2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「グルメ・クッキング」の記事

2010/10/17

趣向を変えてみた

さて、今回の京都旅行は当然競馬がメインであって、土曜日に雄琴温泉周辺で動いたため、京都観光は一切しなかった。
その代わり、行く前に宣言したとおり、食事面では今までと違った楽しみ方をした。

まずは夕食で京懐石に挑戦。
ネットで調べたら、美濃吉という店が良さげだった。
行ってみたらなんてことはない、春に来た時入ろうとして、高そうだからやめた店がここだったのだ。
今回は躊躇わず入店。
5000円のコースをチョイス。たかが5000円に躊躇していた春の姿はそこにはない(笑)。
たまにはこんなささやかな贅沢もいいさ。
京都という土地柄を思えば、5000円なんてむしろ安い部類だろう。だけど今までが今までだっただけに、贅沢した気分だった。
もちろん味も良かった。少なくとも5000円分は元を取れたと思う。満足できたのだからそれでいいのさ。

食事の後は1杯飲みに行く。
ここでも趣向を変えて、普段なら行くであろう居酒屋ではなく、BARに行ってみることにする。
実は私はBARには行ったことがなかった。K氏も同様だったらしい。もともと好んで酒を飲む方でもないからね。
そんなわけで、勝手に抱いていたBARのイメージは、ひげ面の渋いバーテンが、グラスを布巾でフキフキしている、そんな場所だったのだ。それが入ってみれば、若い、どう見ても学生なお姉ちゃんが2人出むかえてくれたのだった。

一瞬戸惑った。別の種類の店に来ちゃったのかと思った。
この辺も無知のBAR初心者。
しかも寡黙なバーテンをイメージしていたのと裏腹に、そのお姉ちゃん達は引っ切り無しに話しかけてくる。
調子狂っちゃったけど、若いお姉ちゃんが嫌いなわけはないので、これはこれでいい。
最初、バーテンと話すのが恥ずかしいなんて言ってたK氏も、実に饒舌に会話に参加していた。
どうもそのお姉ちゃんをいたく気に入ったらしい。

ちなみに私が飲んだのは、ジントニック、ソルティドッグ、ギムレット。何のコンセプトも主張もない。
ただ聞いたことのあるものを選んだだけだ(笑)。
でも全て無理なく飲めたし、最近少しアルコールに強くなってきたことを自覚できた。
これから我々の行動範囲にBARが入るのかもしれない。

そんな京都の夜でした。
アパパネ万歳!(謎)

2010/07/21

銘菓中の銘菓

全国各地のお土産で、銘菓と呼ばれるものは数多くある。
だけどその中でも、やっぱ白い恋人は断然美味い。
自分用の土産で買ったものは1日で食べてしまったよ。
仙台の萩の月は名声ほど感激はしなかったけど、白い恋人は評判に違わない。北海道行ったらこれ買っときゃまず間違いない。

2010/07/20

北海道グルメまとめ

昨日までいた世界との気温差が実に13℃。
暑くて死ぬかと思った。北海道の快適さが懐かしい・・・。
そんな北海道の旅行記で、旅の楽しみと言うべきグルメについて一気にまとめてみようと思います。
題して、北海道で食べたグルメランキング!


第1位 ノーザンホースパークのレストラン「NorthernTaste」の真狩村印南ファームの『ハーブ豚』ソテー


これは本当に美味しい。
豚肉でここまで感動できるのは珍しい。


第2位 湯の川温泉プリンスホテル松風苑の夕食懐石料理


設備面でやや物足りない印象を持つこの宿の最大のウリは料理のよさにつきる。部屋でゆっくり食べられるのもいい。


第3位 函館ラッキーピエロのチーズバーガー


さすがはご当地料理ランキング全国1位の品だ。
マックやモスのハンバーガーとはちょっと違う。


第4位 花畑牧場の生キャラメル


お土産屋で売っていたものを買ってみた。
ブームは過ぎたみたいだけど、初体験の味はなかなかGood。


第5位 函館朝市きくよ食堂の3食丼


3色の中身は選べる。チョイスしたのはいくら、しゃけ、かに。
起きたてで胃がもたれてなかったらもっと上位だったかも。


第6位 ススキノ赤れんがラーメンのバターコーンらーめん


普段はラーメンはしょうゆかとんこつ、もしくは塩までしか食べないけど、久々に食べた味噌ラーメンはなかなか美味かった。


第7位 函館競馬場ラーメンあじさいの極塩ラーメン

画像なし。極塩とは、ふつうの塩ラーメンよりコッテリさが増しているもの。結果的にふつうの塩にしときゃ良かった。


ちなみにワーストは断トツでジンギスカンである。
もう一度言う。二度と食わない。
あと残念なのは、北海道で長い間静かなブームが続いているスープカレーを食べる機会に恵まれなかったことだね。
次行ったら是非食べたい。

