2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ

カテゴリー「東海道本線」の記事

2021/02/19

最後の185系踊り子撮影@いずっぱご富士山バック&石橋最上段

ダイヤ改正で長年走り続けた東海道から姿を消す185系踊り子。
終焉が近づき、いよいよ各撮影地も追い込みの撮影者が大挙押し寄せているようです。
私はいつも通り、そんな喧騒を避けて平日の撮影で平和に自身のラスト撮影を済ませようと早朝から出かけました。

1月に伊豆急でのケリはつけたので今日は東海道本線で締めようと思いましたが、その前に「いずっぱご」こと駿豆線に立ち寄ります。
この路線にも修善寺行きの踊り子が乗り入れており、私もかつて修善寺温泉に行った際に世話になったものです。
ここでの目的は富士山バックで185系の写真を撮ること。
本当は伊豆長岡の俯瞰で撮れる場所へ行きたかったのですが、引退フィーバーで撮影者が騒ぎすぎて地主によりお立ち台が立ち入り禁止になってしまったようで、その代替で大場の撮影地にやってきました。
こちらに流れる撮影者も多いようで週末は軽くパニック状態のようですが、平日の今日も実に20人以上の撮影者が集いました。

 

3000系ラブライブ!サンシャイン!!ラッピング車@いずっぱご
3000系ラブライブ!サンシャイン!!ラッピング車@いずっぱご posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF24-105mm F4L IS II USM
伊豆箱根鉄道駿豆線/三島二日町-大場


結構ひっきりなしに電車がやってきてテスト撮影もはかどります。
痛車ラッピング車も多くあるようですね・・・。
それにしても素晴らしい快晴で富士山もクッキリと姿を現しておりますね。
今日やってきて本当に良かった!

 

185系「踊り子3号」富士山バック@いずっぱご
185系「踊り子3号」富士山バック@いずっぱご posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF24-105mm F4L IS II USM
伊豆箱根鉄道駿豆線/三島二日町-大場

名峰富士山の裾野を走る185系踊り子号。
写真に残しておきたかった1枚を最高の条件で残せて言う事ありません。


これを撮り終えたところでお次は東海道本線での締めの撮影をするため移動開始。
やって来たのはおなじみ石橋。
過去2度訪れたことのある東海道本線を象徴する撮影地です。
やはり最後はここで締めないと!
ただし今まで撮った位置ではなく、まだ試してないアングル、構図で撮るべく、今日は石橋上段と呼ばれるポイントを目指しました。
年も年なのであの急こう配を登っていくのは本当にきつかった・・・。
しかしきつい思いをしただけあり、素晴らしい眺めのポイントにたどり着いたのでまずは中腹あたりから撮ることにします。
ここからはカメラ2台体制で行きます。

 

185系踊り子@石橋中段俯瞰
185系踊り子@石橋中段俯瞰 posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF24-105mm F4L IS II USM
東海道本線/根府川-早川

5D4は手前にあるミカン畑を大きく取り入れて撮影。
緑と青に囲まれてストライプがより目立つ構図をとりました。

185系踊り子@石橋鉄橋
α99 II SAL2470Z
東海道本線/根府川-早川

α99 IIは逆に青一色の海と空を大きく取り入れた構図。
こちらはC-PLフィルターを使用してより深みのある青さを引き出しました。

E261系サーフィル踊り子@石橋中段俯瞰
E261系サーフィル踊り子@石橋中段俯瞰 posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF24-105mm F4L IS II USM
東海道本線/根府川-早川


この構図でサーフィルも押さえておきました。
しかし伊豆急の撮影時にも思ったけど、この車体は海と同調して目立ちませんよね。
東海道の目玉で作った車両なのになぜ海と溶け込んでしまう同系色にしてしまったのでしょうか!?


時刻は14時前。
平日なので185系の踊り子は撮れてあと1本のみ。
踊り子設定の少ない平日の辛さでもありますが、おかげで空きまくっていてどこでも立ち位置は自由自在なので良し悪しですね。
ということで意を決してさらに上、石橋最上段と呼ばれる場所まで登る決意をしました。
心臓をバクバク言わせながら坂を上ること数分、ようやくたどり着いたその場所からの眺めは、そんな疲れも吹き飛ばしてしまうくらい最高のものでした!

