマワリが咲き誇っているはずだったという・・・。
それでも雲一つない青空の下を走る国鉄車両を綺麗に写せてまずは満足。
続いて二分咲きのヒマワリ畑に移動して、とりあえず撮ってみることにした。


キハ40形@小塙~滝
キハ40形@小塙~滝 posted by (C)Tylor α99 SAL2470ZA
烏山線/小塙-滝


うーん、やっぱ二分咲きではパッとしないなぁ。
おまけに半逆光か。
思い描いていた絵が撮れないことを悟った私は、
次の列車が来るまで1時間以上間が空くこともあって当初の予定より早く帰ろうかなと思い始めていた。

とりあえず暑いし、休める場所がないので駅に引き返してベンチに腰かけて上りを待った。
小塙駅は駅舎もなく、簡易的な日よけの屋根が着いたベンチがあるのみ。
目の前は田園が広がっており、田舎ののんびりムードが漂っていた。
しかし暇である。
烏山線は早朝と昼過ぎから夕方にかけては上下とも1時間に1本列車があるが、
9時から13時にかけては2時間に1本になってしまう。
ちょうどエアポケットの効率の悪い時間帯に来てしまったわけだ・・・。
先のスケジュールがあるから仕方ないけど、ここメインで撮影に来るなら考えてきた方がいいですね。

さて、長い列車待ちをしてると気が変わってきた。
まだ目的であるヒマワリとキハ40のコラボが成果なしだぞ、と。
そこでさらに2時間待ちをする覚悟で、次の上下を撮りに引き戻した。
ヒマワリ畑に行き、どうにか満開で咲いている花と鉄道を絡められる場所がないか探す。
そうして見つけたただ一つの地点にて、2パターンを撮影。


キハ40形@滝~小塙
キハ40形@滝~小塙 posted by (C)Tylor α99 SAL2470ZA
烏山線/滝-小塙


ヒマワリを前ボケにして1枚。
うん、悪くない。夏っぽい、思い描いていたイメージに近いものが撮れた。


EV-E301系アキュム@小塙~滝
EV-E301系アキュム@小塙~滝 posted by (C)Tylor α99 SAL2470ZA
烏山線/小塙-滝


こんどはヒマワリを主題にして列車をぼかしてみた。
ちょっとぼかし過ぎたきらいがあるかな。
逆光気味で列車アウトフォーカスだとあまり綺麗なボケにはならないね。
それでもパターンを変えた1枚は残せたんじゃないでしょうか。
ちなみにボケているので一応書いておくが、この列車は蓄電池駆動電車のアキュムだね。

これで一通りの満足は出来たので、当初の予定の時間の列車で帰ることにした。
・・・したのだがここで誤算が。
そう、あまりにも暑すぎてオーバーヒート気味なのである。
カメラじゃなくて、私が。
要するに熱中症をおこす危険性があるってこと。
持ってきていたお茶はとうに飲み干しており、さっきの2枚を撮る前に水分を補給する手立てを失っていた。
撮っている時は夢中で意識が回らなかったが、草いきれも酷く汗が噴出していた。
この付近には駅前含め自販機が一切なく、公園や神社、公衆トイレもないので水道水すら飲めない。
ヤバいかなと思いながら、体力を使わないようにゆっくりと駅へと戻った。

ふと視線を下に落とすと、ネコも陽射しから逃れヒマワリの下でうずくまっていた。
お互い、耐えような・・・。
次の列車まで2時間弱、駅のベンチでヘタってましたが、風があった事が救いでした。
夏の烏山線撮影には必要以上に水分を持参しましょう!

来る時はキハ40の国鉄色に乗ってきたが、帰りはアキュム。
やっぱり乗り心地が全然違う。電車はやっぱり快適だわ。
でも、車両としての魅力はキハ40の方が断然。
順次置き換えが進むとのことだけど、キハ40好きとしては残って行って欲しいものです。
風光明媚な烏山線の魅力にキハ40が与える相乗効果は計り知れないのだから・・・。


動画も撮りました