2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「恋愛」の記事

2015/04/28

その脚線美を写真で撮りたい

一気に暑くなりましたな。
慌てて薄着の服を買い足してきましたわ。
女子も薄着になって視覚的にも楽しめる季節になってきましたな、ぐへへ。
そういえば、お気に入りのKちゃんってば、ものすごく綺麗な脚してるのな。
脚フェチじゃないけど、思わず生唾飲み込んでしまうような綺麗な綺麗な脚です。
でもあの子は全体的なフォルムがいいんですよ。めちゃくちゃ可愛い。
あー、頼むからヤラせてくれー。
じゃなかった、撮らせてくれー。
Kちゃんのポートレートを撮る事、それが今一番の望みなのです。

2015/01/02

バイオリズムが合いだした

なかなか終わらない連続勤務、今日を乗り越えてあと3日です。
正直そろそろ限界。体バリバリ。昨日は21時半に寝たのに、1日中眠くて仕方なかった。
人間、集中力を極限まで高めると異常に疲れますね。
早く通常の流れに戻りたいなぁ。

そんなしんどい仕事だけど、最近Kちゃんとの絡みが増えだしたのが嬉しい。
今日も可愛い笑顔を間近で見られて、疲れがちょっと吹き飛んだ。
絡みがない時はほんと一切ないというのに、ここ数日は立て続けだ。
きっと人生のバイオリズムが合いだしたのだろう。
しばらく続いてほしいなぁ。

2014/12/16

好きな女の子は無限の力を与えてくれる

今日は寒かった。
そりゃみぞれ交じりの雪がそぼ降る寒空ですからなぁ。
そんな中での残業は堪えます。
でもちょっとしたいいことがあって。
それはずっと気になっていた同僚の子の名前がようやくわかったのです。
遅すぎって話ですが・・・。
Kちゃんか・・・名前まで可愛いなぁ。
そんな些細なことで力が湧いてくるのだから男は本当に単純な生き物ですね。
ところで、この名前どっかで聞いた覚えがあるなぁって思ったら、AKBに同姓同名がいた(笑)。
たぶん一般人は聞いたこともないメンバーだと思うんですが。
そのメンバーとは似ても似つかない素朴な子なんですよ。

そんな多忙な師走も折り返し。明日からもしっかり稼ぎましょう。

2014/10/01

せっかくの接点が

今日は、あの子と仕事でちょっとした絡みがあった。
それ自体は嬉しかったのだが、私ってば肝心なことを忘れてしまう。
名前聞くの忘れた~。知る絶好のチャンスだったのに何やってんだ~。
っていうか未だに名前すら知らない子を気になっているってヤバくないっすか。
千載一遇の機会だったのになぁ。次いつあるかわからんよ・・・。

2014/09/18

恋なのか?

私にとって最後の恋愛対象であったSさん。
思いを遂げぬまま、彼女が異動してからはや3年半。
それ以来、とんと恋と言うものからは遠ざかっていた。
そしてそのSさん以来の衝撃を受ける可愛い子がうちの会社にいることを発見したことは先月書いた。
今ではもう、その子のことが気になって仕方ないのです。
といってもその子のことは実は何も知らない。
名前はもちろん、年齢も(推定21~25)、どこに住んでいるのかも。
たぶんパートの子で、たまに見かける程度で、挨拶も数回交わしたくらいなんだけど、
一生懸命仕事を頑張っている姿が可愛くてたまらないのだ。
Sさんが対等に付き合いたいタイプの女性なら、彼女の場合は守ってあげたくなるタイプ。
滅茶苦茶美人ってわけではないけど、素朴な可愛さがあって、
彼女を見ていると殺伐とした職場の中にあって心が温かくなってくるのだ。
うーん、やっぱこれってその子に恋してしまったということなのかな。
Sさんがいなくなってからも、未だSさんの事は心のどこかに諦めきれない気持ちとして残っている。
もしまた逢えたら即再燃する自信がある。それくらい大好きだった。
でもその子を見ている時、その子の事を考えている時は、もう完全にSさんの事は頭から消えている。
もう認めざるを得ないようだな。私はその子のことが好き。
ようやく大好きでたまらなかったあのSさんを忘れられる時が来たのだ。
まずは名前を知りたい。会社内だし、直接仕事の絡みがあるわけでもないのでなかなか難しいけどね。

とかぬかしつつ、営業先の受付嬢(美人)の照れ笑い萌え~な事は別なお話。
あの人のあそこまで屈託のない笑顔を見たのは初めてだな。
完璧な彼女にあんな一面があったとは、新しい発見に気持ちが和んだのでした。
って、いったいどっちが好きなんやっちゅーねん!

2011/08/10

新たな恋?

