2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

カテゴリー「バイク関連」の記事

2021/03/05

バイク乗りあるある?ストレートネックと診断された

今日は病院休みの日。
いつもの薬をもらいに通院した後、早くに終わったのでこの機会にと以前から気になっていた症状の診察で整形外科を受診した。
気になっていた症状とは右肩の痛みと手の指の痺れ。
これはバイクに乗るようになってから出るようになった症状で、最近は痛みが増してきていたのでいずれはきちんと診察を受けたいと思っていたのだ。手首が痛かった時期もあったからもしかして腱鞘炎をこじらせてるのかと疑問もあったし。

ところが診断は意外な答えだった。
腱鞘炎や手根管症候群、そして四十肩(五十肩)はきっぱり否定され、代わりに下った診断は「ストレートネック」。
人間の首というのは頭の重さを支えても負担が逃れるように骨が湾曲しているらしい。
しかし稀にその骨が真っ直ぐになってしまう症状が出るという。
すると負担が大きくなり、骨と骨との間の神経が刺激されていろんな部位に痛みやしびれを生じさせるらしいのだ。
現代病の一つともされ、長時間同じ姿勢だったり、スマホのやりすぎでもそうなってしまう事もあるらしい。
肩こりだけでなく頭痛も起こすと言われ腑に落ちた。そういえば私は頭痛持ちでもあった。

猫背などで姿勢が悪いとそうなるとのことだが、思い当たるフシは大いにある。
そう、バイクだ。
私のバイクはフルカウルのセパレートハンドル。
スーパーカブなどの楽な姿勢で乗れるバイクではなく、ある程度の前傾姿勢を強いられるタイプだ。
むろんスーパースポーツのそれと比べれば緩やかな前傾だけど、それでも合わなかったり苦痛に感じる人は感じてしまう。
確かに乗り始めの頃は肩や首がその都度痛くなっていた。
最近では慣れもあって乗っている間は苦痛は少なくなってきたけど、蓄積されたダメージは首に来ていたらしい。
よく聞く話ではあるんですよ。バイク乗りがヘルメットの重さで首を痛めるって。
私の場合重さじゃなくてライディングの姿勢に問題があったみたいだけど。

という事でこれからリハビリを受けることになりました。
今日はマッサージチェアの医療版ともいうべきものに座って、首を引っ張る治療と電気マッサージを施されました。
今後は医学療法士と共に定期的にリハビリを受けて元の状態に戻していくことになる。
まぁとりあえず原因が分かってよかった。
重度の腱鞘炎だったり、神経や血流の問題とかややこしいものだったら困るからね。
でもそうなると今のバイクに乗り続けるのはキツイのかなぁ・・・。
Ninja400、非常に気に入っているバイクなのでずっと乗り続けていきたいんだけど・・・・。
なんにせよリハビリの必要がある以上、しばらくロングツーリングは控えなきゃですな。
再来週の休暇の九州ツーリングのセンはこれでなくなったね。
出かけたとしてもまた日帰り圏内の負担の少ないものになるでしょう。
そしていずれは姿勢の楽なアップハンドルのバイクも視野に入れなきゃかもなぁ。

2021/02/28

【カスタム第十弾】Ninja400にリムステッカー貼りました

久しぶりの愛車カスタム。
まぁカスタムとは言っても、すでにだいたいのことはやり尽しているので見た目に変化をつけようって感じです。
着手したのはホイール。
リムにアクセントを入れようと考えました。
リムステッカー、リムテープと呼ばれるものを貼り付ける作業です。
買ったのはKAWASAKI純正のもの。

ただ貼り付けるだけなので一見簡単で誰でもできそうですがこれがなかなか難しい。
1本のテープを円に沿って貼ってい行く作業は手先が不器用だと結構苦戦します。
RIM STRIPE APPLICATORというリムにあった形状のガイドを使う事で貼り付けが楽になるけれど、それでも難しいものは難しい。
一応貼り終わりましたがところどころミスしました・・・。

Img_5515


全体像は悪くない感じ。
カラーも車体のデカールと同色でマッチングもばっちり。
この辺はさすが純正品だけあります。少々お高いけどね。


Img_5516


アップにするとリサイズした画像でもミスした箇所がわかってしまう感じ(;^_^A
奇麗に円で貼れなかった部分が目立ってしまいますね。

Img_5519


左右前後、計4度貼ったので最後の方はさすがに慣れてうまく貼れるようになりました。
まぁ遠目だったりぱっと見はミスもわからないのでこんなもんでしょう。
どうしても気に入らなかったら改めて貼りなおせばいいし。
見た目自体は大変気に入りました。
黒にライムグリーンってマッチしますよね~。
もっと早くに貼っておけばよかったと思います。