E257系踊り子@石橋最上段俯瞰
E257系踊り子@石橋最上段俯瞰 posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF24-105mm F4L IS II USM
東海道本線/根府川-早川

たどり着くなりやって来たE257系の踊り子。
構図を決める間もなく慌てて手持ち撮影。
この高さまで来たのだから、見渡す限りの青さを大きく取り入れるのは間違ってません。
とっさの割にうまく行ったので本番にもこの構図は取り入れます。


立ち位置をあれこれ悩んでいると轟音が鳴り響きました。
貨物列車のようですが、あの編成は・・・。

54レ EF66-111牽引 福山レールエクスプレス@石橋最上段俯瞰
54レ EF66-111牽引 福山レールエクスプレス@石橋最上段俯瞰 posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF24-105mm F4L IS II USM
東海道本線/根府川-早川

なんと福山レールエクスプレスでした。
来ること全然知らなかったので驚きました。大幅の遅れだったらしいですね。
前回のニーナとの遭遇と言い、この場所ではレア貨物に縁があるようです。

福山レールエクスプレス@石橋最上段俯瞰

α99 II SAL2470Z
東海道本線/根府川-早川

鮫に牽かれて緑一色のコキがはるか眼下を通過していきました。


幸運もあった中、いよいよ私にとっての最後の185系踊り子の撮影となります。
ここまで来て入ったのが185系じゃなかったらどうしようと思いましたが、姿を現したのは青一色の中映えわたるストライプ。
安堵の吐息がもれました。
さぁ最後の1枚を撮ろう。

185系踊り子10号@石橋最上段俯瞰
185系踊り子10号@石橋最上段俯瞰 posted by (C)Tylor
EOS 5D Mark Ⅳ EF24-105mm F4L IS II USM
東海道本線/根府川-早川

長年東海道の顔として君臨した185系のラスト撮影に相応しい1枚になりました。
この高さまで苦労して登ったカイありました。
これだけの条件下で撮影できたのだからもう思い残すことはありません。
伊豆方面の温泉に行く際には必ずお世話になった185系踊り子号。
姿は消しても思い出は永遠に残ります。

185系踊り子10号@石橋最上段俯瞰

α99 II SAL2470Z
東海道本線/根府川-早川

2020/02/23

1年ぶりの伊豆急で185系踊り子撮影&石橋鉄橋でニーナことEF66-27に奇跡の遭遇!

3連休2日目は朝から超快晴の撮影日和。
そんな今日はおよそ1年ぶりに伊豆急まで185系踊り子を撮りに出かけました。
去年は今井浜海岸の超有名撮影地に行きましたが、今年はこれだけの快晴だけに海の青さを強調できる場所で撮りたいと考え、川奈の海バックの撮影地に向かいました。
数名の撮影者が集う中、期待通りの青い海を背に次々とターゲットがやってきました。

 

185系踊り子@川奈~富戸その1
185系踊り子@川奈~富戸その1 posted by (C)Tylor
α99 II SAL70300G 伊豆急行線/川奈-富戸


現着は12時過ぎぐらい。
午後から順光のこの撮影地ですが、光線が完全に回ってくるのはもう少し先みたいですね。
それでも伊豆急らしいシーンで185系を撮影出来て良かったと思います。
青一色のバックはなんて清々しいのだろう。

 

185系踊り子@川奈~富戸その2
185系踊り子@川奈~富戸その2 posted by (C)Tylor
α99 II SAL70300G 伊豆急行線/川奈-富戸


お次は引き付けて。
引き付けると青い海をより強調できていい具合です。

251系スーパービュー踊り子@川奈~富戸
251系スーパービュー踊り子@川奈~富戸 posted by (C)Tylor
α99 II SAL70300G 伊豆急行線/川奈-富戸


引退が迫る251系スーパービュー踊り子は縦位置で撮ってみました。
澄み渡る快晴のブルーを表現するには縦位置も良さげです。
ここでの撮影最後となる185系も縦で撮って締めようと思います。

185系踊り子



うん、一番最初の頃よりも少しばかり光線が良くなりましたかね。
これにて一通り満足できたので別の撮影ポイントに移動することにしました。
で、次どこで撮るか悩みました。
去年行った今井浜海岸の撮影地に行くか、それとも伊豆急からは離れて東海道線内で撮るか。
晴れ間に恵まれなかった去年のリベンジで今井浜海岸に行くのも良かったのですが、河津桜目当ての観光客か、そちら方面はえらく渋滞していたので結局東海道本線の撮影ポイントで撮ることにしました。
この選択がのちに大きな運命を分けることになろうとはこの時は思いもよらなかったのです。


そしてやって来たのは早川~根府川にある超有名撮影地である玉川橋梁、通称・石橋鉄橋。
2017年に189系ホリデー快速あたみ号を撮りに来て以来、2年半ぶりくらいの来訪となりました。
着いた時には大勢の撮影者が集っていてただ事じゃない雰囲気でした。
185系踊り子もずいぶんな人気だな、いやむしろ251系の方がお目当てなのかな?なんてのんきに緊張感なく構図を作っていたのは私だけでした。
そんなだから構図が出来てから最初にやって来た"ソレ"に一瞬思考が停止してしまいました。
ファインダーに飛び込んできたのは・・・えっ、うそ、ニーナ!?