最近職場で再び気になりだした女性がいる。
肌が白くて清純っぽい人だ。
それが年齢不詳なんだよね。
しゃべっているところもあまり見かけず、ただ毎日黙々とパソコンに向かって作業をしている。
ものすごく若くも見えるし、その落ち着き具合から30前後であってもおかしくないし、とにかく不思議な人だ。
そんな人が気になりだしたのは、最近私が持っているのと色違いのTシャツを着用している姿を目撃したからだ。
そのTシャツは某LIVE会場で購入したロックTシャツで、当然興味がなければ買うことはない代物。
趣味が同じなのはポイントが高いわけで。
うーん、今度声かけてみようかな。
Sさんの時と同じ過ちはおかしちゃいけないよな。
ただ現段階では「恋」とは違う気がする。
なんとなく気になるだけだ。そしてなんとなく気になる存在なら、営業先の受付嬢にもいるわけで。
そっちはロリフェイスでとても感じのいい子なわけで、「恋」に近いのはむしろそっちかもしれん。
しかし私ってば、まったくタイプの違う女性がどちらも気になるんだから、なんてストライクゾーンが広いんでしょう。
もはやオ○○○や▲▲▲がついていればなんでもいいのかって話っす(暴言失礼しました。当ブログは誠実さがモットーです)。

2011/02/03

俺も異動してえ

出社しても、そこにはもうSさんはいない、二度と会えないという事実がいまだに受け止められない今日この頃。
とても寂しいですわ・・・。ぽっかりと大きな穴が開いた感じです。
人事も何考えてるんだろうね。正直こんな異動いらないだろうに。
みんなそう言ってるよ、まったく。

と、Sさんの異動については否定的な私だが、自分自身のことを言えば、元来私は異動いつでもウエルカム派なのである。
一つの場所に長期間いるのが苦手な私は、いつだって変化を求めている。
だって今まで生きてきて、小学校~中学校~高校~大学~社会人・・・と生活、環境、場所の変化は定期的に必ずあった。
だが就職した今、もはや変化が訪れるとしたら異動か転職しかないのである。下手すりゃこのまま年を取って働けなくなるまで今の場所にいることだって十分考えられる。そしてそういう人もきっと多いはずだ。
この先何十年も同じところで同じことを繰り返すのかと思うと心底うんざりしません?
まぁまだもうちょっとはいいけど、どこかで変化があるといいなぁなんて思ってるんです。

2011/02/01

大好きでした

人事異動が発表され、Sさんは異動していった。
風の噂で聞いていて、ある程度覚悟していたとはいえ、やはり大きなショックを受けた。
懸命に涙をこらえ最後の挨拶をしている彼女を見ていたら、私の方が涙腺を緩めてしまった。
こんな日が来るなんて思いもよらなかった。

初めて彼女を見た時、体中に電撃が走ったこと。
あっという間に恋に落ちたこと。
初めて会話をした時のこと。
甘い香りにふれた時のこと。
休日に街中で偶然出会った時のこと。
彼氏の存在を知り、恋が破れた日のこと。
だけど忘れられなかったその笑顔。

そんなことを思い出したら、どうしようもなく切なくなってしまった。
彼女が支えだった。おおげさじゃなく生きる糧だった。
彼女の存在を励みに仕事も頑張れた。
こんなに大きな喪失感は生まれて初めて味わうよ・・・。
私は明日から何を支えに生きていけばいいんだろう。

人生は長いとはいえ、おそらく二度と人生で交われないと思う。
7年ぶりに人を好きになれた奇跡。
この数年どんな想いを抱いて生きてきたか。それだけは絶対忘れちゃいけない。忘れたくない。
一方的な恋だったけど、今まで本当にありがとう。
結局想いは伝えられなかったけど、大好きでした。
どうかお元気で・・・。そして幸せになってください。
今はもう、それしか言えねえ。

2011/01/18

あの人がいなくなる?

明日から憂鬱な葬儀だというのに、それに追い打ちをかけるようなショッキングなことを耳にした。
風の噂によると、あのSさんに異動の話があるとかないとか。
昨年秋口にSさんへの片思いは潰えたのは事実。
だがしかし、目の前から完全にいなくなってしまうだなんて夢想だにしていなかった。
諦めたつもりでも、目であの子を追ってしまうことはやめられなかった。今はだめでも、いつか・・・なんて気持ちもどこかであった。
それが完全に失ってしまうかもしれないとは・・・。
どうかガセネタであってくれ。

2010/12/24

せいぜい甘い時を堪能すればいいじゃない

ふーん、Sさんは2年連続でクリスマスイブに休暇か。
分かりやすすぎてドン引きなんですけど。
みんなが超残業でイライラしているってのにいい気なもんだ。
今頃七面鳥食べながら彼氏のティムポしゃぶってるんだろうなぁ。

さて、最強に忙しい今日この頃ですが、明日は21時くらいまで仕事をして、その足で東京へ向かう予定。
最後の性戦、いや、聖戦有馬記念のためだ。
なんとローズキングダムが回避とのことで、すっかりしらけムードになったが、それでもグランプリはグランプリ。
甘いひと時よりも、男の生き様を見せる方が大事だ。
馬好きだったじっちゃん、天国で見ててくれ。俺の生き様を。

より以前の記事一覧