2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「その他日常」の記事

2018/10/17

豪華女優陣に期待

新ドラマも出そろった感じかな。
今期もたくさん見てますよ。
ラインナップは以下です。


月 SUITS/スーツ(フジ)

火 僕らは奇跡でできている(フジ)
   中学聖日記(TBS)

水 獣になれない私たち(TBS)

木 黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~(フジ)

金 大恋愛~僕を忘れる君と(TBS)

土 ドロ刑 ‐警視庁捜査三課‐(日テレ)

日 下町ロケット(TBS)
   今日から俺は!!(日テレ)


合計9本。前クールと同じですね(笑)。
一通り見た中で初回一番面白かったのは・・・「今日から俺は!!」。
全然期待してなかっただけに、案外よかったのが印象的でしたね。
この原作のマンガ、大好きだったなぁ。学生時代何回も読み返したものだ。
今でも本棚の奥底に眠っているはずで、忘れられないほど爆笑したり感動したりしたエピソードがドラマでも出てくるか注目。
ウキョロキョキョーン、フギャッ!フギャッ!


それはさておき、今期は女優陣がものすごく豪華だと思います。
戸田ちゃんにガッキーにか有村架純ちゃん。
毎晩が楽しみになるような布陣ですよ。
「大恋愛~僕を忘れる君と」の戸田ちゃんがやばいくらい可愛かったですlovely
今年最後のドラマ、内容はともかく、視覚的には大いに楽しめそうですね!

2018/10/16

人手不足も甚だしい

どの業界もそうだと思うけど、現在我が職場は人手不足に苛まれている。
それというのも、会社が早期退職者を募りやがったせいで、まぁ早期退職する分にはその人の都合だから構わないんだけど、その補充なしってのがいただけないんだよなぁ。
おかげでいなくなった人の分が、まんま自分たちに降りかかってくるわけで、その負担は大きいものとなっている。
前期、あれほど毎日のように定時退社できていた私が、最近はほぼ毎日残業になってしまっている。
アフターファイブは短くなるし、何より次の日に疲れが残っちゃう。
いったいいつまでこの状況が続くのか。
嫌な噂では、来春の人事異動の時期までこのままなんて恐れもあるとかないとか。
うん、この分じゃいつか崩壊しますね。
身体を壊す人だって出てくるだろう。
そうでなくても定期的に通院している体の弱い私が真っ先にそうなったりして。
肉体的にはともかく、精神的にはリフレッシュできるようにプライベートでは趣味の写真撮影を楽しんで乗り越えていくしかないか。

2018/10/15

槙原って凄かったんだな?

昨日のセリーグクライマックスシリーズのジャイアンツ菅野投手のノーヒットノーラン、凄かったですね。
ポストシーズンでの快挙はまさに異次元のお話。
見ていて完全試合をやってしまうんじゃないかと思ったもの。
こうなるとあの四球は残念だった。
最後、裏をかいてインスラを要求したんだと思うけど、よりによって一番コントロールつけるのが難しいインスラだからね。
普通にアウトコースの真っ直ぐorスライダーだったらどうだったのだろう。
結果は神のみぞ知るだけど、やっぱり完全試合ってのは奇跡のそのまた奇跡なんだな。
いつぞやの杉内投手もそう。たった一つのボール球で大快挙は逃げていく。

そんじゃ私が子供の時完全試合を達成した槙原投手ってのはさぞかし凄かったのかというと、それがそうでもなかった。
当時の巨人は斎藤、桑田、槙原ってのが先発三本柱としてセリーグに君臨していた。
でもその中で一番安定感に欠けて、一番精神的にもろくて、一番信頼感が薄いのが槙原だったと記憶している。
「平成の大エース」斎藤、「ピッチングの申し子」桑田と比べて、1枚、下手すりゃ2枚落ちのレベルだった。
だけどそんな槙原も、絶好調で嵌った時のピッチングは、斎藤桑田を凌駕するそれこそ手が付けられない状態になった。
それがあの有名な完全試合であり、MVPをとった西武との日本シリーズだったわけだね。
うん、やっぱり槙原って凄かったんだと思う。
私が生きている間にもう完全試合なんて見られないかもしれないのだから。