1097レ EF66-27+コキ@石橋鉄橋1
1097レ EF66-27+コキ@石橋鉄橋1 posted by (C)Tylor
α99 II SAL70300G 東海道本線/早川-根府川


それはまさかの遭遇でした。
いやはや、あるなんて全然知らなかった。
どうりで回りの雰囲気がただ事じゃなかったはずだ。

1097レ EF66-27+コキ@石橋鉄橋2
1097レ EF66-27+コキ@石橋鉄橋2 posted by (C)Tylor
α99 II SAL70300G 東海道本線/早川-根府川


ワイドでも。
いやいや、"ソレ"がニーナだと分かった瞬間からシャッターを切る手が震えてしまいましたわ💦
なんせこれが初遭遇にして初撮影。
情弱で機動力のない私にとっては、なかなか狙って撮りには行けない存在ですから。

1097レ EF66-27牽引貨物



孤高の存在であるゼロロクニーナはまさに圧倒的な存在感で目の前を通過していきました。
キングオブELの雄姿を、これだけ最高の条件下で撮影できた幸運に打ち震えました。
まわりで激V激Vとはしゃいでいた若い氏もいましたが、私自身も深く感動しておりました。
今井浜海岸と天秤にかけてこちら側にやって来たこと、あの時決断した自分を褒めてやりたい!
最高!

185系踊り子@石橋鉄橋
185系踊り子@石橋鉄橋 posted by (C)Tylor
α99 II SAL70300G 東海道本線/早川-根府川


もちろん本来の目的である185系踊り子もきちんと押さえておきます。
ラッシュ時は過ぎていたので撮れたのは後追いのこの1枚だけ。
しかし、2017年の時は午前中訪問で順光ではなかったので、バリ順のカットも残せてこれで再履修は完了となりましたね。

251系スーパービュー踊り子@石橋鉄橋
251系スーパービュー踊り子@石橋鉄橋 posted by (C)Tylor
α99 II SAL70300G 東海道本線/早川-根府川


返す刀で251系も。スーパービュー踊り子はこれが最後の撮影となるでしょう。
この最高の条件の1枚を残せたのだからもはや思い残すことなどあろうはずがありません。


これにて撤収。
予想外の撮れ高の多さにホクホクで帰路へと着きました。
一度は撮りたかったニーナにやっと出会えた以上、今度は教科書通りの編成写真も撮りたいという新たな欲が生まれてしまいましたね。頑張ってくれているうちに、いつかきっと。

2017/11/11

「189系」ホリデー快速あたみ撮影@早川~根府川

宿泊先の平塚より始発列車に乗車し、早川駅で降りた。
今日は東海道本線に189系が乗り入れるため、どうせなら東海道線を象徴する場所で撮りたいと考え、有名なこの地へやって来た。
平塚を出発した時は降っていなかった雨だが早川に着くなり降りだし、撮影ポイントに向かう途中で本降りになった。
朝からかなりの強風も吹き荒れており、さながら嵐状態。
そんな時に写真撮りに出かける酔狂者なんて誰もおらず、現着は一番乗りとなった。

この有名地にまさかの一番乗りで驚いたが、おかげでポジションをじっくり探ることが出来た。
雨はそのうち抜けて晴れわたるらしかったので、とりあえず午前の下り順光となる海側に陣取ってみた。
やがて予報通り雨は上がり、空には澄んだ青空が広がり始め、待望の陽射しが雲間から現れた。
その時、奇跡は起きた。西の空に美しい虹のアーチがかかったのである。
思わず声をあげてしまった。そしてその直後に気づいた。
そうだ、今すぐ列車来い!来てくれ!
虹と列車の絡みはこの趣味をしている人間なら誰でも一度は撮りたいシチュエーション。
決して狙っては撮れない偶然の産物を撮れるチャンスが訪れたのだから、祈るような思いだった。
そして。


虹と列車が交わった奇跡の瞬間@早川~根府川
虹と列車が交わった奇跡の瞬間@早川~根府川 posted by (C)Tylor α99 II SAL2470Z
東海道本線/早川-根府川