カスタムも10段ともなればさすがにもう弄るところがなくなってきました。
あとやるとすればハイシート化かなぁ。

2021/02/15

タイヤの皮むき終了

昨日は撮影の合間に交換したばかりのタイヤの皮むきがてら少し山道を走った。
タイヤ中央はもうずいぶん油分も落ちてたけど、サイドはまだ新品同様の状態なので無理のない程度に意識して車体を倒しながらワインディングを走ってみた。
交換する前と比べると滅茶苦茶安定していることが実感できた。
なんせ末期には滑るんでワインディングを走るのが怖かったものね。
峠の走り方を忘れちゃったんじゃないかというくらいへっぴり腰になっていたから・・・。
これで交換してから100キロ以上走ったし、皮むきは完了って事で。
心置きなく不安なく、ロンツーに出かけられるよ~。

2021/02/04

Ninja400初めてのタイヤ交換

昨日注文したばかりのタイヤがもう入荷したとの報。
しかしPITに空きがなく、日曜や祝日はすでに満杯だという。
今日の夕方ならギリギリ空いているという事で、定時ダッシュして2りんかんまで行ってきた。

交換するタイヤはNinja400がもともと履いていたのと同じ、ダンロップのGPR-300
私の使い道がシティライドとツーリングなのでこれでピッタリなのだ。
本当はよりツーリング性能が良いロードスマートⅣとか行きたかったんだけどね、ちょい予算オーバーだったんで。
お店に到着した時点で走行距離は17,165キロでした。
ここまでなんのトラブルもなく走り切ってくれてありがとう。

前後のタイヤとエアバルブ交換で40,700円。
工賃は前後で7150円。
合計47,850円(税込み)でした。
予算5万円だったのでまさにギリギリ(-_-;)
時間は結構かかって1時間半くらい待たされました。
プロがやってそんなかかるのならやはり自力では到底無理だった・・・。
っていうかタイヤ上げる装置も持ってないしもともと無理だけど。

変えたばかりのタイヤは油分がたっぷりで大変滑りやすいのが定説。
よくYoutubeの納車動画で即コケてる人とかいるけど、まさにこれが原因の多く。
そんなだから店舗から出る際の右折に大変気を使いました。
これから油分を取る走行、通称「皮剥き」に勤しみましょうか。
100キロくらいって話だよね。
ただ慎重にこそなったけど、いざ走り出してみるとあまりの乗り心地の向上にビックリしました。
いやぁタイヤを新しくするだけでこれほど快適になるとは!
っていうかそれまでがよっぽど酷い状態だったんですね・・・。
タイヤの交換は早めにしようねってことか。
ま、これで3万キロくらいまではもう交換の必要もなさげですが。
今回もパンクゼロでよろしくね。

2021/02/03

そろそろタイヤ交換の時期

今日は休みだったので昨日買ったカメラのレンズのテスト撮影がしたかったけど、被写体となるネタがなかったので出来ず。
その代わり、そろそろ手をつけねばと思っていたことを実行した。
それはバイクのタイヤの交換。
タイヤってのは走るたびに擦り減っていき、パンクの原因になる。
そのまま放置して走り続ければ最悪バーストしてしまう事も起こりうる。
現在我が愛車Ninja400の走行距離は17,130キロほど。
おおよそのタイヤ交換の時期は”タウンユースたまにロングツーリング”って人の場合は1万数千キロ~2万キロくらいの間で交換時期に達するらしい。私はサーキット走行など無茶な走りはしないので納車から1年半ほど経つけどまだ交換は一度もしていなかった。
そんなタイヤにスリップサインが露出し始めたのは昨年末くらいだっただろうか。
スリップサインはタイヤが減ってますよ、そろそろ交換を視野に入れてくださいねというサイン。
そのスリップサインの現在の様子はこんな感じ。


フロント

Img_5484

リア

Img_5485

Img_5486



タイヤの溝の間にポチっと出ているのがスリップサイン。
これがタイヤ表面と完全に繋がってしまったら大変危険な状態、レッドゾーンと言える。
さしずめ現在はイエローゾーンか。
リアの方が減っている気がしたけど、実際はフロントの方が多くサインが露出している。


使いようによってはまだ走れそうな気もしないでもない。
実際もともと1万8千キロで交換しようかなと思っていた。
だけどここ最近のロンツーで、とくに峠のワインディングを走っている際にリアを滑らせてヒヤッとするシーンが結構あった。
それを一度経験しちゃうとまたスリップするんじゃないかって警戒しちゃってワインディングでの走行がぎこちなくなってしまい、軽快に走れず後続車に詰め寄られて余計ヒヤヒヤするのがストレスになって来た。
絶対にこかしたくないという気持ちが強いのでね。
高速道路を走行中にバーストしちゃったらそれこそアウトだし、近頃じゃ普通に走っていても路面の影響を受けやすくなって走り心地が悪くなった印象を強く持っていた。
今月の給料が豊潤で懐の温かいうちに早めのタイヤ交換をしておくべきではと考えるのに至ったわけである。


