2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「闘病記」の記事

2015/07/15

手術はただただ怖く・・・痛かった

昨日が就業7周年目ならば、今日は人生初手術から丸10年という日である。
あの手術から10年の月日が流れたのだ・・・。
当時はまだ25歳。
輝ける未来に向けて遅まきながらのスタートを切ったばかりだった。
そして突然の暗転・・・。
入院、検査、手術、治療。
辛いという言葉で簡単に表せないほどの過酷な日々だった。
その幕開けともいうべき手術。
10年前の今頃の時間帯は痛さでのた打ち回っていたころだな・・・。
手術を受けると決まってからの緊張感。
当日朝の恐怖。看護師に陰毛を剃られる時のなんとも言えない気持ち。
丸裸にされて手術台に横たわった時の怖さと羞恥心。
麻酔を打たれた時の痛み。
そして・・・。
今だから笑いながら振り返ることはできるが、明日なき日々の開始を告げたあの手術。
人生で3本の指に入る大きな出来事として、一生涯忘れることのできない1日でした。
それ以降の10年は順調さからは程遠く、暗中模索の日々だった。
最近になってようやく人生を楽しむ余裕も生まれてきた。
もう・・・乗り越えたと言っていいんだよね?
明日からはもうあの日々を思い出すことも減っていくことだろう。
当時、「闘いの火蓋」というタイトルで日記を書いていたと思う。
その闘いはようやく終わったんだね。

2014/09/17

10年前の自分へ

今からちょうど10年前の9月17日、私は奇病を発症した。
あれから10年もの年月が経ったんだ。
今でもはっきり覚えている。
夏の間毎日体が怠くて、腰が痛くて痛くて、寝込んだまま動けなかった。
それでも誤魔化し誤魔化し、気のせいだとほったらかしにした。
そしてついにハッキリと自覚できる症状が表れたのがこの9月17日だったんだ。
そう、おりしもプロ野球の再編問題でストライキが決行され、古田がすぽるとに出演して涙を流していたあの日。
私は絶望的な苦しさの中それを見ていたっけ。
それでも、そんな状況になっても、私はその後半年もの間それを我慢し続けた。
その間に大学を卒業し、当然そんな身体の具合では就職活動もできずに社会に放り出され、
免許合宿に行ったり、郵便局でアルバイトしたり・・・。
10年前の自分に言いたい。アンタは阿呆ですか?
もし10年前のその時にすぐに病院に行き治療を開始していればその後の人生全然違ったものだったろう。
大学は卒業できなかったかもしれないけど、そのかわり現役就活生として東京で働く道を模索できたかもしれない。
人生、どこで狂うか分かったもんじゃない。
人間、一生のうち大きな分岐点ってのがいくつかあるもんだが、
10年前の9月17日はその中でもかなり大きな分岐点だったな。
ま、そんな阿呆も10年後はなんとか元気に生きております。
苦しい現状の中、毎日懸命に過ごしております。
もうそろそろ幸せになりたいもんですね。もう10年もいろんなことを我慢して諦めて来たんだから。

2014/04/11

こんなベテランでも

今日は大腸ファイバーの日。
前日からの食事制限、そして当日のモビプレップという下剤服用。
ある意味、検査を受けるまでが大変なんだ。
久々に腸内洗浄をして空っぽになった我が大腸。
結果は健康そのもの。ホッ。
にしても相変わらず、腸内をカメラがうねうね動くのは気持ち悪い。
私自身この検査はもう10回弱やってるだけにベテランの域だが、なかなか慣れるもんじゃない。
まぁこんな検査、休みでもなければなかなか出来ないだけに、10連休のタイミングで行ったのは正解であろう。

2012/10/13

消えた先生発見

以前にも書いたが、私の主治医だった先生が、突然病院から去って早数ヶ月。病院側からはなんら説明もなく、別の病院を紹介されて今日に至っていた。ところが、昨日何の気のなしにネットサーフィンしていたら、長野県の某病院でその主治医だった先生の名前と写真を発見。
長野に行っていたのか・・・。
それにしてもどうしてなんだろう。
一言もなく消えて、数か月間完全に姿を消して、そして長野に。
病院で何かあったのだろうか。
不祥事で飛ばされた?権力争いに敗れた?乞われて異動した?
不可解さだけが残って後味が悪い。
これでも命の恩人なのにさぁ。

2012/03/09

諭吉カムバック!