奇跡の瞬間は訪れた。いつ消えるかわからない虹の裾を、185系列車が走り抜けて行った。
これを撮れただけでも、朝から悪天の中苦労してやって来たことが完全に報われた。
今日はきっといい撮影となることを確信した瞬間でした。


2053レ EF66-130+コキ 豊田ロングパスエクスプレス@早川~根府川
2053レ EF66-130+コキ 豊田ロングパスエクスプレス@早川~根府川 posted by (C)Tylor α99 II SAL2470Z
東海道本線/早川-根府川


いよいよまぶしい陽射しが線路に降り注ぐ黄金時間帯が訪れた。
東海道本線は基本E231系ばかりで、走る列車の種類は少ないため貨物列車は大きな狙いとなる。
今日のロンパスは鮫の代走だったようで、これには撮りに来ていた親子が残念がってました。
その直後に上りでゼロロク甲種が行ったため、さらに上乗せのガックリ。
見ていて可笑しかったです


251系 特急スーパービュー踊り子@早川~根府川
251系 特急スーパービュー踊り子@早川~根府川 posted by (C)Tylor α99 II SAL2470Z
東海道本線/早川-根府川


やはりE231ばかり撮っていても仕方ないので間が空くんですが、たまにこういうのが来て慌ててシャッターを切ります。
10両だと収まらないですね。狙いの189系の6両はバッチリ行けそうです。


185系特急踊り子@早川~根府川
185系特急踊り子@早川~根府川 posted by (C)Tylor α99 II SAL2470Z
東海道本線/早川-根府川


このポイントからだとどうしても海を入れたくて広角の風景写真になるけれど、海を捨てて車両メインでも撮れます。
185系の踊り子は車両メインで撮ってみました。これはこれでいいかも。
だけど、せっかく海辺での撮影なのですから、メインのホリ快あたみは元の構図に戻すことにします。


189系臨時列車ホリデー快速あたみ@早川~根府川
189系臨時列車ホリデー快速あたみ@早川~根府川 posted by (C)Tylor α99 II SAL2470Z
東海道本線/早川-根府川


そして最高のお天気の下、本日の目玉が登場です。
出来ればM51編成が来て欲しかったんですけどね。贅沢は言えないですかね。
東海道線を象徴する場所で快晴の中、189系を押えることが出来て良かったです。
海も青く、遠くの街や山々もクッキリと解像されており、やっぱり寒くなって空気の澄むいい季節になって来たなぁと感じました。


これを撮ったところで移動。
今度はこの撮影地のもっとも有名な構図でさっき行ったホリ快あたみの回送を撮ることにします。


E233系@早川~根府川
E233系@早川~根府川 posted by (C)Tylor α99 II SAL2470Z
東海道本線/早川-根府川


普電で確認。海がより大きく入るこの構図こそ、東海道線内で撮っている気にさせてくれます。
ただこの位置の順光時間帯は午後からなので、11時台ではまだ面にしか陽射しは当たりません。
これは仕方がないと割り切るしかないですね。
実際さっきのホリ快の下りもこっちで撮っている人の方がはるかに多かったですし。


回9872M ホリデー快速あたみ回送@根府川~早川
回9872M ホリデー快速あたみ回送@根府川~早川 posted by (C)Tylor α99 II SAL2470Z
東海道本線/早川-根府川


熱海より国府津への回送となったシーンを後追い撮影。
やはり側面が苦しいですね。
あとこの構図だと上り線でも下り線でも、車体にケーブルがかかってしまうようです。
車両メインじゃなく、風景の一部として構図を作った方がいいのでしょう。
このケーブルさえなければさらにいい撮影地なんですがねぇ。


185系特急踊り子@早川~根府川
185系特急踊り子@早川~根府川 posted by (C)Tylor α99 II SAL2470Z
東海道本線/早川-根府川


最後に踊り子も押さえておきます。
東海道線の顔ですからね。いずれ見れなくなる景色でしょうし。


これにて本日の撮影は終了。
昼過ぎの順光時間まで待っても良かったんですが、早朝からの活動で疲れていたのと、トイレに行きたかったので撤収としました。
189系をここで撮れたことはもちろん、朝一の虹には本当に感動しましたね。
悪天予報があったので、明日にしようか大いに迷ったけど、今日やってきて本当に良かったですよ。
素晴らしい撮影地だったので、対岸とかまだいろいろ試したいところは多いのでまた来たいと思います。