という事で2りんかんまで行ってきました。
タイヤと言ってもいろいろ種類があって得意分野もあるけど、予算は5万円くらいだったので純正で履いていたのと同じものを求めた。在庫がなかったので注文という形となり、今日の取り付けは叶わなかったけどもう少し走れそうな状況なのでそれも良しか。
次のツーリング(2月後半予定)までに交換できればいいからね。

2021/01/03

今年も妙義へ新年初ライド!

9連勤明けでゆっくり寝ていたかったけど、悲しい習性でいつもとさほど変わらない時間に起きてしまった。
そのままダラダラしてても良かったんだけど、やっぱり抑圧された気持ちを開放するにはバイクに乗るしかねえなと思い、初詣ライドと洒落こんだ。
年明けたばかりだし、なにより今は極寒期なのでそんな遠出はしない。
去年の同じく1月3日に行った妙義神社へ今年も参拝へ行くことにした。
コロナ禍が影響してか、去年に比較しててんで空いてましたね。
そこで去年買ったお守りを返納して、新しいものを買いなおした。
お祈りはもちろん、今年も無事故でバイクを楽しめますように!


Img_5414


無事故はもちろん、今年は無違反でも通したいなぁ。
ってそんな走りをしてたら容赦なく詰め寄られたけどね。
冬場でタイヤも温まらないし、超安全運転で頭文字Dルートを走ってりゃそりゃ煽られますわな。
でも今日もワインディングでリアタイアを滑らせたしタイヤのグリップ力が低下している気がした。
クネクネを気持ちよく走るにはそろそろ本気でタイヤ交換を視野に入れないといけないかな。
まだスリップサインはうっすら出始めたかな?くらいの感じなんだけどな。
北海道でひたすら直線ばかりの道路を走ったあたりから片摩耗が出来始めたのも要因かもしれない。


Img_5409


昨年と同じ場所で記念撮影。
冬型の気圧配置なので遠くの山には雪雲がかかっており去年ほど天気は良くなかった。
相当寒いんだろうけど電熱装備とワークマンで、足元以外はホカホカでした。
まぁ、それでも路面凍結の不安がなくなるまで本格的なロングツーリングはまだまだ先ですな。


Img_5413


妙義山に誓った無事故無違反無立ちごけ!
今年もいろんな景色を一緒に見よう。頼むぜ相棒!

2020/12/03

そういえば異音気にならなくなった

以前バイクから聞きなれない音がすると書いたけど、しばらく走ってたら特に気にならなくなってきた。
おそらく一過性のものだったのだと思われる。
エンジン音ではなく、吸気音だったのかもしれない。
これならバイク屋に持ち込まなくて大丈夫だね。
オイル交換のついでならと思ってたけど、よく見たらまだ交換時期まで1000キロほど走れるみたいだし。
ただ点検を促すハガキが来ているのも確かなので、これが24か月点検のものなのか、それとも18か月点検とかもあるのか、空気圧見てもらうついでに年内に聞きに行っておきたいな。
ド素人なのでメンテナンスはほぼほぼショップまかせですからね。
まぁこれからの冬季はロンツーはないのでヒマがある時でいいだろう。

2020/11/29

今年最後のツーリングで道志みちを走って来た

競馬のジャパンカップに行けなかったので、代替で昨日は鉄道撮影を楽しんだけど、実はそれ以外にも今年最後のツーリングもするつもりでバイクで出かけていた。
鉄道撮影を山梨でしたかったのでツーリング先も山梨でしようと考えた。
山梨と言えばまだ走ったことがない有名な道がある。
ライダーご用達の「道志みち」だ。
この道路は50~60キロくらいの道のりを、ほぼ信号がなくノンストップで、しかも程よいワインディングをこなしながら走れるのでバイク乗りからは大人気で、週末ともなるとおびただしい数のライダーが集う。
いつかは走りに来ようと思いながらようやくの来訪です。
今日は土曜日だったので混み合いそうだったけど、そこは考えていい時間帯に神奈川側からではなく、山梨側から、つまり首都圏ライダーが繰り出してくる時間帯に反対側から走ることですこしでも混雑を避けマイペースで走ることを目指し、結果的にその狙いはうまくいった。
向こうからやってくるライダーの多さに比べれば上り側は比較的空いており、前後に誰もいない時間帯も多かった。