2018/10/14

慣れるまでは・・・

最近朝方などは涼しいというより寒い。
そのうち布団から出るのが苦痛になる季節がやってくる。
だけど我々鉄ちゃんの朝は非常に、いや異常に早く、未明から活動することも多々ある。
夏はすでに空も明るいってパターンも多いが、真冬のそれは寒さと闇の世界で一種の恐怖感すらある。
きっとこの冬も早起きして活動する機会もあることだろう。
思えば今年の年初はよく未明から活動していたものだ。
現在そこまでして追いかけているものはないけれど、一つ言えるのは一番美しいシーンは夜明けor日没の直前ってこと。
寒さに、暗さに負けていてはここぞのシーンに巡り合えない。
苦労なしでは決して生み出せないものがあるのだ。
だから私はこの冬も早起きを辞さない。
寒くて起きれないのも徐々に慣らしていかないと。

2018/10/13

今年はたくさん紅葉見に行こうよう

今週はたった3日働いただけなのに疲れを隠せない週末であります。
明日の日曜日は完全オフですね。
また来週も厳しい仕事が待っているのだから・・・。

しかしここにきて一気に秋めいてきましたね。
薄いシャツでは肌寒いほどで、そろそろ厚めの服装も考えていかないと。
そんなだから景色もそろそろ秋の装いを見せてくるはず。
先週、磐越西線に行ったときにはまだほぼ緑いっぱいだった視界が、あと2週間もすれば色づき始めるのでしょう。
今年は紅葉の写真を撮る予定を多めに考えて日程調整しております。
さぁ、どこへ撮りに行こうかな。
一度行きたいと思っている、あの路線かな!?

2018/10/12

10連休への期待と現実

来年のゴールデンウィークが10連休になると政府から発表があった。
だけどこれをそのまま鵜呑みにできるほど現実は甘くはないだろうな。
だって普通に考えて10日間も会社が休みっぱなしなわけない。
世間が休んでいようが、必ずどこかで社会は動いている。
その動いている側に入ってしまいそうな予感がプンプンだ。
おそらくはどこかで祝日出勤を命じられ、飛び飛びで休みになる感じだろうなぁ。
でももし本当に10日間休業します!ってなったら、その時はウチの会社も見直してあげるよ。
ま、現実は厳しいだろう。

2018/10/11

怒りのブルーレイレコーダー購入

ブルーレイレコーダーを新しく買った。
先日、起動せずに録画できなくなったと書いたが、一時持ち直したかに見えた症状が再燃。
遠征中に予約した番組が全て録画できていなかったのだ。
これに激しい怒りを覚えた私は、遠征帰りで節約したいところなのに勢いで新しいものを購入してしまいましたとさ。
約5万円。非常に痛い出費だ。
でもこれでもう録画できないって不安がなくなったから仕方がないところかな。
正直、ドラマとかなかなかリアルタイムでは見られないからね。
でも今期は好きな俳優さんがたくさん出演するから、見逃したくないドラマが多いんだよねぇ。
そういった意味でも手軽に録画予約できるレコーダーは必須だった。
容量も旧機の500GBから1TBにアップし、今までと違って同じ時間帯の2番組録画も可能になった。
これでもう見たい番組が重なっても安心だ。
今までは遅い時間の場合無理して起きて片方はリアルタイム視聴せざるを得なかったからね。
ま、痛い出費ではあったが必要経費ってことですかね。
この分はしっかり働いて取り返しちゃるで。

2018/10/10

RENAULT MIRACLE LIGHT 6 初輪行感想

4連休最終日は自宅で疲れを癒しました。
と言ってもいつもの遠征時よりは、足への負担はなかったようで痛いところはどこもありません。
やはり徒歩での移動じゃなく、自転車で移動していたことが大きかったのでしょう。
そう、今回の遠征では先日購入したミニベロ、ミラクルライト6での初輪行を敢行していました。
今回の記事ではその初輪行を終えての率直な感想を記そうと思います。


まずは持ち運び。
これは軽さに感動しましたね。
公称6.7キロは伊達じゃない。担いでの駅の階段の乗り降りもラクチンでした。
サイズ感もさほどではないので、列車に乗る時も座席の間のスペースにきちんと収納できたので他人への気遣いも最小限で済みました。