2010/06/26

懐かしの店舗

ふとラーメンが食いたくなって昼飯に出かけた。
行ったのは自宅から目と鼻の先にある、麺屋大谷という店。
ネットで検索しても結構引っかかるしここ群馬県ではちょっとした有名な店みたいだ。
今回初めて行ってみたわけだが、実はこのラーメン屋がある店舗は、かつて小学校時代に親友だった、I君の父親が店長を勤めていたローソンがあった。しかし仕事がうまく行かなかったのか、ローソンは潰れ、I君は転校して行った。
その後は、居酒屋になったりとなかなか定着せずにいた。
そして知らないうちに麺屋大谷ができ、これもどうせすぐに閉めるだろうと思っていたら意外に長生きして今日に至っている。
I君のローソンが潰れて以来、この店舗の中に入ったのは、実に19年ぶりになるのだろうか(I君転校は5年生の時)。
なんだか妙な感覚がしつつも、とりあえずラーメンを注文。
ここのウリは何と言ってもとんこつラーメンらしい。
注文したのは豚骨魚介ラーメン普通盛り750円。
とんこつラーメン好きなので期待していたんだけど、出てきたそれは魚介の味の方が勝っているサッパリラーメン。
こってりを期待していただけに拍子抜けだった。
純粋に豚骨ラーメンを頼むべきだったか。
とりあえず、特に感動的な味と言うわけでもなかったが、県内にとりたてて有名ラーメン店がない以上、家から歩いて3分の距離に、ネットで話題になることもある店があるというのは悪くないんじゃないの。
でも、かつて篠崎に住んでいた時は、近くに本当にラーメン屋が多かったなぁ。東京懐かしいなぁ。
と結局そこに落ち着くのでした。

2009/11/28

鍋の季節です

競馬のために東京入り。
仕事を終えた後、友人K氏と吉祥寺で待ち合わせをした。
なぜ吉祥寺かと言うと、季節柄あったかい鍋が食べたくなったからだ。
以前から、元横綱の若乃花こと、花田勝氏がプロデュースしているちゃんこ鍋屋があることは知っていたが、それが宿泊地に近い場所にあるようなので、今回そこに行ってみることにしたのだ。
Chanko Dining 若 吉祥寺店は、吉祥寺北口からすぐ見えるヨドバシカメラの8階にあった。
注文したのは4800円の吉祥寺店オリジナルのコース。
ビールで乾杯しつつ、出される前菜を次々とぺロリと平らげていく我々。ペースが速いって(笑)。
店員さんもせかせかと対応してくれた。
鍋は店員さんがやってきて直接作ってくれる。

やっぱ冬はコレだよね。
最近は焼肉とかよりも鍋物が欲しい。
身体に優しいものを求めたがる。
今回はK氏の好みに合わせて塩味にしたけど、今度は大好きなチゲを食べてみたいと思った。
相撲取りってこの鍋を何人前ぐらい食べてるのだろう。
10人前?食うことも稽古の一貫ですからな。

2009/10/11

イケイケ池袋

この日は競馬。
終わってからこの日の宿泊地、池袋へ向かった。
東京ではいろんな繁華街があるが、最近の私のお気に入りは新宿ではなく池袋なのである。
どっちも人が多く、ゴミゴミしているけど、新宿のそれはギトギトした印象があるが、池袋はまだ明るいイメージがある。
学生が多いのもこっちだしね。
日本で一番、埼玉県人の遠征人が多い街、それが池袋である。