Img_5359


途中立ち寄った道の駅どうし。
ここもライダーご用達、滅茶苦茶有名な道の駅だ。
今日もたくさんバイクが停まっており気合の入った格好の走り屋さん達で賑わっていたね。

Img_53601


そんな走り屋さん達、たくさん行きかったけど皆走りに夢中であんまりヤエーはなかったね。
飛ばしたくなる気持ちもわかるけど、ここは40キロ道路。
明らかにダブルスコアなスピードやイエローカットはやめといた方がいいぞ。
バイク乗りだけでなく一般のドライバーも使う生活道路なのだから、あんまり排気音ブイブイ言わせて無茶な追い越ししてると「これだからバイク乗りは」といういつもの色眼鏡で見られてしまうし、何より目の前でイエローカットで抜いていく姿を見るとこっちがヒヤヒヤしちゃうもん。
巻き込まれたらそれこそタマランし。


マナーの悪い連中には閉口したけど、初めての道志みちは最高に気持ちがよかったです。
12月は仕事が繁忙期で休日は体力回復に努めたいし、何よりもう寒いのでこれにて今年のツーリングは打ち止め。
通勤グで我慢するしかないですねぇ。
冬季は県跨ぎも来年2月末くらいまではしないかもなー。
オフシーズンはまた愛車のメンテナンス&カスタムに当てましょう。
そろそろタイヤもスリップサインが出始めてきてるので交換も考えないとなー。

2020/11/18

またエンジントラブル?気のせいかな?

昨日の帰り道で気づいたんだけど、なんかバイクから今まで聞かれなかった音が鳴っているような。
フロントの方でアクセルを放しエンブレを利かせるとヒュイーンという甲高いモーター音みたいなのが聞こえる。
今までは聞こえてなかったよなぁ。
っていうか違和感に気が付くくらいだから今までは鳴ってなかったに決まってる。
夏の終わりに起きたO2センサーの異常に続いて、またエンジン関係がおかしくなっちゃったんだろうか。
今のところ走行には全く支障がない。
パワー不足を感じることもなければ、走っていて不具合を肌で感じることもない。
ただ妙に擦れるようなモーター音だけが耳につくのだ。
例えるなら私のバイクはパラツインだけど、4気筒のバイクのギュイーンというエンジン音をやや高くした感じというか。
それこそ先日の岐阜ツーリングの時は快調そのものだったけど、その時なにがしかダメージを負ったのか。
はたまた気のせいなのか。まぁハッキリ言ってよーわからん。
ロンツーの度に不具合が出ているようじゃ困りものだしな・・・。
一番いいのはバイク屋さんに持ち込むことなんだろうけど、はっきりとした不具合らしい不具合がないからなぁ。
行くにも予約とって行かなきゃだから、ハッキリしたものがないと行きづらいんだよね・・・。
あと1000キロ弱くらいでオイル交換だからその時までに収まってなかったら相談してみるかなぁ。

2020/11/15

セパハンのバイクはやっぱりきついのか

ツーリングから帰ってきてさすがに今日はグッタリでした。
10時間寝たのはいつ以来だ。
連休最終日を休息にあてるのはもはや常識ですな。

しかし年のせいか疲労が抜けなくなったなぁ。
というよりすぐに疲れるようになったのか。
昨日も帰りの上信越道でも、降りてからも、集中力が切れかけてハンドル操作を誤りそうになった。
まぁ昨日は12時間くらい、休憩を除けばそれでも11時間くらいぶっ続けでバイク乗ってたんだからそりゃ疲れるけれど。
ただ最近思うのは、この必要以上に疲れたり身体が痛くなるのは、Ninja400がセパハンだからじゃないかということ。
言うてもSSに比べたらハンドル位置は高い方とされる愛車Ninja400。
それでもアラフォーのオッサンにはきつくて、ハンドルアップスペーサー噛ませて純正よりさらに高くしているわけだ。
にもかかわらずまだきついのは、やっぱり今の自分の肉体にはそもそもこの垂れ下がったハンドルの形状が合わないんじゃないかな。
やっぱりロンツーするならVストロームみたいな楽な姿勢のアドベンチャータイプが一番なんでしょうな。
北海道で乗った400Xもまるで疲れなかったもんね。
ただ、普段乗りにNinjaは最高の相棒だし、アドベンチャーバイクで通勤ってのもあまりイメージが湧かない。
となるとオーソドックスなアップハンなネイキッドかなぁ。
カワサキならZ900RSとかW800は憧れるカッコいいバイクだもんね。
大型以外ではそれこそ教習でお世話になったスーフォアも今思えばいいバイクだったものな。
いずれは体力の、筋力の限界に至って乗り替わる時が来てしまうのかもしれないね・・・。
もっと若いうちからバイクに乗っておけば、もう少しカッコいいNinjaと相棒でいられたかもしれないのに。

より以前の記事一覧