ただし、その軽さを実感できたのも旅の初めだけで、疲れが嵩んだ帰り際にはさすがに7キロないと言っても体への負担は感じるようになりましたね。
さらに、輪行袋へのしまい方が雑だととがった部分が袋にダメージを与え穴が開いてしまいました。
また、ペダルの出っ張りが邪魔で、担いだ時にもろにわき腹に当たったりして痛い思いもしてしまいました。
やっぱり着脱式か折りたたみ式のペダルにカスタム必須なようです。
サドルの硬さは・・・乗っているうちになんとか慣れましたが、お金に余裕がある時にこれもカスタムしたい。


さて一番の関心事項はやっぱり走行性能。
会社の行き返りに一度乗ったきりでは本領は発揮していなかったらしく、今回その性能のすべてが明らかになったのです。
走る!これは走る!それが率直な感想です。
国道を全力乗りすると、体感でも原付の法定速度程度は出せたんじゃないかと。
これが下り坂になったりするとそのスピードは怖いレベルまで出てしまい、ハンドル操作を誤れば転倒の恐れすら感じました。
最初乗った時に感じたタイヤの小ささゆえのハンドル操作の難しさに関しては乗っているうち慣れ、そのうち立ち漕ぎにも対応できるようにまでなりました。
ただし段差への対応力のなさは如何ともしがたく、補正されてない道路でも思いきり振動は伝わってきます。
まぁこれはミニベロの宿命なのでそこは割り切りです。


そんなシングルギアとは思えない走行性能につい調子に乗ってしまい、福島でも、山梨でも、国道沿いを構わずビュンビュン飛ばしてしまい、小さな車体じゃなければためらわれる様な、歩道もロードバイク用の走行レーンも一切ないような道路にも突入していくことができ、それでも車の流れを乱すことなく走れ、走行距離にして40キロ程度は乗ってしまったんじゃないですかね。
さすがに坂はきつく、峠越えを何度も繰り返すような山間部ではしんどかったですが、車体が軽いので乗ってダメなら降りて押して歩くのも一つの手でしたね。


今回の輪行旅を終えて一つ言えることは、普段日常で使っている自転車では同じ真似は絶対にできないってことです。
結論からすると、ルノーミラクルライト6は滅茶滅茶走れてしかも軽い、輪行愛好者のために生まれた、そんなミニベロだってことですね。これからもどんどん持ち出していきたい。

2018/10/06

持てる力を使い切って新潟へ

今日は仕事量が多かった・・・。
それはもう、まさしく本年度一番と言っていいくらいに。
そんな日に仕事終わりに旅立とうという私にはきついことこの上ない。
行き先は新潟なので、別に残業になったって十分行ける。
だけど逸る心は抑えられず、どうしても定時で退社したいと思った。
そこで私、頑張っちゃいました。
このとんでもない量の仕事を相手に、全身全霊全力開放。
6連勤最終日、もう失うものはないと持てる才能をすべて開放して挑みました。
その結果・・・ジャスト定時。
へへーん、どんなもんじゃーい!!

・・・ああ、疲れたwobbly
自分が天才で本当に良かったと思う。
そして18時半ごろには新潟に降り立っていました。
新潟は先日カシオペア追っかけで立ち寄ったけど、宿泊に来るのはずいぶん久しぶりな気がします。
新潟と言えば免許合宿で2週間ちょっと滞在した経験もあり、私にとっては第4の故郷と勝手に思っている場所。
そんなだから、勝手知ったる街で行きつけの店もあります。



越後もち豚のとん八、ここですよ。
ここで早く食事したかったので定時退社に拘ったわけですね。
個人的に20時以降は夕食は食べたくないので、せっかく好きな店に行くんだしおなか一杯食べたかったのです。
やっぱり最高でしたね、もち豚さんはpig
こうして6連勤後の遠征で疲れているはずの身体に活力が戻り、明日からの撮影に元気いっぱい望めそうです。

2018/10/05

あと1日乗り切ろう

さて、6連勤もようやく明日でおしまい。
仕事終わりに予定通り旅立つ。
今回は行き先は甲信越を予定しているので、旅というほどではないかもしれないが、台風の影響も少ないみたいだし大いに撮影を楽しみたい。
気がかりだったブルーレイレコーダーの故障も、配線をつなぎなおしたらなんとか復旧。
これで出かけている間の録画もバッチリだ。
たくさん働いた分、たくさん楽しむ下地は整ったね。
さ、明日もう1日だけ踏ん張ろう。
もう体力は残ってないけど、先の楽しみを思えばどうにか身体も動くのさ。

より以前の記事一覧