今日は病院の日。しかも検査の日。
ということで雨の中出かけてきました・・・。
今回、初めて最新の検査というやつをしてみたのだけど、時間がかかるばかりで面倒なことこの上ない。
しかも費用がバカ高!いつものおよそ3倍。
普段ですら高いと感じるのに、これではやっていかれまへん。
患者側の負担が大きすぎる気がするので、次回からは最新じゃなくていいので普通の検査をお願いするつもり。
それにしても、昨日今日でいったい何人の諭吉が旅立って行ったことだろう・・・。
出ていくばかりで入ってくるものが少ないと困るので、仕事を頑張らねば。

2012/02/24

新しい病院嫌い

せっかくの休みなのに目覚ましに叩き起こされて病院ですよ。
それで急いで行ったのに、予約時間から2時間もオーバーしてやっと順番とか一体どういうことですかangry
新しい先生はなんだか横柄だし。
ペースを掴むまで時間がかかりそうだわ、今度の病院は。
しかも次回は検査をしようということになったんだけど、その費用は3万円~見てほしいとか言われちゃってウンザリ。
せっかく今日は給料日だというのに、もうすでにそこからマイナス3万円確定ですよ・・・。身体のケアのために欲しい物は我慢すか。
はやくも次の給料日が待ち遠しいのでした。
やっぱ前の病院の方がよかったなぁ・・・。

2012/01/27

掛け持ちは大変だ

今日は病院の日。
主治医が倒れた関係で、今日から新しい病院を紹介されそこへ通う。
今までの病院が最新式のシステム(自動受け付けとか)だったのに対し、今度のは旧システム。患者を呼ぶときも、今までのは番号、今度は姓名だ。
個人情報保護の問題からすれば、旧式はどうかと思うが、年寄りとかはこっちの方がわかりやすいんだろうな。
予約時間から1時間待ってようやく順番。
新しい先生と御対面だ。
今日はこれからの方針を説明されただけ。
今までと同じパターンで通院する必要があるみたいだ。
もう一つ別の持病で前の病院にも通っている身。2つ掛け持ちはつらい。
これから病院の日に合わせて仕事を休むのがより大変になってくるね・・・。

2012/01/13

スマホで病院探し

今日は病院の日。
なんかいつになくスムーズに順番が回ってきて、15分ほどで終了。
まさかこんなに早く終わるとは。
そのせいで昼飯の時間までは間があった。
そこで時間つぶしに、新しく行く羽目になった病院の下見に行ってみることにした。と言っても場所がどこなのかが釈然としない。
そこで登場するのがiPhone4Sですよ。
これのマップアプリのナビ機能を使って、導かれるままに進んだ。
そして無事目的地にたどり着くことができた。
ちゃんとスマホライフが送れてるじゃないですか、私(笑)。
それにしても新しい病院、ちょっと遠いなぁ・・・。
これから通うのが面倒くさいことこの上ない。
こればっかりはスマホでも解決できんしね。

2011/12/09

ローカルなネタですが・・・

病院の日。
しかしこの日は衝撃の事実が告げられたのだった。
別に病気が悪化したとかそういうことではない。
私が受診している科が、この病院からの撤退が決定したというのだ。主治医だった医学部長の先生が倒れたことが原因なのかも。
それで、次回から別の病院で受診するようにと、紹介状をもらってしまった。主治医の先生を失ったばかりでなく、通いなれた病院までも追われてしまい、面倒なうえにショックだ。
しかも紹介された病院がある場所というのが、井野。
井野とか、ほとんど前橋やんけ!
・・・って、ローカルネタすぎてわかりませんよね。
とりあえず今までよりはるか遠いってことです。
ただでさえ病院通いは憂鬱なのに、負担が増えてさらに嫌になってしまいます。自分の身体のためだから通うしかないけど。

2011/11/15

先生大丈夫?

先日、主治医の先生に半年近く会ってないと書いたが、なんか風の噂だと本当に倒れちゃったみたいなんだけど。
医者の不養生か?
大丈夫なのかな。
主治医という依存している存在でもあるし、代わりで診察してくれる先生もいい人だけど、やっぱすべてを見てきた主治医の先生にこそ本当の信頼を寄せられる。私の命の恩人なわけだしね。
どうにか復職できることを願っている。

より以前の記事一覧