そんな池袋で初体験。
えっ?ソープかって?アホ言っちゃ行けませんよ。
噂に名高い、ラーメン二郎を初めてここ池袋店で食す事に決めた。

ラーメン通のK氏と並ぶこと数十分、ようやく番が回ってきた。
ラーメン二郎と言えば、注文の時にトッピングは何にしますかと聞かれ、独特の表現でそれに答えるというしきたりがあるらしいことは、私も何かから聞いて知っていた。知ってはいたが、一見の我々には詳しくはわからない。
そこで前の客に習って、今回は「ヤサイ」のみにしておいた。
食いながら他の客の返答をよく見ていたところによると、「マシマシ」と付け加えるとどうやら量が2倍になるらしい。
まぁ、2倍にされたって、アラサーの胃袋では受け付けないから、これでよかったんだけどね。

で、肝心のラーメンなのだが、まさかあんなに太麺だとは・・・。
これじゃラーメンじゃなくてうどんじゃない。
スープもコッテリ系で、ちょっと今の自分には合わない。
最初は美味しくいただけたが、だんだん苦しくなってきた。
量が半端なく増やせる利点を考えれば、学生か、大食漢向けの店なんだろうね。まぁ一度は経験してみたかったのでよしとする。
また次行くかと問われれば、ちょっと遠慮したいが。

そんな池袋の夜。
K氏は競馬で負け、財政が底をついたのでここで高崎へ戻っていった。私はもう一泊。ゆっくり東京を満喫していこう。

2009/07/08

案外だった

この前買ってきた仙台銘菓・萩の月。
さっそく食べてみたのだが、期待したほど美味くなかった。
これほど有名なものを今まで食べたことがなかったのも意外だけど、これほど有名なのに驚くほどは美味くないことも意外。
まぁ味覚は人それぞれだろうけどさ。
私の場合、卵が嫌いだからそう感じるのかもしれないね。
萩の月って、卵色が強いお菓子だったから。
でもこれならもっと美味いお菓子はたくさんあると思うぞ。

2009/07/06

宮城・福島グルメ

土日で行ってきた東北遠征。
食事でももちろん楽しんできましたよ!

まずは仙台に行ったので当然牛タンはおさえておきました。

やはりご当地のものは美味い!
安楽亭あたりで食うのとはワケが違った。
って、あたりまえやん。

そして!これが欲しかった、仙台銘菓・萩の月。
日本のお土産用お菓子で、北海道の白い恋人と双璧をなすと言われる、超メジャー商品。
これをちゃんと購入しましたよ。


ええと、福島での食事は何したっけなぁ。
ああ、つぼ八か(笑)。
ご当地でもなんでもないやん。でも、福島名物ってなんなのかな。
わからないってことは別に何食ったっていいって事だよね(笑)。

2009/05/17

競馬場グルメ

またまた競馬に行ったのです。最近、東京競馬場へ行くと、まっさきに行くラーメン屋があります。
それは西海と言うラーメン屋。
こういう娯楽施設に出ている店だから、味なんてどうせたいしたことがないと思われるのが普通。
だけど、この西海のラーメン、なかなかどうして美味い。
流れ作業で、どれだけ数を捌くかが命のこんな感じの店で、これだけの味なら十分満足できるよ。
とんこつ風味のこのラーメン。
ラーメンマニアの人はチェックしてみては。

2008/12/20

人は成長する

前日の日記から一転、体調が好転してきたので思い切って東京遠征を敢行した。
疲れはあるし風邪も治りきっていないけれど、仕事仕事でストレスも溜まっているし、たまには解消も必要と判断した。

ということで行ってきましたよ、久々に篠崎の「らーめん勝」へ。
2月以来実に久々。
ようやく味覚障害も完治したので、あの味を堪能できた。
ところで今回行って一番印象的だったのは、ラーメンの美味しさではなく、お弟子さんの成長ぶり。
入りたての頃は、正直ダメダメだったけど(前のお弟子さんがパーフェクトすぎた)、今回行った時は、人ってこんなに変わるものなの?と驚くほど成長していた。
自信がそうさせるのだろう、一つ一つの動きが生き生きしている。そしてサービスに対する姿勢にも大きな成長が。
うーん、人間ってすげえ!

このお弟子さんの姿を見て、今はまだ仕事で助けてもらうことの多い私も、いつか一人前になれる日が来るのだろうか、そんな事を考えたりしたのでした。大丈夫だよね。

より以前の記事一覧